2006年04月05日

Seesaa blogのロゴをクリックすると別ウィンドウで開く方法 このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。世界一周双六ゲームでお馴染みの乾浩明です(嘘です)。ガックリ都市に止まると東京に戻されちゃいますよ(爆謎)。

seesaa blogではレイアウトの変更などをあるブロック単位で管理している。新しい項目を増やす場合は予め登録されている項目の他に「自由形式」というものを使って機能を拡張したりする。seesaaで予め用意されているコントロールは現状、下記となる。

・ブログ名
・ブログロゴ画像
・ブログ説明
・記事(ページコンテンツ)
・新着記事
・最近のコメント
・最近のトラックバック
・カテゴリ
・過去ログ
・記事検索
・カレンダー
・ダイエットグラフ
・ブログクリック
・プロフィール
・お気に入りリンク
・RSS取得
・自由形式
・RSSアフィリエイト広告取得
・天気
・QRコード
・Powered By
・RSSラジオ
・mypop
・RDF Site Summary
#うーむ、何するものなのかよくわからんものが結構あるな・・・

これらを追加したり削除したりしてレイアウトを構築するのだ。
で、不要なものを削除してシンプルにしたいのだが、唯一消せないコントロールがある。それは「Powered By」の部分である。これは右下に表示しているseesaa blogへのリンクの部分である。
seesaa blogの利用者の殆どは自分のサイトを編集する場合、自分のサイトを一度表示させてseesaa blogのリンクをクリックして記事を投稿するよーな場合が多いと(勝手に)思っているのだが、このリンクは消すことも編集することもできなさそうである。
りょーちとしては消せなくてもよいのだが、クリックすると別ウィンドウが開いて欲しかったりするのだ。
で、今までよくやり方がわからなかったのだが、Javascriptを利用することで無理矢理ターゲット属性を変更するよーにしてみた。

具体的には下記のよーにする。
1.「マイ・ブログ」→「デザイン」→「コンテンツ」を選択する。
2.「Powered By」の部分をクリックし、「挿入テキスト(下部)」の部分に下記のように記述する。
<script type="text/javascript">
<!--
document.links[document.links.length - 1].target = "_blank";
// !-->
</script>

3.再構築する。

これでOKだと思われる。
上記scriptでは具体的に何をしているかといえば、表示されている画面のlink(<a href=・・・>)の内、最後に現れるリンクのターゲット属性を無理矢理「_blank」に設定するというものである。

なので、注意いただきたいのは、この手法が利用できるのは、「Powered By」のリンクを右下若しくはフッターに置いてある。つまりHTMLで記述した際に最も最後にリンクが配置されるよーにレイアウトする必要があるってことばい。

よくわからんが、色々応用できそーである。
#なんとなく、(自分だけ)便利な気がする・・・

posted by りょーち | Comment(4) | TrackBack(1) | Web周辺技術

2006年04月04日

はてなブックマークされているエントリーを表示(テスト) このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。テレビジョーカーズショーでお馴染みの高田文夫です(嘘です)。

はてなブックマーク には自分のサイトのURLを入力すると、どのエントリーがブックマークされているかわかる仕組みがあるよーである。
具体的には、
http://b.hatena.ne.jp/entrylist?url=http://ryouchi.seesaa.net/

のようにurl=の後ろにサイトのURLをくっつければよい。
で、この表示結果がRSSで提供されているところがなかなかよい。
これを勝手に利用して自分のサイトがはてなブックマークされているエントリー一覧ってのを表示できるっぽいのでやってみた。







ふむふむ。殆ど自分でブックマークしているっぽいのだが、なんとなく便利な気がする。テストとしてちょいと作ってみたが、更に はてなブックマーク件数取得API とかを絡めればオモソロそーなものが出来そう。(xmlrpcとかよくわかんないんだよな・・・)

やるなー、はてな。

posted by りょーち | Comment(2) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2006年03月31日

方言変換Proxyサーバ用ボタン このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。水森亜土です(嘘です)。

※設置報告は特に不要ですので勝手に持ってっちゃってください(^^;
方言変換Proxyサーバに名古屋弁が追加されていたよーなので追加してみた。(2007/3/22)
ルー語変換を追加してみた。(2007/1/7)

方言変換Proxyサーバは 新蝸牛 さんのところで実施されているURLを指定するとサイトをいろんな方言に変換してくれる素晴らしいサービスである(Good Job!です)。

で、これを利用したBookmarkletを以前 方言変換Proxyサーバ用bookmarklet で紹介してみたが、ブログパーツを探す【無料・ブログペット】 | 大阪弁化フィルタ/ボタン作成 というところでボタン化しているのを見かけた。

ふむふむと思って見ていたが、どーも良く見てみると紹介された書き方だと、URLが固定なのでBlogパーツとしては結構厳しいよーな気がした。

で、もう誰かが作っているかもしれないが、検索するのが面倒だったので、勝手に作ってみた。



下記のよーなスクリプトを貼り付けるとよいであろう。

<script type="text/javascript" src="http://ryouchi.up.seesaa.net/js/osaka.js" charset="utf-8"></script>


URLの指定はlocation.hrefで動的に取得しているのでなんとなくblogパーツっぽくなっているよーな気がする。

試しにいろいろ変換してみたが、2分くらいは遊べそうである。
まあ、実用性は低いが、なんとなく記念に作ってみた(謎)。
posted by りょーち | Comment(130) | TrackBack(12) | Web周辺技術

2006年03月30日

hon.jpのREST APIを利用したブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ひかる一平です(嘘です)。青空オンリー・ユー(謎)。

電子書籍検索サイト hon.jp で提供されている hon.jp RESTサービス(β) を使ってみた。

APIの利用方法一覧で紹介されている インナーフレームを用いて、webページに表示 という方法があって「これは殆どブログパーツに近いっすな」と思い、これを簡単に作るタグジェネレータを作ってみた。



上記サイトに行って初めに表示しておきたいキーワードを入力しておくとタグが表示されるので、それをBlogに貼り付けると下記のよーな感じで表示される(キーワードは「経済」にしてみた)。



このAPIではRESTを利用してHTMLに変換するXSLTファイルを用意することにより、REST出力結果をHTMLとして表示することができるよーである。

検索語句を入力しておき、予め指定したキーワードを表示させておいたり、パーツ内で検索した結果を表示できたりする。

APIは比較的利用しやすいのでJavaScriptのみでも利用できるよーな気がするが、URLエンコードを利用する際に Escape Codec Library: ecl.js などを利用しなければいけないのでちょっと面倒だと思い、phpで作ってしまうことにした。

XMLデータをHTMLに変換するXSLファイルはサンプルのものに少し手を加えていますが、基本的に適当に作っているのでレイアウトを変更したい方でXSLに関する知識がある方は別のXSLファイルを作って読み込んでもよいかと思うっす(XSLとかいまひとつよーわからんのじゃよ)。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2006年03月23日

RSS Feeds Toolbar はシンプルな RSS Reader でGood! このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、一柳展也です(嘘です)って危ないか?

最近利用している RSS Feeds Toolbar が意外と便利。

海外の製品(フリーウェア)だが、至ってシンプルで潔ささえ感じるっす。
RSS Feedを登録しておけば、Internet Explorer のツールバーとして常駐し、Feedの更新があったら更新したサイトと時刻が表示されるというめちゃくちゃシンプルなもの。

Internet Explorer 7 では RSS Readerが搭載されるっぽいが、どのくらい利用できるのか未知数。
ブラウザと一体化されているので、いちいちRSS Readerを起動しなくてもよいところがGoodである。

導入もめちゃ簡単。Internet Explorerを全て終了させて、インストールする。
Internet Explorerの「表示」→「ツールバー」→「RSS Feeds Toolbar」を選択すると、こんな感じで表示される。

feeds1.png


先ず、「Manage Feeds」で登録したいRSS Feedを入力し、RSS Feed Toolbar に登録。このとき、Nameの部分に日本語(2バイトコード)の文字を入力すると今まで登録したFeedの表示がおかしくなってしまうので注意が必要。

feeds3.png


読みたい記事をプルダウンで選択して「本」のアイコンを選択すれば、今見ているブラウザ上に記事が表示される。
feeds2.png


りょーちは、「はてなアンテナ」のRSS Feedをそのまま登録しているのでFeedを増やしたい場合は「はてなアンテナ」側で追加・削除をしている。

一度インストールしたら手放せない一品である。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2006年03月22日

Yahoo Blog Search の検索結果をblogに貼るツール このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、王貞治助監督です(嘘です)。

Yahoo!ブログ検索 が巷でかなり話題になっているよーである。Yahoo!ブログ検索 では検索結果のRSS Feedを作成してくれるよーである。検索結果は日々変わるってことなので「この検索結果のRSS Feedをアンテナっぽく(若しくは livedoor 未来検索 っぽく)Blogに貼り付けてアンテナっぽくできるのでは?」と思い、早速作ってみた。
Yahoo Blog Searchをアンテナっぽく利用してみる

このblogの左側に Firefox というキーワードを設定してとりあえず貼ってみた。

まあ、便利なのは自分だけなのだが、なかなか具合よくできているよーに思われる。
なお、最近はどこのblogでもRSS Feedを貼り付けることができるっぽいので、その方法で貼り付けてもよいのでは?
posted by りょーち | Comment(2) | TrackBack(1) | Web周辺技術

2006年03月10日

Yakalike:どこでもチャットができるFirefox Extention このエントリーをはてなブックマークに追加

おーっす。いかりや長介こと碇矢長一です(嘘です)。

はてなに新しいサービスとして はてなわんわんワールド という脱力感満載のサービスが登場した。

簡単に説明すると、Google Maps上を自分が犬として動き回り、チャットをするよーなものらしい。
チャットをするためには「はてなわんわんワールド」上で友達リストに加えることによりチャットのよーなものができる。
噴出し上のアイコンに発言が表示されるよーになっていてリアルタイムで発言が更新されていく。友達でない人の発言は「わんわん」「わわん」「わんわんわわん」などと犬の鳴き声で表示され、友達になった人には会話の内容が日本語で表示される。

ふむふむと思ったが、はてながこれで何を狙っているのか今ひとつよく掴めない・・・orz

まあ、そんな感じでちょいとやってみたのだが、そこで友達リストに登録してもらった方に
Yakalikeでお話ししよう

と持ちかけられた。
「Yakalikeってなんじゃい?」と思い、調べてみると、どーやらFirefoxの機能拡張のよーなものでチャットができるもののよーである。


なんだかよくわからないままFirefoxのExtensionのこのYakalikeをインストールしてみた。すると、Firefoxの最下部のステータスバーに「Yakalike」の文字が現れた。

で、これをクリックすると今まで見ていた画面の下に新たにフレームが現れ、Yakalike でチャットができるウィンドウのよーなものが現れる。
Yakalike

どのくらいの参加者がいるのかは右側のステータスを見るとわかるっぽい。
ここに現れる参加者は「同じサイトを見ている人」に限定される。
なのでどーゆーことかと簡単に言えば、
Web上の任意のサイトがチャットのチャンネルになる

よーな概念っぽい。
誤解なきよう言及しておきますが、フレームの下の部分はYakalike Extensionが独自に表示しているもので、 はてなわんわんワールド そのものにはこういう機能はありません。(お分かりかと思いますが上の「わんわん」言っているのが「はてなわんわんワールド」ですよ)

このYakalike Extensionは推測だが、こんな動きになっているのではないか?
1. Yakalike Extention起動
2. Yakalike が今見ているサイトを取得
3. サイトをひとつのチャンネルと認識しチャットWindows表示
4. 書き込んだりする。
5. 同一チャンネルを偶然見ている人にはチャットをしているよーな感じに見える

うーむ。不思議なことを考える人がいるのぅ。digg あたりで話題になっていたよーである。
セキュリティ的に怪しいのかそーでないのか今ひとつ判断できなかったが、面白い考えであることは確か。

なお、どこのチャンネル(サイト)が盛り上がっているかってのは Yakalike Popular Channels を見るとわかるよーになっている。( はてなわんわんワールド も most popular Channels に名を連ねているね。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2006年03月09日

将来Webスケジューラは必須アイテムになりそう このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、カブキロックスの氏神一番です(嘘です)。

Mashable* で紹介されていた Look Out, Calendar Startups - Google in Town について「日本語入力が可能か?」という如何にも日本人らしい観点から試してみた。
以下その簡単な結果である。


30 Boxes


30boxes

■登録方法
メールアドレスとパスワードを入力し、確認メールに書かれているURLをクリックすると登録完了。
■所感
日本語入力は可能。
ホームページにアクセスするとOutlookのよーな概観のカレンダーがいきなり表示される。カレンダーの日付をクリックするとフローティングウィンドウが表示され、日程を入力できるよーである。Buddy(相棒)を登録すればスケジュール共有もできるっぽい。更に(今や必須かもしれんが)スケジュールのRSS配信機能も備わっている。システム手帳っぽいプリントアウト用の画面もなかなかGood!(画面キャプチャーはFilckrタイプのスキン)
■画面イメージ
30 Boxes



AirSet


AirSet

■登録方法
メールアドレスとパスワードを入力し、確認メールに書かれているURLをクリックすると登録完了。
■所感
日本語入力は可能。
Internet Explorerだとスケジュール編集時に不具合があるっぽいがFirefoxならOK。
フローティングパレットで入力する。
日/週/月/年/リストなどのビューが存在する。他のユーザとスケジュールを共有できる。更にBlogとしての機能もあったり。ToDoやWebサイトのブックマーク機能まである。リマインダ機能も備わっておりスケジュールをメールで送ってくれたりする。
Contactsというアドレス帳もあり、機能としては十分であろう。
カレンダーのCSV/iCalendar形式の入出力機能も存在している。
更にRSS Feedによる出力も可能なので、自分のスケジュールをRSS Readerで読むことも可能。これで無料ってちょいと凄いね。
■画面イメージ
AirSet



CalendarHub


CalendarHub

■登録方法
アカウントとメールアドレスとパスワードを入力すると登録完了。
■所感
日本語が文字化けする。
スケジュールの入力はフローティングパレット上で入力する。
スケジュールにタグや関連URLを付与することができる。(なんとなくタグを入力できるあたりがWeb2.0的?)。友人を招待することができて招待した友人とスケジュールを共有できるっぽい。
また、カレンダーをCSVファイルやiCalendarフォーマット(PIMソフトやPDAで使われるカレンダー情報の共通フォーマットvCalendarの拡張規格)へエクスポートする機能もある。更にひとつのアカウントで複数のカレンダーを利用することができる。なので個人用とかビジネス用とかいろいろ使い分けたりもできそう。どちらかのカレンダーだけをグループのみに見せたり、プライベートに設定したりもできる。
■画面イメージ
CalendarHub



spongecell


spongecell

■登録方法
アカウントとメールアドレスとパスワードを入力すると登録完了。
■所感
日本語は激しく文字化け。
一度入力した予定の時間を変更する際にスケジュールをドラッグすることで時間が簡単に変更できるのはGood。更にスケジュールの移動もマウスで簡単にドラッグすることで実現。スケジュールが重複しているのも見た目でわかってよい。日本語対応していれば直ぐにでも使いたいかも。ショートカットキーも充実。(矢印キーで週移動なども可能)
RSS出力も可能だが日本語は文字化け。Rojoなどで読めるっぽい。
友人とスケジュール共有も可能。iCalendar 形式のフォーマットをインポートする機能もついている。
■画面イメージ
spongecell



Mosuki


Mosuki

■登録方法
アカウントとメールアドレスを入力し、確認メールに書かれているURLをクリックすると登録完了。最初の入力はメールに書かれている仮パスワードでログインする。
■所感
日本語は問題なく入力できそう。入力のインターフェースは少し手間が掛かる気がする。他のユーザとスケジュールを共有できそう。
他のユーザをグループに登録しておけば、グループに向けてメッセージ(備忘録)のよーなものを登録することができる。
日/週/月などのビューが存在する。
■画面イメージ
Mosuki



Kiko


Kiko


■登録方法
メールアドレスとパスワードを入力すると登録完了。
■所感
日本語は文字化けする。(入力時は一見上手く登録できているよーに見えるのだが・・・)
Firefox1.5ではログインできなかった(E 6.0+, FF 1.0+ と書かれているのでFF1.5は未対応のようである)
フローティングパレットによる入力方式。右クリックで何か動作するのが基本。
一度入力した予定の時間を変更する際にスケジュールをドラッグすることで時間が簡単に変更できるのはGood。更にスケジュールの移動もマウスで簡単にドラッグすることで実現。このインターフェースはいいね。
右クリックで日/週/月の表示切替が可能。
他のユーザを招待(invite)することができるっぽい。
■画面イメージ
Kiko



●全体的な所感
ちょっとだけ利用してみて、現段階で最もお薦めだと思われるのは、日本語が入力できる、30 Boxes,AirSet,Mosuki かな?
その中でも AirSet はアプリケーションの完成度がかなり高く、入力のインターフェースもまあまあ。
一方、日本語には未対応だが入力インターフェースやスケジュールの移動などが直感的に操作できそーなものでお薦めなのは Kiko だと思う。スケジュールに登録したい範囲をドラッグして入力したり、右クリックでビューを変更できたりと芸が細かい。Webアプリケーションであることを忘れそうなほど完成度が高いよ。
是非とも日本語化&Firefox1.5対応を切望する限りである。
posted by りょーち | Comment(4) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2006年03月07日

seesaa blog のカテゴリの割合をグラフで視覚化してみる このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。カレーの魔術師、鼻田香作です(嘘です。って「包丁人味平」知らないか?)

seesaa blog のカテゴリマップのよーなものを作ってみた。seesaa blog では記事に対してカテゴリを設定できる。で、いろんなカテゴリを適当に作ることができるのであるが、だいたいどのカテゴリが多いかというのを視覚的に分かるようにするために円グラフのよーなものがあるといいなと思い、作ってみた。

このサイトの右側にある「カテゴリ」の部分にある怪しいグラフがそれである。

やっていることは非常に簡単でphpのjpgraphを利用してカテゴリの数をパラメータとして渡してグラフを作成しているのだ。りょーちのサイトの場合、無意味にカテゴリを増やしているのでグラフがあまり美しくないが、なんとなくこんな感じになった。
読書感想文Web周辺技術 で半分を占めているというのが視覚的にわかって良いような気がする。

seesaa blog を利用している人なら一応誰でも使えるようになっていると思われる。
(と、言ってもそんなに利用したいと思う人はいないか・・・)
続きを読む
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2006年02月28日

Googleから見た都道府県庁のサイト採点 このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、太川陽介です(嘘です)。ルイ・ルイ(謎)。

唐突だが、Googleから都道府県のページを検索してみていろいろ調べてみようと思った。
時期的に「県庁の星」の映画化などが話題になっているが、この記事には織田裕二も柴崎コウともベンガルとも全く関係ないことが書かれています。もし、万が一間違ってこのサイトにこられた方、ごめんなさい。(ないと思うけど・・・)

調査内容はこんな感じ。
1. 例えばGoogleで「秋田県」と入力したときに「秋田県のWebサイトが検索順位の1位に表示されるか?」
2. また、そのときのGoogleでHitした数は何件か?
3. また、各県のページランクはどんな感じになっているか?

何の前触れもなく、早速やってみた。
その結果が下記の表である。(検索日時とpagerankは2006年2月現在のもの)。Google検索の結果は検索結果表示後、リロードしてみるとわかると思いますが、何故だかわからないが検索するたびに検索結果の総数が変化する。極端に低い数字が出たりするのはなぜだろう?

都道府県検索結果と県庁ホームページPageRank一覧
都道府県名Google検索PageRankサイト名
北海道2,170,000PR:6北海道のホームページ
青森県1,040,000PR:6青森県庁ホームページ Aomori Prefectural Government
岩手県1,140,000PR:6銀河系いわて情報スクエア【岩手県公式ホームページ】
宮城県 *1,330,000PR:7宮城県ホームページ Miyagi Prefectural Government
秋田県1,070,000PR:6美の国あきたネット
山形県1,080,000PR:6ゆとり都山形ホームページ
福島県1,200,000PR:6福島県のホームページへようこそ。
茨城県 *1,400,000PR:7茨城県ホームページ --- Welcome to IBARAKI Prefecture
栃木県1,160,000PR:6栃木県公式ホームページ
群馬県1,230,000PR:6群馬県ホームページ
埼玉県1,670,000PR:6埼玉県ホームページ
千葉県 *1,790,000PR:7ようこそ千葉県ホームページへ
東京都 *3,150,000PR:7東京都公式ホームページへようこそ!
神奈川県 *1,980,000PR:7神奈川県ホームページ Official Site of Kanagawa Prefectural Government
新潟県1,270,000PR:6新潟県ホームページ
富山県1,080,000PR:6富山県
石川県1,120,000PR:6石川県ホームページ
福井県1,100,000PR:6福井県 Fukui Prefectural Government
山梨県1,120,000PR:6山梨県-県庁トップページ
長野県1,370,000PR:6長野県ホームページ - Web site 信州 -
岐阜県1,250,000PR:6ぎふポータル
静岡県1,440,000PR:6静岡県公式ホームページ
愛知県1,800,000PR:6愛知県のホームページ : Aichi Prefectural Government Official Site
三重県1,250,000PR:6三重県
滋賀県1,060,000PR:6滋賀県ホームページ [Shiga Prefecture]
京都府 *1,440,000PR:7京都府ホームページ Kyoto Prefecture Web Site
大阪府2,140,000PR:6大阪府(おおさかふ)ホームページ [Osaka Prefectural Government]
兵庫県 *1,650,000PR:7兵庫県ホームページ・ひょうご夢情報
奈良県 *1,160,000PR:7奈良県:トップページ
和歌山県999,000PR:6和歌山県ホームページ Wakayama Prefecture
鳥取県987,000PR:6とりネット/鳥取県公式ホームページ
島根県1,030,000PR:6島根県_Shimane Prefectural Government
岡山県 *1,180,000PR:7岡山県ホームページ−晴れの国おかやまへようこそ−
広島県1,270,000PR:6広島県のホームページ
山口県1,160,000PR:6山口県のホームページ
徳島県1,010,000PR:6徳島県ホームページ
香川県1,060,000PR:6香川県
愛媛県1,070,000PR:6愛媛県庁ホームページ
高知県999,000PR:6高知県ホームページ - ポータルサイト
福岡県1,460,000PR:6福岡県庁ホームページ [ 福岡県トップページ ]
佐賀県978,000PR:6佐賀県庁のホームページ
長崎県1,300,000PR:6長崎県ホームページ:トップページ
熊本県1,120,000PR:6熊本県オフィシャルホームページ
大分県1,020,000PR:6大分県/Oita Prefecture
宮崎県989,000PR:6宮崎県庁ホームページ
鹿児島県1,090,000PR:6鹿児島県 Kagoshima Prefectural Government
沖縄県 *1,220,000PR:7沖縄県

調査結果を見た印象としては、大阪府のホームページのPageRankが6というのは意外だった。大阪府なら7でもおかしくなさそう。一方、沖縄、奈良に関しては観光産業が盛んなためこれほどページランクが高いのではなかろうかと(勝手に)推測する。他県の猛者を押しのけてPagerank7に君臨した岡山県に関しては実はよくわからないが、岡山県はinternet黎明期からWebサイトの制作に力をいれていた気がする。
まあ、こうやって見ると、面白いのは各県庁のホームページの名前である。県名のみのシンプルなものから「ちょっと懲り過ぎじゃないか?」と思われる名前もある。あたりまえなのかも知れないが、都道府県名で検索した結果、全く異なる企業などにGoogleの検索結果の1位の座を奪われたりしている県はない。

これを見ると、最近lg.jpドメインが利用されている都道府県のサイトが多くなってきている(移行中のところもあったりする)。何か国家レベルで統一しようという動きなのだろうか?謎である。lg.jpドメインに関して情報をお持ちの方、教えてください。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(1) | Web周辺技術