2008年05月19日

このインターフェースは結構すきかも このエントリーをはてなブックマークに追加

もう3年も前になるらしいが、最近見つけたサイトでこのアイデアは面白いなと思ったサイトがあったので、メモっとく。

福岡のインターネット放送局COWTELEVISION(カウテレビジョン)が手がけたサイトで、こんなのがあった。

私を振り向かせて!学園祭ポータルTV 見返り美人プロジェクト|COWTV

九州の下記10大学の大学祭の紹介なのだが、夫々の大学の学園祭の紹介先では、実際の大学生が登場する。で、まあ見てもらうとわかるのだが、大学生が動画で学際の見所を紹介するよーなのだが、後ろを向いた学生がくるりと振り返って、話し始める。

後姿から選ぶので、くるっと回ったとき、どんな顔が登場するのかなと期待に胸が躍ったりする感じがよろしいではないですか。

ちなみに、上記の学園祭の紹介は2005年のものなのでご注意を。
なかなか面白いねー。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年05月09日

灰になったDel このエントリーをはてなブックマークに追加

Dell Turns to Ash : Wacky Archives より。

DellのラップトップPCのバッテリーを回収したよってことのよーであるが、バッテリーが溶けて、こんな状態でも起動するってことに驚きである。
dell laptop burn
dell laptop burn
dell laptop burn
dell laptop burn
dell laptop burn
丈夫なのはわかったが、バッテリーが溶けないほーがよいよね。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年05月01日

野球orサッカー このエントリーをはてなブックマークに追加

このプレー野球なのにサッカーのようだ。


Awesome Baseball Save By Pitcher - Watch more free videos

スローモーションで見るまではどうなったのかわかんなったよ。
大リーグおそるべし。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年04月28日

iPodで音楽を聴く方法まとめ このエントリーをはてなブックマークに追加

先週iPodというものを買ってみた。
今更なのだが実はiPodについての知識が殆どなく、ヨドバシカメラの店員さんに「iPodって何ですか?」から説明して貰い、やっと購入してみたっす。

で、りょーちが理解できたこと。
  1. iPodにはパソコンが必要(Dockという)
  2. パソコンにはiTunesをインストールする必要がある
  3. iTunesには音楽や動画を取り込める
  4. 音楽CDなどからもiTunesにインポートできる
  5. iTunesで取り込んだ音楽や動画をiPodに転送(コピー)して利用する
  6. 基本的に一つのiPodに一つのDock(複数のPCだと同期できないから)
  7. ネット上のpodCastingなども一度iTunes(つまりローカルPC)に取り込む必要がある
そーだったのかー。
で、忘れないうちにネット上にある音楽を聴く方法をメモっとく。
  1. YouTubeDailymotion の場合
    1. 動画ダウンローダYouTube TAG Search などで、FLVデータをダウンロードする。
    2. HugFlashでサウンドデータのみ抽出する
  2. ニコニコ動画で公開されている音楽をiPodに取り込む方法
    1. にこ☆さうんど(-β えくすとらくたで直接MEG3形式に変換してダウンロードする
これで大丈夫だね。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年04月25日

YouTubeのアクセスが速いのは読み込む画像ファイルが少ないから? このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeはGoogleが運営しているっぽいが、デザイン手法についてもGoogleっぽさが出ている気がする。
2008/4/25現在の YouTube.com で呼び出されているCSSは下記URLになる。

で、これを見ると、
http://s.ytimg.com/yt/img/master-vfl38353.gif
という画像が所々で呼ばれているのに気が付くだろう。

ちなみにその画像はこんな画像だ。
youtube 地球の日
で、CSSでは背景を透明にし、画像を一回だけ読み、width,height,scroll属性で別々の画像のように表示しているようである。
画像ファイルを読み込む数が減ると、それだけ高速に表示できるということなのだ。
#masthead .logo img {
width: 132px;
height: 63px;
background: white url(http://s.ytimg.com/yt/img/master-vfl38353.gif) no-repeat scroll 0px 0px;
}
#masthead .nav-item.selected .leftcap {
background: transparent url(http://s.ytimg.com/yt/img/master-vfl38353.gif) no-repeat scroll -142px 0px;
}
.subButton b {
background: #F90 url(http://s.ytimg.com/yt/img/master-vfl38353.gif) repeat-x 0px -249px;
text-decoration: none;
}
.editButton b {
background: #F90 url(http://s.ytimg.com/yt/img/master-vfl38353.gif) repeat-x 0px -249px;
text-decoration: none;
}
Googleのその他のサービスも同じよーな手法を取っているものがあるっぽい。
すごいんだねぇ。続きを読む
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年04月22日

お前ら、聖火リレーで揉める前にコレ読め このエントリーをはてなブックマークに追加

北京オリンピックが近づいているが、世の中、オリンピック以外のところで盛り上がっているのは悲しいことだな。日本でも長野市で行われる北京五輪聖火リレーの出発地を善光寺が辞退したりと俄かに慌しくなってたりする。
日本人もマレーシア・クアラルンプールで3人が逮捕されたりともう何の聖火リレーそのものが何のイベントなのかサッパリわからなくなってるのでは?
オリンピック聖火問題ってのは何故かそれこそアサッテの方向に「飛び火」し、チベット問題とか人種問題とか北京大気汚染問題とか国境なき記者団とか開会式辞退とかどこにむかいたいのかサッパリよくわからん状況だろう。
聖火リレーに政治問題やら宗教問題やらわけのわからんモノを持ち込む前にお前らコレ読んどけ。

「朝のリレー」谷川俊太郎

カムチャツカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が
ほほえみながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は
柱頭を染める朝陽にウインクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている

ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る

眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年04月21日

日本人の個人ブログで最もページランクが高いサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人の個人ブログで最もページランクが高いと思われるサイトをご存知ですか?
予想としては所謂アルファブロガー的な方々なのかなと思ったりしませんでしたか?
アジャイルメディア・ネットワーク:Agile Media Networkで紹介されているアルファブロガーの方々の記事の影響度はやはり凄くて「おー、素晴らしいねー」と思いながら、たまにブログを拝見させていただいたりするのだが、ページランクはこういう記事の影響力とかってあまり関係ないんだよね。

上記で紹介されている方々のページランクを見るとだいたいこんな感じ。さて、個人のサイトで上記の方々を越えるページランクを持つ方はいるのかな?

全くの推測で何の根拠もないのだが多分この方ではなかろうか?

yujilog - About を見ていただければお分かりかと思うが、この方、あの PukiWiki の作者なんですな。
PukiWiki って日本で結構使われているCMSツールだと思う。
つまりPukiWikiのあるところには、必ずと言っていいほど、yujiさんのサイトへのリンクが張ってあるっす。ってことで、必然的にページランクも高くなるということっす。

ページランク7っすよ。勿論、ページラングが高いからエライってわけじゃないけど、個人のページでこんなに高いページランクを見たことなかったので感動したのでメモ的に書いといたっす。

つーか、PukiWikiを一から作るって、どういう頭のよさなんだ。凄すぎるっす。

繰り返しますが、ページランクが高いとイイとか言っているのではないっすよ。(しつこい?)(AdobePR:10ってのを知ったときはちょいと感動したけどね)
なお、他にページランクが高いと思われる個人サイトをご存知の方はこっそり教えてください(^^; (あくまでも興味本位で知りたいだけです)
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年04月17日

「今何が流行ってるかをテレビから知る事はなくなった。」に一票 このエントリーをはてなブックマークに追加

どこ経由だか全くもって覚えていないが おちまさとプロデュース Tokyo Ochimasato Land のこんな記事を発見した。

今何が流行ってるかをテレビから知る事はなくなった。

これに激しく同意してしまった。

世の中で何が起こっているかを知る術はこの十数年でえらい勢いで変わったっす。

テレビもラジオもなかった頃、人々は新聞などの紙媒体によってしか世の中を知ることはできなかったっぽい。世の中で何が起こっているかを知らせてくれるありがたい人は「新聞記者」という極僅かの方々だった。新聞記者さん、ありがとう。

雑誌なんかは、新聞に比べると情報の鮮度が全く以ってよろしくない感じだったんだね。ただ、新聞と雑誌ではひとつの記事における掘り下げ度合いが違うんだな。何故違うかっていえば、新聞と同じくらいの薄い情報だと新聞と差別化ができないんだな。で、ちょっと新聞より時間をかけて詳しく書いてみるってことで、情報そのものに付加価値をつけてたんだね。雑誌も出版社の方が作っているんだね。全く以って素晴らしいね。

で、次に登場してきたのが、ラジオとかテレビとかっていう電波を使って世の中に情報を発信する仕組みが浸透したっす。もう、これ最強。だって、瞬時にテレビやラジオがあるとこまで情報を届けられるんだねー。その情報を届けてくれる人はラジオ局やテレビ局にお勤めされている方々。素晴らしいね。この方々が取り上げてくれるニュースだけ見ていれば人々は幸せだったんだな。

考えてみれば、インターネットが登場するまでは、僕たちはメディアに携わる方々が吟味して厳選したフィルタリングされたありがたい情報をお金を払って(受信料とか雑誌代とか新聞代とか)教えて貰っていたんだねー。

そんな中、インターネットってものが登場したようである。なんと、このメディアはすごいよー。今までの雑誌や新聞やテレビやラジオと違うのは素人の人でも情報を発信できるんだねー。しかも国を越えて情報を発信できるんだね。すごーい。

テレビやラジオやその他のメディアは1次媒体というか1次情報を提供するだけのメディアになっているっす。というか、ネットワークがなかった頃は1次情報が提供されて、そこで流れが止まっていたんだねぇ。今や1次情報を加工して更に配信したりとユーザ側がかなり自由に情報を操作できるよーになっている。
このユーザ側の情報ってのがかなり自由に普通の人でも見ることができるよーになっているため、情報のバースト度合いもネットワーク上で視覚化できるようになるんだね。バースト度の高い項目だったり、語句だったりってのが「今流行っているモノ」と捕えれば、おちまさとさんが言及しているよーに、「今何が流行っているかをテレビから知る事」ってのは本当になくなりつつあるかもしれない。
仮に「テレビ番組の何か」が流行っているとしても、「流行っていること」を知るのはテレビではなく、ネットワークになっているんだねー。

ただ、「何が流行っているか」はインターネット上でどこを見れば分かるかってのは実はよくわかんないんだなー。
はてなブックマーク - 人気エントリー とか Popular pages on del.icio.us とかってのもちょっと違うと思うし。そーすると「インターネット上で旧来のテレビやラジオのメディアとしての役割になりたーい」って人が現れるんだな。
まあ、それがYahooとかGoogleのポータルサイトなのかもしれんが、もうちょっと、何が違うモノとが概念が登場しそうな気がするね。
mixiなどのSNSがその役割を担うのかなとも考えられるが、閉鎖的空間でどの程度世間に影響を与えられるのかを考えると、まだ規模が小さいようにも思えるね。

個人の情報の流れも含めて10年後どーなっているか結構楽しみだな。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年04月09日

EXCELで編集するときに便利なキーバインド備忘録 このエントリーをはてなブックマークに追加

忘れがちなのでメモ。
表現方法が稚拙なので意味が通じないかもしれないが、自分メモなので、まあよいか。

F2:セル内を選択(編集可能になる)
Home:セル内が編集可能なとき、行頭にカーソルを移動
End:セル内が編集可能なとき、行末にカーソルを移動
Ctrl+矢印キー:やってみるとわかる。
/:メニューを選択
F12:名前をつけて保存
F7:スペルチェック
Shift + F11キー:ワークシート挿入
Ctrl+K:ハイパーリンクを作成する
Ctrl+;:現在の日付を入力する
Ctrl+::現在の時刻を入力する
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年04月02日

それなりのメディアにはそれなりのライターを このエントリーをはてなブックマークに追加

CやC++など触ったこともないりょーちにとっては何がどう酷いのか技術的なことはさっぱりわからんが、この記事が話題になっているよーだ。

C/C++のポインタの機能--変数の場所(アドレス) - builder by ZDNet Japan

builder by ZDNet Japanのサブタイトルは「〜 コードを書く全ての人に 〜」と言うのだがどうも初心者の方でも分かるような間違いをしているよーである。

これがスペルミスとかそーいったものであれば「あー、ごめんごめん」と誤って、記事を訂正すればよいのでしょうけど、何故祭りになっている最大の理由はこのライターの沖林正紀さんがあまりにもC/C++を知らなさ過ぎることが容易に分かってしまったため「何でこんな人間が記事書いているのか」と突き上げられているっぽい。

スラッシュドット・ジャパンや、はてブコメントでも話題になっており、[エイプリルフール][ネタ]というタグがかなり付けられている。
はてなブックマーク - C/C++のポインタの機能--参照渡し - builder by ZDNet Japan
彼の書いたコードをそのまま実行すると こういう結果になる とか、もう散々な言われよう。
まあ、祭りは暫くすれば収束すると思われるが、こんなときこの記事を書いた沖林正紀さんが取るべき行動を考えてみた。
  1. 過ちを真摯に受け止め、読者に教わりながらとりあえず今回の記事を完成させる。そしてライターの沖林正紀さん自身がポインターを理解できたかどうかを読者に判定して貰う。
  2. これはオレが書いたんじゃないんだよーと言い訳してみる
  3. オレが記事を書いたときには正しい記事だったのに、編集部の方で意図しない修正が勝手にされていたのでオレは無実だと言い訳してみる
  4. これを逆手に取り「あのトンデモ記事を書いたカリスマライター」といった意味不明の売り出し方をしてみる
  5. 高飛びして音信不通になる
そして、こういった祭りになると必ず「この人の書いた他の記事は大丈夫か?」って徐に「沖林正紀」でググられてしまい、過去の記事が発見される。
連載:今からスタート! PHP|gihyo.jp … 技術評論社
沖林正紀
この連載では,これからPHPをはじめようと考えている方にむけて,プログラミングのために必要な準備や,基本的なプログラミングの方法などを紹介していきます。
Amazon.co.jp: スクリプティング with Java
沖林正紀
いま、Web 開発ジャンルを中心にJava 環境の上で動作するスクリプト言語の開発が非常に活発です。本書はJava SE 6 に標準で搭載されるJSR(Scripting for the Java Platform)から、Groovy、JRuby をはじめとする今注目のスクリプト環境、さらにJava の新技術として注目を集めつつあるJavaFX Script の最新情報をいち早くとりあげ、一挙に紹介します。最新スクリプト言語事情はこれ1 冊で完璧です。
可哀想な気もするが「間違えた記事でなければそこそこのページビューしか稼げなかった筈なのに、間違えたことによりいろんな人がこの記事を見るようになった。」ってことは言えるね。

ただ気になるのは上記記事を受けて多数の突っ込みが入った際に出された、筆者のコメント。
ご指摘をいただいた賢明な読者の方々に感謝します。
表現が短絡的に過ぎ、結果として読者の方々に誤解を
与えてしまったのかもしれません。
うーむ。多分そういう問題ではないような・・・
多分この人には少なくともC言語に関する記事の依頼が来ることはないだろうねぇ。WebやBLOGだと誰でもあまりに簡単にpublishできるので、力のある人は一躍脚光を浴びるよーになることもあるが、一夜にして奈落の底に突き落とされちゃう。
恐ろしいのぅ。

更に記事を書いた本人だけでなく、こういったライターを使ってしまった builder by ZDNet Japan にもその影響が及びかねない。
まあ、今までIT系のメディアではそれなりに支持されているサイトなので、こんな記事ひとつでは揺るぎないと思われるが「こんなのオレでも書ける」と思われるメディアだと認識されちゃうとよくないかもねぇ。もしかするとZDNetが優秀な(まともな?)テクニカルライターを発掘するための広告記事なのかもしれないね。

ちなみに、このサイトって「不適切なコメントを報告する」のリンクはあるのに「不適切な記事を報告する」のリンクがないってのが最もよろしくないことかもね。

amazonで検索したら、沖林正紀さんのこんな本がでてたよ!(嘘です)。

posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ