2008年03月19日

Google ツールバーのエラーレポートは個人情報も送信する? このエントリーをはてなブックマークに追加

最近また何故かInternet Explorerが落ちるようになりはじめている。

今日は2回もInternet Explorer 7が落ちた。
1度目は「SysFader」とやらがどうこうというエラー。
SysFader:iexplorer.exe 0x00000080の命令が0x00000080のメモリを参照しました。メモリがreadになることはできませんでした。

SysFaderってなんだ? 「SysFader:iexplorer.exe」って書かれているのでIEに関連のあるものなのか?
よくわからんので検索すると結構いっぱいでてきたがこれといった解決策はなさそう。(アドオンを全て無効にするってのは除外ね)。
解決策もなく納得のいかぬまま、更にブラウザを利用していると、程なくしてまたもやInternet Explorerがおちた。2回目のエラーはGoogle Toolbarのエラーのよーである。
Googleツールバーでエラーが発生しました。InternetExplorerを終了します。Googleにエラーレポートを送信する場合は[送信]を、送信しない場合は[送信しない]をクリックしてください。Googleツールバーはエラーを分析し、デバッグ情報を書き込みました。レポートには最後にアクセスしたウェブページのアドレスが含まれます。その他の個人情報も含まれる場合があります。

うーむ、このエラーメッセージ、なんかイヤな感じだねぇ。
Googleツールバーでエラーが発生しました。InternetExplorerを終了します。Googleにエラーレポートを送信する場合は[送信]を、送信しない場合は[送信しない]をクリックしてください。Googleツールバーはエラーを分析し、デバッグ情報を書き込みました。レポートには最後にアクセスしたウェブページのアドレスが含まれます。その他の個人情報も含まれる場合があります。

このメッセージが表示されて、「送信」ボタンを押す人いるのか?
まあ、これは送信情報として「アクセスしたWebページのアドレスが含まれる」ので、そのURLにたまたま、個人情報っぽいものが書かれているとURLがわかっちゃうので云々ってことであろう。しかし、もうちょいエラーメッセージを考えて欲しいものである。

その後は落ちてないよーであるが、アドオンで何かぶつかっているものがあるのかもしれないがよくわからんが、とりあえず [パストラック(Pathtraq)] のツールバーをアンインストールしてみた。

Firefoxにしたほうがよい?


posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。