2005年02月21日

雫井脩介原作「火の粉」のドラマ放映を見て このエントリーをはてなブックマークに追加

火の粉 (幻冬舎文庫)
火の粉 (幻冬舎文庫)
posted with amazlet at 12.09.01
雫井 脩介
幻冬舎
売り上げランキング: 17737


ってことで、先週の土曜日、雫井脩介氏原作の「火の粉」のドラマが放映されちゃいました。雫井脩介氏および「火の粉」の読者の方々のいろいろなご意見もあることと思いますが、総じて「まあ、あれはあれでいいのでは?」と思いました。
ドラマはこうだったけど、原作はもっと面白かったって風評が流れれば、雫井脩介さんへの注目や期待度も高まりますし、雫井脩介さんのより素晴らしい作品が話題となればこれもまたファンとしてはありがたいことです。
まあ、100%バッチリOKとまではいかないのですが、りょーちとしては「ラストが書き換えられていた」ことに非常に納得がいかなーい!(と思ったばい)。

小説を原作として2時間で全てを語ることには限界が勿論あるので、パーフェクトとまでは勿論いかないわけで、原作の登場人物と配役を前回、「雫井脩介「火の粉」テレビ朝日系列で2月19日(土)ドラマ放映!!」で紹介いたしましたが、まあ、よかったのではと思われる配役は、雪見役の原沙知絵さんかな。意外と頑張ったのではないでしょうか?
ダメ夫である俊郎役の嶋尾康史さんは、そのダメさ加減は演技力なのか演技そのものがダメなのか、よくわからんかったよ。
武内役の村田雄浩はやはり上手い。あの不気味さはちょっと怖いよ。押え目の演技とその後の豹変ぶりは◎ではないけど、○だろう。
ドラマの雰囲気を壊すのではなかろうかと懸念していた柳沢慎吾も見て見れば(池本役でなら)及第点だろう。
って、こんなエラソーな書き方して「オレは何様なんだ?」と自問自答しちゃったりするんだけど雪見役の原沙知絵さんは繰り返しになりますが、よかったんじゃないかな?あまりにキャラの強い女優の方だと雪見役には合わない気がしていたんですが、原沙知絵さんは沈鬱な表情がやはり似合うね。

このドラマを見て再度配役を考えるなら、りょーち的には下記のよーな感じかも。主なメンバーの配役を勝手に考えて見た。()内は実際の配役。

梶間雪見  ・・・ 伊藤かずえ/西田尚美/中越典子/畑野浩子/(原沙知絵)
武内真伍  ・・・ 大鶴義丹/加勢大周/柏原崇/段田安則/豊原功補/(村田雄浩)
梶間勲   ・・・ 小林稔侍/西岡徳馬/蟹江敬三/(愛川欽也)
梶間俊郎  ・・・ 大澄賢也/豊原功補/相島一之/(嶋尾康史)
池本亨   ・・・ 清水國明/渡辺いっけい/益岡徹/(柳沢慎吾)

って、どうでしょう?
ちょっとパターン化してますけど、伊藤かずえさんとか結構イメージにあってそうな気がするのは気のせい? ちなみに伊藤かずえさんは、TBSで今日から始まる「聞かせてよ愛の言葉を」で松村雄基さんと共演するっぽいですね。このドラマ、昔の大映テレビを彷彿とさせるキャスティングだなー。ナレーション担当は来宮良子さんで、「ヤヌスの鏡」や「アリエスの乙女たち」のナレーションをやっていた人のよーである。大映テレビ世代の30代半ばくらいの主婦層がターゲットなのかも。これも要チェックか? 
池本の場合は猫車で運ばれてしまうときのイメージが非常に強かったので強烈なイメージを残しながらも儚く世を去りそうな人を選定。
勲役は本来であればメインキャラであるはずなのですが、元裁判官という設定なので重みのある役者さんを配役してみた。俊郎は読者や視聴者から「あー、なんでお前はそうなんだ?」というもどかしさを生じさせる役割なので難しかったのですが、豊原功補さんなどはかなり上手く演じてくれそう(役者さん本人にしてみれば不本意かもしれませんが)。で、問題の武内なのですが、あの豹変する演技を上手くやってくれる人はかなり難しいかも。実体験で不遇な目に最近あっている大鶴義丹とかは異常な演技が似合いそう。
畑野浩子さんと柏原崇さんの夫婦対決も見て見たい気が・・・
あと、りょーちのお薦め俳優さんとして豊原功補さんを挙げたいかも。豊原功補さんの演技は安定感があって、落ち着いて見ることができる気がする。シリアスな役とかビシッとやってくれそうだな。
うーむ。小説のキャスティングを考えるのって意外と楽しいかも。1冊で2度おいしいな。こりゃ。

で、「火の粉」のストーリー部分にちょいと言及しますと、先にも書きましたが「ラストは変えないでほしかった・・・」
原作どおりのラストはやはりあまりに切ない、やりきれない、後味悪いってのはわかるのですが、あのラストだけは譲れない気がするんだなー。でも原作のままのラストをテレビで放映するのは難しい気も確かにしますね。

まあ、いろいろ書いて見ましたが、2時間いう限られた時間の中でのドラマ化ということを考慮すれば、総合的にはよかったのではないでしょうか?
まあ、このドラマを通じて更なる雫井脩介ファンの急増を望みます。
ドラマをご覧になったみなさんはどのよーに感じたのでしょうか?非常に気になるところです。もう少し経ったら「火の粉」のドラマについていろいろなBlogで(こんなふうに)取り上げられるとおもいますので、ちょこちょこ覗いてみたいと思います。



posted by りょーち | Comment(9) | TrackBack(0) | 読書感想文
この記事へのコメント
りょーちサン、こんにちは^^
単発の2時間ドラマって普段あまり見たことなかったのですが、あんなにあっさりしたもんなのですね〜〜^^;
やはり原作のまま2時間に収めるのは無理としても、ラストはあまりにあっけなかったっす^^

雪見さんは、魅力的でしたがやはりあのオットがしゃべるとどーも(/・_・\)アチャ-・・って感じになっちゃいました(笑)
Posted by kasumi at 2005年02月21日 17:34
りょーちさん、コンニチハ。ぽちです。
あー、りょーちさんも記事にされてたんですね!
気付かなかった・・・スイマセン(汗)
ワタシも当日の昼間に「あぁ、やるんだ!ドラマ!」と記事に
したんですけど、結局見れませんでした(ノД`)
ラストが変わっていたということですが、どう変わっていたのか
すんごい知りたいっ!!(笑)
理想の配役、う〜んっ!わかるわかる!って納得できるものが多い!
特に大澄賢也と豊原さんっ!
あー、やっぱりビデオ録るべきだった・・・(悔)
Posted by ぽち at 2005年02月21日 17:47
kasumiさんこんにちは。りょーち@管理人です。
kasumiさん、ご指摘のように「あっさり」としてましたねー。ラストは「え、そーなの?」と思わず声を出しちゃいましたよ。
雪見の夫役には(売れる前の)「筧利夫」さんとかもよかったかも知れませんね。夫役の嶋尾康史さんは元阪神タイガーズの選手だったとのこと。1986年ドラフト2位。その年のドラフト3位は半身ファンが頼りにする「神様、仏様、八木様」の「八木裕」さん(うーむ)。
でも、この「火の粉」のドラマ化を踏まえて「犯人に告ぐ」の映像化も期待しちゃいますよ。
映像化はキャスティングも作品の重要な要素ですよねー。
ではでは。
Posted by りょーち at 2005年02月21日 18:09
ぽちさんこんにちは。りょーち@管理人です。
>ラストが変わっていたということですが、どう変わっていたのか
>すんごい知りたいっ!!(笑)
ラストはですねー・・・
婉曲的に申し上げますと、この世からいなくなるべき人が生きたまま終了って感じでした(火の粉をお読みになられたぽちさんならお分かりかと思います)。
ですので、当然、小説の本来でのラストの法廷でのシーン(裁判官としてでない勲の登場シーン)はないわけです。
あのラストがよかったのに・・・
理想の配役はホントにりょーちの勝手な妄想なので(^^;
大澄賢也さんとか豊原功補さんってなんとなく「哀愁を帯びた男性」ってのが似合うなーと(勝手に)思ったりしているんですよねー。
>あー、やっぱりビデオ録るべきだった・・・(悔)
それは残念ですね(/・_・\)。りょーちにできることは、こうやってBlogで話題にすることにより、再放送の期間を早めるようにテレビ朝日の社員の方の目につきやすくすることでしょうか・・・(うーむ)
雫井脩介さんの別の作品の映像化を期待しましょう。
ではでは。
Posted by りょーち at 2005年02月21日 18:21
こんばんは!
私もなかなか2時間ドラマにしてはよくまとめて出来も良かったんじゃないかと思いました。
でもラストはね・・・
それとやはり活字で読んで想像力の中での怖さというのはやはり伝わらない感じでしたね。
原作読んでいてこそ理解できるドラマだったかも。
キャストの渡辺いっけいさん、いいですね〜
池本でも武内でもOKかも。
Posted by ドル at 2005年02月21日 20:56
ドルさん、こんにちは。りょーち@管理人です。
やはりラストが気になりましたよねー。
あと、ドルさんもご指摘のように、活字でこそ伝えられる恐怖が確かにあると思います。
何かメッセージを伝えるときに、最適なメディアがやはりあるのでしょうね。そう考えると何でも映像化してみたりするのも諸手を挙げて喜べないのかもしれませんね。
ドルさんの仰るとおり、渡辺いっけいさんは確かに池本でも武内でもどっちでもいけそうですねー(^^; 役者として稀有なポジションをキープしているのかもしれません。
ではでは。
Posted by りょーち at 2005年02月22日 10:03
りょーちさん、こんにちは。
りょーちさんは観られたんですね。さずが!
会社で「火の粉」を教えてくれた同僚から、ドラマ化されるって聞いて、あの小説のキャラクター達のイメージ壊さずにキャスティングできるのぉ?って思いました。
予告編を前日に見たとき、私的にウマイって思ったのは、武内役の村田さんですかね〜。
原さんも、いざというときに行動できる自立性みたな雰囲気あるので、良いかもと思いました。
柳沢慎吾さんが池本役なのは、ちょっとピンときませんでした。 
当日は仕事で見られなかったのですが、そのラストの変わり方が気になります。
いつか再放送ありますよね。平日の昼間あたりに…
Posted by pikako at 2005年03月04日 16:22
pikakoさんこんにちは。りょーちです。
武内役の村田さん、なかなか抑えた演技でよかったですよ。
池本役の柳沢慎吾さんも意外と(?)よかったような気がします。
>いつか再放送ありますよね。平日の昼間あたりに…
もうちょっと先かもしれませんねー(^^;
雫井さんのほかの作品の映像化も是非是非みてみたいですね。「犯人に告ぐ」は絶対見ると思います。
ではでは。
Posted by りょーち at 2005年03月04日 18:13
火の粉の視聴率ですが、
http://doramashicho.hp.infoseek.co.jp/saisin15.html
によると、15.1%ということでした。
翌週の「明智小五郎vs金田一耕助」が14.3%
前週の「警視庁捜査一課強行犯七係」が13.6%なので、結構検討しているのではないでしょうか?
Posted by りょーち at 2005年03月08日 15:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。