2005年05月16日

Star Warsが公開されるとアメリカの経営者が困る? このエントリーをはてなブックマークに追加

『Star Wars』最新作公開で、欠勤者続出の見込み

って凄いよなー。
書かれている内容は、映画『Star Wars』シリーズ前編3部作の最終エピソードがアメリカで公開される日が珍しく平日で、『Star Wars』ファンが沢山いるアメリカでは初日にぜひとも行きたいアメリカ人の殆どが平日に休みを取って映画に行くのでどーしましょう?ってことらしい。

ある意味、こういった話題で頭を悩ませているアメリカはやはり平和のような気がする。
日本で言えば「ドラクエの発売日に徹夜して並ぶため会社を休む人が沢山でちゃいます」といった感じか?

CGC の調査では、同作品が企業にもたらす生産性低下による損失額が、19日と20日の2日間で、6億2700万ドルにも達する可能性があるという。

ってのも凄いよ。

でも、おそらく記事に書かれているように心配してしまう経営者は少ないのではないかと勝手に思う。いっそのこと社休日にでもしてしまえば社員のモチベーションも挙がるのではないか? それにしても平和だねぇ。

Star Wars EPISODE 3のページ
blog Watcherによる「StarWars」
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: