2016年02月20日

謎の化学式H6Oを持つ水素水を調べた結果 このエントリーをはてなブックマークに追加

数日前にTwitterで高木先生が水素水について興味を持たれていたようなのでちょっといろいろ調べてみた。
水の化学式H2Oではなく謎の化学式H6O(もはや水ではない)を持つ謎の秘鉱泉というアイテムに行きついた。
ゼロバランス誘導調整装置が作り出すH6Oの軌道想像図に掲載されているPDFファイルをみてもさっぱり意味が分からんかった。つか「想像図」ってなんだw。ユニコーンとかそういう空想上の想像か??
そもそもこの会社はなんだろうと思い会社概要を見てみると
株式会社 秘鉱泉 本社
〒381-0031 長野県長野市西尾張部249-13 2F / TEL*026-217-0187
シンフォニークラブ事務局
〒381-0031 長野県長野市西尾張部249-13 2F
と書かれていた。
ふむ長野県にあるんか。
代表取締役社長は「小松哲雄」さんというんやね。

この「長野県長野市西尾張部249-13」という住所で更に調べてみると、ゼロバランス・クウォーツウォーターなるものを発見。
ゼロバランス・クウォーツウォーターは住所は同じだが会社名が異なる「有限会社 トップクオーク」で取り扱っているようだ。
有限会社 トップクオーク
長野市西尾張部249-13
TEL 026-243-0996 / FAX 026-243-0341
このページのLINKには先ほどの株式会社秘鉱泉の他に有限会社ニュートラルサイエンスへのリンクもあった。まあ取り扱う商品が違えば会社が違うこともあるんだろう。しかし、そこで紹介されていたゼロバランス誘導調整装置が作り出すH6Oの軌道想像図(PDF)にはまたも「H6」が登場。
ニュートラルサイエンス リンクには、以下のリンクが張られていた。これらも全て関連会社なんだろうか?
自然から学ぶ会 入会お問い合わせを見てみると所在は
〒381-0031 長野県長野市西尾張部249-13 3F 自然から学ぶ会
TEL 026-225-9659
FAX 026-225-9763
となっており、株式会社 秘鉱泉、有限会社ニュートラルサイエンスと同じ住所となっている。
ゼロバランス学術研究会のサイトを見てみるとゼロバランス学術研究会 特許に関する事項(商標・意匠)ってのがあった。どうやら商標登録されているようだった。
試しに特許庁の特許情報プラットフォーム|J-PlatPatで「ゼロバランス」を検索したら「山田 智之」さんと言う方が出願人になって登録されていた。この「山田 智之」さんが出願している別の商標出願・登録情報を見てみると以下の13件だった。(かっこ内の日付は登録日)。
  1. 登録4819248 ZEROBALANCE\ゼロバランス 2004/11/19
  2. 登録4819249 ZEROBALANCE・QUARTZWATER\ゼロバランスクウォーツウォーター 2004/11/19
  3. 登録4880074 ZERO BALANCE 2005/07/15
  4. 登録4893341 NEUTRAL SCIENCE\ニュートラルサイエンス 2005/09/09
  5. 登録5050944 素粒子充電 2007/06/01
  6. 登録5065160 WATER FORMAT\水の初期化 2007/07/27
  7. 登録5089394 ひこうせん\秘鉱泉 2007/11/09
  8. 登録5232262 ホットピュア 2009/05/22
  9. 登録5246367 §愛 2009/07/10
  10. 登録5264349 雪どけ米 2009/09/11
  11. 登録5414206 ゼロ\0次元 2011/05/27
  12. 登録5414207 0次元∞縦次元1∞正(+)次元∞縦次元3∞0次元∞縦次元2∞負(−)次元∞縦次元4 2011/05/27
  13. 登録5660131 育菌 2014/03/28
なにやら怪しげな単語で登録されているようだな。
さて、これらのキーワードで検索してみるといろいろひっかかってくるな。

まず目についた「水の初期化」で検索してみると先ほど登場した「自然から学ぶ会」のページに行きついた。自然から学ぶ会 水における情報の初期化を見てみるとこんなことが書かれている。
これまでは水に書き込まれてしまった狂った情報、私たち人間にとって不都合な情報をいかに処理し、フォーマットするかについて考えてきましたが、ここでもう一歩進んでフォーマットされた水(エネルギーが正しくゼロバランス化した水)が、他の物質に書き込まれてしまった不必要な情報に対して、どのように作用させられるかを想像してみます。
うーむ、全く意味わからん。
ゼロバランス誘導調整装置(浄水器)の仕組みは、次世代、浄水器の販売「浄水器工房」では
「水の初期化」「ウォーター フォーマット」は特許庁に登録されています。
と書かれているがこれは製法上の特許・発明ではなく、商標・意匠登録されているだけですな。
ここのパンフレット(PDF)を見ると株式会社ニュートラルサイエンスが研究開発、トップクオークが製造販売元という役割のようだ。

水素水ちょっと怪しすぎるなぁ。
少なくともこのあたりの会社の製品は少し調べてみた方がよさそうですな。
posted by りょーち | Comment(4) | TrackBack(0) | 自分メモ
この記事へのコメント
お初にコメントさせて頂きます。先日このセミナーに行って来ました。 パンフレットと資料を配布されて山田さんのお話しが始まりました。中略。休憩があり、取り付けて間もない某メーカーの水素水を話したら、『あんなものはインチキだ、インチキ会社だ。嘘の説明をした。。と言えばクーリングオフが出来る。水素水の会社をぶっ潰してやる❗』こんな事言われると、山田さんが考案した浄水器を買わないとイケない❗強迫観念のようになりました。家に帰り、冷静に考えると腹が立ち、人が使っている水素水の悪口を散々言われ、気分悪いですよ。で、、山田さんのセミナーでは私が他所のネットワークビジネスやFacebookの情報と内容は被っていました。H6Oの話しは全くでないばかりか、水の説明もありませんでした。このブログを拝見してそうだよね。得体しれないよね。と思いコメントさせて頂きました。この場を作って頂きありがとうございました。
Posted by ボロボロ at 2016年03月03日 02:00
ボロボロさんこんにちは。りょーち@管理人です。
コメント拝見しました。
実際にセミナーに参加されたんですね。
水の説明を聞きに行ったのに水の説明がなかったとかなんともすごい会ですねぇ。
コメントを見る限りでは、やはり詐欺的な匂いがしますね。
他にもこういう会社は結構あるのかもしれませんね(こわい)
ではでは
Posted by りょーち at 2016年03月03日 06:15
私は、この企業の仕事をしておりましたが、詐欺行為に気付き退会しました!
しかし、退会届を提出したつもりが、なぜか、企業より契約解除の通知が・・・
山田智之氏の矛盾を、質問したところそのような事態に
想像もできないような超ブラック企業です・・・

裁判も視野に入れ、準備しましたが裁判に勝っても、赤字になるのでやめました

この企業は、用意周到です。

お金と時間を使った私が、バカでした!
反省しております。
Posted by すでに騙された男 at 2016年05月19日 23:11
チェルノブイリの象の足に近づけば体中に活性水素が大量に発生します。
なにしろ、それが死因なのですから。

活性水素は小さく速く攻撃力が高い。

例えば、銃の弾丸のようなものです。

生命は、この危険物を進化の長〜い歴史を経て、「特定の管理条件下」
(意図的に活性酸素を発生する※)で飼い慣らし、癌との闘いの主役等
強い味方に使えるようになりました。

刑事などが銃を持つようなものです。

「コントロールされた活性酸素」=「狙い通りに発生した活性水素」は
高い攻撃力から頼りになりますが、「無差別な」活性酸素キラーである
「直接」抗酸化物質として働く食品(カロチノイドやビタミンEなど)
を「大量に」食べ続けると、癌との闘いの邪魔になるので、癌が増えて
人体に有害になるという仕組みです。

銃を持つ強盗やテロリストを相手に「問題解決」する刑事や自衛隊から
銃や弾をとりあげるようなものです。

放射線はコントロールされていない活性水素を発生させるので、それが
人体に致命的なダメージを与えます。

簡単に言えば流行?の銃乱射ですね。

多くの放射性物質は活性水素という弾丸を「乱射」するもので、人体の
癌などのある場所に固定できる時は役に立つこともありますが「必ず」
限られた時間に狙った所に当てます。

戦場での攻撃ヘリの援護射撃ですね。

活性水素水ですか? もし本物なら無差別テロ以外のものじゃないです。
やめてください、しんでしまいます。

※皆が立っている大地の正体は酸素。
超巨大元素なので、直接何か細かい部分に関わることはまずありません。
活性酸素とは活性水素を生み出せる特殊な状況の酸素のことをいいます。

銃弾に対する拳銃のようなものです。
Posted by at 2016年06月16日 13:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434066184