2006年03月08日

海堂尊:「チーム・バチスタの栄光」 このエントリーをはてなブックマークに追加

チーム・バチスタの栄光
海堂 尊
宝島社 (2006/01)

りょーち的おすすめ度:お薦め度お薦め度お薦め度

こんにちは、杉兵助です(嘘です)(もう忘れてる?)

すっごい、面白い! 何だ?この本?

もう、いろんなところで話題になりまくりだと思う、この「チーム・バチスタの栄光」。「第4回『このミステリーがすごい!(通称「このミス」)』大賞」大賞受賞作というのを見て少し懐疑的に本書を手に取った。実はりょーちの「このミス」の印象は新人ミステリー小説発掘という観点からあまり好ましくないなーと思ったりしていた。この blog でも紹介したが 浅倉卓弥:「四日間の奇蹟」 が第1回の「このミス」大賞だったのがその大きな理由である。「四日間の奇蹟」は確かに小説としては素晴らしかったが、ミステリーとしてはどうだろう?と訝しがってしまったのだ。そんな「このミス」の第4回受賞作がこの「チーム・バチスタの栄光」。
「このミス」応募時は「チーム・バチスタの崩壊」というタイトルだったが、本書を読んでみると、この作風だったら「チーム・バチスタの栄光」が合っていると思う。このタイトル変更によって販売部数もかなり伸びたのではなかろうか。宝島社の担当の方、ナイスです。
余談だが、「第4回このミス特別奨励賞」に選ばれたのは「殺人ピエロの孤島同窓会:水田美意子」さん。この人13歳で受賞だって。凄いな。

っと、話しが逸れてしまったが、いやー、やってくれました、海堂尊(かいどうたける)。名前もカッコイイじゃないですか。そんなカッコイイ名前の方が書いたとは思えないほど、飛びぬけてヘンな物語。(ホントに現役の医師なのか?)今年のエンターテイメント小説の大賞が既に決まってしまったよーなものである。文字通り抱腹絶倒の小説。且つミステリー小説としても完成度がかなり高い。「もう絶対読みなさい」といった感じである。ここ数年というタームで考えてもトップレベルの作品だな。よくこういうキャラを思いつくよなー。田口、白鳥、最高っす。

普通医療ミステリーといえば重苦しい雰囲気に満ち溢れ、手に汗握り読み耽るってのが通例だったりする。本書は全く以ってそんなことはない。本書を読んだ多くの皆さんが一番初めに思い描くのは奥田英朗の「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」の伊良部一郎ではなかろうか? 伊良部は決してミステリー小説には登場し得ない人物なのだが「もし伊良部が探偵役をやったとしたらこんな感じになるんじゃないかなーと思ったりさせられる。
本書の主人公は二人存在する。一人は不定愁訴外来の田口公平。もう一人は厚生労働省のとってもオカシナ変人、白鳥圭輔。白鳥が登場するまでの前半部分で既にとんでもないオモシロさなのだが、後半に白鳥が登場して以降、俄然ページを捲る手を止められない。

帯に書かれたストーリーはこんな感じ。
東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器統御外科助教授として招聘した。彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称”チームバチスタ”として、成功率100%を誇り、その勇名を轟かせている。ところが、3例立て続けに術中死が発生。原因不明の術中死と、メディアの注目を集める手術が重なる事態に危機感を抱いた病院長・高階は、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口公平に内部調査を依頼しようと動いていた。壊滅寸前の大学病院の現状、医療現場の危機的状況、そしてチーム・バチスタ・メンバーの相克と因縁。医療過誤か、殺人か。遺体は何を語るのか・・・。栄光のチーム・バチスタの裏側に隠されたもう一つの顔とは。


この帯にいい意味で騙されました。
ここまで読むと本格医療ミステリーであることに全く疑念を持たずに読んでしまう。
アメリカ帰りのエリート医師、桐生は自らの腕に自信を持ち今まで執刀したその全ての手術を成功させていた。心臓手術にはいろいろな方法があるのだが、桐生の手法は「バチスタ手術」というものである。バチスタ手術とは本書内の解説を流用すると
学術的な正式名称を「左心室縮小形成術」という。一般的には、正式名称より創始者R・バチスタ博士の名を冠した俗称の方が通りがよい。拡張型心筋症に対する手術術式である

要するに、大きくなってしまった心臓を小さく作り直す手術のよーである。この手術、相当なテクニックが必要でそのテクニックは一人の医師のみならず、手術に携わる全てのメンバーの助けが必要とされる。桐生は東城大学医学部付属病院に赴任する際、チームのメンバーを自ら選んだ。そして27例まで、完璧に執刀してみせた。しかし、3例立て続けに患者が死亡するという事故が起こった。数日後にはアフリカのアガピくんが手術を受けることになっている。マスコミの注目がいやでも集まってしまう中での手術となる。桐生本人も調査を必要と考えており、田口は何の因果かこの事故の聞き取り調査を行うことになった。
田口は俗に言う「やる気のない医師」という印象。本人もそれを自覚しており、学生時代からも如何にサボるかと言うことに心血を注いでいた。そんな田口の患者はボケてしまったおばあさんやおじいさんなどが多く、同じ話しを何度も聞いて日々を送っている。そんな中、突然調査を依頼された田口は何故自分がという思いもあったが、引き受けることになる。手始めにエリート医師、桐生と対峙したが、いい加減とも思える田口でさえ、この桐生は凄いと唸らされるほどの素晴らしい人物である。田口は尊敬の念でこの桐生を認めていた。この桐生という男がミスをするはずはないと感じた田口は他のメンバーへの調査を真面目に実行することを心に誓うのであった。
田口の聞き取り調査は最後に必ず名前の由来を聞くことが特徴である。実際には田口の趣味的要素が多分に含まれており問題解決の糸口に繋がっては来ないのだが、質問への答え方、または拒否の仕方などを細かく観察。これがこの後の調査に生きてくる・・・(わけはない・・・orz)。
調査対象となったのはチームバチスタの殆ど全員。調査の中、ケース26から器械出しの看護士が大友に代わったのが原因ではないかとの意見も上がってきた。
田口は桐生の手術を実際に観察するため、次回の手術を見学することになるが、田口の目の前で患者が死亡してしまう。慄然とする手術室内で田口はただ立ち尽くすだけである。無力ささえ感じた田口は自分の観察した限りでは手術に不審な点を見つけることはできなかった。
田口が尋問をする前半部分のみ読んでいると、「田口が探偵役なのかな?」と誰しも思うはず。前半部分は単なる序章でしかなかった。後半に入ると、田口がワトソン役であることを思い知らされる。

では、ホームズは誰か?

凄いのが出てきたよ。厚生労働省大臣官房秘書課付技官(長いよ! by 桜塚やっくん) 白鳥圭輔。「火喰い鳥」と称される彼は省内でも問題児であり、左遷された技官なのだが、それを全く本人が感知していないところが凄い。ロジカル・モンスターの異名どおり、頭はかなり切れる。が、あんた、切れすぎです。誰もついて来れないよ。
白鳥の凄いところは他人にとってどう見られるかを全く感知せず、真実に向って一直線に進むところだろう。後半部分の白鳥が田口に自分の調査手法である「アクティブフェーズ」と「パッシブフェーズ」の極意を伝授する。このあたりがもう絶妙である。置いてけぼりの田口を尻目に白鳥が戦車のように突き進む。娘が飽きて遊ばなくなったたまごっちの世話をしながらも事件が解決に向けて進んでいくから不思議だ。
白鳥は調査のために遠慮という言葉を知らない。調査対象となる医師や看護士たちの気に障るいやな言い方でどんどん質問を投げかける。粗暴なホームズである。こんな探偵いままで見たことない。しかし事件が解決に向って進むから不思議だ。
人の話を全く聞かず、マイペース(だがハイペース)で聞き取りを行う白鳥は事件の核心にかなり迫りつつあったようだ。
本書の最大の見せ場は、白鳥が調査に来てから始めての手術が行われる前日、調査のため国会図書館に向った白鳥と留守番を請け負った田口に患者の容態が急変し、緊急手術を実施することになった件(くだり)であろう。この部分はまさにクライマックス。何とか田口は手術を阻止しようとするが、その甲斐もなく、手術は始まってしまう。白鳥が猛スピードでタクシーに乗り駆けつけたときは時既に遅く、その患者も術中死を迎えてしまう。だがここからが白鳥の凄腕の見せ所だった。肝心の事件の解決も余念がない。このあたりは是非是非本書を読んでほしい。そして、現代医療が抱える問題点をも指摘しており医師の視点から書かれた最上級のエンターテイメント小説であろう。

この白鳥のオモシロさは本書を読まないと絶対わからない。専門用語がかなり飛び交うが、全く気にならない。白鳥と田口の掛け合い漫才のよーなやり取りが軽快なテンポで進み全く以って読み飽きることを許さない圧倒的なスピード感が本書の特徴だ。二人が全く噛み合っていないところが最高!(白鳥は誰とも噛み合っていないが・・・)
白鳥の田口に宛てた手紙も小説的にはかなりありですね。この手紙を読んで、田口も成長したんだなーと自分自身でも感じたに違いない。

なお、どーでもよいがこの本は近所のセブンイレブンで購入した。こういった普通の小説がコンビニで売られているってのが珍しくて勢いで買ってしまったが、ホントによかったよ。ありがとう、セブンイレブン。

作者の海堂尊さんへお伝えしたいこととしては、女性の優秀な部下である(という設定になっている)「氷姫」こと姫宮の登場が殆どなかったのがちょいと残念だったかなーということ。あと、海堂尊さんへのお願いは「白鳥圭輔&氷姫で是非ともシリーズ化してほしい!」と思ったらにあるインタビュー記事で「続編も構想中」との言葉を見つけかなり嬉しい予感。期待してますっ!?
■他の方々のご意見:
アキヤマニア - 海堂尊『チーム・バチスタの栄光』
らくあきありす 『チーム・バチスタの栄光(海堂尊)』の感想文。
国境の南 : チーム・バチスタの栄光(海堂 尊)
チーム・バチスタの栄光|絵本と子どもと色々
「本のことども」by聖月 : ◎◎「チーム・バチスタの栄光」 海堂尊
粗製♪濫読 : 『チーム・バチスタの栄光』 驚きの医学ミステリー!
雑食レビュー | チーム・バチスタの栄光
Lie to Rye: チーム・バチスタの栄光
読書日和 : 『チーム・バチスタの栄光』海堂尊著

(2008/10/14 追記)

本日10/14からフジテレビ系列で チーム・バチスタの栄光 のドラマが放映されるっぽい。

犯人が原作と違うらしいね。

田口公平役が伊藤淳史ってのはなかなかよいね。白鳥圭輔役が仲村トオルってのはどうだろう?
仲村トオルがどの程度壊れてくれるかがこのドラマの成功の鍵かもね。
個人的に白鳥圭輔役は田口浩正か六角精児あたりにお願いしたかった。

さて犯人は誰なんだろう?
posted by りょーち | Comment(5) | TrackBack(16) | 読書感想文
この記事へのコメント
はじめまして。私も遅ればせながら、チームバチスタ読みました。白鳥のキャラがいいですね。続編も出ているようなので、読んでみたいと思います。

よかったら私のブログも読んでみてくださいね。
Posted by ネコ at 2007年03月30日 17:48
ネコさん、こんにちは。りょーち@管理人です。
コメントいただきましてありがとうございます。ネコさんのBLOG初投稿の記事、拝見しました。白鳥は次作以降も登場しますのでお楽しみに。
現在3作目まででていますが、思い返せば、この第1作が一番面白かったと思います。

ではでは。
Posted by りょーち at 2007年03月30日 18:04

※このコメントは、
ザッピングをご利用して頂いているユーザー様を対象にお送りしております。
既にタグを変更して頂いている方にもコメントしてしまう場合がございますが、
ご容赦くださいませ。

「ザッピング」をご利用いただきありがとうございます。
運営元の(株)ブログウォッチャーと申します。

この度、「ザッピング」のURLが、弊社側のシステムミスで、
http://thatsping.com/ から、 http://thatsping.jp/ へ変更になりました。
その関係で、ページに貼って頂いているタグを変更して頂く必要がございます。

以前のタグのままの状態ですと、
検索ワード等の情報を取得できない状況が発生しております。
ご迷惑をおかけしまして、大変申し訳ございません。

誠にお手数なのですが、
http://thatsping.jp/tagcode
に新たなタグ情報が記載されておりますので、
ご参照の上、タグを変更して頂けると幸いです。

今後とも、「ザッピング」を何卒宜しくお願い致します。
Posted by ザッピング運営事務局 at 2008年10月24日 21:59
※このコメントは、
ザッピングをご利用して頂いているユーザー様を対象にお送りしております。
既にタグを変更して頂いている方にもコメントしてしまう場合がございますが、
ご容赦くださいませ。

「ザッピング」をご利用いただきありがとうございます。
運営元の(株)ブログウォッチャーと申します。

この度、「ザッピング」のURLが、弊社側のシステムミスで、
http://thatsping.com/ から、 http://thatsping.jp/ へ変更になりました。
その関係で、ページに貼って頂いているタグを変更して頂く必要がございます。

以前のタグのままの状態ですと、
検索ワード等の情報を取得できない状況が発生しております。
ご迷惑をおかけしまして、大変申し訳ございません。

誠にお手数なのですが、
http://thatsping.jp/tagcode
に新たなタグ情報が記載されておりますので、
ご参照の上、タグを変更して頂けると幸いです。

今後とも、「ザッピング」を何卒宜しくお願い致します。
Posted by ザッピング運営事務局 at 2008年10月24日 22:00
チームバチスタ・・凄く面白かったですww
ちなみに田口先生が手術に立ち会ったときは患者は死んでおりませんw。
ここまでキャラが立っているのってみたことないや。映画版では田口公平が田口公子になってたのは笑ったw。でも竹内結子様だから許すww
Posted by ブリ at 2009年04月09日 14:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


◎◎「チーム・バチスタの栄光」 海堂尊 宝島社 1680円 2006/2
Excerpt:  宝島社も、この際、“このミスの決定にあたって、自社出版物は公平を期すため集計からはずす”という紳士的な姿勢をやめたほうがいいだろう。そうでないと、次回のこのミス第1位作品が、集計からはずした自社出版..
Weblog: 「本のことども」by聖月
Tracked: 2006-03-08 10:10

チーム・バチスタの栄光(海堂 尊)
Excerpt: 東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲ..
Weblog: 国境の南
Tracked: 2006-03-09 00:52

『チーム・バチスタの栄光』 驚きの医学ミステリー!
Excerpt: 著者:海堂尊  書名:チーム・バチスタの栄光 発行:宝島社 完成度:★★★★★ 第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作。 東城大医学部心臓外科の桐生助教授は心筋症オペの世界的権..
Weblog: 粗製♪濫読
Tracked: 2006-03-09 18:51

チーム・バチスタの栄光
Excerpt: book 海堂 尊 (著) 内容(「BOOK」データベースより) 東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。彼が構築した外科チームは..
Weblog: Lie to Rye
Tracked: 2006-03-13 20:07

チーム・バチスタの栄光 (海堂尊)
Excerpt: 珍しくバリバリの新刊。巷の評判以外に読みたい理由があったんです。 この作品で扱われる高難度の心臓手術、通称バチスタ手術。かつてNHKのドキュメンタリー番組『プロジェクトX』で、日本初のバチスタ手術が..
Weblog: 読んだモノの感想をぶっきらぼうに語るBlog
Tracked: 2006-03-26 16:00

「チーム・バチスタの栄光」 海堂尊
Excerpt: 面白い。久々に本に夢中になって電車を乗り過ごした。 最初はちょっと文体がくどいか
Weblog: あらまの日々
Tracked: 2006-04-30 20:31

「チーム・バチスタの栄光」海堂尊
Excerpt: さてさて、昨日の日記でわめいてた「チーム・バチスタの栄光」海堂尊の感想です。(ネタバレっぽいのは一応、白抜きしてます。)「バチスタ」それは心臓手術の名称。肥大した心臓を切り取り小さく作り直すという、余..
Weblog: 読書とジャンプ
Tracked: 2006-05-06 16:21

「チーム・バチスタの栄光」を読んだ
Excerpt: 東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称“チーム..
Weblog: さとしのぶろぐ
Tracked: 2006-06-24 09:42

チーム・バチスタの栄光 感想
Excerpt: 海堂さんの「チーム・バチスタの栄光」、感想行きます。 取り合えず、たあさん的傑
Weblog: たあさんの部屋別館??本の部屋??
Tracked: 2006-06-24 13:04

「チーム・バチスタの栄光」海堂尊
Excerpt: タイトル:チーム・バチスタの栄光 著者  :海堂尊 出版社 :宝島社 読書期間:2006/07/19 - 2006/07/20 お勧め度:★★★★★★ [ Amazon | bk1 | ..
Weblog: AOCHAN-Blog
Tracked: 2006-08-15 19:26

妄想キャスティング――海堂尊【チーム・バチスタの栄光】
Excerpt: 第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。 応募時のタイトルは「チーム・バチスタの崩壊」で、大賞に決まって出版する際に「栄光」と変えたらしい。 「崩壊」ではストレートすぎ。「栄光」のほ..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-08-17 14:30

海堂尊『チーム・バチスタの栄光』
Excerpt: チーム・バチスタの栄光宝島社このアイテムの詳細を見る 今回は、海堂尊『チーム・バチスタの栄光』を紹介します。今までバチスタ手術に成功を重ねていたが、あるときから失敗が続くようになった。それは、医療過..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2006-08-21 18:28

チーム・バチスタの栄光(映画評・感想)
Excerpt: チーム・バチスタの栄光を観賞。医龍 (12)ですっかりお馴染みになったバチスタ手術。成功率60%の拡張型心筋症の手術を26例連続で成功してきたチームバチスタが3件の失敗。事故か?それとも殺人か?月並み..
Weblog: blog50-1
Tracked: 2008-02-10 01:48

[書評]チーム・バチスタの栄光
Excerpt:       本当は、梅田さんの「ウェブ時代 5つの定理」を読破するはずだったのだけど、読み途中であった本書を先に読破した。    映画化され、現在公開中であるため、タイトルを聞けば少なからず耳にした..
Weblog: Ron’s Backlog
Tracked: 2008-03-01 17:49

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)
Excerpt: 会社の同僚に薦められて読んだ本。小説はあまり読まない方だけどこれは久々の大ヒット!超面白い!!病院を舞台にしたミステリーで専門用語がポンポン飛び交うがそんなの全然気にせず一気に読める名作。上下巻があり..
Weblog: やっぱとんとんネギラーメンでしょ
Tracked: 2008-03-29 17:05

『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊
Excerpt: アメリカ帰りの天才外科医・桐生が率いる<チーム・バチスタ>は、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門のエリート集団。難易度の高い手術にも関わらず成功率が高く、マスコミからも注目を集めている大学付属病..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2009-01-11 20:30