2009年11月10日

「ファイル名を指定して実行」で覚えておくとよいコマンド このエントリーをはてなブックマークに追加

windowsユーザは「ファイル名を指定して実行」を使うと便利なのでメモ的に書いておくっす。

ファイル名を指定して実行の使い方

「Windowsキー+R」を押すと以下のようなものが表示されます。
cmdline_filename.png
ここで、いろんなコマンドを打つとすぐにアプリケーションが起動できてうれしいねということなのです。

以下「アプリケーション名:コマンド」という記述方法です。

Microsoft Office系アプリ起動

Word : winword
EXCEL : excel
Powerpoint : powerpnt
Access : msaccess

その他アプリ

ペイント : mspaint
メモ帳 : notepad
ワードパッド : wordpad
電卓 : calc
リモートデスクトップ : mstsc
レジストリエディタ : regedit
コマンドライン : cmd
システム構成ユーティリティ : msconfig
イベントビューア : eventvwr
タスクマネージャ : taskmgr
TELNET : telnet
FTP : ftp
Windows Update : wupdmgr

また、
http://digg.com/
のようにURLを直接入力してリターンすればInternet Explorerが起動します。

他にもいろいろあるので気づいたら追記しておくっす。


posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。