2006年01月19日

seesaa blogのRSSファイルをXSLで表示してみる このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。マナ・カナの可愛いほうです(どっち?)(嘘です)。

seesaa blogのRSSファイルを加工したいなーと思ったりしたのだが、HTML編集ではできなかった・・・orz
seesaaで吐き出されるRSSファイルにXSLかCSSを指定すれば出来そうだったのが断念。
だが、 たのしいXML: XML/XHTML入門ページ を見てみるとXSLTを使ってRSSをいろんな形式で見せたりできそーだったので参考にしてやってみた。

ローカル環境で実行すると上手くXLST変換できたものがseesaaにアップロードしたら変換できない。
いろいろ検索してみたら、 "Microsoft.XMLDOM"のloadメソッドで与えるxmlファイルの所在について - XML & SOA が参考になった。(感謝)
実行するには、Internet Explorerのインターネットオプションのセキュリティタブを開き、「レベルのカスタマイズ」を押し、「その他」の項目内の「ドメイン間でのデータソースのアクセス」を「有効」にしてみてください。

同じseesaa上のRSSファイルにアクセスするのにドメイン間での設定をする必要があるのかと疑問に思ったが、seesaa blogではファイルをアップロードすると[up]というサブドメインにアップロードされるのだ。

http://ryouchi.up.seesaa.net/ から、http://ryouchi.seesaa.net/index.rdf にアクセスすることになるため異なるドメインと認識されているよーである(うーむ、面倒)。

なので、下記にアクセスする際は、
実行するには、Internet Explorerのインターネットオプションのセキュリティタブを開き、「レベルのカスタマイズ」を押し、「その他」の項目内の「ドメイン間でのデータソースのアクセス」を「有効」

にしてみてください。



殆ど、 たのしいXML: XML/XHTML入門ページ のサンプルそのままだが、なんとか動いた。

XSLで「ULタグを使って整形」「TABLEタグを使って整形」「content:encodeを無理矢理表示」などをして遊んでみた。
content:encodeを無理矢理表示するってのは、RSSファイル内のCDATAを直接持ってきたりしているのだが、XMLファイルのデータにCDATAの終了タグが書かれていたらどーなるんだろう? 認識してくれなさそうな気がするのだが、怖くて実行できない。

まあ、かなり勉強しないと理解できないことはわかった。難しいのぅ・・・
seesaa blogのアップロードのフォルダ用のURLがblogのURLとは別ってのは面倒じゃよ。

ただ、なんだかいろいろ遊べそうな予感がすることがわかった。
これから勉強してみるづら。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: