2004年09月30日

貫井徳郎:「神のふたつの貌」 このエントリーをはてなブックマークに追加

神のふたつの貌 (文春文庫)
貫井 徳郎
文藝春秋
売り上げランキング: 115170


りょーち的おすすめ度:

うーむ。何故あまり心に響かなかったのか・・・
貫井徳郎さんの小説はかなり気に入っているのだが、今回りょーちが今ひとつ入り込めなかったのは主人公にあると思う。片田舎にある教会の牧師の息子、早乙女輝の成長とともに物語りは推移していく。少年期、青年期、壮年期ってとこなのか?

本書の中心にはキリスト教が座している。キリスト教はりょーち、あまり詳しくないし(無神論者ってわけでもないのだが・・・)宗教はよくわからん。キリスト教には「汝の敵を愛せよ」とか「右の頬を打たれたら左の頬をだしてくんなまし」とかよくわからないことが多い。輝は牧師の家に生まれたため好む好まざるにかかわらず生活の中に宗教が同居している。こういった世界観にどっぷり浸れる人はよいのかも知れないが、ちょっと引いてしまった。
また、もう言ってしまうが、これは「叙述トリック」なのだ(あ、言っちゃった)。本書を読んでいない人でgoogleなどでたまたまこのページに来たあなたに・・・・ ごめんなさい。
「葉桜の季節に君を想うということ」の方がまだよかった。
今回の叙述トリックはトリックではなく、小説として(無理やり)話をややこしく書いているような印象を持った。
それでも最後まで読めたのは貫井徳郎氏のストーリーテリングの(先天的な)上手さによるものだと想う。同じ物語を別の力のない作家の方が書いたとすると、これはもう「廊下に立っていなさい」状態かと思う。
なので、普通の小説として読めばそれなりに読める小説と思う。「推理小説」としてトリックや犯人探しというものを期待して読んだ場合には覚悟してほしい。
ただ、「この作品は失敗か?」といわれると違うと思う。全編で人と神の関係を問題定義している。神とは人に必要なものなのか? 救われるとはどういうことなのか? この答えは勿論人それぞれなので解答が提示されているわけではないが、神について考えるきっかけにはなると思う。
読後感も正直あまりすっきりしなかったのは、「神」がテーマになっているため全体的に重苦しさを引きずってるからなのかも知れない。

#ちょっと今回は厳しいか?(すまん・・・)


読み終わった際は、えいっと一押し → 人気blogランキング



posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(6) | 読書感想文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


<!--kami-->神のふたつの貌(穂高)
Excerpt: 『神のふたつの貌(かお)』---貫井徳郎/文芸春秋 Amazon購入ページ bk1購入ページ  ――神の声が聞きたい。牧師の息子に生まれ、一途に神の存在を求める少年・早乙女。彼が歩む神へと到る道は、同..
Weblog: 読書尚友〜Reading is food for the mind.〜
Tracked: 2004-10-08 10:55

貫井徳郎
Excerpt: Counter: 0, today: 0, yesterday: 0 貫井徳郎 &dagger; 名前:貫井徳郎(ぬくいとくろう) 【blogmap】 生年月日:1968年2月25日 出身地:..
Weblog: PukiWiki/TrackBack 0.1
Tracked: 2005-01-05 11:02

貫井徳郎
Excerpt: Counter: 0, today: 0, yesterday: 0 貫井徳郎 &dagger; 名前:貫井徳郎(ぬくいとくろう) 【blogmap】 生年月日:1968年2月25日 出身地:..
Weblog: PukiWiki/TrackBack 0.1
Tracked: 2005-02-15 00:26

神のふたつの貌(貫井徳郎) 文春文庫(2004年)
Excerpt: なぜ,神は答えない。なぜ,そのみしるしを現さないのか。牧師の家に生まれ,牧師であることだけに忠実に生きる父とその父に人間として見つめて欲しいことだけに執着する母。痛覚を持たずに生まれた早乙女が,人間と..
Weblog: ゆうきの読書日記
Tracked: 2005-02-21 15:52

(書評)神のふたつの貌
Excerpt: 著者:貫井徳郎 この作品、とにかくずっと重い雰囲気を漂わせている。教会の息子、と
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2005-07-12 14:47

神のふたつの貌 貫井徳郎
Excerpt: 楽天市場紹介文―神の声が聞きたい。牧師の息子に生まれ、一途に神の存在を求める少年・早乙女。彼が歩む神へと到る道は、同時におのれの手を血に染める殺人者への道だった。三幕の...
Weblog: ばみの乱読日記 と猫雑貨。
Tracked: 2011-06-12 16:29

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。