2007年01月31日

短縮URLチェッカーを作ってみた このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、へらちょんぺです(嘘です)。

短縮URLってのがあるらしく、ながーいURLを短くしてくれるよーなものがあるらしい。
仕組みはよくわからないが、おそらく、短い名前をHTTP Status Code 301 だか 302 とかって感じでLocation を無理矢理移動させているのではないかと勝手に推測してみる。

こういう長い名前を短くするサービスが結構世の中にあるっぽい。
例えば、下記のよーなサービスがあるよーである。
http://snipurl.com/
http://www3.to/
http://kat.cc/

で、これらのサービスの利用者の中には、浅ましいアフィリエイターのみなさまが挙ってアフィリエイトID付のURLを隠蔽するために使ったりしていたり、とっても危険な匂いのするサイトを隠蔽するよーな目的で使ったり(URL転送後はわかっちゃうけど)することが多いように思われる。

で、転送先のURLが何かを知るために簡単な「短縮URLチェッカー」を作ってみた。

URLを入力すれば、どこのサイトに飛ぶのかがわかるよーになっている。

Bookmarkletもテキトーに作ってみた。

短縮URLチェック (右クリックでお気に入りに追加)

怪しそうなURLは一度チェックしたほうがよいかもっす。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2007年01月30日

Google Random Image を試してみた このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、平賀源内です(嘘です)。

Google Random Imageというサイトがある。これは、Google イメージ検索を利用してランダムに画像を表示するよーなものである。
ソースを見てみると、現在ドキュメントに書かれている単語を全て検索し、ワードに分解したものを対象に画像を検索し、60秒おきに画像をランダムに差し替えるってことをやっているよーである。
日本語では英語のように単語の区切りというものが明示的に半角スペースなどで分けられていないため、そのままの実装は断念したのだが、予め単語を指定して、表示することくらいだったらできそうだった。

なお、この方法はWindows internet Explorerのみで動作するっぽい。Firefoxにも対応させるにはどーすればよいのかわかんなかった。(DOMとか今ひとつ理解できていない・・・orz)。

現在、指定した検索語は「雑誌」「静電気」「日産」「電子レンジ」「納豆」の5つ。
ランダムに変わっているのがすぐにわかるように30秒置きにリロードするよーにしてみた。(FirefoxなどのInternet Explorer以外のブラウザでこのサイトにたどり着いた方は、「only internet Explorer」と表示されていると思われます)




[Searching]



うーむ、こんなことできるんだねぇ。(ってFirefoxではできてないけど・・・orz)
Firefoxでも動作させることができる方法をご存知の方は教えてください。
よろしくです。
posted by りょーち | Comment(2) | TrackBack(1) | Web周辺技術

2007年01月24日

動画によるナレッジデータベース:「SupportTube」 このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、デビット伊東です(嘘です)。

digg経由で NewTeeVee ≫ Ten Great Web Video Mashups の存在を知った。動画を使ったマッシュアップサイトの紹介記事のよーだったので、どんなのがあるのかなぁとチラッと見てみた。

紹介されているのは下記の11サイト(10って書いてあるけど何故か11)
1. CelebrityV [YT]/[GV]/[GR]
2. Dunkathon [YT]
3. I Love Music Video [YT]/[LF]
4. Indie Tube [LF]
5. Tube CH [YT]
6. MusicPortl.com [YT]
7. RATE MY DANCE MOVES [YT]
8. Magg [YT]/[MC]/[VE]/[MY]/[JC]/[YV]/[GV]
9. ReviewTube [YT]
10. YouTorials [YT]
11. TagTV [YT]/[FL]
※ [YT]:YouTube / [GV]:Google Video / [GR]:Grouper Video / [LF]:Last.fm / [MC]:Metacafe / [VE]:Veoh / [MY]:MySpace / [JC]:Jumpcut / [YV]:Yahoo! Video / [FL]:Flickr

ダンスに特化した RATE MY DANCE MOVES などは結構面白い試みだねぇ。
唯一日本のサイトで紹介されているのが、5.の Tube CH 。かなりよく出来てるっす。先日紹介した RetroTube も結構よくできてるっす。

で、上記の紹介記事のコメントに「こんなのもあるよ」って紹介されていて結構面白かったのが、これ。



HowToビデオの集合体っぽいサイトであるが、かなりコンセプトがよい。
何かやりたいときにどうやってやるのか教えて貰うときには、耳で聞いたり文字で読むよりも実際に動いているシーンを見たほうが結構便利。SupportTubeはそういった「どうやってやるか?」を解説したナレッジデータベースになっている。

登録数がまだ少ないのでこれからという感じだが結構期待が持てるサイトだねぇ。また、中には、結構(やばそーな)便利そうなものも紹介されてたりする。

ここでは 「 Windows Vista の Administrator を含む全てのユーザのパスワードを忘れてしまったら? 」という場合の解決方法が記載されている。(どーでもよいのだが、このビデオで利用されている Windows Vista は Imac24上で動作してるっぽい)

ちなみに、この解決方法はこんな感じ。

Trinity Rescue Kit をダウンロード。
・起動用CDを作成
・BIOSメニューでCDから起動する設定に変更
・CDから起動
・winpass コマンドを使ってパスワードを初期化
・BIOSメニューを元に戻して再起動


この方法は、Vistaだけではなく、Windows 2000/XP/Serverでも動作するっぽい。
ちなみに、説明用ビデオの最後に自分のPCでやってねとスクロールで表示されているので、決して他人のPCではやらないでね。

このように文字で記述するよりも、上記のビデオを見ながら試せばより理解度が深まる。コンピュータを利用した教育というのは、かなり昔から話題になっていたが、こういう事例がどんどん出てくるのはよい兆候っす。

posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2007年01月23日

Second Life 最新ステータスをBlogに表示してみた このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、私設秘書のムルアカです(嘘です。ってもうやめたんだっけ?)。

先日怪しく作成した Second Life 国勢調査 なのだが、最新の情報だけをBlogに貼り付けるよーなものを作ってみた。
画面の一番右下にそれっぽく貼ってみた。
相変わらず最新日時はスクレイピングしないとGetできないので、多分かなり重いはず・・・orz
ブログパーツとして公開するほどでもないので、暫くここにだけ貼ってみるっす。

なお、LD sources and sinks , inworld business profits については、貼り付けると長大になるので、表示しないよーにしてみた。

このパーツもそうであるが、他所様が提供しているデータがXMLデータの場合、一度、XMLデータをサーバ(りょーちの場合はレンタルサーバだが)に取り込んで、それを加工しなくてはいけない。

simple_xml と http_request で、結構楽に取得はできるので、あとはどう加工するかの話しになる。このあたり、実はまだ、よく理解できていない。

キチンとXMLを勉強するべきかねぇ・・・

うーむ。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2007年01月18日

Second Life 国勢調査を作ってみた このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、千堂あきほです(嘘です)。

なんでも、世の中では Second Life なるものが流行っているらしいじゃないですか。うーむ、これはなんだろうと思い、自宅のPCに早速インストールしてみたが、どうもサーバーにコネクトできずにエラーとなり動作しなかったのである。
second lifeのエラーログを見てみたがよくわからないっす。

Second Life | システム要件 のページでは、
ビデオカード: nVidia Geforce 2 (32MB RAM) 以上、または ATI Radeon 8500 (32MB RAM) 以上

と記載されている。
また Authentication Flow - Second Life Wiki では、利用するポートが記載されており、どうもこのあたりがネックになっているよーな気がする。

動作環境については、再度調査しなければならないっぽい。

ただ、最近急速に話題に上がってきているので、いろいろ調べたりしてみたら、Second Lifeの英語のページに
Second Life | Economic Statistics (Raw Data Files)
なるものを発見した。

これは、Second Life上での統計情報などが開示されているサイトである。
適当な間隔で Linden Lab の担当者がサーバに情報を開示しているっぽい。

EXCELデータとXMLデータが存在するようなので、このXMLデータを使って、こんなものを作ってみた。



これは、Economic Statistics でXMLファイルとして公開されているデータをHTMLで閲覧できるよーなものである。
更に、公開日ごとにしかダウンロードできないXMLファイルを一度に表示できるように
Economic Statistics のHTMLファイルを無理矢理スクレイピングして、公開日のプルダウンデータを取得し、勝手に全てのデータを表示できるようにしているので、かなり表示に時間が掛かるばい。
更にスクレイピングの弱点として、公開先のサイトのHTMLの文書構造が変わると正しくスクレイピングできないのが難点(まあ、暫くは大丈夫であろう)。

この統計情報を見る限りでも、ちょいと盛り上がっている感じがするねぇ。

posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2007年01月16日

wikipedia検索窓(Blog de Wikipedia)をちょっと修正してみた このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、平泉成です(嘘です)。

っと、なんだかよくわからなかったのですが、昨日このBlogにコメントがあり、よろよろと見てみると、以前作ってもう忘れかけていた Wikipedia検索窓の記事 にコメントが。
なんであろうとおそるおそる見てみると Yahoo! Internet Guide の編集部の方からであった。
で、コメントを読んでみると、どうもその忘れかけていた Blog de Wikipedia の紹介をさせてほしいとのことであった。

うーむ、このような辺境の地にまで、Yahoo! Internet Guideの方にご足労いただき、誠に恐縮である。しかも、なんだかスーパー適当に作ってみて、名前も更に適当につけてみた Blog de Wikipedia を紹介していただけるとは驚きである。

よくわからないけど「よろしくお願いいたします」的な返事を昨日返信し、ふと、「そういやどんなん作ったんだっけ?」と見てみると、やっつけ仕事満載的なプログラム(いや、プログラムとも呼べないか?)だったので、ちょいと修正してみたっす。

修正箇所は
・表示結果をCSSを指定することでカスタマイズできるようにしてみた。
・検索時の初期キーワードを指定できるようにしてみた
の2つである。

こんな感じで表示されるっぽい。



まあ、紹介されるかどうかは全く以って不明だが、ちょっとだけまともなプログラムになったので、結果的にはよかったよーな気がするっす。
更に、このプログラムは SimpleAPI さんのところの WikipediaAPI - ウィキペディア情報をサイトで利用できるAPI のサンプルを殆どそのまま使い、iframeで表示しているだけなので、SimpleAPIさんにおんぶにだっこに肩車状態なので、恐縮の極みである・・・orz

それにしても、こういうWebサイト紹介雑誌の編集の方々って大変だなあと思う。りょーちのサイトのような過疎の村にまでその取材の足が伸びてくるってのは、ある意味凄いです。
ただ、一方で、面と向かってアポイントを取る必要もなく、電話もメールもなしで取材申し込みができるような環境とも言えるっす。

とはいえ、まだ、掲載されるかどーか、全くわかんないので適当にボーっとしておいてみることにするっす。
編集者の方、誠におつかれさまでございます。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(1) | Web周辺技術

2007年01月15日

MyBlogLogにおけるSPAM行為ともうひとつの問題 このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、横山エンタツです(嘘です)。

先日記載した MyBlogLogがなんだかパワーアップしているっぽい で少し言及した、
MyBlogLogの閲覧者表示機能は時として、mixiにおける足跡スパムっぽいことにも使われかねないと思われる

について、もうちょっと考察してみた。

■問題点1.自サイトにおけるSPAM行為
MyBlogLog に登場した主な新規機能として、サイトを中心としたSNS機能というものが挙げられる。これは、MyBlogLogに参加しているメンバーが所有するサイトをMyBlogLog上に登録し、MyBlogLogの中でいろいろ意見を交わしたりすることができる機能である。
その他にはmixiで言う所の「足跡機能」ってのが存在する。
これはどういうモノかといえば、自分のページを見に来た人が、MyBlogLogに登録していた場合、その人が自分のページを見たというのが分かるようになっており、更に、対象ページに足跡を残した人のMyBlogLogのMyPageへのリンクと共に画像ファイル付で見た形跡が掲載されるものである。

前回紹介した記事では、「この機能を使ってSPAMっぽいことができてしまいそうだ」と警鐘を掲げてみた。MyBlogLogの足跡機能はmixiと同様に最新の足跡が最も上位に掲載されるので、クリックされる可能性は高い。

りょーちの予想通り、このあたりは TechCrunch Japanese アーカイブ| MyBlogLog、スパムにやられる(ウチもだ) でも問題視されている(やっぱり)。

足跡を残したいサイトを何分間か単位で自動で訪問する自動アクセススクリプトなどすぐに書けそうである。そうすると、どのサイトにも、自分のサイトへ誘導するためのアイコンが表示されるのである。実際にこのあたりを試してみた人がいるっぽい。(彼らはスパマーではなく、警鐘の意を込めて実施したものであることに注意)

SoloSEO Blog | Free Advertising on TechCrunch with MyBlogLog Flaw
Emre Sokullu | Cheating MyBlogLog

■問題点2.MyBlogLogユーザの意図しないサイトに足跡が残る
更に、もうひとつの問題として、どのサイトがMyBlogLogに参加しているのかをユーザが知る術がないということが挙げられる。
先ほどの問題点では、自分のサイトがスパマーに攻撃(訪問しただけで、勝手にリンクが張られる)されることについての懸念であったが、今度はMyBlogLogのユーザ自身が抱える問題事項である。

例えば、 TechCrunch JapaneseにはMyBlogLogの足跡表示機能がサイト内に掲載されている。りょーちがTechCrunchのサイトを訪れた際は、りょーちが訪問した足跡がページに残るわけである。りょーちは、先ほどの足跡スパマーではないので、まあ、残るのはしょうがないとしましょう。
しかし、 TechCrunch Japaneseくらいの優良サイトであれば、問題はないが、これが、有害なサイトだったりするとどうであろう。

りょーちが、Googleなどの検索エンジンで、性産業に関わるサイトを検索したとして、そのページをりょーちが訪問したときに、何が起こるか・・・
そのサイトに、りょーちが訪問した足跡が残ってしまうのである。
こういった、いかがわしいサイトや、公序良俗的によろしくないサイトに訪問してしまった場合に残る足跡を業者が利用しないとも限らない。場合によっては「このページを見た人は会員に登録したものと見做し、月々1万円貰っちゃいます」などとかかれてたりするとどうであろう?

問題点としては、一般的なブラウザを使って単にページをブラウジングしただけで、このような、ユーザが意図しない足跡が残ってしまうことにあるように思える。

うーむ。MyBlogLog、謎のサービスである。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2007年01月07日

方言proxy変換ボタンに「ルー語」を追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、赤塚真人です(嘘です)。

方言変換Proxyサーバ用ボタンルー語変換も追加してみた。

ルー語ってのは「あの」ルー大柴の語りのことである。これで変換してみると、トニー谷ばりの怪しげなイングリッシュが満載となることであろう。

利用するには、下記のよーなscriptを貼り付けるとよかろう。(上記の 方言変換Proxyサーバ用ボタン で紹介しているタグと全く同じものです。

<script type="text/javascript" src="http://ryouchi.up.seesaa.net/js/osaka.js" charset="utf-8"></script>


なんとなくテキトーにつくってみたので、動作は怪しいかも。

なお、既に方言変換Proxyサーバ用ボタンを貼り付けているサイトは自動的にプルダウンメニューに「ルー語」が追加されているのでお試しあれ。(追加されたことがすぐに分かるようにプルダウンメニューのはじめに持ってきてみた)

#ルー語は方言じゃないけど、まあ、いいよね?
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(1) | Web周辺技術

2007年01月05日

MyBlogLogがなんだかパワーアップしているっぽい このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、伊武雅刀です(嘘です)。

MyBlogLog といえば、クリックログをアクセス解析できるという触れ込みでかなり話題になったサイトである。
そのMyBlogLogがなんだか怪しくパワーアップしているっぽい。

MyBlogLogではWebサイトの管理者が自分のサイトをひとつのコミュニティとして形成するよーな不思議なソーシャルネットワークを作り出しているよーだ。
MyBlogLogにユーザ登録し、自分のサイトを登録すると、以前からある、クリックログ機能は勿論健在。

面白いなぁと思うのは、Recent Readersって機能で、MyBlogLogに登録しているメンバーがページを見たときに右下のRecent Readersの部分に表示されるって機能かな(右下にちょっとつけてみた)。

英語のサイトなのでちょっとコミュニケーションに難があるのだが、しばらく使ってみたい感じ。
登録すると、なんだかわかんないけど、綺麗なお姉さんが訪問に来たりするよーなのだが、アフィリエイト狙いっぽいので、とりあえず無視したりしているっす。

どうもWebサイトを軸としたオープンなソーシャルネットワークを狙っているよーな感じである(違う?)

りょーちのMyBlogLogのページは下記になるっす。
ryouchi - MyBlogLog

ただ、注意したい点は、このMyBlogLogの閲覧者表示機能は時として、mixiにおける足跡スパムっぽいことにも使われかねないと思われる。自分のページを見た人のサイトがリンクとして表示される機能は、コメントスパムやトラックバックスパムよりも簡単に自分の足跡をページに残せるわけである。
見ただけで、自分のサイトへのリンクを表示させる機能ってちょっと考えると凄い気がする。
このあたりは、新たなスパマーをのさばらせないようなユーザブロックの機能が必要なのかもしれない(どっかにブロッキングの設定があるのかも)

今後、どう拡がりを見せるのか、今後ちょっとだけ注目っす。
posted by りょーち | Comment(10) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2006年12月28日

BStir日本語版を作ってみた このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、笠置シズ子です(嘘です)。

Stuff a Blog - Enrich and extend your blog-postというサイトでは、BlogのURLを入力すると、Blogの記事をランダムで表示するよーなことができるっぽい。

で、このサイトを試してみたのだが、日本語がうまく表示されない。
うーむ、と思い、テキトーなのをつくってみた。



上記サイトに行くとBlogのURLを入力する場所があるので、そこにBlogのURLを入力すると、Blogの記事をランダムに表示するためのJavascriptのタグが表示される。

これをBlogのテキトーなところに貼ればBlogの記事がランダムで表示されるはず。

で、この仕組みはどーなっているかといえば、Google Blog SearchのRSS情報を利用しています。なので、Google Blog Searchにクロールされていないものは表示されないと思います。

更に、ちょいと難点があって、Google Blog SearchがRSS情報を返してこないケースが多々あるっぽいです。そんなときは、入力したURLがそのまま表示されるようになっています。

以下、こんなイメージで貼り付けることができます。


リロードすると、上記の記事が変わる(はず)です。(ダメ?)

表示幅の調整はタグ全体をDIVタグで囲んでwidthを指定するとよいかと思います。

ちなみに、わたしの場合はこんな感じでCSSを設定しています


BStirについての詳しい記事は POLAR BEAR BLOG: ブログを「かき混ぜる」 -- BStir を参考にしてください。

まあ、あくまでもお遊びってことで・・・
posted by りょーち | Comment(6) | TrackBack(2) | Web周辺技術