2006年01月10日

奥田英朗:「サウス・バウンド」 このエントリーをはてなブックマークに追加

サウス・バウンド
サウス・バウンド
posted with amazlet on 06.01.10
奥田 英朗
角川書店 (2005/06/30)
売り上げランキング: 1,302
おすすめ度の平均: 4.57
5 やっぱりすごい人だ……。
4 無駄な正義感をお持ちの方へ
5 奥田の筋の通し方


りょーち的おすすめ度:お薦め度

こんにちは。ネーネーズの古謝美佐子です(激しく嘘です)。

前回感想を書いた藤崎慎吾の「ハイドゥナン」に続き、またもや沖縄が舞台のお話し。「ハイドゥナン」が沖縄の神秘的な「陰」の部分を表現していたのに対し「サウス・バウンド」は沖縄の「陽」の部分をみせてくれる。どちらにも沖縄の古い歴史について書かれたページがあり、沖縄に行ったことのないりょーちとしては非常に興味深い。この寒い季節、沖縄が舞台の小説を読むことでちょっと暖かい気持ちに・・・(ならないか?)
2004年に「空中ブランコ」で直木賞受賞後の第一作ということで奥田英朗も気合が入っていると思われる。岐阜県出身の奥田英朗にとって沖縄という地は興味深く映ったのではなかろうか? ご存知の通り岐阜県は周囲を別の県に囲まれ海がない。少年時代に海のない土地で過ごしたと思われる奥田英朗が何故こんなに巧みに少年の視線から見た沖縄を表現できるのか?全く以ってスバラシイ。

上原二郎は中野付近に住むフツーの小学生。年頃の小学生を惹きつけて止まないアイテムが沢山あり、プチ秋葉原とでも呼べるほどのカルトなもので溢れかえっている中野ブロードウェイが二郎の遊び場だ。そんな都会的な小学生の二郎の家族はなんとも複雑である。
父の一郎は自称フリーライターだが元過激派のリーダ的存在。この父、一郎は小説の中で存在する分にはよいが自分の周りにいるとちょっと困るかなと思われる特異なキャラ。体制に与することなく生き、二郎には「学校なんぞ行かずともよい」と命令する始末。母のさくらは実は逮捕歴があることが判明。姉の洋子は職場の上司と不倫中。小学四年生の妹の桃子のみが唯一一般的な観点から「まとも」と呼べるだろう。

この小説、何がスバラシイかと言えば二郎のキャラクターであろう。一見、風変わりな父一郎のキャラに目がどうしても向いてしまうが、普通であることを表現するのは意外と難しい。二郎はどこにでもいる小学生なのだが、この二郎が中学生の不良のカツに立ち向かう様子や、いやいやカツの仲間になっている同級生の黒木との男と男の会話など、この年代の少年が一度は立ち向かうと思われる壁を乗り越える描写がスバラシイ。

物語後半には、二郎親子は沖縄に移住することになる。前半部分の父、一郎はどちらかと言えば「口先だけで行動が伴っていない」ような印象だったが、後半の一郎の活躍はなかなかである。そしてその母さくらもこの夫にしてこの妻ありといった胆の座った一面を見せる。

はじめに読んだときは「前半部分の東京の話しがかなり良く、後半部分はなくてもよかったのじゃないかな?」と思ったりしたのだが、2回目に読んだときには、この後半が家族の絆を一層深めるよいエピソードだったのかな?と思ってきた。

後半の二郎が中野で気になっていた女の子のサッサに書いた手紙や、沖縄の学校で「アカハチ物語」を朗読するシーンは二郎の成長を垣間見た気がしてホロリとさせられます。
そういえば、琉球の地からパイパティローマにむかったさくらと一郎のシーンは藤崎慎吾のハイドゥナンのエンディングに重なるよーな気がするね。
ちょっと気分が滅入ったときに読むと元気になれる一冊であろう。

posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(10) | 読書感想文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


奥田英朗『サウスバウンド』☆☆☆☆☆
Excerpt: なんで『サウスバウンド』なんてこの小説の面白さが伝わらないタイトルにしたのだろう。『イン・ザ・プール』を意識したのだろうか。まあタイトルなんて編集者が勝手につけたのだろうから気にしてもしょうがないか。..
Weblog: 40歳からのクローン病
Tracked: 2006-01-10 17:33

奥田英朗『サウスバウンド』●○
Excerpt:  2005.6.30初版。二部構成の第1部は初出「KADOKAWAミステリ」01...
Weblog: 駄犬堂書店 : Weblog
Tracked: 2006-01-11 00:27

奥田英朗「サウスバウンド」(角川書店)
Excerpt:  奥田英朗「サウスバウンド」(角川書店)を読了。  いろいろなタイプの小説を書く小説家だ。ハードボイルドな「邪魔」「最悪」、サラリーマン小説「マドンナ」、なんだか正体不明な「ウランバーナの森」。そし..
Weblog: 本の虫
Tracked: 2006-01-14 00:29

『サウスバウンド』 奥田英朗  (角川書店)
Excerpt: サウス・バウンド奥田 英朗 / 角川書店(2005/06/30)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:想像以上に魅力的だった、元過激派の父。無駄な正義感をお持ちの方へ奥田氏は意図はどこに?..
Weblog: 活字中毒日記!
Tracked: 2006-01-17 21:51

サウス・バウンド
Excerpt: サウス・バウンド 奥田 英朗 角川書店 2005-06-30 売り上げランキング : 1,302 おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ..
Weblog: Book Review’S ??本は成長の糧??
Tracked: 2006-01-22 00:13

奥田英朗を読み解く その3
Excerpt: 奥田英朗の自伝的小説『東京物語』は、1989年の11月10日の「バチェラー・パーティー」で終わっている。主人公は30歳になろうとしていたが、「現在の仕事の充実と収入増を考えつつも、どこか仮の姿という意..
Weblog: 音次郎の夏炉冬扇
Tracked: 2006-02-13 05:14

奥田英朗【サウスバウンド】
Excerpt: 12月28日に読み始めて、1月9日に読了。 ぱんどらさん、読み終わるのに10日以上かかってんじゃないかよー。 あ……いえ、28日に少し読んで、しばらく放置したまま他の本を読んで..
Weblog: ぱんどら日記
Tracked: 2006-03-29 15:00

面白い本は?
Excerpt: 電車通勤になって、かなり小説、それも新刊の単行本を読むようになりました。 以前はなかったことですが、知らない作者の本を初めて本屋で手に取って選ぶこともあります。 最近読んだ小説で面白かった..
Weblog: 3度目の会社設立blog
Tracked: 2006-08-25 06:45

奥田英郎『サウス・バウンド』
Excerpt: 父親は伝説の元過激派、母親も若き日の通称ジャンヌ・ダルクという主人公の二郎は小学6年生。設定の面白さもあるが、この作者の日常の事柄の表現のリアルさがこの作品でも十二分に楽しめる。青春小説としても出色の..
Weblog: 日々のことわり
Tracked: 2006-11-14 22:29

『サウスバウンド』 奥田英朗
Excerpt: 『サウスバウンド』 著:奥田英朗小学校6年生になった僕の名前は二郎。長男なのに二郎で、父の名前は一郎。誰が聞いても「変わってる」と言う。父が会社員だったことはない。物心ついた時から、たいてい家にいる。..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2008-07-19 09:38