2012年11月17日

「暗号化されたページをディスクに保存しない」の設定を推奨するWebサービスはいかんだろ? このエントリーをはてなブックマークに追加

どこのサービスとは言わないが「Internet Explorerを使っているユーザの方へのお知らせ」的なページでページの表示に不具合があるので「インターネットオプション→詳細設定→セキュリティ→暗号化されたページをディスクに保存しない」の項目をOFFにしてね、というお願いがされていた。
そもそも、この項目にはどういう意味があるのだろう?

セキュリティの話 Internet Explorerの設定2によると
<解説>
暗号化されたページには、クレジットカード番号などの 重要な情報を含む場合がありますので、これは保存せずに 削除したほうが安全です。よってONにしましょう。
つまり上記の設定を推奨するということは
暗号化されたページには、クレジットカード番号などの 重要な情報を含む場合があるけど、ディスクに保存しちゃうよ。でもいいよね?よってOFFにしましょう。
と言っているのではなかろうか?

Internet Explorerのversion 9のバグなのかわからんが、自社のWebサービスの閲覧のために一般ユーザのセキュリティレベルを下げさせることを推奨するってのはなんか違うだろ?
ちょっとどういう意図で上記のような設定を強いるのか謎である。
「暗号化されたページをディスクに保存しない」のキーワードでGoogle検索するとそういうサイトが幾つもあるなぁ・・・

あと「インターネットオプション→インターネットゾーンの設定を中から低にしてください」とか書かれているサイトも同じだな。

頼みますよ、ホント。


posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。