2004年09月02日

貫井徳郎:「慟哭」 このエントリーをはてなブックマークに追加

慟哭
慟哭
posted with amazlet on 06.05.22
貫井 徳郎
東京創元社 (1999/03)
売り上げランキング: 50,245

りょーち的おすすめ度:

会社で報告書を書く際は「結論から書け」と良く言われる。結論から書こう。買って読んだほうがよい。買わないまでも誰かミステリ好きの友達から借りてでも読みましょう。で、もし友達から借りた場合はその友達に何か奢ってあけてください。

この本を会社の同僚に借りるまで、恥ずかしながら貫井 徳郎さんの書籍を拝読したことがありませんでした。いや、同僚がどーしても読んどけって聞かずに、半ば押し付けるように貸していったので、通勤時間を利用し読み始めたのです。
結果として、同僚に感謝感激雨あられ小惑星季節風三毛猫など手に触るものを何でも投げ返したくなるほど借りてよかった。(ありがとう)。

貫井徳郎にとっては本書はデビュー作となる本作。物語は連続幼女誘拐事件で捜査の指揮を執るキャリア警察官の佐伯の視点とその連続幼女誘拐事件の犯人の松本の視点という二つの視点で描かれている。追いかける警察官とまんまと追ってから逃れ続ける犯人。

ミステリー小説とはwho done it?(犯人は誰?)が全てではない。りょーちはこのあくまでも「ミステリー小説」であるべきで、そこには起承転結は当然ながら、何故そうなるのか、どのようにしてそうなるのか? という要素が必要だ。
この慟哭は「who done it?」のみを目的とするミステリー読者には一見受け入れられにくいかもしれない。
しかし、繰り返しになるが、あくまでも小説なのである。物語(ストーリー)として非常に綿密な「補助線」が引かれている。
今まで貫井徳郎の本を何冊も拝読しているが貫井徳郎はこの「補助線」の引き方が実に絶妙である。数学の図形問題を解くとき一本の補助線が閃くかどうかでその問題の全体像(=答え)が見えてくることがある。この補助線は数学的(幾何学的)センスがなければなかなか見えてこない。なお本物の数学の問題は「シカクいアタマをマルくする」でおなじみの日能研にでも譲っておく(日能研のサイトを見てみたら、個人情報流出に関するお詫びとご説明というニュースリリースが・・・ 大丈夫か?)
話が脱線したが貫井徳郎にはミステリ作家としての補助線の引き方にセンスがある。日常の何気ない場面も貫井徳郎にかかればいとも不思議な世界を垣間見せる。
作者本人の話はまた今度記載させていただくとして慟哭に戻ろう。

犯人の松本は何故、新興宗教・黒魔術の世界へと足を踏み入れるようになってしまったのか? これは彼の生い立ちとも切り離せない。人はさまざまなトラウマを持っており松本の場合は出生に関するトラウマであった。出生に関してのトラウマというのは本人自身では回避できない。この点に犯人である松本に少なからず同情(肩入れ)してしまう。りょーちはこの本ではどちらかと言えば犯人である松本のキャラが好きだ。松本の行為は確かにえげつない。今の日本では間違いなく逮捕されて然るべきである。ただ、松本がそこに行き着くまでのプロセスについては実際の裁判では情状酌量の余地はあるかもしれない(ないか?)

この本はりょーちとしては2回連続して読む本だねと思った。初めて慟哭を手にした人は先ず何の先入観もなく読んでみてください。で、読み終わった後に頭を整理して、もう一度本書を手にとってほしいです。
2回目を読むときにあなたは警察官・佐伯の視点を中心に読み始めるか、犯人・松本の視点を中心に読み始めるか。

P.S.
りょーちの場合も同僚から借りたのですが、そういえば奢ってないな。今度寿司でも奢ってあげよう・・・

貫井徳郎オフィシャルサイト:The Room for Junkies of Mystery And Hissatsu(本人のWebサイト)
posted by りょーち | Comment(12) | TrackBack(9) | 読書感想文
この記事へのコメント
こんばんは、はじめまして。
「慟哭」私も友達にガンガンレンタルしまくったので、
今度何か奢ってもらうことにします♪

トラックバックさせて頂きました★★
Posted by メグ at 2004年09月07日 02:02
>こんばんは、はじめまして。
こんにちはー。コメントいただきましてありがとうございます。ページ立ち上げて間もないので、コメントをいただけるのは嬉しいですね。

>「慟哭」私も友達にガンガンレンタルしまくったので、
>今度何か奢ってもらうことにします♪

ええ、是非奢って貰ってください(^^;
今後もちょくちょく(コッソリ)拝見させていただきます。
ではでは。
Posted by りょーち@管理人 at 2004年09月07日 06:46
慟哭は、貫井作品のなかでも好きな小説です。
薦められて読んで、貫井さんの虜になり、新作以外はほとんど読んでしまいました。
Posted by 恵一 at 2004年10月18日 18:33
恵一さん、こんにちは。りょーちと申します。
「慟哭」イイですよねー。
プロットとしてよく出来た小説だなーと思います。読んだ感じは歌野晶午さんの「葉桜の季節に君を想うということ」に似た感じもしますね。
りょーちも、貫井徳郎さんの作品はかなり好きで結構読んでいます。
Webでこういった書評を書かせていただくと同じ本を読まれている方々と交流できて嬉しい限りです(^^)
恵一さんお薦めの「修羅の終わり」もなかなかです。ちなみに私の「豚」当ても見事に外れました(うーむ)。
「The walk way of keiiti」サイトにもちょくちょく寄らせていただきまーす。
ではでは。
Posted by りょーち at 2004年10月18日 18:51
TB,ありがとうございます。
りょーちさんは貫井徳郎、たくさん読んでらっしゃるんですねー。
私も「慟哭」は先入観なしで読みたかったなー、と思っています。疑いながら読んでいたので、予測がついてしまったのです。ああ残念。
Posted by MNO at 2004年12月27日 23:38
MNOさんこんにちは。りょーちと申します。
貫井さんは気がつくと結構読んでいますねー。
慟哭に関しては「ネタバレ厳禁」的な風潮があるようですが、最近は「案外ネタバレしたとしても結構読めるのではないか?」とも思っています。
読む視点をどちらを主眼に置くかで小説内の世界観も変わってくるのかなーとも思います。
MNOさんのサイトを拝見いたしますと、「恩田陸」月間の様相を呈してますねー。
(恩田陸さんは「MAZE」しか読んだことがありません)
なかなか、積読が減らない今日この頃です。
ではでは。
Posted by りょーち at 2004年12月28日 10:32
りょーちさん、こんにちは。小生の拙いブログへのコメント&トラックバック、ありがとうございました。『修羅の終わり』で出会い、『慟哭』で大ファンになってしまった貫井徳郎氏はその後『プリズム』も読みましたが、本当にいいですね、実にうまい。あと、3冊ほど積読状態になっていますので、読了しましたらまた参考にさせていただきます。今年になって読み始めた作家では貫井徳郎氏と篠田節子氏が現在、マイブームです。では、また寄せさせていただきます。
Posted by ごんち@ゲームと本と酒の日々 at 2005年05月11日 15:38
ごんちさん、こんにちは。りょーちと申します。

貫井さん、いいですよねー。上手すぎです(^^;

>今年になって読み始めた作家では
>貫井徳郎氏と篠田節子氏が現在、マイブーム

そーなんですかー。篠田節子さんはまだ読んだことがないんですよー。
本屋に行ったときに気になっているのですが、いろいろ読みたい本が山積みです。
いつか挑戦したいと思います。

ではでは。
Posted by りょーち at 2005年05月11日 17:09
たったいま慟哭を読み終わりまして、なんともいえない衝撃だったので、ネットで検索してたら貴ブログにたどり着きました。
この本はいつも私にごちそうしてくれる方からお借りしたのですが、お礼をしたくても「別にいいよ」と断られてばかりだったので、りょーちさんの「貸してくれた人になにか奢る」案を使わさせていただきます。
Posted by moomoodance at 2010年01月01日 06:14
moomoodance さん、こんにちは。りょーち@管理人です。コメントいただきましてありがとうございました。
>なんともいえない衝撃だったので
その気持ちわかります。
初読がもう5年以上前になりますが、未だにあのどんでん返しはすごかったなーと思います。また読み返してみようかなー。
ではでは。
Posted by りょーち at 2010年01月05日 08:44
今さらながら読み終えました。
あまりに胸が痛くてネットを探して、たどり着きました。
途中から、なんだかおかしいな、この章立てには何かあると思いながら
読んでいたのですが、やっぱりうーんとうなりました。
最後の一言が悲しいです。

Posted by yomi1000 at 2011年04月01日 18:36
yomi1000 さん、こんにちは。りょーち@管理人です。コメントありがとうございます。

>途中から、なんだかおかしいな、この章立てには何かあると思いながら
>読んでいたのですが、やっぱりうーんとうなりました。
>最後の一言が悲しいです。

最後、ちょっとやりきれない感じですよね・・・
貫井徳郎さんのファンになったキッカケとなった一冊でした。

ではでは。
Posted by りょーち at 2011年04月01日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


慟哭
Excerpt: 今日はテレビで「シックスセンス」を放送してますね〜。 最初見たときのビックリはすごかったもんです…。 さて。 私が今までに読んだ本の中でかなりビックリした一冊。 『慟哭』創元推理文庫 ..
Weblog: ★ブレマンOLの日々是本読み★
Tracked: 2004-09-07 02:00

修羅の終わり
Excerpt: 修羅の終わり貫井 徳郎発売日 2000/01売り上げランキング 101,871Amazonで詳しく見る 貫井さんの小説で、一番最初に読んだのは「慟哭」でした、その小説に衝撃を受けて一気にファンに、その..
Weblog: The walk way of keiiti
Tracked: 2004-10-18 18:30

貫井徳郎「慟哭」
Excerpt: 貫井徳郎「慟哭」1993,1999/東京創元社  デビュー作だそうで。  本編より先に解説や裏表紙を読んでしまうと、察しのいい人なら、引っ掛からないかもしれません。  どんでん返しがあるんだ..
Weblog: 徒然読書感想記
Tracked: 2004-12-21 23:50

貫井徳郎
Excerpt: Counter: 0, today: 0, yesterday: 0 貫井徳郎 † 名前:貫井徳郎(ぬくいとくろう) 【blogmap】 生年月日:1968年2月25日 出身地:..
Weblog: PukiWiki/TrackBack 0.1
Tracked: 2005-01-05 10:25

今年一番の収穫
Excerpt: 貫井徳郎氏『慟哭』、作者のデビュー作である。『修羅の終わり』で作者の作品を初めて読んで少し引き気味だったが、これはすごい。すっかり貫井徳郎氏のファンになってしまった。なるほど、『修羅の終わり』の構成上..
Weblog: ゲームと本と酒の日々
Tracked: 2005-05-08 03:43

(書評)慟哭
Excerpt: 著者:貫井徳郎 警視庁捜査一課のエリート・佐伯は世間を賑わせる連続幼女誘拐事件を
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2005-07-03 18:28

慟哭
Excerpt: 「慟哭」を読む。貫井徳郎著。 幼女誘拐に宗教組織…というので、宮崎事件との重なりを期待して読む。 話としてはおもしろかったし、明らかに宮崎の幼女連続殺害事件から着想を得たものだったが、現実の事..
Weblog: 宮崎勤は冤罪か?
Tracked: 2005-10-17 17:17

慟哭/貫井徳郎
Excerpt: 第4回鮎川哲也賞の最終候補作で、受賞はしなかったものの刊行にこぎつけた。貫井徳郎のデビュー作。 慟哭 (創元推理文庫)貫井 徳郎 東京創元社 1999-03売り上げランキング : 32364お..
Weblog: 黒猫の隠れ処
Tracked: 2007-11-01 11:55

慟哭(ネタバレあり、注意) 貫井徳郎
Excerpt: 先日読んだ「愚行録」に感銘をうけて、本格的なミステリーが読みたいと思い、貫井徳郎の小説をまた読みました。 「慟哭」です。 連
Weblog: カブシキ!
Tracked: 2010-08-16 23:34