2005年06月05日

人工知能研究所 このエントリーをはてなブックマークに追加

Slashdot Japanに書かれていた
思い浮かべた名詞を当てる「人工知能」という記事を見てりょーちも実験してみた。結構ハマりますね。これ。
人工知能研究所
ようこそ!人工知能研究所へ!ワタシは、最新テクノロジーを駆使して、人間の考えたコトをズバリ! 当てる、人工知能を搭載したコンピューターです。アナタが考えたコトを約20個の簡単な質問で当ててみせましょう!

ふむ。当ててもらおうじゃないの。
んーっと、何にしようかな?
じゃあ「携帯電話」にしてみよう。
で、以下結果


1. この類のものじゃない?その他.
2. それは黒い色をしていますか?? ときどき.
3. それって、落としたら壊れちゃう?? ハイ.
4. 音を出すことができる?? ハイ.
5. それに情報を保存できますか?? ハイ.
6. それでゲームができる?? ハイ.
7. 迷った時に助けてくれますか?? ハイ.
8. 簡単に折リたためますか?? ハイ.
9. それはすごく大きいものですか?? イイエ.
10. それは、電子レンジより大きいですか?? イイエ.
11. それって食パン1斤より小さい?? ハイ.
12. それを使うのにお金を払いますか?? ハイ.
13. それは何かの中に入ったりしますか?? ハイ.
14. 長いしっぽがありますか?? イイエ.
15. それを封筒に入れることができますか?? ハイ.

Q16. それはこれじゃないかい?携帯電話?
アタリ!, ハズレ!, オシイ!


ふむ。あたるのが凄いじゃないですか。
最後までやって外れた場合、外れた内容を登録することができるっぽい。
固有名詞なんかは勿論推測できませんよ。
どうもこれは別の言語のものもあるようで、日本語用にカスタマイズしたものらしい。
仕組みとしては確率過程のマルコフ過程っぽい理論を利用しているのかのぅ・・・

うーむ。これは暫くいろいろ遊べそう。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるサイト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: