2005年08月02日

アレックス・シアラー:「スノードーム」 このエントリーをはてなブックマークに追加

スノードーム
スノードーム
posted with amazlet at 05.08.02
アレックス・シアラー 石田 文子
求竜堂 (2005/01)
売り上げランキング: 44,592
おすすめ度の平均: 4.43
4 現代のホラー風童話
5 憎らしくて愛おしい人物
4 んっ??ってカンジでした。

りょーち的おすすめ度:お薦め度

こんにちは。ミスター梅介です。(嘘です)

「チョコレート・アンダー・グラウンド」を執筆したアレックス・シアラーの新作、「スノードーム」を読んで見た。本書はおそらく「チョコレート・アンダー・グラウンド」よりも少し上の年齢層がターゲットなのではないかと感じる。
冒頭部分を読み始めると「お、これはSFっぽい話しなのか?」と思って読み始めたがSF的要素は殆どない。まああるにはあるのだがそれは本書の中でのエッセンスのひとつに過ぎない。
本書で語られているのは「愛」についてである。まあ、こうやって文章にするのも恥ずかしいのだが、テーマがそうなのだからしょうがない。(どう言う顔して書いているんだ?オレ?)
登場人物はかなり少なく非常に限定された場所での話になる。
主要登場人物は下記の5名。(本の栞に書かれている内容を抜粋)
・クリストファー・マラン:若い物理学者。ある日突然失踪する。
・エルンスト・エックマン:醜い姿の芸術家
・ポッピー:若く美しいダンサー
・ロバート・マラン:クリストファーの父。画家。
・チャーリー:クリストファーの同僚。

科学者(物理学者)のクリストファー・マラン(通称クリス)はある日突然失踪した。クリスの同僚のチャーリーは失踪したクリスの置手紙をオフィスで見つける。そして手紙と共にクリスが書いた原稿を見つける。そしてそこに書かれていた内容は俄かには信じがたい内容であった・・・
本書のコアな部分はこのチャーリーがクリスの原稿から書き起こした劇中劇のような形で紹介される。チャーリーはこの書き起こしたものにタイトルをつけた。「The Speed of the Dark(闇の速度)」と。

小さな少年、クリスは父と二人暮し。クリスの父、ロバートは売れない画家である。ロバートは芸術家が集まる町の一角で何時も似顔絵などを書いて生計を立てていた。
一方エックマンは自分で小さな美術館を運営している。彼の展示する美術館には世界でただひとつしかないものを展示していたからだ。彼は指先が(おそらく世界の誰よりも)非常に器用で虫眼鏡や顕微鏡などでしか見ることができないくらい小さなものを作ることができた。勿論展示物を見るときにも虫眼鏡や顕微鏡を使う。その所為でエックマンの美術館は小さいが人気があった。
エックマンは商売の分野では成功者だったが、自分の風貌が小さく醜い存在であることにコンプレックスを抱いており、世の中の全てを憎んでいるような暮らしぶりであった。そんなエックマンにも恋焦がれる女性がいた。それがダンサーのポッピーであった。ポッピーは町の片隅で観光客にダンスを見せて生計を立てていた。ポッピーが何時も立っている場所にある小さな箱に観光客が僅かばかりのコインを入れるとポッピーはバレエを踊りだすのだ。コインを入れるまではポッピーはじっとしている。
エックマンはポッピーの踊る姿を遠くから眺めるのが唯一の楽しみだった。
エックマンは気難しい人物として知られていたがクリスとは何故か仲良くしてくれた。クリスはエックマンの主催する美術館を見るのが好きだった。クリスはエックマンを友人として見ていたがそんな中、状況が一変する。
クリスの父、ロバートとポッピーが良い仲になりそうな感じだったのだ。
エックマンは常日頃、自分の作品に足りないものは何か考えていた。肉眼ではおいそれと見えないほどの小さなものを作り、自分の住む町まで作ることができたがその町には誰も生き物が住んでいなかった。
そしてある日エックマンは自分の内に秘めた恐ろしい計画を実行する。
暫くしてロバートはポッピーと突然連絡が取れなくなってしまったことをクリスに告げる。クリスに心当たりがないか聞いて見たのだ。勿論クリスはポッピーがどこにいったかなど知る由もなかった。そして、こともあろうに、更にクリスの父ロバートが行方不明になる。クリスが町中を探し回ったが、父はどこにも見当たらなかった。
クリスはエックマンのところに行き、父がいるかどうかを確認したが部屋の中にはどこにもいる形跡はなかった。部屋にあるのはこの町の非常に精巧にできたミニチュアだけだった・・・
結局ロバートはどうやっても見つからず、一人ぼっちになったかわいそうなクリスを引き取って面倒を見たのがあのエックマンだった。
エックマンは(血こそ繋がってはいないが)クリスという家族を手に入れたのだ。

そして物語がクライマックスに近づき、クリスは全てを知ってしまう。そのとき、クリスはどういう行動を取るのか。エックマンはどうするのか。
ティーンズ向けに書かれた(と思われる)このスノードーム。かなり奥が深いです。
本書ではエックマンが終始「悪人」として記述されている。それもかなり意図的に読者に同情を与えないような書き方がなされている。読み終えたときにはやはり「エックマンはダメ人間だな」と感じたが、人はみな少なからずエックマンのような独占的支配力を手にしたいという願望があるのではないだろうか? 今現在そのような「力」を持っていないため現実的に想像できないだけであって、「何でも自由にできる力」(本書のエックマンの持つ能力とは違いますよ)を与えられたなら「私利私欲のために使っちゃうんじゃないのかな?」と思う。

さて、サブタイトル(おそらく原文はこっちがホントのタイトル)「The Speed of the Dark(闇の速度)」の表す「闇」とは何か? 文中にも「闇」について登場人物が語っているところがあるが、なんとなく人の心に宿る「よろしくない部分」と解釈するのが一般的なのかなとも思う。勿論、そう考えても辻褄が合うのでアリだと思うのだが、そうすると「速度」はなんだろう? クリスは物理学者であり、光の速度について研究していたがそういう物理学的な「速度」ではないような気がする。この答えは実はりょーちとしてはまだよくわからない。この本を読んだ方に「闇」の表すものが何かということについていろいろ聞いて見たいなと思った。

予想以上にちょいと悲しげなお話であった。片思いの若者(若くなくても良いのだが)の方に読んでいただきたい一冊である。

なお、購入して気になったのがこの「スノードーム」の出版社の「求龍堂」という会社。この会社の販促戦略が実に興味深い。
Webサイトなどで、書籍の紹介 をしたり、スノードーム -読者の声- などで読者の感想を掲載する方法は結構ありきたりなのだが、書籍を購入すると「読者カード」と呼ばれるハガキが付いてきたり、その出版社の新刊や最近の出版物の紹介用の小さな宣伝がよく挟み込まれている。
求龍堂の宣伝用販促物は読者から寄せられた「読者カード」のコピーをそのまま宣伝用販促物に利用している。なので読者の手書きの文字をそのまま読めるようになっている。
このパターンはあまり見たことなかった。手書きのコピーを見るとなんだか読者と出版社との間の距離が意外と近く感じられた。うーむ、おもしろい試みだな。
千紫万紅:一冊の本の価値 を拝見するとりょーちと同じよーに感じられている方がいらっしゃった。求龍堂、好印象っす。

posted by りょーち | Comment(11) | TrackBack(2) | 読書感想文
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます!
「スノードーム」ちょっと童話っぽいSFだけど、深いお話ですよね。
話の内容はもちろん、私もこの出版社のことが気になっちゃいました。こういう販促もあるんだなぁって。
思わず読者カード書きそうになりません?
Posted by ttktt at 2005年08月03日 00:38
はじめまして!TBありがとうございました。
凄く充実した記事ですね!
また読み返したくなってきました。
「スノードーム」の、寓話的な雰囲気にはついつい引き込まれてしまいました。
Posted by りく at 2005年08月03日 01:23
ttkttさん、こんにちは。りょーちと申します。はじめまして。
トラックバック(勝手に)送っちゃいました(^^;
ttkttさんの記事を拝見いたしますと、本が非常に好きな方なのかなと感じます。日本の文化と外国の文化の違いにも言及されてみえますし、ttkttさんの記事を拝読いたしましていろいろな発見がありました。
「スノードーム」に関しては、はじめはクリスの視点で読んでいたのですが、途中からエックマンの行動に視点をおいて読んでいる自分に気が付きました。この一見自分勝手に思えるエックマンの行動は記事でも触れましたが多かれ少なかれ人には必ず存在するものではないかと感じております。
求龍堂の読者ハガキ書いてみようかなー。(次回の新作にりょーちのコメントが載るかな?)
マーケティングの観点から求龍堂という会社を見てみるとやはり手間隙が掛かってもリピーターを掴むことに成功している会社なのかなと感じます。
「手作り感」を上手く前面に出した出版戦略なのでしょうかね。りょーちもリピーター顧客の一人になりそうです。
ttkttさんのサイト「千紫万紅」にもまた(こっそり)お邪魔いたします。
ではでは。
Posted by りょーち at 2005年08月03日 08:42
りくさん、こんにちは。りょーちと申します。
りくさんの書かれた記事の中に、
>比較的低年齢層の読者向け、といった
>彼の作風を考えると、今作は異色の作品と
>言えるかもしれません。
という言葉をみつけて、まさに私もそのように感じました。
寓話的という観点から「その秘められたメッセージは何か」と考えますと・・・ うーむ、難しいですね。

日本では「スノードーム」というタイトルで出版された本書。装丁も可愛らしい感じなのですが、海外で出版された際の装丁はもう少し神秘的なイメージの装丁でした。下記を参照。

http://www.mmsprank.com/author/Alex-Shearer/

「Bootleg」(チョコレートアンダーグラウンド)はまだ幾分可愛らしい感じもしますが、「The Speed of the Dark」(スノードーム)の装丁の印象は日本とずいぶん違っていますよね?
海外と日本の装丁の違いなども見てみると面白いなぁと思ったりしました。
ではでは。
Posted by りょーち at 2005年08月03日 09:14
りょーちさん
はい!ご想像通り、本好きです。文学少女でした。
仕事が忙しくなると読めないんですけれど・・・。
書店で手書きPOPが流行ったように、出版社も頑張ってますね!
こっそりではなく、どんどこBLOGにいらしてくださ〜い。
お待ちしております!
Posted by ttktt at 2005年08月04日 23:44
りょーちさん
はい!ご想像通り、本好きです。文学少女でした。
仕事が忙しくなると読めないんですけれど・・・。
書店で手書きPOPが流行ったように、出版社も頑張ってますね!
こっそりではなく、どんどこBLOGにいらしてくださ〜い。
お待ちしております!
リンクさせていただいてもいいですか??
Posted by ttktt at 2005年08月04日 23:46
ttkttさん、こんにちは。りょーちと申します。
>本好きです。文学少女でした。
ですよねー、きっと。(^^;

書店の手書きPOPも結構凝っているのありますよね。
>リンクさせていただいてもいいですか??
まったく以って問題ございません。
これからも、よろしくお願いいたします。
Posted by りょーち at 2005年08月05日 12:36
りょーちさん、こんにちは。
コメントとTBありがとうございました。
「The Speed of the Dark」の意味、
私も少し考えてみました。
クリスが家族を助けるためにしていたのは
光の速度に関係する研究でした。
そうしたら普通「光の速度」って題名になるはずだけど
クリスとしたらエッグマンの行い(研究がエッグマンの行いを解明するものだから)に
「光」という意味をつけるのは嫌だった。
それとクリスは大きくなるにつれエッグマンの不安定さに気づきつつあったけど
まさかあんなことするとは思いもしなくて
憎んだりもしたけれどエッグマンの心(闇)が不思議だったのだと思う。
だからわざわざ「闇の速度」にしたんじゃないかなーと。
物語りもエッグマンがどうやって闇の部分に足を踏み入れるかその心情を描いていて「The Speed of the Dark」という原題はなるほどなーと思いました。

私の推測があってるか間違ってるかはともかく、
実は原題を気にしていなかったので
考えることができて良かったです。
Posted by りりこ at 2005年08月08日 19:22
りりこさん、こんにちは。りょーちと申します。コメントいただき、ありがとうございます。
エックマンの行いは確かに「光」ではなかったと思います。「光の速度」に関する研究の裏返しとして「闇の速度」とする案はかなり近いかもしれませんね。

>実は原題を気にしていなかったので
>考えることができて良かったです。

そう仰っていただけるととても嬉しいです(^^;
読んだ後にもいろいろ読者に考えてもらえるような小説って意外と少ないのかもしれませんね。

りりこさんのblogのコメントにも記載いたしましたが、最新刊「ミッシング―森に消えたジョナ」への期待がかなり高まります。
積読がなくなったら購入してみます(^^;

りりこさんのサイトにも(こっそり)お邪魔いたします。
ではでは。
Posted by りょーち at 2005年08月08日 19:50
りょーちさん、はじめまして&TBありがとうございました。
遅ればせながらこちらからもTB返させていただきました。
シアラーはヤングアダルト向けの作家というイメージだったんですが、この作品の描く愛のあまりの深さにビックリしました。
でも注釈が随所にあったりしたので、やはりターゲットはYAなんだな、とも思いました。

りょーちさんの触れている原題、私も「速度」は何だろう?と思いました。
クリスの研究している速度とは違うようだし…。
読了後ずいぶん経った今考え直してみると、闇に墜ちていく速度のことではないかと思います。
エックマンが愛から憎しみへと感情を変えたのも一瞬のことだったし、闇に染まるのは簡単なんだよ、というメッセージなのかも、なんて。
でもりりこさんの仰っている「光の速度」に対しての「闇の速度」というのが一番近いのかもしれませんね。
うーん、やはり深い作品です。

日日日作品にもTBさせていただきました。
個人的にすごく注目している作家さんなので、りょーちさんの感想を拝見することができて嬉しいですv
それでは。
Posted by ルフナ at 2005年08月08日 22:48
ルフナさん、こんにちは。りょーちと申します。

ルフナさん、ご指摘のようにやはりヤングアダルト層をターゲットに書かれたものなのかもしれないですね。ちょっと背伸びをしたい時期の彼らには非常によい作品だと思います。(ってすっかり年寄りの発言です・・・orz)

ルフナさんのタイトルに関する考察、興味深く拝読いたしました。難しいですねー。
こう考えるとやはり書籍のタイトルって重要ですよね。私はこの「スノードーム」の翻訳者の石田文子さんの言葉に関する感性が非常に気に入りました。
翻訳モノってやはりどうしても原文を超えるのは難しいのかなと思ったりします。しかし、ある物語を紡ぎだす際にその「言語」にあった表現方法があり、その「言語を利用する国の特性」などがあったりと直訳では表現できない部分を翻訳者の感性が補って世界中に素晴らしい物語が頒布されるのではないかなと思います。なので、翻訳者の方もまた「小説家」なのだなーと思ったりしました。

ちなみにルフナさんは、紅茶に造詣が深かったりされるのでしょうか?(紅茶の名前で同じような名前を聴いたことがあるような・・・)

日日日さん、りょーちもちょっと注目の作家さんなのです。若くしてこれだけの才能に溢れており素晴らしいの一言です。ペンネームもはじめに見たときはビックリしましたが今では全く違和感なく受け入れられるようになりました。

またルフナさんのサイトにもお邪魔させていただきます。
ではでは。
Posted by りょーち at 2005年08月09日 10:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


『スノードーム』 アレックス・シアラー 求竜堂
Excerpt: 真面目な研究者クリストファーが失踪した。 上司のチャーリーはクリストファーの手
Weblog: りりこの図書館
Tracked: 2005-08-08 18:33

『スノードーム』
Excerpt: スノードーム / アレックス・シアラー / 求龍堂 若い物理学者クリストファーは、同僚のチャーリーに小説の原稿を残してある日突然失踪する。 その原稿にはまるで信じがたいクリスの過去と、彼が家族を..
Weblog: *milk and honey*
Tracked: 2005-08-08 22:25