2007年04月17日

アフィリエイト違反者報告先早見表とか作ろうかな このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、宮武外骨です(嘘です)。

CNET Japan Blog - 渡辺隆広のサーチエンジン情報館:コンテンツ連動広告で稼ぐ人々(1) - MFAサイトとは? というのを マーケティングエンジニアの試行錯誤メモ の cker さんより教えていただいた。MFA(Make for Adsense)サイトの業界での共有が必要だねぇと感じたっす。
違反者サイトを晒すのもよいが、息の根を止めるにはと考えたとき、ふと思った。
そうか。通告すればいいんだ。サイトを晒すよりも、サイトに仮に誘導されてもクリックするべきものが存在しなければよいわけである。で、彼らがクリックさせたいのはアフィリエイト商材である。なので、アフィリエイトの胴元に「こいつは頭がオカシイですよ」と報告しちゃえばいいんだ。なるほどわかったよ。
ってことはあれだろ。違反者のページのHTMLソースを見て、どのアフィリエイト商材を利用しているかを判断すればいいわけで、サイトをひとつひとつ潰すよりユーザそのものを潰す方が効率的じゃん。

いろんなサイトの報告リストみたいなのを作ればよさそうな気がする。たとえば、こんなの。

Google Adsense
Google AdSense ポリシーの違反を報告する方法を教えてください。
Google AdSense プログラム ポリシー
下記の情報を送付
To : adsense-jp@google.com
Subject : AdSense ポリシーの違反
body :
ポリシーに違反しているウェブ サイトの URL
違反内容
ポリシーに違反している具体的な箇所 (該当する場合)
楽天アフィリエイト
規約
広告掲載基準
下記より報告する
アフィリエイトについてのお問い合わせフォーム
人気BLOGランキング
利用規約
下記より報告する
不正サイトの通報
インフォトップ
アフィリエイト会員利用規約 - インフォトップ
下記より報告する
問い合わせフォーム


このあたりから、このへんのサイトを報告しちゃえばいいのか?
Adsense違反サイト:(Google 転送リンク)


更にひらめいた。
違反っぽいサイトのURLを入力すると、wgetなどでHTMLのソースを取得し、href属性やscriptタグなどを解析して、どのアフィリエイト商材を利用しているか判別し、違反報告用の送信フォームを生成して一括で不正報告をできるよーなものを作ればよさそうじゃん。
考えただけで、わりと直ぐに作れそうだな・・・(ホントに作ろうかな?)


posted by りょーち | Comment(11) | TrackBack(0) | 駄文:SPAM

2007年04月16日

コメントスパムまとめ用wikiを作ってみた このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、二谷友里恵です(嘘です)。

自分でもしつこいと思うのだが、コメントスパム小僧のお話しっす。

検索エンジンでいろいろ検索してみて、その膨大なコメントスパムに辟易し、作成を躊躇しかけたのであるが、まあ、コツコツとつくってみましょうと思い、こんなwikiをつくってみた。


当面は自分だけが楽しむページ(?)として下記の情報を掲載しようと思うっす。
  • コメントスパマーのBLOG情報
  • コメントスパマーの被害者BLOG情報
  • コメントスパマーのAdsense ID(adsenserより)
彼奴らは自動化ツールで作成しているっぽいが、こちらは、完全手動・・・orz
コメントスパマーのBLOGおよび、被害者BLOGもホントはWeb魚拓とか使えばよいのかもしれんが、とりあえずは晒せるだけ晒してみることにしてみるっす。(意味ない?)
posted by りょーち | Comment(8) | TrackBack(0) | 駄文:SPAM

2007年04月10日

アホ商材を売っている奴発見! このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、トリオスカイラインの小島三児です(嘘です)。

未読の方は、下記の記事を読んでからこの記事を読むと理解度(?)が深まります。
りょーちの駄文と書評:「こちらの記事を紹介させて頂きましたので」コメントスパム対策を考える

この記事のリンクの後ろに[google転送リンク]と記載してあるものは、[google転送リンク]を利用しています。

っと、今からアホな情報商材を売っているアホな人々の話を書きますが「くれぐれも絶対に買わないでね!」(ダチョウ倶楽部の上島龍平の「押すな!、押すな!」って言われてホントは押して欲しいってう図式じゃないからね!)

「こちらの記事を紹介させていただきましたので」スパムについていろいろ調べていたらちょっと分かってきた。

多分、このあたりの奴らだな。

http://32url.com/ipc
※わざとリンクさせていません。

これは、短縮URLを使っているっぽい。
しらべてみたら、
http://bloglife.main.jp/af/top.php[google転送リンク]
の後ろに、
[ ?pid=m&sid=masapon1973 ]
というアフィリエィトっぽいリンクがあった。
sid=masapon1973
ってのはおそらく、ここに連れて来た人が誰だかチェックするためのアフィリエイト用のIDであろう。(本名は「まさ何とか」っていう名前でおおかた1973年生まれとかって感じじゃない? 34にもなって真面目に働けっつーの)

上記のbloglife.main.jpってのはロリポップでサーバをレンタルしているっぽい。こいつ、ロリポップの契約解除にならないかなぁ。

フレーム内に
http://32url.com/kaiseki.html[google転送リンク]
というものもあったので、みてみたら、shinobiの解析ツールだった。
http://x4.kimodameshi.com/ufo/03841060c[google転送リンク]
さらに読み進めていくと、と、怪しいサイトに誘導される。
みてみると、もう胡散臭いことこの上ない。
だいたいパッケージがかなりやばい。
どうみても写真ではなく、3Dモデリングソフトで作成しましたってパッケージ。
正真正銘、ここはヤバイです。

更に、布教活動にいそしんでいる奴のページを発見した。
IPCのツール配布と詳細[google転送リンク]

もう、つまんないことやめてくれないかねぇ・・・

どーでもいいけど、アホ商材布教活動のサイトでは、掲示板のよーなものも開設されており、アホ同士でドアホな会話が繰り広げられているっぽい。

現在IPC会員118名(メンバー含)・・・・
まじかよ、そんなにアホがいるのか?
新しい宗教か何かか?

また、この掲示板の内容がオカルトこの上ない。

http://bloglife.main.jp/tmbbs/patio.cgi?[google転送リンク]
閲覧専用ID(3月限定)
ID:user03
PASS:final


■質問
有益なツールの数々ありがとうございます。
GetLinkL のことで、質問があります。
1つのブログに関して、どれくらいの間隔の使用が有益でしょうか?
あまり間隔が短いとスパム扱いとかはならないでしょうか?
よろしくお願いします。

■回答
GetLinkLは無差別に読者申請をしますので
そういった意味では限りなくグレーですが、、、
現在のところスパムとなって、ライブドアブログのID削除や
アカウントの停止といったことはありません。
(今後はわかりませんが。。。)
私は、数万件、このツールで読者申請をしましたが問題ありませんでした。

おいおい、数万件ってどーいう・・・(問題ないというこいつの頭が問題だ)。
AIBloggerというアホツールの掲示板にも、
AIですが、そろそろ自動的に打たれたコメント先のブログからのアクセスがチラホラ・・・

って、一つのページに 同じテンプレなコメントがナランデルジャネーか!!(ガーン)
特に芸能系の初期設定のをそのまま流用したものが!
これはかなりスパムチックな光景だ・・・。

AIユーザーの皆さん!そろそろ、自分のコメント設定は短めなオリジナルなヤツに変えた方がイイ「ですよ。」

「あい!とぅいまて〜ん!」

>これはかなりスパムチックな光景だ・・・。
って、スパムだよ!
「芸能系の初期設定のをそのまま流用」ってテンプレートがやっぱあるんだねぇ・・・
誰か社会的に駆逐してくんないかな?
こういうのって日本だけの文化なのかねぇ・・・(いや、海外はもっとアホが多いか?)
もう、今までやったことのあるロールプレイングゲームでキャラが最後に覚える呪文をMPがなくなるまで全て唱えたい気分だな。
つーか、人に後ろ指指されるよーなことをやり続けて、家族にはどういう顔して対峙しているんだろう? 子供が学校の宿題で「お父さんの職業を調べてくる」という宿題を持って帰ったとき、
「おとうさんは、どういう仕事をしているの?」
「おとうさんは、怪しい商材をアホな人たちにばら撒いて、アホな人たちにリンクをクリックさせてお金を貰っているんだよ」
「へー、そーなんだ。世の中にはアホなひとはどのくらいいるの?」
「たくさん、いるんだよ。お父さん以外はみんなアホなんだよ」
「じゃあ、私はお父さんの汚い商売のおかげで日々ご飯を食べているんだね」
「そうだよ。でも学校の先生には内緒だよ。」

って会話できるか?

こいつらこんなことやって人生楽しいのかね?
お亡くなりになっていただきたく存じます。
合掌・・・更に蛮行は続く・・・(続きはこちら)
posted by りょーち | Comment(2) | TrackBack(0) | 駄文:SPAM

2007年03月30日

「こちらの記事を紹介させて頂きましたので」コメントスパム対策を考える このエントリーをはてなブックマークに追加

可能であれば、この記事を多くの方に読んでいただきたいので、はてなブックマークなど登録して貰えると結構嬉しいかもしれません。

この記事は今年に入って多く見られるようになった、新手の(というか手口は使い古されているが)コメントスパムの傾向と対策を考えてみようと思う。
先ず、このスパムの名前をりょーちは勝手に「こちらの記事を紹介させて頂きましたのでスパム」と命名する。
対策を考えるためには先ず、彼奴らが何の目的でこんなことをやっているかを考察する。

語句の定義

以下、説明をするために語句の定義をする。
スパマー
スパムコメントを送りつけるアホ
スパマーサイト
スパマーが運営するアフィリエイトリンク(他人がクリックすることでスパマーが収入を得る)満載の無価値なサイト。スパマーサイトに生活者を誘導することでスパマーサイト内のアフィリエイトリンク
一般BLOG
普通のBLOG。スパマーにターゲットにされる
スパムコメント
スパマーサイト誘導のためのコメント。スパマーが実際にサイトを訪れ手動でコメントすることは皆無。殆どが後述の自動コメントツールによって一般BLOGへコメントされる
一般BLOG管理者
一般BLOGを運営する管理者。スパムコメント内のリンクを辿ってスパムサイトへ誘導され、場合によってはスパムサイトのアフィリエイトリンクをクリックしてしまったりする
自動コメントツール(オートコメントツール)
一般BLOGへ提携的なコメントを自動で付与するためのアホなプログラム。スパマーが好んで利用する。

スパマーの目的

スパマーの目的はずばりスパマーサイトへ集客し、スパマーサイトへのアフィリエイトリンクをクリックさせること。これに他ならない。一般BLOGにスパマーサイトへ誘導するためのリンクを貼り付けてコメントする。一般BLOG管理者はおよび一般BLOGを閲覧する他の人々は、このコメント内に掲載される誘導リンクをクリックし、スパマーサイトへ誘われる。スパマーサイトには当然のようにアフィリエイトリンクが満載。誘導された一般BLOG管理者は間違ってアフィリエイトリンクをクリックしてしまう。

「こちらの記事を紹介させて頂きましたのでスパム」の手口

スパマーの目的はスパマーサイトへ集客するし、アフィリエイトリンクをクリックさせることというのは理解できたと思う。次にスパマーが考えるのは「より効率的・効果的にスパマーサイトへ集客させる手段」である。
「こちらの記事を紹介させて頂きましたのでスパム」の手口は(おそらく)下記である。
  1. ターゲットとなる一般BLOGの抽出

  2. スパマーサイトがターゲットとする一般BLOGはどのように抽出されているのかを考える。スパマーサイトもBLOGを利用していることが多い。いくらスパマーBLOGといえども何か記事を掲載しなければならないわけである。スパマーサイトが掲載する記事は何でもよいのだが、ある一定のテーマに絞られていることが多い。
    例えば「育児」をテーマとするスパマーサイトがあるとする。スパマーは育児に関しての記事を掲載する。次のスパマーの行動は「育児に関する他のBLOG」つまり同じテーマの一般BLOGのターゲットを見つけることにある。それはどうやってやるか。簡単である。BLOG検索を利用するのである。
    Google,Yahoo,liveDoor,Technoratiその他のBLOG検索に「育児」関連のキーワードを入力すると、該当するBLOGとそのURLが掲載される。こうやってターゲットとなる一般BLOGのリストが取得できる。
  3. 一般BLOGへの自動コメント文章作成

  4. 一般BLOGにはどのようにコメントするのか?これは文章のひな型を作成する。主なひな型はこんな感じである。[[ ]]内はスパマーが指定する。
    はじめまして。突然のコメント失礼致します。
    私の[[スパマーサイト名]]で、こちらの記事を紹介させて頂きましたのでご連絡させて頂きました。
    該当記事は
    [[スパマーサイト当該記事URL]]
    です。

    まあ、こんなものだろう。
  5. コメント送信

  6. 上記で作成したアホコメントを1.で取得したURLに自動送信する。
    ここで、自動コメントツールの出番である。(ここからかなり推測入ります)。
    取得した一般BLOGサイトはseesaaだったりココログだったりlivedoorだったりするわけで、そのサイトにコメントする方式は個々に異なっている。このため抽出した一般BLOGの特性を熟知しておく必要がある。名前,URL,本文,メールアドレスなどは FORM の INPUT タグに記載するが、情報は各BLOGサービスでは、INPUT タグの NAME 属性が異なる。これは各BLOGの対応テーブルを作成しておけばよい。
    抽出したURLからどのBLOGサービスを利用しているかをオートコメントツールが特定し、2.で登録したひな型に流し込んでツール内の実行キーを押す。通常はXML-RPCの機能が自動コメントツールに実装されており、ひな型で登録したコメントを送信する。
    多分そのツールはWebサイト上のASP的な形で配布されているのではなく、Windowsアプリケーションなどになっている可能性が高い。自動コメントツールがWebサイト上のASP的な形で提供されていれば、リファラやアクセスログなどからそのサイトが露呈する可能性があるからである。(リファラや送信元を偽造する技術もあるようなので、これも推測になるが・・・)

暫定的な対策

上記手口だと仮定すると下記のような対策が考えられる。
  • サイトを制限する

  • 該当するサイトをBLOGのアクセス制限機能などで制限する方法がある。しかし、どの程度ツールがばら撒かれているかによりイタチゴッコの様相を呈する可能性が高い。
  • IPを制限する

  • こちらも上記同様にアクセス先が変更されてしまえばやられてしまう可能性が高い。
  • コメント内のNGワードを制限する

  • 今回のコメントは全て「こちらの記事を紹介させて頂きましたので」という文章が入っているので「こちらの記事を紹介させて頂きましたので」という記事をNGワードにする方法もある。しかし、ひながたの文章を変更されてしまう可能性もある。

結論

スパマーサイトに制裁を与えるだけでは事態は解決しない。スパマーはひとつサイトが消されてしまえば、別のサイトに鞍替えするのみである。一般的にはhttpで接続する際にどのブラウザを使って接続したのかを知らせるUSER-AGENTなどの情報も捏造されているに違いないっす。

つーか、摘発してくれ。そして奴らのAdsense アカウントを凍結してくれ。

※1.気が向いたら更新するかも
※2.識者の方が本記事をご覧になられれば、間違いなどをご指摘いただければと思います。
※3.アホアフィリエイターの方でこの記事を見た方は恥ずかしい行為なので即刻自動コメントツールの利用をやめてくださいね(って無理か・・・)
※4.この記事をご覧になったBLOG運営者の方は、そういうアホな行為をしているアホアフィリエイターを駆逐してください。
※5.この記事をご覧になったアフィリエイト関連事業者の方は、アホアフィリエイターのアカウントを凍結してください。
■参考情報
「こちらの記事を紹介させて頂きましたので」の検索結果 by イロイロリンク
posted by りょーち | Comment(4) | TrackBack(0) | 駄文:SPAM

2007年03月29日

久々にアホなアフィリエイト野郎来襲・・・(キーワードは「こちらの記事を紹介させて頂きましたので」) このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、塩田丸男です(嘘です)。

ってことで、「イロイロリンク」というテキトーな記事を掲載したら、コメントがあったので、見てみるとこんなことが書かれていた。

#引用のリンクは トラックバックスパム業者の追跡方法? で、記載したGoogle URL転送リンクでリンクを貼っているっす。


はじめまして

突然のコメント失礼致します。

私のツール情報サイトで、
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

該当記事は
http://blog.livedoor.jp/cris777/archives/53406990.html
です。

ツールInfo


ふーん、と思ってサイトを見てみたら如何にもアフィリエイト臭のするサイト。
記事を見てみると確かにリンクされているっぽい。
ただ、記事の内容はFlickr関連のリンク集っぽかった。
まあ、放置しとくかと思いつつも、他のリンク先をみて驚いた。

それは下記の記事にりょーちのサイトに書かれた上記コメントと全く同じコメントがあったからである。
今日、mioが
[詳細]SteeevsFlickrProjects(2007:add-onfirefoxflickrgreasemonkeyphoto)Flickrまわりのアドオンリスト。
とか思ってたらしいの。
ROOM-M: Flickrまわりのアドオンリスト(BlogPet)

ROOM-Mさん、引用させていただきました。)上記の ROOM-M さんのサイトは由緒正しい真っ当なBlogです。

ただ、BlogPetの記入した記事に、ご丁寧にも「こちらの記事を紹介させて頂きました」はないでしょう?

むむむ、と思い、最近流行の AdSenser Japan - 日本の Google AdSense 広告掲載サイトを検索 を利用し、アホサイトのAdsense-idを元に調べてみた

そしたら、下記のページも作成していることが判明。(リンクはリンク元が分からないようにGoogle転送リンクにしています。)


しかも彼奴(きゃつ)の「ソフトバンク携帯料金を追求しよう♪」のアバターは
suto.png

当該コメントのあった「アフィリエイトツール情報局!」のアバターは
1162883106_151jp.gif

「子育てなんでも調査団」のアバターは
suto.png


男なんだか、女なんだか・・・(ってまあ男だと思うが)。

アホサイトの作者は、どうせ、Google Blog検索とかYahoo Blog検索とかTechnorati検索とかで「Flickr」という単語を検索して、リンクを作成し、リンクを作成したサイトへコメントを自動送信するよーなアホツールでも使っているんじゃないであろうか?

いや。っつーか、もうこないでね。続きを読む
posted by りょーち | Comment(11) | TrackBack(1) | 駄文:SPAM

2006年05月30日

ドメインから見たスパム数ではlivedoorに軍配 このエントリーをはてなブックマークに追加

ドメインから見たスパム数

こんにちは、桂きん枝です(嘘です)。
このサイトにやってきたスパムをドメイン別に分類してみるとこんな感じになった。
2個以上から来たドメインを下記に表にしてみるとこんな感じ。

ドメインスパム数
livedoor.biz/jp46
seesaa.net23
fc2.com16
ameblo.jp7
gmum.net6
269g.net4
progresso-net.com3
1sweethost.com3
narod.ru3
miwww.net3
jugem.jp3
health-medical.us3
tblog.com2
k25.net2
ire-a.com2
impotence-male.us2
addsearchonline.net2
gmun.net2
fortune-factory.net2
ddo.jp2
blogspot.com2


うーむ。

グラフ化してみるとこんなんでました・・・
spamblog.png

スパム数の母数が少ないので(って多いけど・・・)なんともいえないが、ダントツで多いのがlivedoorだな。
で、その次がseesaa・・・orz
どうも複数のBlogを簡単につくれちゃうところはスパム小僧の温床ですな。

なお、参考までにこのサイトで禁止URLに設定しているサイト一覧を下記にアップしてみた。
禁止サイト一覧 (テキスト形式です)

いや、面倒なのでもう来ないでね・・・
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文:SPAM

2006年04月11日

トラックバックスパム業者の追跡方法? このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、木内みどりです(嘘です)。

昨日書いたトラックバックスパムの記事に性懲りもなくトラックバックスパムかよ・・・

トラックバックを送られた記事:りょーちの駄文と書評: トラックバックスパムがひどいね
トラックバック元のサイト:誰にも邪魔されず収入を得る秘法

どうでもよいがあまりに多いのでGoogle転送のブックマークレットまで作っちゃったよ。
今見ているサイトのGoogle URL転送リンク作成 : 右クリックでお気に入りに追加
URLを指定してGoogle URL転送リンク作成 : 右クリックでお気に入りに追加

上記ブックマークレットを利用すると、リンク先のURLを
http://www.google.com/url?sa=D&q=http://ryouchi.seesaa.net/
という形式に変更してくれる。

話しが大洋ホエールズの平松のカミソリシュートのよーに逸れてしまったが、こういったトラックバックスパム業者の追跡方法を完全ではないが記載してみる。
たとえば、上記の 誰にも邪魔されず収入を得る秘法 というアホサイト。
先ず、トラックバック元のIPを確認する。
seesaa blogの管理者画面から下記の部分まで分かる。

トラックバック送信日時:2006/04/10 22:42
トラックバック送信IP:61.23.250.163
トラックバック元URL:http://affiliate.ksouth-network.com/

で、このトラックバック送信IPとURLは誰のモノなのかを突き止めたい。
先ず、トラックバック送信IPだが、これはnslookupを利用する。
コマンドラインを利用する方法もあるが、ここでは CyberSyndrome - The Proxy Search EngineCyberSyndrome : Nslookup を利用する。

その結果が下記である。
61.23.250.163

Non-authoritative answer:
163.250.23.61.in-addr.arpa name = 61-23-250-163.rev.home.ne.jp.

Authoritative answers can be found from:
250.23.61.in-addr.arpa nameserver = ns2.home.ne.jp.
250.23.61.in-addr.arpa nameserver = ns1.home.ne.jp.
ns1.home.ne.jp internet address = 203.165.2.240
ns2.home.ne.jp internet address = 203.165.2.241

ふむ。これだけではよくわからない。@NetHome のケーブルテレビ局のインターネットサービス会員であることまでしかわからない。@NetHome に電話で問い合わせればわかるかもしれないが、現状無理であろう。

次に、ドメインから追跡してみる。これは Netcraft Anti-Phishing Toolbar を利用する。

Site report for www.ksouth-network.com により、ここまで分かる。
Site:http://affiliate.ksouth-network.com/
Last reboot:unknown
Uptime graph:Uptime graph
Domain:ksouth-network.com
Netblock owner:SAKURA Internet Inc.
IP address:210.188.205.220
Site rank:unknown
Country:JP
Nameserver:uns01.lolipop.jp
Date first seen:unknown
DNS admin:admin@madame.jp
Domain Registry:enom.com
Reverse DNS:sv385.lolipop.jp
Organisation:asiapasific system company, 2-37-3 Toushintyo, RESIDENCE AMITI 303, Itabashi-ku, Tokyo-to, 1740074, Japan
Nameserver Organisation:
OS:Linux
Server:Apache
Last Changed:11-Apr-2006

で、このOrganisationの部分がこのドメインの持ち主であるっぽい。
更にasiapasific system company(どーでもよいがasiapacific system じゃないのか?)をGoogleで検索してみるが思わしい検索結果は出てこない。
Organisation:asiapasific system company, 2-37-3 Toushintyo, RESIDENCE AMITI 303, Itabashi-ku, Tokyo-to, 1740074, Japan
の欄には「〒174-0074 東京都板橋区東新町2-37-3-303」と書かれている。これはアホサイト、特定商取引法に基づく表記 で記載されている住所と一致する。
このサイトによるとアホの名前は宝田国治というようである。(本名であるかどーかは怪しいが・・・)ふーん。

更にmixiでこの宝田国治なるアホがいるかと検索してみたら、
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=732126
で発見できた。(アクセスする際はアホのところにに足跡が残るので注意してね)

mixiGraph でIDを調べたら友人の数が417人・・・
これだけでももう信用おけない人物であることが明白である。

まあ、もうこないでね。
posted by りょーち | Comment(9) | TrackBack(0) | 駄文:SPAM

2006年04月10日

トラックバックスパムがひどいね このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、塩分取りすぎの水戸泉です(嘘です)。

今週末にかけてどーもお作法のよろしくないトラックバックスパムが立て続けにきているよーだ。入学式シーズンや入社シーズンで満員電車の乗り方を知らない若者が増えているのと同じよーな感じなのかねぇ。満員電車の乗り方は人がいちいち指摘しなくても自分で学習するのでよろしいのですが、アホブロガーは何時まで経っても理解できないものと思われる。

トラックバック元のURLが明らかにASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)のリンクだったりするという悪質なものもあり、どーなっているのであろう。
通常だとアホなトラックバックスパムは即削除したりするのであるが、ちょいと残してみて幾つか紹介してみよう。

ちなみに、URL先は直接リンクしているわけではなく、GoogleのURL転送サービスを利用しています。あまり意味ないが、GoogleのURL転送サービスを介することでページランクのバックリンクにカウントされないよーにしています。


アホサイトホームページ制作会社のブログ

トラックバックされた記事:りょーちの駄文と書評: Webサイトのサムネールを作成するSimple APIがかなり便利!
トラックバック元のアホ記事作業の自動化
トラックバックされた記事:りょーちの駄文と書評: Blog に貼り付ける時計 ClockLink.com の広告モデル#trackback#trackback
トラックバック元のアホ記事サイトリニューアル

・立て続けに4つもかよ!これだけでアホさ加減がかなりわかる。
アホサイトお笑い芸人情報局

トラックバックされた記事:りょーちの駄文と書評: 海堂尊:「チーム・バチスタの栄光」
トラックバック元のアホ記事桜塚やっくん_プロフィール情報【お笑い芸人情報局】

・サイトが全く関係ない上に上記サイトでウィンドウを閉じるとJavascriptで別ウィンドウが勝手に開き、アフィリエイトサイトのページが開く(アホですわ)
アホサイト稼ぐホームページ作成ビギナーズガイド

トラックバックされた記事:りょーちの駄文と書評: hon.jpのREST APIを利用したブログパーツ
トラックバック元のアホ記事稼ぐホームページ作成ビギナーズガイド: 「タグ」って何?(第2回)

・「タグって何?」という題材でこのりょーちのページにトラックバック送っていたら地球上の殆ど全てのサイトにトラックバック送んなくちゃいけなくなるぜ。
こいつらアホサイトに共通して言えるのが
・「記事と言及内容が著しく乖離している」
・「アフィリエイトサイトである」
ということだ。

なお、あまりに意味がわからなかったので、上記の 稼ぐホームページ作成ビギナーズガイド のサイトにコメントで「トラックバックの意味がわかんねーよ」とコメントしたら、当然の如くコメントは消されていた。その後しつこく再度コメントしたら、りょーちの駄文と書評: Seesaa blogのロゴをクリックすると別ウィンドウで開く方法というわけのわからないところに、下記のよーなコメントが・・・
コメントありがとうございました。
「稼ぐホームページ作成ビギナーズガイド」としてはご迷惑をかけるつもりではありませんでした。
ご迷惑をおかけしました。
メールアドレスがわからないので、このコメントでご連絡させていただきました。
お読みになられたら削除してください。

この日本語の意味もよくわからない。「迷惑をかけるつもりでなければ、何が目的のトラックバックなのか・・・」
どーやら稼ぐホームページを作成する手法は不特定のサイトにトラックバックスパムを大量に送りつけアフィリエイトリンクを貼り付けて罠に誘い込むってことらしい

上記のサイトより SEOは検索エンジンとの戦いだ さまのサイトにもトラックバックスパムがあったようで(このサイトは真っ当なサイトです)管理者の方がコメントで抗議されて見えましたが、そのコメントも当然の如く削除されていました。

こういう人としてやっていいこととダメなことの区別がつかない人が多すぎる。

SEOは検索エンジンとの戦いだ: こりゃ酷い(笑) でも紹介されていますが、速攻削除&書き込み禁止にしたいところですが、あまりに酷いのは意図的に残して晒し挙げるというのも一つの手ではないかと感じます。

#この件について「SEOは検索エンジンとの戦いだ」さんにトラックバックいたします。

トラックバックのマナーとしてはいろいろあると思いますが、最低限「人にやられたらいやなことは人にやらない」という幼稚園レベルのルールは遵守してほしいところです。
posted by りょーち | Comment(2) | TrackBack(0) | 駄文:SPAM

2005年09月26日

seesaa blog は fake blog の温床? このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。O次郎です(嘘です)。バケラッタ。

このところ重い、重いと言われているseesaa blogですが、原因のひとつかもしれないとうわさされているのが seesaa は fake blog の温床になっているのではという件です。

真性引き篭もり/category
奇妙なアフィリエイトブログが流行中?(@Seesaa BLOG) - ひろの日記帳@International Cafeteria
極悪アフィリエイトを斬る!

上記の記事を見ていただければ分かるかと思いますが、何の意志もないblogが機械的に増殖しつづけています。

seesaa blogではメールによる投稿が可能なのですが、おそらくこのメール投稿を利用したfake blogだと思われます。下記のような感じで作っているのではなかろうか?

(1)先ずテンプレートを準備しておく。
(2)次にテンプレートを元に複数のblogをseesaaで作成(記事はまだ)
(3)収集するキーワードを設定しクロール開始
(4)収集結果を加工し、seesaa投稿用MLアドレスに自動送信

seesaaの場合、MLで投稿するだけで記事になるため、こういった自動巡回が可能である。

りょーちが見つけただけでも下記のblogが存在する。

晴耕雨読傷心部屋(exemkast-525)
タローの神出鬼没レポート?(herslege874)
疑心暗鬼夜明けの部屋?(obse283)
スモール・パラダイス(bri538551)
負うた子を三年探す(creegivemode)
打ちのめされたランドオペレーターの倉庫(reorperirura)
あたしの気ままな部屋(wive812)
タケシの風光明媚レポート(tago-thos)
柴漬(kara-argu)
桃の節句(free-coro)
愉快な次郎のネット(orga335swad)
まかぬ種は生えぬ(milimean)
中華料理料理人のよくある!?(tenslif)
マニシングセンター・オペレーターの故事来歴日記(octomanimade)
ハイ・アタック(delh-towa460)
取り付く島も無い(sorr666)
天真爛漫一言(socsumm599)
おじいちゃんの天衣無縫手帳(prod300379)
遊んでる三郎のなにげなネット(few-172livi)
点滴岩を穿つ(oldegoalrivi)
祇園精舎の鐘の声(porb-431arme)
管理美容師の言葉(must908)
サブロウのBLOG(poo537899)
食うだけなら犬でも食う
塞翁が馬(largpers)
おとうさんの前後不覚発声所(vallshou-camp)
卵をハンマーで割る(louirela985)
ジローの日記(estmiliessa)

これらのblog、下記のバナーのリンク先に注目すると、http://www.stor-mix.com/ のリンクがすべて同じアフィリエイトID・・・(hid=30807) となっている。




これの所為で最近重くなっているのかなとも思いたくなるが、もっと大きな問題になる可能性もある。
seesaaにあるfake blogは当然いろんなところにpingとか打っているはずなのでYahoo や Googleなどの検索エンジンに引っかかってくるのだが、検索エンジンがこれらをSPAMだとみなせばもしかすると「seesaa blogはgoogleの検索エンジンの対象外にしちゃいます」などということになったりはしないのだろうか?
うーむ。こうなったりすると結構厄介である。

うーむ。seesaaさん。これはどうなんでしょう?
直接的に迷惑を蒙っているわけではないのですが、駆逐希望っす。
posted by りょーち | Comment(6) | TrackBack(3) | 駄文:SPAM

2004年10月12日

駄文:SPAM その5 Subject:アドレスの確認お願いします (*^-^) このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女さんへのメールなのかな??
間違ってメールが届いてるみたいですよ…
私の携帯宛てに届いてたんですけど、パソコン
からお返事させていただきました。でわでわ〜


+---------------------------------+
ミムラ チヒロ
e-mail【chihi_express@yahoo.co.jp】
+---------------------------------+


もう送らないでね。
こんなところにも晒されていますよ。



さらに、これをつづけるとこうなるらしい・・・

繰り返しになりますが、もうおくんないでね・・・
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文:SPAM
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。