2004年12月27日

横山秀夫:「クライマーズ・ハイ」 このエントリーをはてなブックマークに追加

クライマーズ・ハイ (文春文庫)
横山 秀夫
文藝春秋
売り上げランキング: 28884

クライマーズ・ハイ [DVD]
角川書店 (2006-05-12)
売り上げランキング: 24402

りょーち的おすすめ度:お薦め度
泣かせどころを分かっている作家だな。横山秀夫。
クライマーズ・ハイを読んでそう思った。すごいイイ作品なんだけど、りょーちとしては、最後の方で作者に「はい、このページから泣くところですよ」と薦められるような印象を受けた。いや、でもいいんですよ、「クライマーズ・ハイ」。
はじめ、りょーちはこの「クライマーズ・ハイ」という言葉を聞いて「マラソンランナーのあれね」と完璧に「ランナーズ・ハイ」と混同していた。(ダメだった・・・)
本書は山岳小説として読むよりも、どっちかといえば事件ものの小説として書かれている。山岳小説と言えば、りょーちは夢枕獏氏の神々の山嶺(いただき)絶対に薦める。これは間違いなく傑作である。山好きの人は是非読んで欲しい。
で、本書の「クライマーズ・ハイ」なのだが、新聞記者の視点で骨子となる「ある事件」を中心に物語が進む。
ある事件とは「日航機墜落事故」である。若い人々はご存じないかもしれませんが、最悪の航空機事故であった。「片桐機長の逆噴射発言」(←木村さんより、片桐機長ではなく高浜機長ですというご指摘がありましてちょっと修正)「御巣鷹山」「生存者の川上慶子さん」などのキーワードが浮かぶ。
(googleで調べればいいのですが)りょーちの不確かな記憶では、確か事故は月曜日に起こったような気がする。何故月曜日と記憶しているかといえば、当時「中島みゆきのオールナイトニッポン」を聞こうと深夜1時にラジオをつけたら、日航機墜落事故のニュースを延々とやっていたよーな記憶があるからだ。
本書はこの「日航機墜落事故」を物語の中心におき、進められる。
群馬の地方新聞社「北関東新聞」の記者、悠木和雄は会社の飲み会で偶然知り合った同僚で山好きの安西に誘われ山に登るようになった「遅咲きクライマー」である。安西は記者ではなく販売局の社員であり、中途で北関東新聞に入社した。悠木は安西と谷川岳の衝立岩に登る予定だったが、出発日当日、急遽「日航機墜落事故」という凄惨な事件が起こり、安西との待ち合わせ場所に行くことができなかった。
悠木は急遽、日航機の全権デスクに任命され、新聞社を離れることができなかった。一人で衝立に登ったと思っていた安西は、山とは全く関係のない場所で倒れてしまい入院を余儀なくされる。
地方新聞社の社内の軋轢、息子の淳との関係、安西の息子の燐太郎とのやり取りなど、見せ場はいろいろある。
若手の記者達と頭の固い上司との狭間で板ばさみに苦悩する様は、古い頭の経営者が厭らしく書かれており、読んでいて非常に歯痒い思いもした。日航機墜落事故では遺族の方々は非常に辛い思いをしたと思う。事故と全く関係ないりょーちが言及することで事故そのものが薄っぺらくなってしまう可能性を秘めているのかもしれないが、当時の報道資料などを拝見した限りでは今後の航空機事故の抑止に繋がっていると信じたい。
ただ、本書はどうも欲張り過ぎて骨子が見え辛く、本書の落としどころはどこだったのか曖昧な作品になってしまったよーな気がした。ストーリー的にはちょっと感情移入しづらかったのであるが、描かれる人物は非常に魅力的だ。
しかし、それを補うリアリティーが本書にはあったと思う。このあたりが横山秀夫の上手いと思わせるところなのかなー。
気分のよいときにもう一度読んでみたいと思った。

ちなみに、今回からbk1のリンクを前回の記事で書いたamazon2bk1のBookMarkletを利用して書いてみた。(いや、内容は変わらないんですけどね・・・)
意外と便利で、Googleで書籍名を入力して検索すると、殆ど確実にamazonのサイトにナビゲートしてくれる。そこで、amazon2bk1のBookMarkletを利用すると直ぐにリンクが作れて便利。うーむ、いいね。BookMarklet。
posted by りょーち | Comment(13) | TrackBack(18) | 読書感想文
この記事へのコメント
りょーちさん、TBありがとうございます。
このストーリーは、当時のことを思い出させてくれて、とても感慨深かったのです。
当時は携帯がなかったから、山からの報告がこんなにも大変だったなんて、思いもしませんでした。
そんな、ドキュメンタリータッチなところも、気に入ったこの一冊です。

伊坂幸太郎さんの作品も、お好きなようですね。
わたしは彼の、人を食った作風が大好きです。

こんごとも、よろしく。
Posted by Roko at 2004年12月27日 21:57
おはようございます。
『クライマーズハイ』読んでみたくなりました!
日航機墜落事故に関しての本には、なぜかしら興味があり、『墜落遺体』(ノンフィクション)、『沈まぬ太陽』などを読みました。
横山秀夫ということで、ますます興味津々ですね!(まだ手にした事のない作家サンなので余計です)
ところで、私も中島みゆきのオールナイトニッポンはよく聞いてましたよ〜〜。
Posted by ゆう at 2004年12月28日 08:59
Rokoさんこんにちは。りょーちと申します。
>当時は携帯がなかったから、山からの報告がこんなにも大変だったなんて、思いもしませんでした。
そーですよね。現在の日本は携帯文化が蔓延していますが、当時はとても大変だったと思います。
御巣鷹山では通じないかもしれませんが、安西への連絡はできたかもしれませんね。そうするとストーリーとしてはまた違ったものになったのではないかと思います。
>伊坂幸太郎さんの作品も、お好きなようですね。
>わたしは彼の、人を食った作風が大好きです。
伊坂幸太郎さんは「オーデュボンの祈り」しかまだ読めていないのですが、いろいろなサイトを拝見いたしますと、かなりよさそうですね。
個人的には次は「チルドレン」を読みたいです。
読みたい本が多すぎて最近困っているりょーちでした。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by りょーち at 2004年12月28日 10:14
ゆうさん、こんにちは。りょーちと申します。
いろいろなサイトを拝見しておりますと「沈まぬ太陽」は結構よさそうですね。

>私も中島みゆきのオールナイトニッポンはよく聞いてましたよ〜〜
りょーちは、特にファンということでもなかったのですが、聞いてましたねー。作品とのギャップが凄かったです・・・
当時のオールナイトニッポンでは、ビートたけしやタモリなど、今考えると豪華メンバーでしたねー。
「沈まぬ太陽」は積読が終わったら(終わるのか?)チャレンジしたい一作です。
ではでは。
Posted by りょーち at 2004年12月28日 10:21
TBありがとうございます。
男性の視点で描かれていて、久々にしっかりした小説を読んだなあ。という感想でした。
確かに欲張りなぐらいいろんな要素が盛りだくさんでしたね。
りょーちさんと重なるのは「火の粉」しかないです。
たくさん本を読んでるんですね〜!!
私も来年こそはもっと読みたいと思ってます。
Posted by ありんこ at 2004年12月28日 17:06
りょーちさん、こんばんは
TB有難うございますm(__)m。
TB返しと「川の深さは」にもTBさせていただきました。
それからついでにMybloglistにも加えさせていただきました(笑)。
りょーちさんの書評だけでなく、アフィリエイトの記事もとっても参考になります。これから色々取り入れさせていただこうと思ってます。
Posted by くろーん40 at 2004年12月28日 21:19
ありんこさん、こんにちは。りょーち@管理人です。はじめまして。

>りょーちさんと重なるのは「火の粉」しかないです。

「火の粉」を最近読みましたが、ホントによかったです。現在は雫井さんの「虚貌」を読みはじめているのですが、結構よさそうですね。東野圭吾さんの「白夜行」と奥田英朗さんの「最悪」を少し思わせるような滑り出しですね。
「虚貌」はりょーちの冬休みの課題図書となることでしょう。宿題の感想文は年明けに提出(?)できそうです。

そーいえば、ありんこママさんのBlogで紹介されていた「ポーラー・エクスプレス」を私も見ました。結構感動しましたよ。
ちなみに私の鈴は悲しいことにもう音はしません(^^;
ありんこママさんのページも今後(こっそり)お邪魔いたしまーす。
ではでは。
Posted by りょーち at 2004年12月29日 02:20
くろーん40さん、こんにちは。りょーち@管理人です。
>TB返しと「川の深さは」にもTBさせていただきました。
くろーん40さんのサイトでは「川の深さは」は辛口のコメントですね(^^;

>アフィリエイトの記事もとっても参考になります
恐れ入ります。
最近のりょーちの興味としてはアフィリエイトよりもネットワーク上でのコミュニケーションに興味がシフトしています。アフィリエイトはしばらくお休みかなー。

そーいえば、くろーん40さんのサイトを拝見してまして、りょーちと読書の傾向が似ているなーと感じました。
歌野晶午、福井晴敏、横山秀夫、桐野夏生、伊坂幸太郎あたりはりょーちもテリトリー(?)ですね。ちなみにりょーちのお薦め作家さんは、このサイトでも何度か紹介している貫井徳郎さんです。もしご興味ありましたら図書館などでお借りいただければと思います。
また、くろーん40さんのサイトにもお邪魔いたします。
ではでは。
Posted by りょーち at 2004年12月29日 02:39
片桐機長が逆噴射して墜落したのではありません
Posted by きむら at 2005年01月13日 00:10
機長は高浜さんです、
逆噴射して羽田沖に墜落しました
Posted by きむら2 at 2005年01月13日 00:12
きむらさん、こんにちは。りょーち@管理人です。
>片桐機長が逆噴射して墜落したのではありません
>機長は高浜さんです、

あ、そーだったんですねー。
ご指摘ありがとうございました。

早速直しておきまーす。
ではでは。
Posted by りょーち at 2005年01月13日 10:23
逆噴射機長は片桐さんで、御巣鷹山に墜落したジャンボの機長が高浜さんじゃないですか?
りょーちさん、間違ってなくないですか?
Posted by あい at 2008年07月02日 05:53
あいさん、こんにちは。りょーち@管理人です。
>逆噴射機長は片桐さんで、御巣鷹山に墜落したジャンボの機長が高浜さんじゃないですか?
そうみたいですね。ご指摘ありがとうございます。
Posted by りょーち at 2008年07月02日 16:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


クライマーズ・ハイ
Excerpt: クライマーズ・ハイ 横山秀夫 文藝春秋 このアイテムの詳細を見る  昭和60年8月12日、日本中の人達が、何が起きたのか分からずにいた。あの日、ニュースで日航ジャンボ機123便が行方不明になったと..
Weblog: ついてる日記
Tracked: 2004-12-27 21:50

クライマーズ・ハイ 感想
Excerpt: すばらしい。 実にすばらしい。 この本、よいです。 本のカバーも、でっかくして
Weblog: たあさんの部屋別館<BR>??本の部屋??
Tracked: 2004-12-28 00:55

横山秀夫「クライマーズ・ハイ」☆☆☆☆☆
Excerpt: 子供が生まれてから、涙腺が随分ゆるくなったと思う。以前はドラマや映画などで泣いたことなど記憶にないが、最近直ぐにハンカチが必要になる。小説でもグッと来ることはある。でも画像と比べ我慢しやすい。
Weblog: 40歳からのクローン病
Tracked: 2004-12-28 20:50

「クライマーズハイ」横山秀夫
Excerpt: 「本当に本を読まない」。多くの新聞社員と接するとそう実感します。特に、全国紙の記者ほど不勉強だと思います(完全な個人的印象です)。まあ、全国紙の政治部あたりになると変にお勉強してマスコミ論やジャーナリ..
Weblog: ガ島通信
Tracked: 2005-01-02 15:01

横山秀夫
Excerpt: Counter: 0, today: 0, yesterday: 0 横山秀夫 &dagger; 名前:横山秀夫(よこやまひでお)【blogmap|ウィキペディア|はてなキーワード|bk1|G..
Weblog: PukiWiki/TrackBack 0.1
Tracked: 2005-01-05 11:54

横山秀夫
Excerpt: Counter: 0, today: 0, yesterday: 0 横山秀夫 &dagger; 名前:横山秀夫(よこやまひでお)【blogmap|ウィキペディア|はてなキーワード|bk1|G..
Weblog: PukiWiki/TrackBack 0.1
Tracked: 2005-03-27 17:23

クライマーズ・ハイ (横山秀夫)
Excerpt: 作家自身が経験した職業(あるいはそれに類似した職業)を題材に採った作品は一味違います。現場に漂う空気とか、そこで働く人たちのメンタリティが生々しく伝わってきます。 この作品では地方の新聞社が舞台にな..
Weblog: 読んだモノの感想をわりとぶっきらぼうに語るBlog
Tracked: 2005-04-13 11:53

横山秀夫「クライマーズ・ハイ」
Excerpt: ペラペラとTV情報誌を見ていたら、「ん?」。 以前読んだ作品がTV化されるようです。 クライマーズ・ハイ 横山 秀夫 おすすめ平均 これぞ男の生きる道! 目..
Weblog: イイオンナの為の「本ジャンキー」道
Tracked: 2005-11-28 00:00

(書評)クライマーズ・ハイ
Excerpt: 著者:横山秀夫 1985年、部下の死の責任を巡り、フリー記者のような立場にあった
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2006-04-10 22:00

クライマーズ・ハイ/横山秀夫
Excerpt: 何のために山を登るのか、という悠木の問いに、安西は「おりるためさ」と答えた。その意味を追い求め、地元紙記者の悠木は、御巣鷹山の航空機墜落事故の全権デスクという立場の中で苦悶します。 人の人生には..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-07-08 14:19

読書日記 『クライマーズ・ハイ』
Excerpt: クライマーズ・ハイ 横山 秀夫  気付けばこの読書日記も100冊目の紹介になりました。正確に言えば、全何巻もある作品も1冊としてカウントしているので、冊数はもっと多いと思います。が、ようや..
Weblog: やすのぼやき
Tracked: 2006-07-21 22:59

クライマーズ・ハイ  横山秀夫   文春文庫
Excerpt:  『1985年、御巣鷹山に未曾有の航空機事故発生。衝立岩登攀を予定していた地元紙の遊軍記者、悠木和雅が全権デスクに任命される。一方、共に登る予定だった同僚は病院に搬送されていた。組織の相剋、親子の葛藤..
Weblog: 読書三昧
Tracked: 2006-08-01 20:09

ジャーナリストの初心「クライマーズ・ハイ」
Excerpt: 明日の夕方、21年目のあの事故の日がやってくる。あの時は、私は気の合う者たちだけで、一週間のドライブ旅行をして白浜温泉で休んでいた。ふと見上げると、テレビに「日航機、埼玉・長野県境でレーダーから消える..
Weblog: 再出発日記
Tracked: 2006-08-12 09:19

「クライマーズ・ハイ」を読んで
Excerpt: この小説は、昨年末にNHKでドラマ放映されました。主人公の新聞記者に佐藤浩市を配
Weblog: 徒然放浪記
Tracked: 2006-08-13 12:37

「クライマーズ・ハイ」を読んで
Excerpt: この小説は、昨年末にNHKでドラマ放映されました。主人公の新聞記者に佐藤浩市を配
Weblog: 徒然放浪記
Tracked: 2006-08-31 09:58

クライマーズ・ハイ、横山秀夫を飛行機で読む。
Excerpt: 【放送】総合・デジタル総合 で再放送! 前編 2005年12月10日(土) 午後7時30分??8時45分 後編 2005年12月17日(土) 午後7時30分??8時45分 行きの飛行機は、大..
Weblog: スウィートストロベリージャム☆の考え事。
Tracked: 2006-10-26 14:54

「クライマーズ・ハイ」夢中で次の一歩を出す高揚感
Excerpt: 「クライマーズ・ハイ」★★★★ 堤真一主演 原田眞人、2008年、145分 仕事について考える、 毎日、仕事が楽しくてたまらない、 そんなふうにはなかなか思えないが、 時々、毎..
Weblog: soramove
Tracked: 2008-07-09 23:31

『クライマーズハイ』 横山秀夫
Excerpt: 「横山秀夫」の傑作長篇『クライマーズハイ』を読みました。 [クライマーズハイ] 「横山秀夫」作品は8月に読んだ『出口のない海』以来ですね。 -----story------------- 2003..
Weblog: じゅうのblog
Tracked: 2015-10-09 20:38