2011年02月25日

プレゼンで使うとカッチョいいPowerPointのショートカット このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤラレ役リーマンのりょーちとしては会社でプレゼンテーションなぞすることは殆どない。なのでまあ説得力がないかもしれんが、パワーポイントでプレゼンテーションするときに、オペレーションがもたついているのを見ると、どうもげんなりしてしまう。昨日徹夜で作ったせっかくのプレゼン資料も台なしである。
カッチョよくプレゼンするには、やっぱスマートなプレゼン方法だな。見た目大事。かっちょいいオペレーション万歳。
これマスターするとモテモテになるよ(嘘だよ)。

ってことでどーすればいいか。

もたつかないよーなオペレーションをするにはズバリ、ショートカットを使いこなす!

質疑応答の際、ブラウズモードでスライド一覧を見ながら「えーっと」とかって探している光景をよく見るが、なるべくそれをしないことで間が開かないと思われる。つまり「ササッ」と指定のページをカッチョ良く出して「それはですなー」とテキトーに話すってのがよかろう。

ここで紹介する6つのショートカットはPowerPoint2010以外でもPowerPoint2007とかPowerPoint2003とかでもきっと動くであろう(多分)。編集時のショートカットは結構使いこなしているかもしれんが、プレゼンの時に使うとかっちょいいのを紹介するっす。

ちなみに、この6つのショートカットをひとつでも使っているプレゼンテーターを一度も見たことがないぜ(プレゼン中にオレが寝てるだけかもしれんが)。だからオレの知り合いでここを偶然発見した人は誰かこれ使ってみてくまさい。
(以下のショートカットはプレゼンテーションモードで利用するっす。)

なお、キャプチャーで使っているプレゼンテーション資料は日経PC21 / 特集3「パワーポイントで簡単!30分で作る最強プレゼン資料」サンプルファイルを利用させていただきました。

1. 素早く指定のページに移動する その1: 「ページ数入力 + Enter」

プレゼンテーション終了後、手元資料を持っている観客から「先程の12ページのグラフについて質問ですが・・・」とか言われたときに、一度編集モードに戻って「12ページは・・・」とホイールマウスでさがすよりも数字キーで「12」を押して「Enter」を押せばキチンと12ページに移動する。ブラウズモードから資料を探すよりもきっと早いはずである。

2. 素早く指定のページに移動する その2: 「Ctrl + S」でスライドタイトル一覧を表示

実際にやってみると分かるが、プレゼンテーションモード時に「Ctrl + S」を押すとスライドタイトル一覧が表示される。これは結構便利。1.と2.を使い分けると素敵だな。
PowerPoint_ctrls_all.png
PowerPoint_ctrls.png

3. 素早く指定のページに移動する その3: 最初のスライド「Home」キー、最後のスライド「End」キー

これは覚えておくと便利。ちなみにマウスボタンの右と左の同時押しでも「最初のスライド」に移動できる。

4. ポインターをペンに変更する : 「Ctrl + P」

プレゼンテーション中にペンで書き込みたいときは「Ctrl + P」を素早く押す。そーするとポインターがペンモードになるのでマウスなどを使って書きこむことができる。再度ポインターを元の矢印ポインターに変更するには「Ctrl + A」を押すと元に戻るっす。
PowerPoint_ctrlp.png

5. 一時的に画面全体を黒く(白く)する : 「B」キーを押す(「W」キーを押す)

話しに集中してほしいときとかにキーボードの「B」を押すと画面全体が黒になる。元に戻すには再度「B」ボタンを押す。黒が嫌いな人は「W」を押すと白くなる。三遊亭圓楽は腹黒いので「B」をきっと押すだろう。

6. プレゼン中にタスクバーを表示 : 「Ctrl + T」

パワーポイント以外のドキュメントやアプリケーションを使ってプレゼンする際にこの「Ctrl + T」のショートカットを使えば、プレゼンモードを離脱することなく、タスクバーが表示される。別のアプリケーションとパワーポイント間の移動がスムーズになるため、観ている人を待たせないので便利。

7. 今閲覧中のスライドページから始める : 「CtrlSHIFT + F5」

これもきっと良く使う。一度プレゼンモードから抜けた後に再度今見ていたスライドページから再度プレゼンするときに便利。(2013/7/11修正)

特に「ページ数入力 + Enter」「Ctrl + S」「Ctrl + T」あたりは使いこなせるとホント便利だと思うっす。

まあ、テキトーに紹介したが、基本的にプレゼンを聞いている人の8割以上は「早く終わらないかなー」と思っているはずなのでスムーズにプレゼンして早く終わらせてあげよう。
また、以前にも書いたが、プレゼン資料に総ページ数を入れてあげると、聞く人が「あー、あとこのくらいの時間聞けばいいのか」と分かるため、プレゼンに集中してくれると思われる。何時終わるかわからないと集中力が途切れちゃうよねぇ・・・ ( 参考:PowerPointで総ページ数を自動入力する方法 )

本当はプログレスバーのようなものがあるといいんだけどなぁ。画面の最下部にプログレスバー領域を作り、全体のページ数と現在のページ数をマクロで計算し、色分けされたレクタングルオブジェクトをピクセル数を指定し配置し、進んでいるように見せる感じ。

あと、それが難しければ、■と□を数だけ配置するとかでもいいかもなー。

1/7 ページ目:■□□□□□□
5/7 ページ目:■■■■■□□
7/7 ページ目:■■■■■■■

上のリンクで紹介しているマクロを修正してプログレスバーで表示するタイプにだれか変更してくれないかなー(と他力本願)。


posted by りょーち | Comment(2) | TrackBack(0) | 自分メモ
この記事へのコメント
今閲覧中のスライドページから始める : 「Ctrl + F5」なんですが
shift +F5ではないんですか?
Posted by あ at 2013年07月11日 15:05
>今閲覧中のスライドページから始める : 「Ctrl + F5」なんですが
>shift +F5ではないんですか?

ホントですね。ご指摘ありがとうございました。
記事本文も修正しておきました。

ではでは。
Posted by りょーち at 2013年07月11日 15:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。