2009年11月10日

「ファイル名を指定して実行」で覚えておくとよいコマンド このエントリーをはてなブックマークに追加

windowsユーザは「ファイル名を指定して実行」を使うと便利なのでメモ的に書いておくっす。

ファイル名を指定して実行の使い方

「Windowsキー+R」を押すと以下のようなものが表示されます。
cmdline_filename.png
ここで、いろんなコマンドを打つとすぐにアプリケーションが起動できてうれしいねということなのです。

以下「アプリケーション名:コマンド」という記述方法です。

Microsoft Office系アプリ起動

Word : winword
EXCEL : excel
Powerpoint : powerpnt
Access : msaccess

その他アプリ

ペイント : mspaint
メモ帳 : notepad
ワードパッド : wordpad
電卓 : calc
リモートデスクトップ : mstsc
レジストリエディタ : regedit
コマンドライン : cmd
システム構成ユーティリティ : msconfig
イベントビューア : eventvwr
タスクマネージャ : taskmgr
TELNET : telnet
FTP : ftp
Windows Update : wupdmgr

また、
http://digg.com/
のようにURLを直接入力してリターンすればInternet Explorerが起動します。

他にもいろいろあるので気づいたら追記しておくっす。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2009年10月14日

2009年10月14日:コボちゃんのお母さんがおめでた? このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の読売新聞の朝刊のコボちゃんのオチで、コボちゃんの母、早苗が妊娠したよーなオチだったのだが、本当なのか?
そーだとしたら1982年4月からの連載の中で最もホットニュースだと思うのだが。
どーなんだろ?

ちなみにコボちゃんは幼稚園にかよう5歳の男の子。
第二子の誕生とともにコボちゃんも成長していくのか?
謎だな。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2009年09月14日

円周率πの小数点第6ケタまでの覚え方 このエントリーをはてなブックマークに追加

らばQ:円周率3.14に驚くべき秘密があったと海外で話題に
ふむ、円周率ねぇ・・・
円周率 - Wikipediaを見てみると
産医師異国に向かう 産後厄なく 産婦みやしろに 虫散々闇に鳴く
3.14159265 358979 3238462 643383279 (30桁)
って覚え方があるようだが、以前ブルーバックスの何かの本でこんなのがあったのを思い出した。

355 / 113 = 3.1415929203539823008849557522124


この答えは小数点第6ケタ(3.141592)まであっている。113 分の 355 って113355っていう並びが覚えやすく、113355の6ケタまではあっているという共通点がある。まあ、たまたま、近いところで覚えやすい数字っていうだけで、355/133は円周率パイを求める計算じゃないのでよい子は注意してね。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2009年08月28日

PowerPointで総ページ数を自動入力する方法 このエントリーをはてなブックマークに追加

PowerPointでプレゼンテーション資料を作っているとき、今のスライドの番号を表示する方法はあるのだけど、総ページ数を表示する方法が実は存在していない。
[ 1 /19 ][ 2 / 19 ]とかって感じにしたいじゃん。

これはおかしいと思い検索したら、どれもこれも「スライドマスターに総ページ数を手動で追記しろ」的な回答だった。
総スライド数を表示させたい−マスタへの直接入力:PowerPoint パワーポイントの使い方
総スライド数を表示させる機能が用意されていないので、原始的な方法ですが直接マスタに入力してしまうのです。

上記の方法で設定ができたら、[ヘッダーとフッター]ダイアログでスライド番号を表示させてください。

当然のことながら総ページ数は自動的に更新されませんから、スライドの数が変化したときは忘れずに修正する必要があります。
PowerPointのスライド番号 - 教えて!goo
PowerPointの場合、Wordにあるような入力支援の「ページ数/総ページ数」というスライド番号はありません。
任意でやるしかないと思います。例えばスライドマスターの数字領域に「(#)/10」と挿入するとか。
MicrosoftのOffice Onlineでさえ、ほぼ上記と同様の回答だった。
すべてのスライドにスライド番号と合計スライド数を表示する - PowerPoint - Microsoft Office Online

これらの欠点はPowerPointのページ数が増えるといちいち総ページ数をスライドマスターで変更しなければならないという点である。

Microsoftが総スライド数を表現するオブジェクトを定義しておけばこんな面倒なことにならないのだが・・・

半ば諦めかけて海外のサイトも検索していたらマクロを使ったちょっと面白い方法があったのでここに紹介しておくっす。

Required field must not be left blank - so: Auto Slide Numbering in MS PowerPoint

どうやらマクロを使えということのようだ。
で、紹介している通りにやればもちろんできるのだが、海外仕様なのか 「Slide number of number」という表現方法( Slide 1 of 15 )のような表現だった。
できれば ( 1 / 15 ) のようにしたかったのでちょっと修正した。

なお、この方法はスライドマスターを用いるのではなくすべてのスライドページに追記するという方法なのでスライドマスターでページ番号を利用している場合はそちらを利用しないようにしておく必要がある。

なお、りょーちの環境はMicrosoft PowerPoint 2003だったが、他のバージョンでも行けるような気がする。(気のせいかもしれんが・・・)

まあ、原文読めって感じなのだが、以下その方法を転載しておきます。

(1)Putslidenos_j.txtをダウンロード(右クリックで保存)し、デスクトップなどに保存します。
(2)PowerPointで総ページを入力したいプレゼンテーションファイルを開きます。このとき上記のようにスライドマスターでページ番号を記述しているのであれば、利用しないようにスライドマスターを編集しておく。
(3)ALT+11を押すと「MS Visual Basic editor」が開きます。たぶんあまり見たことないウィンドウなので面食らうかもしれませんが、次に進みます。
(4)「MS Visual Basic editor」のウィンドウで「ファイル(F)」→「ファイルのインポート(I)」を選びます。
(5)先ほどデスクトップに保存した「Putslidenos_j.txt」を選びます。ファイルダイアログでファイルの種類を「すべてのファイル(*.*)」にするとよいでしょう。
(6)ファイルダイアログで「Putslidenos_j.txt」を選び「開く」を押すと右側に密かに「標準モジュール」というフォルダのようなものが増えているはずです。標準モジュールの「Module1」を選ぶと今読み込んだテキストファイルが読み込まれたことがわかると思います。
(7)するともうこのウィンドウには用事がないので「ファイル(F)」→「終了してMicrosoft PowerPointへ戻る(C)」を選びます。するとこのウィンドウは閉じられます。
(8)するといつものPowerPointの画面にやっと戻ります。そこでまずセーブします。

(9)1ページ目のスライドを表示させておきます。
(10)「ALT+F8」を押すと「マクロ」ウィンドウが開き「PutSlideNos」と「RemoveSlideNos」の2つが表示されていると思います。「PutSlideNos」がスライド番号をつけるマクロなので「PutSlideNos」を選びます。すると1番目のスライドから順に1/19,2/19などとスライド番号が自動的に付けられます。なお、この番号はスライドマスターに記載されているわけではありませんのでご注意ください。
(11)また、今つけたスライド番号を取り除きたい場合はすかさず、「Ctrl+Z」でやり直すかマクロの「RemoveSlideNos」を(11)と同じ手順で実行するとよいです。
スライド番号の位置やデザイン、フォントサイズ、フォント種類などを変更する場合は、Putslidenos_j.txtの30〜40行目あたりを修正してみてください。右に寄せたいときはstartxを大きくし、下に寄せたいときはstartyを大きくします。

Const startx = 675#
Const starty = 525#
Const mywidth = 50#
Const myheight = 30#

Const myfontname = "Arial"
Const myfontsize = 8
Const starttext = " "
Const midtext = " / "

そして(9)〜(11)を繰り返し実行し調整します。

この方法ならPowerPointの枚数が増えてもマクロを実行すればページが自動的につけられるのでとてもよいかも。
ページが増えたとき総ページ数を自分で数えて手動で編集しないというだけかもしれんが、これは便利だ。

( via Required field must not be left blank - so: Auto Slide Numbering in MS PowerPoint )
posted by りょーち | Comment(1) | TrackBack(0) | 自分メモ

2009年08月27日

カツヒコチャンネル Youtube id:katuhikodesuyo このエントリーをはてなブックマークに追加

既にその界隈では有名な方なのかもしれないが、この攻撃には耐えられなかった・・・

YouTube - 森川美穂で検索していたらなにか場違いなサムネールが表示され、「何だろう、この温水洋一は?」と思い、おそるおそるクリックしてみた。

そしたら、こんな破壊力を持った動画が流れてきた!

ちょ、動画再生、マジで注意願います!

YouTube - ブルーウォーター カツヒコの歌声


元歌はコレ:YouTube - 森川美穂 ブルーウォーター[HD]
同じ歌じゃないっしょ?これ?
この動画をアップする勇気に脱帽したと思い、他の曲は歌ってないのかなと探してみるとすげーたくさん歌ってたよ。
このチャンネルすごいな。
YouTube - katuhikodesuyo さんのチャンネル
アップロード済みの動画1060ってすげーよ。

しばらく吸い込まれるように見てしまったな。
こんな歌を歌っていらっしゃいます。

YouTube - 世界中の誰よりきっと

コガネイロ?(→キンイロ?)

YouTube - 残酷な天使のテーゼ 歌ってみたけれど・・・

神話だな・・・

YouTube - バレンタインキッス

毎日がバレンタインデー

YouTube - 桜坂

桜坂噛んだ

YouTube - ドナドナ

悲しそうなひとみで 見ているよ

しかし、なんだか見続けていると応援したくなるのはなぜだろうね。
一生懸命さは伝わってくるな。ガンガレ。
続きを読む
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2009年08月24日

iTunesの曲一覧をテキストファイルに書き出すVBスクリプトをつくってみた このエントリーをはてなブックマークに追加

ipodの曲一覧(=iTunesの曲一覧)をテキストファイルに書き出したりしたいなと思っていた。
VBScriptとか使うんだろうなと思って、このあたりを見たらできた。

iTunesで再生中の曲をTwitterに送信する「iTwitter」 - The blog of H.Fujimoto
dadabreton : iTunesで「シャッフル時にスキップ」にチェックした曲のリストを作る方法

やり方:
iTunesList.vbsをデスクトップにダウンロードする。
・デスクトップのiTunesList.vbsをダブルクリックする。
以上です。

デフォルトのスクリプトでは「アーティスト名」「曲名」「アルバム名」「演奏時間」の順番にタブテキストで結果を吐き出すように作っています。

以下そのソースです。
01 : ' 使い方:
02 : ' デスクトップなどにiTunsesList.vbsをおき、ダブルクリックします。
03 : ' するとiTunesが起動し、曲情報をテキストファイルに書き込みます。
04 : ' 書き込むファイル名は strCreateFile の後ろあたりのファイル名を変更
05 : ' 追加順に書き込まれます
06 : ' 作成者:りょーち http://ryouchi.seesaa.net/
07 :
08 : On Error Resume Next
09 :
10 : Const ForReading = 1
11 : Const ForWriting = 2
12 : Const ForAppending = 8
13 :
14 : Dim objFileSys
15 : Dim objOutFile
16 :
17 : set iTunesApp = WScript.CreateObject("iTunes.Application")
18 : set Tracks = iTunesApp.LibraryPlaylist.Tracks
19 : numTracks = Tracks.Count
20 : set wData = ""
21 : 'ラベル作成
22 : wData = wData & "アーティスト名" & vbtab & "曲名" & vbtab & "アルバム名" & vbtab & "演奏時間" & vbcrlf
23 : for i = 1 to numTracks
24 : 'アーティスト名
25 : wData = wData & Tracks.Item(i).Artist & vbtab
26 : '曲名
27 : wData = wData & Tracks.Item(i).Name & vbtab
28 : 'アルバム名
29 : wData = wData & Tracks.Item(i).Album & vbtab
30 :
31 : '必要ならば 22行目のラベルを変更後以下も追記
32 : '演奏回数
33 : 'wData = wData & Tracks.Item(i).PlayedCount & vbtab
34 : 'レート
35 : 'wData = wData & Tracks.Item(i).Rating & vbtab
36 : '追加日
37 : 'wData = wData & Tracks.Item(i).DateAdded & vbtab
38 : '最後に再生した日
39 : 'wData = wData & Tracks.Item(i).PlayedDate& vbtab
40 :
41 : '演奏時間
42 : wData = wData & Tracks.Item(i).Time & vbCrLf
43 : next
44 :
45 : Set objFileSys = WScript.CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
46 : strCreateFile = objFileSys.BuildPath(strScriptPath, "ipodList.txt" )
47 : objFileSys.CreateTextFile strCreateFile
48 : Set objOutFile = objFileSys.OpenTextFile(strCreateFile,ForWriting)
49 : objOutFile.Write wData
50 : objOutFile.Close
51 : Set objFileSys = Nothing
52 : Set objOutFile = Nothing
53 :
54 : WScript.Echo "書き込みました"

22行目あたりでラベルを作っており、23行目から43行目にかけてトラック情報を取得しています。
出力したipodList.txtはタブテキストなのでEXCELなどで読み込めばよいかと思います。
EXCELなどでピボットテーブルなどを使って集計すると曲の傾向などがわかるかもね。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2009年08月23日

米・NYで女性を理由に優勝メダルをはく奪された柔道家に50年ぶりにメダル返還 このエントリーをはてなブックマークに追加

世界陸上女子800メートルで優勝した南アフリカのキャスター・セメンヤ選手に男性の疑いがあるとのことで性別を調査っていうニュース。
asahi.com(朝日新聞社):女子800圧勝のセメンヤ、性別を調査 国際陸連 - スポーツ

過去にも06年アジア大会(ドーハ)の女子800メートルで3位となったS・ソウンダラジャン(インド)は性染色体検査で男性と分かり、メダルをはく奪されたという実例もあるようだ。

これは男性なのに女性のレースに出るなんておかしいということのようであるが、柔道でも過去にこんなことがあったよーだ。

FNNニュース: 米・NYで女性を理由に優勝メダルをはく奪された柔道家に50年ぶりにメダルが返還される
アメリカ・ニューヨークで21日、女性であることを理由に優勝メダルをはく奪されたアメリカ人の柔道家に、半世紀ぶりにメダルが返還された。
ニューヨークに住むラスティ・カノコギさん(74)は1959年、地元の柔道大会の団体戦で、けがをした選手の代わりに、急きょ男装して出場し、見事一本勝ちしてチームを優勝に導いた。
カノコギさんは「胸に包帯を巻いたの。髪はもとから短かったけど、オールバックにしたわ」と話した。
しかし、当時の大会主催者は、女性であることがわかると、カノコギさんのメダルをはく奪した。
その後、カノコギさんは、この悔しさをばねに女子柔道の普及活動に取り組み、ついに1992年のバルセロナオリンピックでは、正式種目入りを果たした。
そうした実績から、カノコギさんは「女子柔道の母」と呼ばれ、50年後のこの日、主催者は、女子スポーツ界への貢献をたたえ、メダルを返還した。
カノコギさんは「1959年のものよりいいわ。当時のはもっと小さくて、軽かったから」と語った。
一方、「当時の大会主催者に対して言いたいことは?」との問いに、カノコギさんは「勝手にしろ!」と答えた。
74歳の「女子柔道の母」は、今もファイティングスピリッツを忘れていない。
うーむ。身体能力的には柔道だと男性の方が有利に思えるのだが、それでも勝ってしまうこのラスティ・カノコギさんはすげーな。

すげー昔に読んだ、野部利雄の「弥生の大空」ってマンガを思い出した。(って言ってもマイナーマンガなので分かる人はほとんどいないだろうな・・・)
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2009年08月19日

KDDI 国際電話は001(ゼロゼロワンダフル) このエントリーをはてなブックマークに追加

その昔KDDIのCMにでていたきれいなお姉さん。
18年前に登場した韓国のキム・ヒジョンさんのその後がこちらのサイトで見ることができるよーだ。

あのCMの彼女たちは今 | ケータイも国際電話は001 | 001国際電話 | KDDI 国際電話は001

当時もキレイでしたが今もお綺麗です。
撮影時にはあった南大門は今は焼失していることなどいろんな意味で歴史を感じさせてくれます。

YouTube - キム ヒジョン KDDI ゼロゼロワンダフル2009 CM '09.08

posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(1) | 自分メモ

2009年08月12日

○○と××の違い 2ch・増田まとめ このエントリーをはてなブックマークに追加

2ch増田で見かける大喜利っぽいネタで○○と××の違いというお題でうまくまとまっているスレッドをよく見かける。

その中で気に入っているものをメモしておくばい。ホントにみなさん、上手いよねぇ。
個人的には、EXILEとEXCELの違い
4)新曲はヒットチャートなのがEXILE、進捗はガントチャートなのがEXCEL
ってのはキレイでいいねぇと思った。

他にもこんな面白いのがあったよってのがあれば、教えてください。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2009年07月13日

Open Office をアンインストールしたら Microsoft Office のアイコンがおかしくなったときの対処方法 このエントリーをはてなブックマークに追加

先日パソコンがダメになってしまい、結局新たなパソコンに変更したのだった。
で、Microsoft Officeをインストールしようと思ったのだが、Open Officeでもいいかなーと思い、しばらくはOpen Officeを使ってみた。しかし、どうもひとりだけOpen Officeというわけにもいかないよーな感じだったので、泣く泣く、Microsoft Officeを再インストールした。
ってことでOpen Officeとは短い付き合いだったねぇということでアンインストールしたら、なぜか、Microsoft Officeのアイコンがおかしくなった。
うーむ。これはなぜ?
で調べてみると以下のサイトにその答えがあった。
Faq/Install - OpenOffice.org Q&A
どうもファイルの関連付けがうまくいかなくなったよーだ。

ってことで以下その解消方法をメモ。

1.おかしくなったアイコンをクリックする。
EXCEL アイコン 無印

2.このファイルを開けませんって怒られるので、「一覧からプログラムを選択する」を選び「OK」を押す。
このファイルを開けません

3.「このファイルの種類を開くプログラムを選択してください」でOfficeアプリケーションを選び、「この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」のチェックをオンにし「OK」をおす。
ファイルを開くプログラムの選択

4.選択したアプリケーションでファイルが開き、以下、ダブルクリックで開くようになる。
EXCEL アイコン なおった

上記はEXCELの例を記載したが、Word、PowerPointも同様に直せますな。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ