2009年10月28日

類似画像検索エンジン:GazoPa このエントリーをはてなブックマークに追加

類似画像検索エンジンGazoPaがオープンベーターになったよーだ。
以前は登録ユーザのみ画像検索できるものだったのだがログインしなくても利用できるので一度つかってみるとよいかもね。

以下の方法で検索できるよ。
・画像ファイルをアップロードして似た画像を検索
・画像のURLを指定して類似画像を検索
・ブラウザ上でマウスを使って絵を描いて似た画像を検索
・キーワードによる画像検索

画像検索なので検索結果は画像になるのだが、検索結果の画像をクリックすることで、同じようにクリックした画像の類似画像検索もできる。

以下の動画がわかりやすいかもね。

Flickrの画像のURLを指定して似た画像が検索できるってこともできるわけなので結構いいっす。
画像検索の精度はクローズベーター、オープンベーターを経て上がっていくと思うので今後使える画像検索になりそうだな。

ちなみにこんなの検索してみた。
ドラえもん
たれパンダ
金閣寺
微妙な検索結果もあるけど、なかなか使えそだねー。
Google 画像検索などで画像を検索してURLだけ調べてGazoPaにURLを入力して検索するといろいろ遊べるよ。

なおGoogle Labsを見るとこんなのもあるようだ。
Google Similar Images
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2009年10月26日

phpの配列を+演算子でマージする このエントリーをはてなブックマークに追加

phpの配列の足し算は可換ではないんだねぇ・・・
$array1 = array(
'fruit' => 'apple',
'vegetable' => 'carrot',
'drink' => 'water',
'snack' => 'chips'
);
$array2 = array(
    'fruit' => 'banana',
    'drink' => 'juice',
    'sport' => 'running'
);

$array3 = $array1 + $array2;

print_r($array3);

Array
(
[fruit] => apple
[vegetable] => carrot
[drink] => water
[snack] => chips
[sport] => running
)

$array3 = $array2 + $array1;
print_r($array3);

Array
(
[fruit] => banana
[drink] => juice
[sport] => running
[vegetable] => carrot
[snack] => chips
)


演算子「+」の意味を考えないとおかしなことになっちゃんだね。
まあ、array+arrayってするよーなことはあまりないのかもしれんが・・・

( via Using + to merge arrays with PHP
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2009年10月17日

NHKでもtwitterが取り上げられたね このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKでもtwitterが取り上げられたねぇ。

YouTube - NHK 経済ワイドビジョンe Twitter特集 (2009/10/17)


YouTube - NHK「おはよう日本」Twitter特集(10/16)


この番組を放映したことがニュースになりそう?
これについてもいろいろ呟かれているんだねぇ。

しかし、やはりいまひとつ面白さがりょーちにはわかってないな。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2009年10月04日

短縮日本語URL 縮.jp でまさかの結果 このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語ドメインを利用した短縮URL作成サイト縮.jp - URL文字数短縮サービスというのがあったので早速つかってみた。

で、まず自分のブログのURLである
http://ryouchi.seesaa.net/
を使ってみた。
その結果があまりにも悲惨で逆にワロタ。

http://縮.jp/

「疎」ってなんやねん。このブログが「過疎」ってことかい。
まあ、そうだけど・・・

うーむ、悔しいのでもう一回やってみたら、

http://縮.jp/

「疑」うーむ。あまりよくないな。
読む前に疑ってかかるってのはどうよ?

もう一回やってみた。

http://縮.jp/

まさかの「やまいだれ」。
これはいかんよ。
はやる気持ちを抑えて再度チャレンジ。

http://縮.jp/
まさかの「やまいだれ」2連発。

そして最後に・・・・

http://縮.jp/

まさかの「やまいだれ」3連発・・・orz

上記5つはどれもこのサイト
http://ryouchi.seesaa.net/
に飛びます。

ってことでこのブログはもう終了したほうがよいのかも。
合掌。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2009年09月28日

reflexa Web APIが使えなくなった このエントリーをはてなブックマークに追加

連想検索エンジン reflexareflexa Web APIが最近使えない。

うーむ。
もうサービスをやめちゃったのかな?

結構いいサービスだとおもったんだけどなぁ・・・

株式会社プリファードインフラストラクチャーに問い合わせてみよう。続きを読む
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2009年09月27日

典型的なソーシャルブックマークスパム このエントリーをはてなブックマークに追加

典型的なソーシャルブックマークスパムを久々にみた。こういうのって誰が頼んでいるんだろうね。
飛び先のホームページの会社が頼んでいるわけではないんだろうねぇ。
きっと、SEO業者(?)的なところが被リンクを増やしますよ的なわけのわからないセールストークをしちゃったかなにかでこんな状態になっているのではなかろうか?

こんなの発見されたらそのホームページに掲載されている会社が可哀そうな気がする・・・

スパマー死んでくれ。続きを読む
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2009年09月18日

twitterの非公開ユーザのツブヤキの一部が見えてしまう このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterってあまりキチンと使えてないので、その文化とかがいまひとつ理解できていないのだが、ちょっと気になったことがあったっす。
Twitterの場合他のユーザとゆるいコミュニティが形成されるよーな気がする。まあ、普通に呟くだけならノートの端っこに書いとけってことも言えなくもないので、何らかの人に呟きを見てほしいという願望がちょいとあるのではないかと推測する。
「相手を指名して呟く」「他のユーザから非公開にする」などの機能を駆使するとそのコミュニティのつながり度合いが変わってきたりするのかな?

非公開にされている方は「知らない人には私のツブヤキをお見せしたくないです」というポリシーでいらっしゃるので、当然すべての情報をシャットアウトいただきたいはずである。ですので当然Googleなどの検索で非公開のツブヤキが検索されないよーな仕組みになっているはずである。
twitterのrobots.txtを見るとこんな感じになっている。
#Google Search Engine Robot
User-agent: Googlebot
# Crawl-delay: 10 -- Googlebot ignores crawl-delay ftl
Disallow: /*?
Disallow: /*/with_friends

#Yahoo! Search Engine Robot
User-Agent: Slurp
Crawl-delay: 1
Disallow: /*?
Disallow: /*/with_friends

#Microsoft Search Engine Robot
User-Agent: msnbot
Crawl-delay: 10
Disallow: /*?
Disallow: /*/with_friends

# Every bot that might possibly read and respect this file.
User-agent: *
Disallow: /*?
Disallow: /*/with_friends
所々にGoogleさん来ちゃイヤ。と書いてたりするので、Googleで非公開のツブヤキは検索できないことになっている。

ところが、非公開のツブヤキの一部が見えてしまうことがあるよーだ。
それは、短縮URLを使っているツブヤキである。

twitterの短縮URLはbit.lyを採択している。
twitterでURL入りの呟きを書けばこのbit.lyで短縮したURLに自動的に変換されるよーだ。

で、このbit.lyのURLだが、何故かtwitterのユーザ名と微妙に連動しているよーだ。このあたりの仕組みがよくわかっていないのでなんとも言えないが、
http://bit.ly/user/recent/(twitterのアカウント名)
というURLにアクセスすると最近の短縮URLが閲覧できる。
これは、twitterのユーザ設定がprotectになっていようがお構いなく表示されちゃうっぽい。

なので、ツブヤキを非公開にしているアカウント名を使って
http://bit.ly/user/recent/(twitterのアカウント名)
にアクセスするとツブヤキ非公開ユーザのクリップしたURLとか紹介しているURLとかがわかってしまうんだな。

試しに気になっている非公開ユーザのアカウントを上記に入力してみると何か見えるかもしれないよ。
非公開にしているはずのユーザの方も上記URLにアクセスしてみてチェックしてみるとよいかも。

参考:URL短縮戦争:TwitterがTinyURLを捨て、bit.lyを採用

2009/9/18 19:30追記

読み返してみると何か誤解を生みそうな表現だったので追記。

もちろん見えるのはツブヤキすべてではなく、ツブヤイタURLのみですよ。
bit.lyはツブヤキの中身については管理してないですからねぇ。

ただ、URLだけでも見えるとイヤンなことはあるかもね。

2009/9/19 17:10追記

どうやら見えるアカウントと見えないアカウントがあるようだ。
どの人が見えてどの人が見えないかを晒すとおこられそうなのでやめておくっす。

関連記事:
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2009年09月17日

Twitter利用クライアントの統計 このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterクライアント - TwitterまとめWikiにまとめられているからもういらんのかもしれんが twitter の public timeline から利用クライアントを集計すると、どのクライアントがよくつかわれているかわかると思い、集計専用のサイトを作ってみた。

Twitter Client Count(Twitter利用クライアントの統計)

上記サイトにアクセスすれば、どんなクライアントが使われているか、一目でわかるっす。
本来であればcronとか使って定期的にサーバに保存したりすればいいのだが、かなり負荷が高そうなので、アクセス時に集計プログラムを走らせるよーにした。

なので、アクセスがないと集計されないっす・・・orz

まあ、聞いたこともないようなクライアントアプリケーションがたくさんあるっす。

今のところこんな感じのよーだ。
  1. txt ( 88 )
  2. TweetDeck ( 87 )
  3. UberTwitter ( 60 )
  4. mobile web ( 56 )
  5. TwitterFon ( 50 )
  6. API ( 42 )
  7. twitterfeed ( 41 )
  8. Tweetie ( 26 )
  9. TwitterFox ( 20 )
  10. Twitterrific ( 16 )
  11. twidroid ( 16 )
  12. twhirl ( 14 )
  13. TwitterBerry ( 12 )
  14. TwitPic ( 11 )
  15. Seesmic ( 5 )
  16. Facebook ( 5 )
  17. Perl Net::Twitter ( 5 )
  18. movatwitter ( 5 )
  19. HootSuite ( 5 )
  20. Tween ( 4 )
  21. SocialScope ( 4 )
  22. Snaptu ( 4 )
  23. POLLpigeon ( 4 )
  24. PockeTwit ( 4 )
  25. Twit ( 3 )
  26. Tweed ( 3 )
  27. Twittelator ( 3 )
  28. Sidekick ( 3 )
  29. Power Twitter ( 3 )
  30. Epic Pet Wars ( 3 )
  31. Tumblr ( 3 )
  32. TweetGrid ( 2 )
  33. Twitterena ( 2 )
  34. LOL quiz ( 2 )
  35. SimplyTweet ( 2 )
  36. RSS2Twitter ( 2 )
  37. DestroyTwitter ( 2 )
  38. P3:PeraPeraPrv ( 2 )
  39. Mobile Tweete ( 2 )
  40. twitRobot ( 2 )
  41. Blip.fm ( 2 )
  42. Twidget ( 2 )
  43. TweetPhoto ( 2 )
  44. Twitter4J ( 2 )
  45. Koprol ( 1 )
  46. m.slandr.net ( 1 )
  47. tmitter ( 1 )
  48. BlogHer Chatter ( 1 )
  49. Twuffer ( 1 )
  50. Hype Machine ( 1 )
  51. TwiXtreme ( 1 )
  52. AT&T Social Net ( 1 )
  53. Fun140 ( 1 )
  54. Fantasy Football ( 1 )
  55. TwitterRide ( 1 )
  56. fring ( 1 )
  57. twitgether ( 1 )
  58. Fantasy Sports ( 1 )
  59. LOOKBOOK.nu ( 1 )
  60. Tweetmixx ( 1 )
  61. twibble ( 1 )
  62. Ping.fm ( 1 )
  63. TweetMyBlog ( 1 )
  64. Nimbuzz ( 1 )
  65. Mobster World ( 1 )
  66. dabr ( 1 )
  67. twitgoo ( 1 )
  68. qTweeter ( 1 )
  69. EventBox ( 1 )
  70. Termtter ( 1 )
  71. Twibbon ( 1 )
  72. blu ( 1 )
  73. ActiveRain ( 1 )
  74. Tweet Tribe ( 1 )
  75. Pixelpipe ( 1 )
  76. Twitea.me ( 1 )
  77. Twitter Tools ( 1 )
  78. Twee ( 1 )
  79. LiveTweeter ( 1 )
  80. Twinkle ( 1 )
  81. Viigo ( 1 )
  82. Accessible Twitter ( 1 )
  83. Chirps ( 1 )
  84. Posterous ( 1 )
  85. Mixero ( 1 )
  86. XLN Live Integration ( 1 )
  87. HelloTxt ( 1 )
  88. Netvibes ( 1 )
  89. HatenaBookmarkMultiPost ( 1 )
どれか使ってみようかなぁ・・・
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2009年09月09日

seesaaブログで記事URLにも動的にQRコードを生成する方法 このエントリーをはてなブックマークに追加

そーいえば、seesaaでブログをはじめておどろいたことに5年も経っていた。
総記事数はこの記事で多分1100件目のよーな気がする。
先日seesaaブログのカスタマイズ的にseesaaブログで総記事数を表示する方法 | りょーちの駄文と書評という記事を書いてみた。
数年前までいろいろカスタマイズしたりするのが好きだったのだが、最近はそんなでもなくなっていたっす。総記事数を表示するためにseesaaのいろんなカスタマイズサイトを参考にしていたが、いまひとつよくわからなかったので、最終的には無理やりjavascriptで強引に解決してしまった。
思えばseesaaの管理画面も最近は記事投稿とアホスパムを消すくらいにしか利用しておらず、新しい機能を利用しようともおもわなくなっていた。
で、まあ、ちょいと管理画面のあまり見ないところも見てみるとQRコードってのがあった。どうやらQRコードをブログ内に表示できるようである。
ただ、どうやらホームページのURLのみQRコードにしますよといった機能のようであった。記事ごとにURLを拾って動的に生成するよーなものではなかった。

で、ちょっと前にGoogle Chart APIを使ってQRコードを作るぞといった記事があった気がしたのでこれ使えば動的にQRコード生成できんじゃない?と思いやってみたらできたのでその方法をご紹介。

ページのURLを自動でQRコードに変換するJavaScript - QR This! [ゼロと無限の間に] の方法を利用する。

1. seesaaブログの管理者画面で「デザイン」→「HTML」でHTMLを編集する。
2. </head>の手前に以下のように記述し保存する。
<script type="text/javascript" src="http://ryouchi.up.seesaa.net/js/QrThis.js"></script>

3. seesaaブログの管理者画面で「デザイン」→「コンテンツ」で「QRコード」をどこかに入れる。
4. 「QRコード」のコンテンツHTMLを以下のように編集する。
<div class="sidetitle"><% content.title %></div>
<div class="side">
<% content.header -%>
このサイトのQRコード
<div align="center">
<script type="text/javascript">
<!--
QrURL.show("","",'http://ryouchi.seesaa.net/');
// -->
</script>
</div>
今見ているURLのQRコード<br />
<div align="center"><script type="text/javascript">
<!--
QrThis.show();
// -->
</script>
</div>
<% content.footer -%>
</div>
5. 保存し、seesaaブログの管理者画面で「設定」→「ブログ設定」→「最新の情報に更新」→「実行」で最新の情報に更新する。

でOKだと思われる。
当然だが、「http://ryouchi.seesaa.net/」の部分は自分のブログのURLに変更してね。

右下にQRコードが2つ表示されていればOK。上側がブログホームで、下側が記事URL(というか今アクセスしているURL)になるっす。

つーか、このQRコード誰が使うんだろう・・・
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2009年08月30日

seesaaブログで総記事数を表示する方法 このエントリーをはてなブックマークに追加

seesaaブログで総記事数を表示させたいねぇとふと思った。
どーすればよいかちょっと考えた。

方針
  • まず前提としてHTMLファイルで全てのカテゴリを表示していること。
  • カテゴリの横の()内に記事数が書いてある
  • これをすべて足せば総記事数になるであろう。
で、以下、その方法
1. seesaa blogの管理画面から
「デザイン」→「コンテンツ」→「カテゴリ」を選ぶ
2.カテゴリの「コンテンツHTML編集」を選ぶ
3.以下のように変更
変更前:
<div class="sidetitle"><% content.title %></div>
<div class="side">
<% content.header -%>
<% loop:list_category -%>
<a href="<% category.page_url %>"><% category.name | tag_break %></a>(<% category.article_count | __or__ | echo("0") %>)<br />
<% /loop -%>
<% content.footer -%>
</div>
変更後:
<div class="sidetitle"><% content.title %></div>
<div class="side">
<% content.header -%>
総記事数:<span id="totalArticleCount"></span>件<br />
<% loop:list_category -%>
<a href="<% category.page_url %>"><% category.name | tag_break %></a>(<span class="ccount"><% category.article_count | __or__ | echo("0") %></span>)<br />
<% /loop -%>
<% content.footer -%>
</div>
これを保存する。

4.「デザイン」→「HTML」で現在利用しているHTMLを以下のように編集 </body>の直前に以下を入力
<script type="text/javascript">
<!--
var t=0;
var s = document.getElementsByTagName("span");
for(var i=0 ;i<s.length;i++){
	if (s[i].className=="ccount"){
		t= t+parseInt(s[i].childNodes[0].nodeValue);
	}
}
var totalCount = document.getElementById("totalArticleCount");
totalCount.innerHTML=t;
// -->
</script>
総記事数を表示する場所はまあどこでも選べそうなので4の部分を適当に変えればよいであろう。
そーすると、右のカテゴリが表示されている部分を見ていただければわかるように総記事数が表示されていると思う。

Internet Explorer 8 , Firefox3.5.2 , Google Chrome 2.0.172.43 では動いたよーだ。
まああまり重要はないかもしれんが、こんなこともできるってことで。

その他のSeesaaブログのカスタマイズ方法は以下のサイトを参考に。
posted by りょーち | Comment(7) | TrackBack(0) | Web周辺技術