2006年08月07日

マイクル・クライトン:「プレイ prey 〜獲物」 このエントリーをはてなブックマークに追加

プレイ―獲物〈上〉
posted with amazlet on 06.08.07
マイクル クライトン Michael Crichton 酒井 昭伸
早川書房 (2006/03)
プレイ―獲物〈下〉
posted with amazlet on 06.08.07
マイクル クライトン Michael Crichton 酒井 昭伸
早川書房 (2006/03)

りょーち的おすすめ度:お薦め度

こんにちは、日色ともゑ,です(嘘です)。(本文と全く関係なしです)。

本書プレイではナノテクノロジーの脅威についてクライトンが警鐘を鳴らすって感じの一作に仕上がっている。
最近でこそナノテクノロジーという言葉を一般的な人々が耳にする機会も多くなってきているが、実際のところナノテクノロジーがどういうものなのか(りょーちを含めて)あまり分かっていないっぽいと思われる。

本書の中では血管を通り抜けることができるほどの微細なナノマシンがついに開発され、実証実験もほぼ終わり、実用化のフェーズにまでたどり着いているよーになってますってとこまで技術が進んでいる。

ザイモス社に勤めるジュリアはザイモス社のナノテクノロジー分野の事業部長。現在、ナノマシンの開発を手がけており得意先への大掛かりなプレゼンテーションが終了したところである。一方ジュリアの夫であるジャックはプログラマーであったが現在失業中の身で、小さな子供3人の面倒を自宅で見ているが職探しの方は相変わらず進んでいない。仕事が忙しいのもわかるが最近のジュリアの様子が何か変である。怒りっぽくなっているし、家族のことは全く無視されているのだ。

プログラマー時代にジャックが開発していたものはエージェントと呼ばれる小さなプログラムが創発的に動き、学習し処理を行うようなものだった。所謂人工知能のちょっと進んだようなプログラムだ。ジャックが手がけたプログラムが既存のエージェントと決定的に異なる部分はプログラムに「捕食者」と「被捕食者」の関係性を持たせることにあった。
ある事件をきっかけに会社をクビになっていたジャックは妻が現在携わっている大型プロジェクトのナノマシンに陽の目を見ることがなかったと思われた自分のエージェントプログラムのアルゴリズムが利用されていることを妻から知る。
妻はプロジェクトが大詰めの段階になり、日々かなり忙しくなり子供やジャックに構うことも殆どなくなり、性格も攻撃的になってきた。

ザイモス社のナノマシンは実は軍事目的として米軍で利用する目論見で作られたもので、周囲を「見る」機能も付加されていた。そんな中、ジャックはザイモス社より突然力を貸して欲しいと申し出を受け、砂漠に存在するザイモス社のプラントまで足を運ぶ。

そしてそこでジャックが見たものは、コントロール不能なナノマシン群であった。ナノマシン群は「スウォーム」と呼ばれていた。スウォームはザイモス社の人間が作り出したものより数段進化している。
しかもスウォームは人間を「被捕食者」と認識し攻撃を企てていたのだ。微小なナノマシンであるため少しの隙間でさえ容易にもぐりこむことができる。ジャックにはナノマシン自体が集合体としての集合意識を持ち始めているようにも思えていた。
次々と犠牲者が出る中、どうにかして、スウォームを駆逐しようと試みるジャックであったがこのプロジェクトを管理するリッキーは頑なに駆除ではなく「生け捕り」にしたがっている。
しかし被害は収まるどころかさらに拡大し続ける。製造プラントのプログラマーで生物学者のメイと共にジャックはスウォーム駆除に乗り出す。そしてついにスウォームの棲みかに潜入を始めるのだが、そこでジャックたちが見たものとは・・・

いやー、恐ろしい小説である。もしこんなことが起こったらもう絶対に人類は終了である。本小説でまともな登場人物はジャックとその子供達、そしてメイだけであろう。他の人々はスウォームに踊らされているっぽい感じ。

「バイオホラー&コンピュータウィルスの脅威&家族愛」ってわけのわからないジャンルだが、近い将来本当に起こりそうなリアリティのある科学小説を久々に読んだ。
本書を読んで、実際に人間vsナノマシンという戦いが起こってしまったら先ず人間には勝ち目はなさそうだなと痛感した。恐ろしい・・・

Foxmovies で映画化も予定されているという情報もあり、今後かなり話題となる小説だろう。

■作者のホームページ
Welcome to MichaelCrichton.com

■他の方々のご意見
下記の3名の方々のレビューは素晴らしいです! りょーちのレビューを見るよりもこちらのお三方のレビューを熟読すべし!
はみだしラボノート: 【小説】プレイ−獲物−/M・クライトン
ミステリの迷宮: テクノロジーは反逆する・・・・・・クライトン「プレイ」
ゆっくりしよかSF&音楽館: マイクル・クライトン「プレイ −獲物−」(上・下)
posted by りょーち | Comment(2) | TrackBack(1) | 読書感想文
この記事へのコメント
はじめましてー
方言変換のツール検索してたらここに辿り着いたちゃむにぃです。

質問があるのですが。

方言変換Proxyのスクリプトを貼り付けたら、
りょーちさんとこで方言変換Proxyを紹介してたとこに、
自動的にリンクが貼られてしまうのですが、
なんでですか?

HTML用のにあれを貼り付けるのがまずいのか…。

何か知ってたら教えてくださーい☆
Posted by chamunili at 2006年08月19日 13:16
>方言変換Proxyのスクリプトを貼り付けたら、
>りょーちさんとこで方言変換Proxyを紹介してたとこに、
>自動的にリンクが貼られてしまうのですが、
>なんでですか?

うーむ。仕様ですとしか言い様がないです。リンクしたくない場合はご自身でリンクを外すことももちろんできますよ。
(SEの卵の方でしたら余裕でできると思います)

ではでは。
Posted by りょーち at 2006年08月19日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22053024

テクノロジーは反逆する・・・・・・クライトン「プレイ」
Excerpt: 「ジュラシックパーク」ではバイオテクノロジーで恐竜を蘇らせたクライトンが、今度はナノテクノロジーに取り組んだ。「プレイ−獲物」。ナノテクで開発したハイテクマシンが、創り出した人間の思惑に反して動き出し..
Weblog: ミステリの迷宮
Tracked: 2006-08-10 21:46