2008年10月08日

「行う」とか「実施する」とか使わないほーがよいよね このエントリーをはてなブックマークに追加

いろんなドキュメントを読んでいるとどうも気になることがある。
たとえばこんな文
A社は2007年に新製品の開発を行った。
2008年には得意先に新製品の説明を実施した。
なんかやだ。
何が嫌かっていうとこの部分だな。
A社は2007年に新製品の開発を行った
2008年には得意先に新製品の説明を実施した
これって「行う」とか「実施する」とかって使わなくてもいいんじゃないの?
A社は2007年に新製品を開発した
2008年には得意先に新製品について説明した
これでいいじゃん。
こっちのほーがシンプルだよね。
主観だけど特に技術系の人々はこの「行う」とか「実施する」ってのが好きみたい。
ドキュメントを書くときは「行う」「実施する」ってのを使わないよーにしてみたらどうでしょう?
ためしに手元にあるドキュメントを開いて「行」「実施」で検索してみるとすごくたくさん使われていると思うよ。
冗長すぎるドキュメントはなるべく簡潔にしたほーがよいよね。
特に社会人のドキュメントは「で、結局何なの?」ってのがわかればよいので、
  • なるべく簡潔に
  • 平易な文章で(小難しい表現を避ける)
  • 主語と述語の関係を分かりやすく(誰が何した)
ってのを気をつけて書いたらいいと思うな(って自分もできてないけどね)。
以下主観的なサンプル
  • 見直しを進めていくこととする。→見直す。
  • 汎用化システムに向けた改良開発に取り組んでいる。→汎用化システムを改良開発中。
  • αシステムを共同開発するとともに、他社へ水平展開していくことを決定した。→αシステム共同開発し、他社への水平展開を決めた。
まあ、いろいろな言い回しができると思うけど、なるべく簡潔にドキュメントを書いたほーがよいよね。書くほうも読むほうもどっちも幸せだと思うんだな。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年10月07日

主要ルーターの初期パスワード一覧公開 このエントリーをはてなブックマークに追加

ルータとは何するものかよくわからんという人はこのあたりを見てちょうだい。

ルータの役割とIPネットワークの仕組み

はい、見ましたね。
ようするにルーティングの機能を提供する専用の機器ということである。
まあ、ネットワークとネットワークを結ぶための専用機器ってことなので、とっても重要なものなのである。で、これは買ったらすぐに使えるものではなく、PCなどをつなげたりしていろいろ設定したりするっぽい。

で、このルーターにもアカウントとパスワードという概念が存在するのだが、この初期アカウントおよび初期パスワードをデフォルトのまま利用しているとちょっと危ないよーだ。

Default Username and Password for Routers - All makes - Jean's Blog

上記リストは主要ルータの初期アカウントとパスワードの一覧。
たとえば、「3COM CoreBuilder 7000/6000/3500/2500」という機種は Telnet 経由で接続し、初期ユーザIDは「tech」初期パスワードは「tech」になっているっぽい。

うーむ。マニュアルなどを見るときっと「パスワード変更してね」とか書かれているはずなんだろうけど、意外と変更していない人もいるのかも。
ネットワーク管理者的な方は一度見直して見るとよいかもね。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年09月27日

少なすぎだろ? このエントリーをはてなブックマークに追加

お店でサンドイッチを買いました。

サンドイッチ 1

さて食べようかな。
あ、食べる前にちょっとあけてみようかなー。

サンドイッチ 2

つか、これ、具が少なすぎだろ?
キュウリとかひどくねーか?これ? (円にも足りないぜ)
合掌・・・

Asian Sandwich としか書かれてないのでどこの国かよくわからんが、これは、野田聖子消費者行政推進担当大臣もびっくりだろ?

( via Asian Sandwich )
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

錯視:色が変わって見えるアニメーション このエントリーをはてなブックマークに追加

これは不思議。
rotation pink ball
上の動画をこんな感じでみてちょーだい。
  1. グレーの背景にピンク色の円が12個取り囲んでいる。
  2. ピンク色の円はそれぞれぐるぐる回っているよーなアニメーションだね。
  3. 画面の真ん中の「+」のマークに集中して見てみると外側のピンク色の円でくるくる回っている色は何色に見える?
なんでだろー?。

錯視と言えば日本ではこのページが有名だよね。
北岡明佳の錯視のページ

こういう動きのある錯視は面白いっす。
( via Pink eye trick )
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年09月17日

海外映画のロケ地がすぐに分かるサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

映画やドラマをよく見ると、「これ、どこで撮影しているんだろう?」と思ったりする。ジュラシックパークとか、よくこんな広いとこあるねーと思ったりしなかった?
そんなときはこれを見てみるとよいかも。



あの映画やテレビのロケ地をGoogle Mapや写真などで紹介してくれるっす。

たとえばダヴィンチ・コードの撮影場所はこんな感じ。
The Da Vinci Code (2006) movie locations

Google Mapの上のView Largeをクリックすると詳細な情報を見ることができるのだ。
また、場所から作品を検索することもできる。
上記のダヴィンチ・コードではルーブル美術館が撮影場所に使われたが、他にルーブル美術館付近で撮影された映画は以下から辿れる。
Musee Du Louvre, Paris 1

ちなみに、日本も登録されているっす。Last Samurai とかね。

映画好きの人は見ていると楽しいかもね。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年09月03日

Google ChromeのUSER_AGENT このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトにアクセスして、忍者toolsで見た結果Google ChromeのUSER_AGENTは以下のよーな感じだった。
#Windowsの場合ね。
Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/525.13 (KHTML, like Gecko) Chrome/0.2.149.27 Safari/525.13
つーか、このUSER_AGENTでりょーちの他にもこのサイトにアクセスしている人がいたことに驚きじゃ。


posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年08月25日

G.G.佐藤の今後について このエントリーをはてなブックマークに追加

きっちり守り勝った女子ソフトボールとは対称的に守りによるミスの連発で負けてしまったよーにも見える日本野球。特に準決勝・決勝でのエラーが目に付いたGG佐藤。
まあ、ひどいバッシングなんだが、ソフトバンクホークスファンのりょーちとしてもGG佐藤をちょいと庇いたくなってくるな。
「プロなんだから」という声もあるが、まあ、プロでもミスするわな。
それよりも西武の首脳陣が中島とGG佐藤を送り出すとき「GG佐藤のメンタル面が心配」的な声をすでに挙げていたらしいっすね。トラウマにならなければいいがとメンタルケアが必要との声もあるらしいがどうなんだろうねぇ・・・

▼▲▼GG佐藤の「GG」の意味を変更する▼▲▼ 投票所

これを見てGG佐藤の「GG」の名前の由来をはじめて知ったよ。
GGの意味は、学生時代からジジイ臭い顔だからGG佐藤となったらしい。野球の登録名ってそんなんでいいんだ。

また、GG佐藤の注目度をGoogle Trendでみてみた。(予想通りの結果だが・・・)
GG佐藤の注目度

G.G.佐藤 - Wikipediaによると過去にこんな言動があるよーだ。
自分に暗示をかけることを日課にしており、移動中のバスなどではMP3プレーヤーで「お前はNO.1だ!」「カモーンG.G.」などの自分を奮い立たせるようなワードが入った音(セリフ)を延々と聴いている。
女性を口説くフレーズを色々と考えるのが趣味。以下のようなフレーズを考えた(2007.4.14「FM NACK5 プレイヤーズクイズ」より)。
  • 「君は魔女だ。僕の心に魔法をかけた」(実際に使用した。女性の返答は「キモい」だった。)
  • 「あっ消防車だ!でも、決して二人の愛の火は消せやしない。」
  • 「君は怪盗ルパンかい?僕の心すら盗むのかい?」
・・・・
やっぱりしばらく心の休養を取ったほうがいいかも・・・
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年08月19日

iTunesでインポート時に謎のメッセージが表示された このエントリーをはてなブックマークに追加

iTunesを利用して手持ちの音楽CDをiPodにインポートする際、この音楽CDに付帯するなんだかよくわからない番号のよーなものを調べて、この音楽CDのアルバム名、歌手名、曲名などを自動的に判別してくれる。
これはとても便利なのだが、今日 SING LIKE TALKING の 「CITY ON MY MIND」 をインポートしようとしたら

「このCDに一致するものがオンラインに複数見つかりました。適切なものを1つ選択してください。」

と表示され、とんでもない選択肢が表示された。それが以下の画像。

CDの検索結果「このCDに一致するものがオンラインに複数見つかりました。適切なものを1つ選択してください。」


なぜに、山崎ハコ・・・・
まったくもって謎じゃ。

Sing Like Talking の都会的で洗練された音楽の対極にいるよーな感じじゃない?
ちなみに、収録曲はどちらも10曲なのだがどちらがどちらの曲か、書かずともわかるだろう。
Sing Like Talking山崎ハコ
1シティ・オブ・マイ・マインド望郷
2ラヴァーズさすらい
3ゴー・アロングかざぐるま
4オン・ザ・クレイジー・ストリート橋向こうの家
5長い道距(みちのり)の果てにサヨナラの鐘
6ドント・レット・ゴー竹とんぼ
7イフ・ユー・アー・カインド・トゥ・アス影が見えない
8陽だまりの下で気分を変えて
9フレンド飛びます
10ホープ2子守唄

しかし、これがデビューアルバムとは、山崎ハコ、恐るべし。

飛・び・ま・す
飛・び・ま・す
posted with amazlet at 08.08.19
山崎ハコ
ポニーキャニオン (1994-05-20)
売り上げランキング: 29005


CITY ON MY MIND
CITY ON MY MIND
posted with amazlet at 08.08.19
SING LIKE TALKING
ファンハウス (1995-03-25)
売り上げランキング: 78139
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年08月18日

ゴジラのたまご このエントリーをはてなブックマークに追加

いくらなんでもそれは無理。

# アフィリエイトリンクじゃないよ。
ゴジラのたまご


★糖度11度、縞の無い楕円形のゴジラのたまご
 ゴジラのたまごは、1991年(平成3年)、月形町南札比内の柳さんが、たった一人で栽培を開始した、ラグビーボールに似た縞の無い楕円形をした、1玉8〜12Kg(3L〜7Lサイズ)もある大型のスイカです。

 品種名は『ナショナル』といい、まるで、恐竜の卵のような形をしているため、柳さん自ら『ゴジラのたまご』と名づけました。
 スイカには、卵から孵化するゴジラを模ったシールを貼り、オリのような木箱も用意するというこだわり。

 サクサクと歯ざわりの良い果肉は、とてもフルーティーで、しつこい甘さが口の中に残らないので、後味がたいへん爽やかなスイカです。

そ、そーですか・・・

海外でも反響?
Digg - Godzilla Not Inlcluded [PIC]
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2008年08月08日

三遊亭楽太郎が6代目三遊亭円楽を襲名 このエントリーをはてなブックマークに追加

これは大きな話しだねぇ。
まあ、円楽を襲名できるのは楽太郎かなーとは思っていたけどねぇ。
5代目の三遊亭円楽は前は三遊亭全生って名前だったんだねぇ。笑点に司会ではなくて大喜利メンバーとして出ていたときはもう三遊亭圓楽だったんだっけ?(謎)。

三遊亭楽太郎は笑点ではあんな感じだけど、今の落語会では必要な存在だよね。
さて、三遊亭円楽を襲名した後は笑点は「腹黒い円楽」とか「ブラック団」ってキャラを続けるのかなぁ。
まあ、少なくとも歌丸さんが笑点の司会を退いた際には、三遊亭円楽として司会に就くんだろうなぁ。でもどっちかっていうと楽太郎は大喜利メンバーとしてのあの位置が面白いよね。

大喜利メンバー内での「けなし合い」が軽妙で面白かったんだけど、歌丸さんが退陣してしまって楽太郎が司会になっちゃうと楽太郎に楯突く人があまりいないんだよねぇ。年齢的には林家木久扇師匠が候補としてあがるんだけど、やはりあのバカキャラと平行して司会者に毒づくのは難しいよね。小遊三VSたい平もちょいと小さいかなぁ。
歌丸VS小圓遊ってのはちょいと壮絶だったけどね。

大喜利 (笑点) - Wikipedia

落語界も世代交代の時期だねぇ。

なお、よくわかんなかったのだが (社)落語協会 プロフィール では三遊亭楽太郎は検索しても出てこなかった。このあたりの関係がよくわかんないな。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ