2004年09月29日

梁石日:「睡魔」 このエントリーをはてなブックマークに追加

睡魔 (幻冬舎文庫)
睡魔 (幻冬舎文庫)
posted with amazlet at 12.09.01
梁 石日
幻冬舎
売り上げランキング: 349174


りょーち的おすすめ度:
面白い。非常にGoodである。

著者の梁石日(ヤン・ソギル)自身も在日朝鮮人なのだがこの本の登場人物の趙奉三も在日朝鮮人である。また、梁石日は作家になる前にはタクシーの運転手をしており、この主人公もタクシーの運転手である。事前にこの知識があるかないかでこの本への感情移入度合いが異なる。
りょーちの場合はこの情報を事前にGetしていたので、かなり本人と主人公がオーバーラップして面白く読めた。またこの本の骨子となるエピソードの「マルチ商法」も作者の梁石日が実体験した経験を元に書かれており仔細な記述が見受けられる。
本書を読んで世界観は新堂冬樹:「カリスマ」に似ているなと思った。
何が似ているかといえば、あるカリスマ性を持つ人間の下で人が堕ちていく美学がどちらにも書かれている。出てくる人間が全てダメ人間というのも新堂冬樹のカリスマと似ている。世の中の人々は「なんでネズミ講なんかにかかる人がいるんだろう・・・」と疑問を持つかもしれないが、この本を読んだ後、正直「オレ、ちょっとやばいかも・・・」と思わずにいられなかった。それほど人が堕ちていくプロセスや心の動きが上手く書かれている。
更に追い詰められた人は家族や友人にまでの魔の手を伸ばす。世の中楽して儲かることはないと思う。だが一旦負のスパイラルに取り込まれてしまうとこの本の主人公のようになる可能性は誰にでもある。作者の実体験から来る話なので読んでいてフィクションなのかノンフィクションなのかわからなくなることもしばしばだった。
楽して儲けたお金は身につかない。ことわざにも「悪銭身につかず」とある。お金は潤沢にあっても無一文でも人の心を狂わせる。



またこの怪しい世界観を更に深くしているのが著者および主人公が在日朝鮮人である点。趙は普通の感覚では売れそうもない健康睡眠マットを在日朝鮮人のネットワーク上で売り歩く。明らかに同胞への裏切り行為なのだが、趙も売り歩き自分が儲けていくうちに「これはいいことなんだ」と自分に嘘をつき活動を続けていく。同胞への裏切りの上に成り立つ成功のステップはある種「世の中、金が全て」的な思想である。全く恐ろしいことだが、軽々しく否定できない重みがメッセージとして伝わってくる。
なお、この小説の舞台は大阪であり、東京とは違う言葉が使われているが本書ではこの大阪弁が非常にいい雰囲気を出している。この物語は東京では成立しないのではないかとさえ思う。大都会を支える「裏」の様子が克明に描かれている作品だ。
好き嫌いがあると思うが、新堂冬樹が好きな人にはたまらない一冊であろう。
読み終わってタイトルの「睡魔」とは意味深なタイトルだなと思った。(ナルコレプシーものかとはじめ思ったので・・・)

読み終わった際は、えいっと一押し → 人気blogランキング


posted by りょーち | Comment(2) | TrackBack(1) | 読書感想文
この記事へのコメント
 あらすじや感想を検索していてこちらに辿り着きました。著者が元タクシー運転手であることや、『カリスマ』なる本など、大変参考になりました。

 ただ、一点余計なことかとは思いますが指摘させいただきます。
 この小説の舞台は大阪ではなく、東京です。趙や李南玉は大阪から東京に出奔した手合いなので大阪弁ですが、他の人物は多数が共通弁で話していますし、出てくる地名は東京のものです。(ラストシーンも新宿ですし)
 大阪で成り立つか、東京で成り立つか、というより、希薄になりつつある日本人の人間関係で成り立つか否か、という感じを受けました。
Posted by 氷雨 at 2007年06月17日 04:43
氷雨さん、こんにちは。りょーち@管理人です。

あー、そーですね。氷雨さん、ご指摘のよーに舞台は東京です(例の中華料理店も大久保かどっかでしたっけ?)
「東京では」ではなく「標準語では」って感じですかね。

ご指摘ありがとーございました。
ではでは。
Posted by りょーち at 2007年06月18日 10:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


梁石日
Excerpt: Counter: 0, today: 0, yesterday: 0 梁石日 † 名前:梁石日(やんそぎる)  【blogmap|ウィキペディア|はてなキーワード|bk1|Goo..
Weblog: PukiWiki/TrackBack 0.1
Tracked: 2005-01-05 10:58

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。