2008年05月27日

Google Adsenseの動画広告 このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Adsenseの管理画面とかあまりよく見てないので気づかなかったが、いつの間にか「動画ユニット」なるものが存在していた。
どうやらYouTubeの動画を貼り付けるプレーヤーで AdSense 付きのプレーヤーってのが作れるよーなので、作ってみた。

うまく表示されてるのかどうかよくわからんが・・・
ちなみに、このプレーヤーで特定の動画を表示させる方法がよくわからんかったよ。

そーいう使い方じゃないのかな?

っとあとよくわかんないのが、Google Adsenseは自分で設置した広告をクリックすることは禁止されているんだけど、この場合設置した動画を自分で見ることはできるのかな?
動画の上部に掲載されている広告は自分で押してはいけないよーな気がするので押さないよーにしてみよう。

いまいち理解できてないのでテストしてみるっす。

しかし、Adsense付きのプレーヤーってことなので、自分の紹介したい動画にAdsenseが表示されるのかと思ったが違うのか? 謎じゃよ。
posted by りょーち | Comment(2) | TrackBack(1) | Web周辺技術

2008年05月26日

理想と現実? このエントリーをはてなブックマークに追加

西畑一馬氏のブログより。
どうもGoogleから嫌われたようです。[to-R]

サイトを拝見するかぎりでは、いろいろ難しいことを考えられており、なかなかすごいなーと思ったりしたのですが、西畑氏の経営されている to-R [トゥーアール] という会社では SEO/SEM対策[トゥーアール] という商材があり、運営サイトにも SEO対策TIPS ってのがあるっぽい。
そーいう方が軽々しくもご自身のブログに どうもGoogleから嫌われたようです。[to-R] って書いちゃうと企業としての商材に説得力が全くなくなるよーな気がするのは気のせいだろうか?

で、その対処法もなんだが場当たり的な感じがします。
スパム認定される原因に思い当たる節はないのですが、、一応対応として運営サイト同士の相互リンクを削除してみました。
とか
サイトの品質には自信があるのでひとまず様子見ですね。
とか書いちゃうと、それを見た顧客は果たしてこの会社に発注しようと思うかな?

まあ、SEOとかSEMとか、りょーちには全くわからないっす。特に気にしたこともなく細々と辺境の地でお茶を飲みながら更新するこのブログには全く関係ないのだが、ちょいと経営者として「発言の質」を気にされたほうがよいかと思われます。
そーしないと、経営者としての理想論は会社のWebサイトで紹介しちゃうけど、現実はそんなに甘くないんだよってのを個人サイトに書いて愚痴っちゃったよーに見えちゃうよ。

(西畑一馬氏とは全く面識ないのですが、きっとすごく頭がいいんだろーな・・・)
posted by りょーち | Comment(2) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2008年05月21日

Google翻訳が23ヶ国語対応した記念に翻訳ブログパーツをつくってみた このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語も含む23言語間すべてで翻訳できるようになったGoogle翻訳 | Google Mania - グーグルの便利な使い方 でGoogle翻訳がアップデートされており、日本語から23言語への変換ができるようになったよーである。

なので、これを機にGoogle翻訳を利用した翻訳用ブログパーツを作ってみた。
翻訳可能言語は下記の23言語
  1. アラビア語
  2. イタリア語
  3. オランダ語
  4. ギリシャ語
  5. クロアチア語
  6. スウェーデン語
  7. スペイン語
  8. チェコ語
  9. デンマーク語
  10. ドイツ語
  11. ノルウェー語
  12. ヒンディー語
  13. フィンランド語
  14. フランス語
  15. ブルガリア語
  16. ポーランド語
  17. ポルトガル語
  18. ルーマニア語
  19. ロシア語
  20. 英語
  21. 韓国語
  22. 中国語(簡体)
  23. 中国語(繁体)

で下記のスクリプトを張ればよい。

<script type="text/javascript" src="http://ryouchi.up.seesaa.net/anylang/anylang.js" charset="utf-8"></script>

そーすると、こんなのが表示される。これであなたのブログが23言語で表示されちゃうので、アクセスも23倍だね!(ちょっと嘘です)続きを読む
posted by りょーち | Comment(77) | TrackBack(5) | Web周辺技術

2008年04月25日

日本語ブログを英語・中国語・韓国語に変換するブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加

livedoor 翻訳 を利用して日本語のブログを英語・中国語・韓国語に翻訳するブログパーツを作ってみた。

以下のスクリプトを張ればよい。
<script type="text/javascript" src="http://ryouchi.up.seesaa.net/translate/lang3.js" charset="utf-8"></script>


多分翻訳できると思われる。続きを読む
posted by りょーち | Comment(5) | TrackBack(2) | Web周辺技術

2008年04月23日

URIのスキームと区切り子は省略できるときがある このエントリーをはてなブックマークに追加

技術的な言葉の利用方法とか結構間違っているかもしれんが、「へー」と思ったのでメモっとく。

たとえば
http://ryouchi.seesaa.net/article/94244960.html
から
http://ryouchi.seesaa.net/index.html
に、リンクを張りたいとき、どんなパターンが考えられるか?
  1. <a href="../index.html">リンク</a>のような書き方
  2. <a href="/index.html">リンク</a>のような書き方
  3. <a href="http://ryouchi.seesaa.net/index.html">リンク</a>のような書き方
だいたいこの3つを思いつくかと思う。
しかし、こういう書き方もできるらしい。
  1. <a href="//ryouchi.seesaa.net/index.html">リンク</a>
「//」から始まる書き方ははじめて見たよ。絶対パスと相対パスとか完全URLとか言葉の定義がよくわからないが、学術的なことは専門家の方々におまかせするとする。
下記のURLにそのあたりが詳しく書いてあるっす。
URIとファイルディレクトリ -- ごく簡単なHTMLの説明

URI = URL + URN ってのも難しいことを言っているよーな感じだが、バッサリ要約するとこんな感じ?

「http://ryouchi.seesaa.net/」というURIがあるとする。

「http」の部分を「スキーム」いうらしい。
「:」の部分は「スキーム」と他の部分との区切り子らしい。

2の場合はリソース自身の名前(パス)からの記述であり、
3の場合はスキームから(頭から)全て記述した絶対パスである。
4の場合はスキームは同じなので区切り子と一緒に省略して記述したものなのかな?

実際、internet explorerでもFirefoxでもアクセスできると思われる。
ちなみに、当たり前だが、「ftp://ryouchi.seesaa.net/」などのように異なるスキームの場合は<a href="//ryouchi.seesaa.net/index.html">リンク</a>って書き方はできないっす。
Googleのサイトなどはこの「//」から記述する方法を使っているよーな気もするね。
4.の書き方でリンクしてみた。(ソースを確認してみてちょうだい)
このサイトのトップページ
Yahoo! Japan
(カーソルをのせるとhttpから記述しているように見えると思うが・・・)
言葉の使い方が間違っているよーな気もするが、言いたいことは上記のようにhref属性を指定できたりすることができることにちょいと感動したというお話しだな。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2008年04月21日

phpによるスクレイピング入門にGoogleのもしかしてを取得する方法を掲載してみた このエントリーをはてなブックマークに追加

久々に phpによるスクレイピング処理入門 の記事を更新してみた。

今回はGoogleで検索したときにたまに表示される「もしかして:○○」ってのを取得してみようと思った。
取得できると何に利用できるかといえば、たとえば、有名人の名前で漢字がでてこないときとかに、これを使えば正しい(と思われる)漢字を提示してくれるので便利かもと思ったのだ。

基本的に難しいことはあまりやっていないので phpによるスクレイピング処理入門 を一から読めば分かる応用方法っす。

phpによるスクレイピング処理入門:8. 例3.Googleのもしかしてを取得する方法

やっていることは、入力した文字を実際にGoogleで検索し、「もしかして・・・」と表示されれば、その「もしかして」の部分をJSON形式で返すってものだな。
実用的かどうかはさておき、こういうAPIって実はほしいなと思っていたのでちょいと作って見たっす
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2008年04月16日

Googleヘルプセンターで不思議に思ったこと このエントリーをはてなブックマークに追加

もはや世界中で知らない人はいないと思われるGoogle。その高い技術力を武器に検索エンジン・広告ビジネスなどを中心に巨額の利益を得ているっす。
いろんなサービスがあり、世界中の様々な人が利用するため、初心者にも分かりやすいインターフェースを提供している。
勿論、どんなに分かりやすいインターフェースや機能を提供したとしても、直感的に使い方が分からなかったりすることがあるので、サイトにヘルプセンターというFAQを設けている。

Google ヘルプ > ウェブ検索ヘルプ にアクセスして調べたい語句を入力すると、まあヘルプ検索ができるのだが、ちょっと不思議な感じがする。

例えば Google ヘルプ > ウェブ検索ヘルプ で、「検索結果」という語句を検索すると、こうなる

で、画面下の「検索結果ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ 」で、「次へ」を選ぶと画面は変わるのだが、URLを良く見ると検索語句のURLエンコードがされていない。

更に「"検索結果"」と入力して検索した場合、本来URLエンコードされると「%22%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E7%B5%90%E6%9E%9C%22」という感じにエンコードされる。
このとき、画面下の「検索結果ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ 」というページャー部分に張られたリンクは上記同様、URLエンコードされていないため「"検索結果"」がそのままイキになっている。
この場合、Firefoxではリンクをクリックしても問題ないが、Internet Explorerだと「HTTP 400 正しくない要求」っておこられる。

勿論通常のWeb検索ではページャー部分のエンコードはされているっす。
うーむ、なんでかな?
謎だな。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2008年04月08日

画像の指定した範囲にコメントを表示できるTipmageが面白い このエントリーをはてなブックマークに追加

argilla: Tipmage を使えば、コメント付きの画像をこんな感じで見せることができるよーだ。
下記の画像にカーソルをあわせるとハイライトされ、ハイライトされた部分によってコメントが変わるっす。
更に、画面をクリックし、別のコメントを作成したりもできるっす。(コメントを保存するにはサーバサイドプログラムが必要だね)

予め出したいメッセージを事前に用意しておき、スクリプトを作成しておきます。JavaScriptなので作成したメッセージを動的に変更しているように見えますが、リロードすると、勿論元に戻ります。動的に変更したい場合は下記で説明するようにajaxとやらを使います。

導入までの手順
  1. argilla: TipmageTipmage-1.0.jsTipmage-1.0.cssをダウンロードする。
  2. <head>〜</head>内でCSSを読み込む。
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="Tipmage-1.0.css" />
  3. <body>〜</body>内でjavascriptを読み込む。
    <script type="text/javascript" src="Tipmage-1.0.js"></script>
  4. IMGタグで画像ファイルを読む際にid属性をつける(今回の例だとid=mainImageにしてみた)
    <img src="img01.jpg" id="mainImage" />
  5. 下記のようにscriptを追加する
    <script type="text/javascript">
      var tipmage = new Tipmage('mainImage',true);
      tipmage.startup();
      tipmage.setTooltip(110,6,173,337,'これが本体だね。カッコイイね');
      tipmage.setTooltip(158,91,65,57,'Appleのロゴだねー<br />リンゴだな。');
      tipmage.setTooltip(156,148,72,36,'Appleのロゴだねー<br>iPodって書いてあるねー');
    </script>
基本はこんな感じだな。詳しくはargilla: Tipmageのサンプルとか見ればよろしい。
なお、クリップした場所とか書き込んだ内容を保存するにはサーバサイドのプログラミングが必要っす。上記サイトでは
<script type="text/javascript">
  tipmage.onInsert = function (identifier,posx,posy,width,height,text) {
    // do something, like an AJaX call or whatever...
  };
</script>
って感じでイベントを拾ってAjaxでなんとかしろと書いてある。うーむ。確かにできそーな予感だねー。
なお、上記の画像のよーに、指定範囲の中に更に指定範囲が包含されている場合は広い方の範囲を先にsetTooltipで指定しなきゃだめっぽい。早く宣言した方が下のレイヤーになるんだね。
ニコニコ動画じゃないけど、ニコニコ画像くらいはこれで作れそうかもねー。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2008年04月07日

「著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。」というアメブロの不思議なRSS配信 このエントリーをはてなブックマークに追加

アメブロのRSSを読んでいるとおかしなことに気づいた。

たとえば 新垣 結衣オフィシャルブログ の RSSを見てみるとこんな感じ。

新垣 結衣オフィシャルブログのRSS

で、見てみると、
これが
2008年4月6日、23:50:04
買った財布です。真ん中の蝶々を見れば分かる人は分かるかな?イニシャル『A』です。ワインレッドというか…赤茶色のような…濃いブルーもすごく綺麗だったけど同じ形のブルーは人気で品切れでした(´Д`)同じブランドの財布でもいくつか種類があって全部手に持って見てみたけど、派手すぎず、地味すぎずのバランスが素敵だったので店に入ってからわりとす続きをみる
『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』
http://ameblo.jp/yui-aragaki/rss20.xml にアクセスしてみるとこんな感じ。
このアドレスへのRSS配信は停止いたしました。
受信いただくためには、 http://rssblog.ameba.jp/yui-aragaki/rss20.xml をご設定ください
RSSで配信しているのに、『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』ってのがどーもよくわかんないっす。
RSSの著作権は放棄するけど、サイトの著作権は保護しますという意味?(それでも意味が通じないよーな・・・)
どうやら有名人のブログのみそういう設定になっているよーな気がする。
しかもどうも気持ち悪いのがRSS配信のドメインがブログのドメインと一致していないところがなんとも気持ち悪い。
ブログのURI : http://ameblo.jp/yui-aragaki/
RSSのURI : http://rssblog.ameba.jp/yui-aragaki/rss20.xml
うーむ、なんだろう? なんでこんなことやっているのか皆目検討がつかないっす。
『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

というメッセージで何を伝えようとしているのかがよくわからないが、ブログ界隈ではRSS全文配信派とRSS一部配信派の2大派閥があるっぽいので、もしかすると、アメブロは「RSS一部配信派」を宣言したのかな?(でも、一般の人々のブログは全文配信だったりするよーな・・・)

ひょっとすると、某有名人のマネージャとアメブロ担当者でこんな会話が?
マネ「うちの事務所の○○ちゃんのブログのアクセスがすごい少ないっす。どーしてよ?」
アメ「結構いいと思いますけどねー。RSSリーダーでの購読も増えてますしー」
マネ「RSSリーダってなんすか?」
アメ「○○ちゃんがブログを更新したってのが瞬時に分かるよーにアメブロで配信してるんです」
マネ「ってことはそのRSSとやらが見られると、うちの○○ちゃんのブログにアクセスにこないんじゃないの?」
アメ「いや、殆ど同じよーなもんですよ。まあ、うちの場合RSSは全文配信なんでRSSさえ読んでおけば○○ちゃんの情報が瞬時に分かってファンも喜びますよー」
マネ「なんですとー。しかも全文配信ですと? じゃあ、ブログへのアクセスはどーなるのか?」
・・・・
・・・・
・・・・
的なオカルトな会話があり、芸能事務所同士の横のつながりにより、アメブロRSSけしからん的な風評が巻き起こり全文配信中止&著作権保護の謎メッセージという奇怪なRSSになったのだろうか?

しかし、アメブロの技術担当者の人もコケただろうなー。
この人たちは人にコンテンツをみてほしいのかみてほしくないのかどっちなんだろ?
アメーバブログのRSSをご登録いただくサービスについて|スタッフブログを読んでみたけど謎っすね(2007-12-12からのことだったのかー)。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2008年03月26日

Google転送リンクを利用したスパムメールが増えている このエントリーをはてなブックマークに追加

スパムメールを送るほうもいろいろ考えるね
Subject:90% discount. Coupon #YA1q
From : "fraser joan" <annisha.dobbins@cigna.com>
Dear ryouchi, be thrifty, purchase your drugs from the most well-known shop since 1999.
http://www.google.fr/pagead/iclk?sa=l&ai=NXWtkt&num=69330&adurl=http://(怪しげなURI)
keir dryden

思わずgoogleのリンクなので踏みそうになったが、多分怪しげなサイトに誘導されるっぽい。
下記のよーなパターンがあるようである。

・http://www.google.fr/pagead/iclk?sa=l&ai=
・http://www.google.com/pagead/iclk?sa=l&ai=
・http://www.google.co.uk/pagead/iclk?sa=l&ai=
・http://www.google.it/pagead/iclk?sa=l&ai=

多分
http://www.google.co.jp/pagead/iclk?sa=l&ai=
でも同じよーなことができそう。

まあ、用は、googleのサイトの後ろに sa=l&ai=?????&num=?????&adurl=http://って感じになっている怪しげなURIはアクセスしないよーにしましょうね。
ちなみに、このパターンのSPAM MAILが昨日だけで、7通もきた。
怪しく増えてるっぽいね。
Googleが何等かの対応をするのかな?(しないか?)
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術