2010年11月27日

職場内twitterが気持ち悪い このエントリーをはてなブックマークに追加

(長文注意だがそんなに難しい話でもない)

このブログでtwitterの話を一番初めに取り上げた時期を調べてみたら、2007年に来るSNS決定版と2006年SNS Awardsが発表された (by Mashable!) という記事で今から約4年前の2006年12月26日に取り上げたのが最初のようです。
その後、Twitter APIをphpで使う方法(サンプル)(2007年04月26日)で、APIについてちょっと調べてみた結果を記事にしてみたようだ。ちなみにここで紹介した手法はtwitterの認証方式が当時とは変わっているのであまり参考にならない気がする。oAuth php twitter curlなどの単語で検索したらよさそうだな。

りょーちは、2007年4月26日の記事を書く直前くらいに、twitterに登録したようだ。
twitterは発言が新しい順に並ぶが、古い順に並べるような機能はないため発言数の多いユーザの一番初めのつぶやきを調べるのは大変である。
こういうときにはユーザ名を入力するだけで一番初めのtweetを調べられるTweet #1を使おう。Tweet #1で調べた結果、一番初めのtweetはTwitter / @Ryouchi: ごはんたべた ...(2007年4月10日)のようである。

2007年当時、twitterは今ほど浸透していなかった。「twitterで呟いても誰がみるのか?」という閑散としたサービスだった。
twitterが何故ここまでブレイクしたのかは既にいろんなところで議論されていると思うが、私見では
  • スマートフォン、ケータイでお手軽に呟ける環境が整ってきた
  • SNSの友達ほど強固な繋がりは求められず、ユルい繋がりでOK
  • ブログのようにカテゴリにとらわれず自由に発言できる
などいろいろありそう。今では行動の殆どを呟くためライフログとして使われるケースも少なくなく、かなりの人がtwitterを使うようになってきてるのかねぇ。
りょーちの場合はアカウントは結構前に取得していたのだが、私のtwitterの知識は殆ど初心者レベルの知識しかなく、今でも私はtwitterのお作法的なところが実はよくわかってない。RTとQTとか意味不明である。

りょーちのtwitterのアカウントは Ryouchi (ryouchi) on Twitter なのだが、このアカウントでの発言には大きく3種類あるっす。

(1)思いついたことを適当に発言する本来の(?)用途(twitter)
(2)このブログのRSSをそのまま流す(ブログ)
(3)はてなブックマークしたものを呟く(はてなブックマーク)

りょーちのtwitterアカウントはこの3つが適度に織り交ぜられたタイムラインで構成されている。ってことで、りょーちのアカウントをフォローすると、上記(1)〜(3)が流れてくるよーになるわけだ。ブログ、twitter、はてブ共に、特に自分自身の身元を積極的にさらけ出して利用しているわけではない。なのでtwitterのアカウントから、自分がどこの誰かは積極的に探さないとわからないよーな気がする。でもきっと頑張ってたどればそれなりに誰だか特定できてしまう。少なくともなんかどっかの社会人(社会人の定義が曖昧ですまんが)であることは推測できそうだ。

さて、このブログは今を遡ること2004年8月31日に初めての記事を書いた。当時アフィリエイトという謎の言葉を知り「どういうものであろうか?」といろいろ調べて見た結果、どうやら世の中にはブログというものがあって、そこでアフィリエイトなるものをやっている人が多いようなので作ってみようかなと思って場当たり的に作ってみたのがこのブログというわけである。
まあ、その後アフィリエイトプログラムのやめ方にも書いてあるように「アフィリエイト超面倒、もういいや」って感じになりあまり興味もなくなってきたので殆どのアフィリエイトサービスをやめてしまったのだ。そんなにお金に固執しているわけでもなかったし(いや、お金は欲しいですけどね)、なんとなくブログというものもわかってきたし、いろんなWebサービスに触れることで、Webアプリっぽいものも(しょぼいが)phpなどで作れるようになったので、このブログをやってみてよかったなぁと思うのである。
アフィリエイト的なものが何かよくわからなかったのではじめたこのブログだが、アフィリエイトだけやってるブログってのは誰がみるのかよくわかんなかったので、何かテーマがいるよねと思ったりょーちは、小説を比較的よく読んでいたので本の感想文っぽいものを書いてみるのはどうかなーと思い書評っぽいものをここで書き連ねてきた。今では書評にこだわらずいろいろなことに興味が移り「ノンジャンルごった煮無秩序多国籍ブログ」となっている。
インターネットの隅っこで始めたこのブログも長く続けていることもあり、1日1000pvくらい見られているようである。これが多いか少ないか人によっていろいろ意見があると思うが、ブログ開設当初のことを考えると、まあまあかなーという感じである。
特に有用な記事があるわけでもなく、単に運よく検索エンジンに引っ掛かっているのでアクセスがあるというだけのサイトなのだが、自ら周囲のリアルな知り合いに「私はブログ書いてます。URLはここだよ」と教えたりしたことはない。
これはなんでかなーと自分でも考えてみたが、
このサイトの記事として書かれていることと「リアルな私」を直接結びつけて欲しくないからかなー
とも思った。このブログに書かれた内容にあまり自分で責任を持ちたくないからかもしれないっす。実名でブログを書く人は日本ではあまり多くないが、海外では「自己主張しないと負け」的な文化があるのかよくわからんが、実名且つ本人の顔写真なども載せているブロガーも数多くいる。ブログというメディアで実名を使うってことにリスクもリターンもあると思うが、ユルい感じで今後もブログは続けていきたいと思っている。
で、このブログで記事(というほど立派なものではないが)を更新するってことは、まあ誰かに見てもらいたいわけである。「みんな、聞いて聞いて」って感じだな。でもりょーちの場合はあくまでも不特定多数の人に「聞いて聞いて」って思ってはいるが、職場の誰に聞いてほしいとか思ったりしているわけではない。
このブログのRSSであるが、Facebookでも流している。facebookでは本名で登録しているため検索しようと思えば本名を知っているりょーちのリアルな知人はりょーちのアカウントにたどり着くことができる。そもそもfacebookに登録したのも、なんだかfacebookというものが海の向こうで流行っているようだと風のうわさで聞いたくらいで登録していたので殆ど活用していないっす。
で、こっからやっと本題なのだが、りょーちの職場でもtwitterアカウントを持っている人は多いようだ。職場の人々は比較的IT系に詳しい人々が多いようであり、いろんなところにアンテナを張り巡らせている人々が多いよーである。イノベーターかどうかは微妙だが、アーリーアダプターっぽい人が多いように見受けられる。
そんな人々が日々呟いているのだが、職場の人々同士がフォローしたりフォローされたりしているようである。twitterに限らずソーシャルネットワーク的な人とのつながりは有向グラフで表現することができる。mixiGraphのように繋がりを可視化できるツールのtwitter版でTwitterGraphというものがある。これにある職場の一人を入れてみるとそっから殆どの職場の人たちと繋がりがあることがわかる。
複数の頂点同士が相互に結びつきまくりのこのグラフの中で、ある一人が会社名を晒して登録していると、芋づる式に「あー、この人ってこの会社だったんだねぇ」ってのが結構分かるようだ。
フォロー数やフォロワー数が多いとどの人々が同じ会社の人か判断できないケースもあり得るが見る人が見ればかなり分かってしまうな。実際りょーちも「あ、この人は会社の人だな」とか「あ、この人は会社の誰だな」というのがかなりわかった。
一度職場の同僚に「あの状態は気持ち悪くないのであろうか?」と訊いてみたが、彼(彼女)の回答は「もう諦めています」となんだかよくわからない回答であった。うーむ。
まあ、本人たちが楽しい雰囲気でやっているのであればまあいいのかも知れんが。どうも入り込めない何かを感じるっす。言葉で上手く表現できないのだが「気持ち悪い」というのが結構近いかもしれんな。言葉が適切でないかもしれんが・・・

りょーちの場合、このグラフの中の一人にフォローされてしまったりすると、芋づる式にどこの誰ってのが判明してしまうってところにちょっと入りにくさを感じる。職場内でりょーちのtwitterアカウントやりょーちのブログの存在を知っている人は少しいるようであるが、みなさんの優しさによりフォローいただいてないことはとてもありがたいっす(声を大にしてお礼を申し上げます)。今後もできれば、みなさんの輪の中にあまり入らないよーに、ネットの隅っこでどんより暮らしていきたいと思います。

なお、りょーちの職場のtwitterの繋がりを見て少し危惧していることを幾つか書いてみるっす。

職場の機密情報は流れてないですか?

なんとなく隠語のように「例の・・・」とかって分からないように発言しているよーな気もしますが、複数のユーザの発言を統合すると何か見えてくることもありそうです。
また、特定のクライアントについて言及したりするとちょっとよくないかもしれないですな。ライバル企業やクライアントからも見られているかもしれませんよ。

就職希望学生からも見られてますよ

就職希望の学生からもあなたたちの発言は見られています。発言には十分注意いただきたいですな。よい会社に見られるように発言をねつ造しろとはいいませんが・・・

一度フォローされたら最後リムーブしづらいですよ

とてもリアルな場のつながりがtwitter上で一度形成されたらそこから抜けるのは結構大変なよーな気がします。通常のフォロー&リムーブの流れとはちょいと違うよーな・・・

プライベートと会社との時間は区切られていますか?

まあ、これは人それぞれなので大きなお世話かもしれませんが、プライベートでの発言、企業人としての発言など使い分けたりしてるんでしょうか? 人によっては、プライベート用とかビジネス用とかアカウントを複数使っているよーなケースも見受けられますな。職場とプライベートの垣根があまりなくても平気な人は問題ないかもしれませんが。

就業中にブログを書くのはだめだけどtwitterで呟くくらいはセーフですか?

どこからどこまでが境界線なのか判断できないよーな・・・
  • twitterで勤務時間中に呟くくらいはまあいいのか?
  • ブログの更新はダメ?
  • TumblrくらいだとOK?
  • mixiの日記の更新はダメ?
どーなんでしょう?

ということで、これからもこのブログおよびtwitterは人知れず隅っこでやっていきたいと思ってますな。
(来週出社したらりょーちの会社の席がなくなっているかもしれないな・・・)

参考:


posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2010年11月15日

グルーポン(GROUPON)に登録したが、自分には全く関係ないサービスだと気付いたので退会した このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の情報感度はどちらかというと鈍い方だな。あまり新しいものに興味がなく、性格も結構保守的であるよーに思う。つまり、まあ、何か新しいサービスとか考えたりするよーな仕事に向いてないよーな気がしている。
会社でこういうことを公言しているのであるが、所属部門的にはおそらくこういう人には即刻辞めていただきたいという感じであろう。

まあ、Webに限らずいろんなサービスを世の中に出したいのであろうが、自分の頭が固く且つ確固たる信念もあるではなく、半ばよろよろと怠惰に日々を送っているのである。

で、まあ、世の中にはいろんなサービスをキチンと送り出している企業が当然あり、そういったサービスを使ってみたりもするわけである。
で、そのなかで多分世の中的にも適度に話題になっているグルーポン(GROUPON)とかにも登録してみたのだ。2010年の新語・流行語大賞 ノミネート語にはなかったが、2011年の流行語大賞とかには出てくるのかもしれないねぇ。

サービス内容もよくわからず多分「クーポンを共同購入するとなんだかいろんな人にいいことがあるのだろう」というくらいの感覚で登録してみた。

なんとなく、このサービスって、
  • 店舗・企業:沢山購入する人がいると割引率を高くしてもスケールメリットで設けがでる
  • 顧客:沢山購入する人がいると割引率が高くなるので嬉しい
という感じではなかろうか?

当たり前だが、店舗にとっては「お客が存在すること」、顧客にとっては「自分の買いたい商品が存在すること」が必要となる。この両者のバランスが割引率を決めるのかなーと思う。損益分岐点とかよくわかんないけど、大事なのは割引してもトータルで店が赤字にならないことなのかな?

まあ、りょーちも生きていく上でいろんな買い物をするが、正直、誰かと共同購入してまで安く商品をGetしようと思わないんだなー。
それに気付いた時、このサービスは「りょーちにとって」全く無価値なサービスに思えてしまったのである。
店舗および顧客のバランスとは需要と供給のバランスに他ならないが「こんなに頑張ってまで欲しいもの」「こんなに頑張ってまで安くしてほしいもの」って商品、サービスが自分にはなさそうなんだなー。

勿論、特定の店舗、企業、顧客には上手くバランスが保てるようであれば、これらのサービスは一定の価値があるのだろう。
しかし、いくらグルーポン(GROUPON)からメールが来てもまともに見たことが一度もないりょーちにははじめから不要なサービスであった。

しかし、ちょっとよくわかんないことがある。割引っていえば、なんとなくスーパーのチラシっぽいイメージがある。「定価は何円だけど、今週の土日はネスカフェエクセラが安いよ」と言ってチラシ配布エリアの顧客に店舗に来てもらうための販促物である。
「見込みで何個仕入れて何個売れればまあ、元が取れるね」と算盤をはじいて計算しているよーであるが、見込みが外れることもある。
しかし、グルーポンとかは、何人以上買うと宣言したらこの割引率で売ってもいいよというやりかたのようだ。これって、既存のチラシからしたら「後だしジャンケン」のよーな感じなのかねぇ? 「後だしだったら絶対損しないな」と思ったりするのだが、どうなんだろ?
2010年11月14日現在
これまでの総割引額:\1,696,844,326
クーポン購入枚数:319,263枚
と、これだけ見れば沢山使われているよーな気もするが、みんなウマーな感じなのかどうもよくわからん。
リクルートのポンパレも同様のサービスであろうが、こういうサービスって山ほど出てきてもだいたい、上位3社くらいしか商売にならず、最終的には1位と2位の差がかなり開いてしまうよーな気がする。
数年前までSNSもmixi(ミクシィ)GREE以外にもマイナーSNSが結構あったし、Twitter系のサイトも幾つかあったが、みんな店じまいしてしまったよーである。
用途に合わせて小器用に使い分けるのはやっぱ難しいので同一サービスの隙間顧客を獲得するのはほぼ不可能だな。

そういう意味でもグル―ポンがコケたらもうこの手のサービスはビジネス化するのは難しいのかもしれないので、今後の行く末をネットの端っこでチラ見しておくづら。
あと、Webサービスって国民性も大きな要因なので、このサービスが日本および日本人にマッチするかってのも注目だね。
まあ、正直ちょっと考えてみたがあまりよくわからない。
少なくともりょーちには不要だということがわかったので「退会」することにした。

「退会」方法はログイン後「マイページ」を選び、一番下の「退会」ボタンを押す。
パスワードを聞かれるのでパスワードを入力する。そしたらまあ退会できたな。

「やっぱ入っとけばよかったなー」と思う日は来るのだろうか?
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2010年11月06日

三菱液晶テレビ REAL|BHR400の追っかけ予約は日を跨ぐとキャンセルされる? このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は「バブルへGO!」を予約していたのだが、日本シリーズが延長になったためかなり放送時間が遅れている。

まあ、ハードディスクレコーダー付きで追っかけ録画的な機能もある三菱液晶テレビ REAL|BHR400ユーザのりょーちには死角はないと思っていたが、さっき録画をキャンセルした旨のメッセージが表示された。
どうやら「バブルへGO!」の放送が翌日に伸びたため追っかけ切れなかった模様。
多分翌日に伸びた、若しくは一定時間以上遅れた場合はキャンセルする仕様のような気がする。

「録画できてねー!」というREALユーザが明日あたり出てきそうだな。

中日-ロッテの日本シリーズは今終わったな。
2対2の引き分け。
試合終了時間は23時55分。お客さんの帰る足はあるのかな?

[映画]バブルへGO!!〜タイムマシンはドラム式〜 公式サイト
映画/映画『バブルへGO!!』オフィシャルブログ - cinemacafe.net
posted by りょーち | Comment(2) | TrackBack(0) | 自分メモ

2010年11月03日

キズだらけになったiPhoneの割れたガラスは自分で交換しないほうがよさそう このエントリーをはてなブックマークに追加

キズだらけになったiPhoneをキレイにしたり、割れたガラスを交換する方法 - GIGAZINEを読んで「ふーんそんなことできるのか」と思ったりしたのだが、そもそもそーいうことをやっていいのかどうなのか?
続いてはディスプレイの交換。新しい交換用のディスプレイを手配する必要があるため、自信が無い人は安価な復旧サービスなどに依頼した方が良さそうです。
とか
古いディスプレイを取り除き、トレイに新しいものを載せるだけではあるのですが、お世辞にも簡単そうに見えません……。
と分解したりしているよーであるが、アップル - サポート - iPhone - 修理に関するよくあるご質問 (FAQ)を見ると、
どのような損傷が製品保証の対象外になるのですか?
iPhone のアップル製品限定保証では、過失、分解、非正規修理、不正改造などによる損傷が保証対象外となります。詳しくは製品保証をご覧ください。

製品保証の対象外であっても、保証対象外 (OOW) 修理サービスを受けられる場合があります。たとえば、損傷や液体浸入が原因で故障した iPhone は製品保証の対象外ですが、保証対象外 (OOW) 修理サービスは受けられます。ただし、本体がバラバラになるほどの致命的な損傷や不正改造による機能障害などがある場合は保証対象外 (OOW) 修理サービスを受けられません。詳しくはアップル修理規約をご参照ください。液体浸入インジケータの状態を確認するにはこの記事を参照してください。
と書かれている。
自分で分解し、修理を試みた際に更に壊れたりしたら保証対象外になるのかな?
ってことはやっぱ自分で修理せずに正規のサポートを受けた方がよさそうな気がします。
私はヘタレなので自分のiPhoneが壊れたらAppleに修理してもらいまーす。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2010年10月31日

「退職しました」のまとめ このエントリーをはてなブックマークに追加

っと私が退職したわけではありません。
先日Yahoo Japanを退職したJon Keatingさんのブログの翻訳「Yahoo! JAPANを退職しました - nokunoの日記」を読みました。
上記記事のように自らのブログで「退職しました!」と報告しているのをよく見かけるよーになった。
「退職しました!」の記事の翌日くらいに「◯◯に入社しました!」とかって記事がアップされるのもよくみかけるね。

学生のみなさまは就職活動が本格化しはじめる最中、企業研究としていろんなサイトを見て、もうわけわかんなくなっているかもしれませんねぇ。職場環境とかいろいろ気になるかもしれませんが、同じ会社でも職場環境が全く異なるので人それぞれいろんな捉え方があります。まあ、最終的には入ってみないとわかんないんですけどね。

退職後の身の振り方とか、記事を読んでると今の仕事に活かせそうな教訓などもあるね。Googleで「退職」のキーワードで検索するといろいろでてくるけど、ちょっとまとめてみたっす。ここでピックアップした人々はIT系の方々が多いのですが、りょーちのようにあまり向上心がなくダラダラと生きている人とは全く違って凄いなあと思ったりします。

新しく退職した(?)人がいたら追加してみるかも。

まあ、だからと言ってこうなりたいかというとそんなこともなく、日々ダラダラとりょーちは生きていくのであった・・・

続きを読む
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2010年10月19日

クライマックスシリーズにおける唯一の真実 このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクファンのりょーちにとって昨日の試合はいただけなかった。
キャプテン小久保がまた初回に全力疾走しなかった。こういうプレーがチームを勝ちから遠ざけるよーな気がする。
第4戦に本多が渡辺俊介の牽制球でアウトになったあたりからシリーズの流れが変わってきたようにも思える。神ピッチングの大隣を変えたのも納得いかない面もある。試合後の秋山監督のインタビューでは
7回だけで5長短打を浴びて、3失点と逆転を許した。秋山幸二監督は「最初からそういうイメージだった」と予定通りの継投を強調し、「まあ、仕方がない」と多くは語らなかった。
とのことだが、「最初からそういうイメージだった」ってのが意味不明だったりしたのだが、あれこれ言ってもしょうがないな。

あと、用語として認知されているのかわかりませんが「逆王手」って言葉に違和感を覚えるな。将棋の世界だと「王手をかけられた側が駒を移動することにより王手を防いでなお且つ敵に王手をかける」イメージですな。なので勝った方が突破っていう今回のケースには当てはまらないような気がするな。

2007年から始まったクライマックスシリーズも今年で4年目。
過去の3年間のクライマックスシリーズファイナルを振り返ってみると一つの真実が見えてくる。

2007年:日本ハム(1位)vsロッテ(2位)○ ● ○ ● ○(勝者:日本ハム)
2008年:西武(1位)vs日本ハム(3位)☆ ○ ● ● ○ ○(勝者:西武)
2009年:日本ハム(1位)vs楽天(2位)☆ ○ ○ ● ○(勝者:日本ハム)

「2007年からはシーズン1位だったチームが優勝している」ということが分かるが言いたいのはそれではない。
最後に勝ったチームがパリーグ代表。

それだけだ。
今日は泣いても笑っても最終戦。
絶対勝つばい!

ソフトバンクに勝てる要素はあまりない。
  • 前日までに摂津、ファルケンボーグ、森福と要の抑えが打ち込まれた。
  • クリーンナップは全く機能していない。
  • 第一戦で成瀬と杉内の投げ合いで負けている。
  • ホームランが一本も出ていない。
数え上げればきりがない。

どんなドラマが待っているのか。全ては今日決まるっす。
福岡ドームに訪れるファンも今日はかなり盛り上がるだろう。
しかし、1点注意いただきたい。昨日の試合、9回最後のバッター李ボム浩がショートフライを打ち上げたとき、インプレー中にも関わらずメガホンをスタンドに投げ込んだ人がいた。こういうのだけはホントホークスファンというかプロ野球ファンというか人として恥ずかしい行為なので絶対にやめてほしい。
また、仮にロッテが勝利した場合も冷静に見守ってほしい。

今日は打線の爆発を信じるしかないな。そして9回に余裕を持って馬原が登板できるようなゲーム展開にしてほしい。馬原が投げれば絶対勝つと信じよう。

ホークス全力で勝利ばい!
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2010年10月17日

数学者マンデルブロさんが85歳で他界 このエントリーをはてなブックマークに追加

フラクタル幾何学の研究者、エール大学名誉教授、ブノワ・マンデルブロー氏が85歳で他界した。
残念じゃの。

マンデルブロ集合という名前は知らなくても一度は見たことあるのではないでしょうか?
HTML5のcanvas機能を使ったマンデルブロ集合の描画デモを以下から見ることができる。

Javascript HTML5/Canvas Fractal Generator
上記javascriptはマンデルブロ集合以外にもジュリア集合なども描画できるっぽいね。

youtubeに動画が結構あったので故人を偲んでいくつか紹介。

YouTube - What is the Mandelbrot set?


YouTube - Mandelbrot Set: how it is generated


YouTube - Mandelbrot Set Video


YouTube - Mandelbrot, Much bigger than the universe! deep zoom 2^316


美しいねぇ・・・

マンデルブロ集合 - Wikipedia

( via Benoit Mandelbrot, Novel Mathematician, Dies at 85 - Obituary (Obit) - NYTimes.com )
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2010年10月15日

NHK BS104chの見かた このエントリーをはてなブックマークに追加

10月16日のソフトバンク対ロッテはBS1で13:00から放送するようだ。
同じ日にセリーグのクライマックスシリーズのファーストステージの阪神対巨人も開催され、14:00からBShi(BS104ch)で放映されるとのこと。

NHK BSオンライン

BS104チャンネルって初めて聞いた。テレビのデジタルテレビ番組表を見たがBS104chは選ぶことができなかった。上記NHKのサイトには
*BS104chは臨時で放送するチャンネルで、ふだんはご覧いただくことはできません。
と書かれている。これは明日になったら選ぶことができるようになるのだろうか?

BSデジタル放送の104CHって何? - テレビ・レコーダー - 教えて!gooの良回答を見ると
104CHは103CHのバックアップ用というか、緊急用あるいは延長用と言った方が適切ですね。
103chで通常放送(大リーグ中継など)をしていた場合に、終了予定時間でも終わらないで延長に入ってしまった場合などにこのchが使われます。
103chには次ぎの放送番組が控えているためです。
中継の途中でニュースなどになった時にも、その間だけ104chに番組が移動することもあります。
とのこと。なので明日も臨時扱いで104chが使われるのではなかろうかと思う。多分明日になったら番組表から選べるのではなかろうか。

しかし、今日ソフトバンク、ロッテに勝ってよかったな。和田くんナイスピッチングでした!
明日はホールトンで勝つぞ!

ソフトバンクホークスのハッシュタグ:Twitter / 検索 - #sbh2010
posted by りょーち | Comment(4) | TrackBack(0) | 自分メモ

2010年10月13日

チリ落盤事故:一人目救出時の動画 このエントリーをはてなブックマークに追加

いや、よかったね。

YouTube - Florencio le 1 ier mineur est sorti de la mine [NWS] Chili 131010


YouTube - 奇跡の瞬間!チリ落盤事件一人目救出「フローレンシオ・アバロス」さん


YouTube - フローレンシオアバロスさんチリ落盤事故から最初の救出成功


フェニックスと名付けられたカプセルに一人ひとり乗り救出されるようである。
しかし地上700mの場所に約70日生活していた33人。みんなが自分は最後でいいというその気持ちもすごいが、このあと、実際の鉱山採掘はどうなるんだろう?
中止とかにはならないよね?
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2010年10月09日

CEATEC2010の地デジ化啓蒙ブースのクイズがひどかった このエントリーをはてなブックマークに追加

CEATEC2010でNHKとJEITA(社団法人電子情報技術産業協会)が共同で地デジ化啓蒙ブースを開設していたので行ってみた。
入り口で「なっとく!デジタルクイズ」が配られ、全問正解者には特製の「クリアファイル」をプレゼントということだったのでやってみた。

問題は全部で5問。
難しいのかなと思ったが・・・

問題がNHKの「ためしてガッテン!」の脱力ダジャレ系の問題だったので以下紹介。

なっとく!デジタル・クイズ JEITA questionnaire

問題1.地上/BSともデジタル放送に完全移行するのはいつでしょうか?
A.2010年10月10日 B.2010年12月31日 C.2011年7月24日

問題2.地上デジタル放送を見るために使われるアンテナはどれでしょう?
A.UHFアンテナ B.VHFアンテナ C.パラボラアンテナ

問題3.現在、地上デジタル放送に採用されているコピー制御方式は?
A.帰れま10 B.AKB48 C.ダビング10

問題4.デジタル放送受信機に必要なカードは何カード?
A.B-CASカード B.クレジットカード C.キャッシュカード

問題5.デジタル放送の特長のひとつ「5.1ch()放送」。()に入るのは?
A.皿うどん B.白黒 C.サラウンド

特に問題3と5はどうなの?
こういうのオジサンが「これはすげーオモシロイ!」とかって作ってるのかな・・・
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ