2004年09月12日

黒武 洋:「そして粛清の扉を」 このエントリーをはてなブックマークに追加

そして粛清の扉を
そして粛清の扉を
posted with amazlet at 12.09.01
黒武 洋
新潮社
売り上げランキング: 107958


りょーち的おすすめ度:

うーむ。結局なんだったのだろう?文章も読みやすくストーリーもわかりやすい。
そして粛清の扉を」は古本屋で購入したもので、物語は簡単に言えば女教師・亜矢子の復習劇である。本書はおそらく、「バトル・ロワイアル」と比較されやすいと思う。りょーちは正直感情移入できずに最後まで読んでしまった。

自分の娘が暴走族に殺されたことへの復習をするために、亜矢子は教室を占拠した。手には本物の拳銃と自分のクラスの生徒がいかなる犯罪を犯したかが情報としてストックされたパソコン。花壇付近には地雷が埋めてあり、教室にも爆弾が仕掛けてあり警察は手が出せない。
亜矢子はクラスの中で生徒一人一人の罪状を読み上げ殺していく・・・
この小説の中で、亜矢子はスーパーマンに近い存在である。普通の教師が何故拳銃や爆弾などの扱いに詳しいのか? 最後に少し明らかになるのだがとってつけたような感じで納得感はまるでなかった。このあたりももう少し加筆してほしかった
警察との駆け引きもこの話の中の魅力のひとつだと思う。警察内の特殊部隊についてももう少し説明がほしかった。

とはいえ、ホラー・サスペンス大賞 第1回大賞に選ばれている作品なのだ。一見の価値はあるかもしれない。
人それぞれだが、りょーちはあまりこの本はフィットしなかった。(新書で買わなくてよかった・・・)
後ろ向きな書評かのぅ・・・


読み終わった際は、えいっと一押し → 人気blogランキング



posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(2) | 読書感想文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


黒武洋
Excerpt: Counter: 0, today: 0, yesterday: 0 黒武洋 † 名前:黒武洋(くろたけよう) 【blogmap】 生年月日: 出身地: 受賞歴: 公式サイト: ..
Weblog: PukiWiki/TrackBack 0.1
Tracked: 2005-01-05 10:40

黒武洋
Excerpt: Counter: 0, today: 0, yesterday: 0 黒武洋 † 名前:黒武洋(くろたけよう) 【blogmap】 生年月日: 出身地: 受賞歴: 公式サイト: ..
Weblog: PukiWiki/TrackBack 0.1
Tracked: 2005-02-22 01:35

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。