2006年06月22日

Big.com:大きいことはいいことだ(検索エンジン) このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ジャイアント吉田です(嘘です)。

検索エンジンといえばやっぱGoogleって感じがする。その他の検索エンジンが生き残っていくには相当の差別化が必要だと思う。

しかし Mashable* で紹介されていたBig.comという検索エンジンの差別化はある意味凄い。
ドメインの通り、兎に角文字が大きいのである。ホントに「いや、あんたそれ大きすぎますって」と突っ込みを入れたくなるっす。



どのくらいでかいかってもう凄いでかい。

更にInternet Explorer用のツールバーも用意されているのだが、インストールしてみるとこんな感じになる・・・

big.com.png


ツールバーまででかすぎである。

Snap という検索サイトのチームが作っているよーなのだが、このSnapの検索結果のインターフェースも結構いけている。

検索結果をクリックすると、右側にSimpleAPIで作られたよーなWebサイトのキャプチャーが表示される。検索結果一覧ウィンドウをカーソルキーで選択するとキャプチャーが切り替わるというよーなもの。

なかなか面白いじゃん。
#差別化の方向性がビジネス的にあっているのかは疑問・・・
posted by りょーち | Comment(2) | TrackBack(0) | Web周辺技術
この記事へのコメント
初めまして。いつも愛読しています。
Big.com、たしかにでかい!
でも、老眼の私には優しい検索サイトかも。
なんか「年寄りに優しい携帯」の検索版のような感もしますねぇ。
Posted by asyuu at 2006年06月22日 23:52
asyuu さん、こんにちは。りょーち@管理人です。コメントいただきましてありがとうございます。

>いつも愛読しています
そ、そーなんですか。くだらない記事ばかりですみません(^^;

>Big.com、たしかにでかい!
でかいですよねー。かなり驚きでした。

asyuu さんのご指摘のように「年寄りに優しい携帯」的な視点も考えられますね。

あと気づいたのですが、検索結果の右側の広告は意外とクリックされる確率が高いのかもしれません。(こういう効果もあるのかもしれませんね)。

ではでは。
Posted by りょーち at 2006年06月23日 13:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: