2009年03月02日

篠田節子:「仮想儀礼」 このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想儀礼〈上〉
仮想儀礼〈上〉
posted with amazlet at 09.03.02
篠田 節子
新潮社
売り上げランキング: 1608

仮想儀礼〈下〉
仮想儀礼〈下〉
posted with amazlet at 09.03.02
篠田 節子
新潮社
売り上げランキング: 1793

りょーち的おすすめ度:お薦め度

篠田節子さんはりょーちの中ではあまりよく知らない作家さんなのだが、本屋でこの「仮想儀礼」の装丁を見てなぜか買ってしまったのだ。

新興宗教を題材にした小説は結構ある。読んだことのある本では新堂冬樹「カリスマ」、井上夢人「ダレカガナカニイル・・・」、大槻ケンヂ「新興宗教オモイデ教」など、気づいたら結構読んでるな。どの小説にも共通するのはハッピーエンドを迎えるようなストーリーではない。最初に言っちゃうけど本書「仮想儀礼」もその例に漏れずバッドエンドストーリーだな。

上巻・下巻の2冊というかなりのボリュームだ。
上巻では小説家を夢見る平凡な役所職員の鈴木正彦とホームレス風の男矢口がちょっとした儲けのために聖泉真法会という新興宗教を立ち上げる。正彦が作った売れない小説から適当にとってつけた教義と簡単なホームページから聖泉真法会がはじまった。
脱サラ感覚で立ち上げた宗教という名の事業は思いのほか好評で信者がどんどん集まってくる。上巻ではある企業経営者教団が大きくなっていく過程が書かれている。

しかし、下巻になるとガラリと雰囲気が変わる。別の教団との争いや週刊誌の記事などにより弾圧を受け始める。元々新興宗教なんて怪しいわけで、世間からカルト教団の烙印を押された聖泉真法会は信者がどんどん逃げていき、その規模もかなり縮小される。
更に自分に尊敬の念を抱いていたはずの女性信者達が「もう教祖なんてどうでもいい」といった感じで暴走しはじめる。次第に正彦の手を離れ始めた聖泉真法会はどこへ行くのか?

本書の読みどころは、やはり下巻に入ってからかな。信者が壊れていく様を最も冷静に見ている似非教祖の桐生慧海がどう決着をつけていくのか。本書を読むと千石イエスとその周辺の信者の関係はきっとこんな感じだったんだろうなぁとわかった気になるな。

教祖が法律系に強いってことが本書のいろんな場面で複線となってたりするため、教祖の前職が都庁の総務局総務部といったお役所エリート公務員って設定はなかなかよかったのではなかろうか。また「普通の人がある日教祖に」という面からも公務員からの転進ってのはよろしいな。

エグさでいけば勿論新堂冬樹のカリスマを超えることはないのだが、リアリティでは篠田節子に軍配が上がりそう。
それにしても宗教ってやっぱ怖いな。今世界で起こっている戦争は宗教的な理由による紛争も多々ある。人間の幸せのために人を超えるモノを崇拝した結果が戦争に繋がっているんだとしたら宗教なんて不要じゃないっすか?人を超える神のよーなものがもしいたとしても、神の言葉をホントに人は解釈できるんっすかねぇ?
「死んだら終わり。死ぬまではがんばる」ってのがシンプルでよいんじゃないの?

■他の方々のご意見


posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書感想文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


仮想儀礼(下)<篠田節子>−(本:2009年)−
Excerpt: 仮想儀礼〈下〉クチコミを見る # 出版社: 新潮社 (2008/12) # ISBN-10: 4103133627 評価:90点 凄い。 上巻で膨れ上がった新興宗教が、ひとつのス..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2009-09-21 00:39

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。