2005年02月07日

伊坂幸太郎:「陽気なギャングが地球を回す」 このエントリーをはてなブックマークに追加

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)
伊坂 幸太郎
祥伝社
売り上げランキング: 2861

りょーち的おすすめ度:お薦め度

もう、こいつらで好きなように回してくれ。いや、こいつらなら地球を逆回転できる。海老一染之助の傘の上でも回るかも。
こいつらとは本書「陽気なギャングが地球を回す」にご出演の面々である。
本書に出てくるギャング達はそれぞれ特技があり、

・人の嘘を完璧に見抜く能力を持つ成瀬(役所勤務)
・薀蓄と嘘つきに掛けては天下一品の響野
・数秒も狂わない正確な体内時計を持つ紅一点の雪子
・スリの名人である久遠

というメンバーがあろうことかタッグを組み、銀行強盗をやっちゃおうじゃんって言うストーリーである。
各場面場面で彼らの特技が功を奏し、銀行強盗は一人の血を見ることもなくクールに遂行されるのである。ギャングでもスポーツでも重要なのはチームワークだが、このチームワークが破綻したときにはよい結果は生まれないのだ。一見完璧なチームワークだったこのカルテット達に亀裂が入るとき、計画はやっぱり失敗しちゃうのだ。
計画は一見成功したかに見えたのだが、逃走中に成瀬たちの掻っ攫った戦利品(売り上げ?)を別の銀行強盗がやってきて、横取りされちゃうのだ。
しかし、この小説、こっからが面白い。取られた売り上げ(って元々人のモノだが)を奪還すべく成瀬達が東奔西走したり、犯人(って成瀬たちもある意味犯人なのだが・・・)を調査し、追い詰めるプロセスなど見所満載である。
この物語に出てくる人々が実にキャラが濃い。サブキャラとして出てくる役に立たない画期的な発明品を保有する田中。田中の発明品にはフラッシュレスカメラだとかグルーシェニカー(中から開かない車)だとか「あんたそれ何に使うの?」的な奇妙な発明品がある。
響野が銀行強盗をする際に行員達に語る妙な薀蓄も思わず傾聴してしまうような(しかし、中身はどうでもいいような)内容だ。雪子に関しては元ダメ夫の出現でかなりヘビーな役回りを強いられることになる。このあたりも非常に読みどころかも。

エンディングも気持ちのよい終わり方でスッキリである。このメンバーの続編(あるのか?)も書いていただきたいです(→伊坂さん)。風のうわさで映画化されるって話しも聞きましたが、是非やっちゃっていただきたい。

りょーちとしては、この4人の掛け合い漫才的なトークが非常に楽しく(半ば出来すぎの感も否めないが)さすが伊坂幸太郎と唸ってしまった。21世紀を代表する作家になるかもしれませんね。

「ギャング」ってもう死語かと思ったけど、意外とすんなり頭に入ってきた。りょーちが「ギャング」という言葉を聞いて真っ先に思い浮かんだものは「ドリフ」だったのは幼少の頃の8時だよ全員集合のギャングコントに起因しているのではなかろうか(謎)

※そして更に、映画化された勢いもそのままに、続編の 陽気なギャングの日常と襲撃 も出版された!

うーむ、こちらもなかなか楽しみ!

陽気なギャングの日常と襲撃
伊坂 幸太郎
祥伝社 (2006/05)






posted by りょーち | Comment(10) | TrackBack(14) | 読書感想文
この記事へのコメント
りょーちさんはじめまして。トラックバックありがとうございます。

この話は伊坂作品の中でもかなり好きなので私も続編大希望です。是非書いて欲しいですよね!
ギャングバンザイ!

それでは失礼しますー。

Posted by 潮木海 at 2005年02月07日 22:12
初めまして。風邪氣味日記の風浦でございます。
トラックバック有難う御座いました。

私も 『ギャング』は伊坂さんの作品の中で一番好きなのですよ。
素敵なギャングさん達に惚れ惚れしております。
今年の夏には映画になるそうで。そちらも楽しみです!

続編は小説NONでたまに書かれているそうですよ。
宜しかったらチェックしてみて下さいましー。

其れでは 失礼致します。
Posted by 風浦 at 2005年02月08日 23:59
潮木海さん、こんにちは。りょーちと申します。
これはかなりよかったですよ。小説としてのリズムがありましたよねー。
そーいえば、潮木海さんのサイトで書かれている「直木賞選評を読んで」を読んで(ややこしくてすみません)私も似たような感覚を持ちました。
ある意味、伊坂さんには賞など必要ないのかもしれませんね。潮木海さんをはじめ、伊坂ファンという読者がいればいいのではと思いました。
また、伊坂さんの本を読んでみたいです。(最近積読が多くて・・・)
ではでは。
Posted by りょーち at 2005年02月09日 00:33
風浦さんこんにちは。りょーちと申します。
>私も 『ギャング』は伊坂さんの作品の中で一番好きなのですよ。
と、かかれてましたね。(最下位はグラスホッパーですか?)
グラスホッパーもちょっと読んでみようかなーとも思ったのですが、風浦さんのご意見を伺って、優先順位をちょいと下げちゃいます(^^;
ちなみに、りょーちの最近のHit作家さんは雫井脩介さんです。この方もかなーり素晴らしいです。
今後ともよろしくお願いいたします。
ではでは。
Posted by りょーち at 2005年02月09日 00:41
こんにちは、はじめまして。
今更ですが、随分前にTBいただいていたんですね(2004.9.27。『モンテ・クリスト伯』)。
お礼が遅くなり、申し訳ございません。ありがとうございます。
半年以上かけてやっと読了し、次の本に入ったところです。
以前の感想を見ようと表示をしたところ、TBの存在に気が付いたという次第。
本当に何度お詫びしてもしきれないくらいです。<(_ _)>

私もミステリーが大好きです。
懐かしい気持ちから、『モンテ・クリスト伯』を読んでおりましたが…。
ちなみに今、読んでいる本もミステリーではないです。
近衛忠大著『近衛家の太平洋戦争』。読み始めたところ、なかなかの力作です。

それでは、また来ますね♪
Posted by ayaka28 at 2005年02月09日 11:42
コメントありがとうございました。
陽気なギャングはまだ読んでませんが、りょーちさんのコメントを読んで早速読もうかと思いました。りょーちサンのレビューってその本を本当に読みたくさせますね。
Posted by ぽっぽ at 2005年02月09日 22:31
ayaka28さんこんにちは。りょーちと申します。
TrackBackに関しては「関連する記事を書きましたよー」程度に考えておりますので、まったく御気になさらないでくださいねー(^^;
(恐縮してしまいますー ^^;)

近衛忠大さん、お薦めなのですね。まだ、拝読したことがないので、ちょっとチャレンジしてみようなかー。
書籍についての感想をBlogで書いておりますとこうやっていろいろな方と本のお話しができるので、非常にありがたい限りです。
今後ともよろしくおねがいいたします。
ではでは。
Posted by りょーち at 2005年02月10日 07:31
ぽっぽさんこんにちは。りょーち@管理人です。
「陽気なギャング」はホントお薦めです。謎解きよりも「話の流れ」で読ませる本ですね。
勿論、「謎解き」の部分もしっかりとした複線が張られています。
なかなかgoodでした。
ではでは。
Posted by りょーち at 2005年02月10日 07:35
りょーちさん、こんにちは。
この本も積読状態だったのですが、先日りょーちさんが感想をエントリしてらっしゃるのを見て、
どうにも我慢が出来なくなって時間を無理やり作って読みました。
面白かったです!!
トラバさせていただきましたので、ご挨拶まで…<(_ _)>
Posted by たいりょん at 2005年02月14日 11:46
たいりょんさん、こんにちは。りょーち@管理人です。
>この本も積読状態だったのですがどうにも我慢が
>出来なくなって時間を無理やり作って読みました
たいりょんさんの積読を一冊読むためのトリガーとなって幸いです(^^;
これ、おもしろかったですよー。ホント。
軽妙な語りで読ませるスピード感のある小説でした。
>好きなものはとっておいて最後に食べるタイプのたいりょんです
は、りょーちもその節があるかもしれません。今後の伊坂作品に期待が高まりますね。
ではでは。
Posted by りょーち at 2005年02月15日 08:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


陽気なギャングが地球を回す
Excerpt: お、面白い!どうしよう(どうもしない)ここ最近あんまり私的ヒットが少なかったんで
Weblog: レビュの鳥
Tracked: 2005-02-07 21:29

陽気なギャングが地球を回す 感想
Excerpt: 読み終わりました。 感想なぞ。 伊坂さんの作品、なかなかいいっすわ。 今回の「
Weblog: たあさんの部屋別館??本の部屋??
Tracked: 2005-02-08 01:52

伊坂幸太郎「陽気なギャングが地球を回す」☆☆☆☆
Excerpt: 今年の直木賞候補にもなった伊坂幸太郎の本を初めて読んだ。 「陽気なギャングが地球を回す」という軽い題名通りの軽妙な会話が続き、あっという間に読ませてしまう。著者があとがきで90分ぐらいの長さの長すぎ..
Weblog: 40歳からのクローン病
Tracked: 2005-02-10 15:33

陽気なギャングが地球を回す
Excerpt: 伊坂幸太郎 著 ―「ロマンはどこだ」― 伊坂作品は一気読みできる状態で読み始めたいとの思いから、つい積読状態にしてしまう。 好きなものはとっておいて最後に食べるタイプのたいりょんです(^▽^..
Weblog: ページを繰る日々
Tracked: 2005-02-14 11:40

陽気なギャングが地球を回す
Excerpt: 陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎 祥伝社 このアイテムの詳細を見る  4人組の銀行強盗団が、せっかく強盗でゲットした4000万円を別の強盗に取られちゃうっってところから話が始まる。強盗が強盗さ..
Weblog: ついてる日記
Tracked: 2005-02-16 09:47

伊坂幸太郎
Excerpt: Counter: 0, today: 0, yesterday: 0 伊坂幸太郎 &dagger; 名前:伊坂幸太郎(いさかこうたろう) 【blogmap】 生年月日: 出身地: 受賞歴: 公..
Weblog: PukiWiki/TrackBack 0.1
Tracked: 2005-02-23 17:32

伊坂幸太郎
Excerpt: Counter: 0, today: 0, yesterday: 0 伊坂幸太郎 &dagger; 名前:伊坂幸太郎(いさかこうたろう) 【blogmap】 生年月日: 出身地: 受賞歴: 公..
Weblog: PukiWiki/TrackBack 0.1
Tracked: 2005-03-13 23:24

書籍というよりも脚本???
Excerpt: 『陽気なギャングが地球を回す』)坂 幸太郎 著 評価 &amp;#63716; &amp;#63716; &amp;#63716; &amp;#63716; 久しぶりに本の紹介を。 確実に他人の..
Weblog: BED FUCKERS!!!!!!!
Tracked: 2005-08-06 15:55

「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎
Excerpt: 【死体を埋める経験なんてなかなかできるものじゃない!by響野】 銀行強盗・誘拐・・・世の中で計画するヤツがいるなら、そんなものはほとんど失敗に終わる・・・とずっと思っていた。 たぶん物心つい..
Weblog: 雑板屋
Tracked: 2006-01-10 14:32

『陽気なギャングが地球を回す』伊坂幸太郎
Excerpt: 以前「ラッシュライフ」を読んでべた褒めした覚えのある伊坂幸太郎の本。 今回は4人組の銀行強盗のお話。 これまた面白かったです。 「ラッシュライフ」のような手の込んだ構成ではなく、ストレートな..
Weblog: 時間の無駄と言わないで
Tracked: 2006-02-19 02:10

(書評)陽気なギャングが地球を回す
Excerpt: 著者:伊坂幸太郎 いやー…評判の良さは聞いていたけど、確かにこりゃ面白いわ。ただ
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2006-03-07 16:13

『陽気なギャングが地球を回す』 伊坂幸太郎
Excerpt: ジャンル:都会派ギャング・サスペンス クライム・コメディ 満足度:B+ 銀行強盗4人組の話です。 丁度いい長さで面白く読めました。 台詞も上手い。プロットも上手い。無駄がない。 読者を騙すのも上手い..
Weblog: びじょびじょん
Tracked: 2006-03-17 21:30

陽気なギャングが地球を回す|伊坂幸太郎
Excerpt: ★★★★★ 軽快なテンポと魅力溢れるキャラクターとセンスある言葉の勝利!思わずにやりとしてしまいます。 ストーリーの大筋としては、ある意味王道かもしれない。 が、思わぬ小道具が後半に活きてき..
Weblog: TORI HOUSE | Book Blog
Tracked: 2006-11-04 22:20

伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』
Excerpt: 陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)伊坂 幸太郎祥伝社 今回は、伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』を紹介します。4人の銀行強盗が銀行を襲ってお金を奪うことに成功したが、同じ逃走中の現金輸..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2010-11-17 23:35

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。