2004年11月27日

貫井徳郎:「転生」 このエントリーをはてなブックマークに追加

転生 (幻冬舎文庫)
転生 (幻冬舎文庫)
posted with amazlet at 12.09.01
貫井 徳郎
幻冬舎
売り上げランキング: 283805


りょーち的おすすめ度:

このところ忙しくてBlogに手が回らなかったなー、と言いながらも、本だけは通勤時間に読むことができる。ってことで貫井徳郎の「転生」について。
転生ってのは生まれ変わるって言うことですよね。生まれ変わりを信じるかどうかは別として、世界中にいろいろな転生の話はある。本書の転生ってのはそういった宗教的な話ではない。どちらかと言えば医学ミステリーの部類に入るのかな?(いや、ラブストーリーかも)臓器移植については技術的な問題と倫理的な問題があると思う。本書の「転生」では、技術的な面を軸に倫理面を問いかける構成になっている。

心臓移植に成功した、主人公の和泉は移植後の経過も良好。身体的には何も問題なく過ごせるようになった。本来移植者にはドナーの情報は知らされないことになっているが、やはり和泉にはドナーの存在が気に掛かる。心臓移植をおこなったということはドナーは既に他界しているためにあうことが出来ないのであるが、どうしても誰なのかを知りたがる。更に術後に恵理子という見知らぬ女性が夢に出てくるようになった。
和泉は何時しか夢に出てくる恵理子に心を引かれる。更に手術前とは全く異なる知識や感性、考え方をするようになった。例えば聞いたこともない曲の作曲家と曲名がわかるようになったり、不思議なほど上手に絵が描けるようになった。
和泉は何時しか自分の心臓の以前の持ち主が絵や音楽に長けていたと考えるようになる。新聞記事などを頼りに、調べた結果、恵理子ではなく、橋本奈央子という女性の存在を知る。しかし、橋本奈央子の遺族に会い、奈央子の写真を見ると夢に登場する人物とは全く違っていた。
腑に落ちない和泉だったが、またもや夢に恵理子が登場した。その夢ではある小さな美術館を訪れていた。その美術館の話しを美大に通う友人の如月に話したところ、どうやら世田谷美術館であろうことが判明する。後日如月と一緒に世田谷美術館に出かけた和泉はその個展の芳名帳に恵理子の名前を見つける。果たして恵理子は生きていた。
ではこの心臓は誰のものなのか? 芳名帳の住所を頼りに恵理子の家をたずねたところ、正に夢に登場する恵理子がそこにいた。ではこの心臓は誰のものなのか?

移植した臓器の記憶を人は受け取るものなのかという謎と、恵理子にあってから更に深まる心臓の持ち主の謎、心臓の持ち主を探すうちに更に生じる新たな謎。これらが非常に上手く絡み合って物語の結末へと結びつく過程は非常に読み応えがある。

フリーライターの紙谷、日本屈指のベストセラー作家の母、どこか憎めない和泉の友人の如月。隣に住む耳の聞こえない小学生だが知能は既に大学生レベルでもある雅明くんなど脇を固める登場人物も非常に魅力的だ。特に如月などは非常に好感を持てる。

本書を読んで実際の臓器移植はどのように行われるのか、非常に興味を持った。
ドナーの選定は血液型以外にHLA抗原などの一致が必要らしいが、実際に手術を行うには莫大なお金が掛かる。現在の臓器移植の問題に触れる定言的な小説だったと思う。
ミステリーを前面に出さずにストーリーで読ませるような小説だけどキチンとミステリーになっている。やっぱり貫井さんはいいっす。

人気blogランキングに参加中です。読み終わった際は、えいっと一押し → 人気blogランキングへ
posted by りょーち | Comment(8) | TrackBack(7) | 読書感想文
この記事へのコメント
こんにちは。
「転生」面白そうですね。早速注文してしまいました(^^;)

ところで、雫井氏の「火の粉」ですが、本当に怖い話でした。人は誰しもそういうところ持ってるんですよ。って読後感です。
怖くもあり、哀しくもある… です。
機会があったら読んでみてください。
明日同僚から、貫井氏の「慟哭」を借りることになっています。そして「転生」を読み終わったら、雫井氏の、ドーピング問題を題材にした小説があるそうなので、それを読もうと思っています。
Posted by pikako at 2004年11月27日 15:32
トラックバックありがとうございました。
貫井さんの「転生」読んで臓器移植を題材にした本を
続けて読みました。
初野晴さんの「水の時計」もよかったですよ。
また よろしくお願いします。
Posted by やん at 2004年11月29日 18:38
pikakoさん、こんにちは。りょーち@管理人です。

雫井さんの「火の粉」、ちょっと興味わきました。図書館にあるかなー・・・・
貫井さんの「慟哭」は賛否両論分かれると思いますが、きっと楽しめると思います。

積読状態をなんとかしつつ、読み始めまーす。
ではでは。
Posted by りょーち at 2004年11月30日 00:36
やんさん、こんにちは。りょーちと申します。

やんさんのページでも、
>書きたいけど あんまり書くとネタばれになるから書けないけど。。。
とご指摘されているように、あまり書きすぎるとネタばれになるので注意しなくてはいけませんねー。
特に推理小説の場合は要注意ですね(^^;
やんさんのページに書かれていた梶尾真治さんの本ではりょーちが読んだのは「サラマンダー殲滅」ですね。これは結構面白かったです。
「黄泉がえり」とは違ってかなりディープなSFになっています。もしご興味あればご一読を。

ではでは。
Posted by りょーち at 2004年11月30日 00:50
りょーち様

トラックバックありがとうございました。
・・・なのですが、間違えてトラックバックを削除してしまいました。
もしよかったら、もう一度トラックバックしてもらえると嬉しいです。

貫井徳郎さん、私もすごく好きです。
伊坂幸太郎さんも好きなので、読書感想文にオーデュボンが書いてあって、喜んでしまいました。
また、ちょくちょくのぞかせてもらいますね。

それと、転生のトラックバックを間違って慟哭にしてしまいました。
削除してもらえると助かります。
度重なる間違い、失礼しました。
Posted by pira at 2004年11月30日 12:54
piraさんこんにちは。りょーちと申します。

トラックバックさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

貫井さん、やっぱりいいですねー。
貫井徳郎症候群も購入したのですが、奥が深かったです。購入してよかったですよー。
piraさんのページにもまた、ちょくちょく覗きに伺います。
ではでは。
Posted by りょーち at 2004年11月30日 19:21
こんばんわ!
後半は非情におもしろい展開でするするとページがめくれました。
考えさせられるいい作品です☆
Posted by ザ・ワールド at 2006年01月20日 02:41
ザ・ワールドさん、こんにちは。りょーちと申します。
コメントいただきありがとうございます。

ミステリーっぽくないようなお話しですが、キチンとミステリーとして仕上げられている上手い作品ですよねー。

移植した臓器の記憶を人は受け取るものなのかという不可思議な命題に迫っていく過程がなんとも興味深くて読み応えのある一冊でした。

ではでは。
Posted by りょーち at 2006年01月20日 09:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


転生(貫井徳郎)
Excerpt: 重い心臓病を患っていた大学生の和泉。彼は心臓移植手術が成功して元気な体になった...
Weblog: のほ本♪
Tracked: 2004-11-27 08:28

転生(貫井徳郎)
Excerpt: 心臓移植をした青年が、手術直後から食べ物の趣味がかわったり、全然興味のなかったクラッシックの曲名がわかったり、突然絵がうまくなったりと考えられないことが起こる。 これは、ドナーの記憶も一緒に移植され..
Weblog: サンクチュアリ
Tracked: 2004-11-30 12:45

貫井徳郎
Excerpt: Counter: 0, today: 0, yesterday: 0 貫井徳郎 † 名前:貫井徳郎(ぬくいとくろう) 【blogmap】 生年月日:1968年2月25日 出身地:..
Weblog: PukiWiki/TrackBack 0.1
Tracked: 2005-01-05 11:50

転生(穂高)
Excerpt:  主人公である臓器移植者の身に起きた不思議な体験の謎を「追っていく」この話は、貫井徳郎氏の持ち味である巧妙な伏線、キャラの設定・配置の妙味が垣間見られなかった気がします。同じようなミステリ色希薄な作品..
Weblog: 読書尚友〜Reading is food for the mind.〜
Tracked: 2005-03-18 22:22

(書評)転生
Excerpt: 著者:貫井徳郎 心臓移植を受けた大学生・和泉は、その手術の後、自らの趣味や嗜好が
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2005-08-23 23:25

読み終えたのが惜しいほど
Excerpt: 貫井徳郎氏『転生』。 出だしは島田荘司氏『異邦の騎士』と同音異曲のミステリーかと思いきや、心臓移植を受けたレシピエント・和泉が夢に見る見知らぬ脇田恵梨子とそれまでなかった音楽や絵の才能を身につけたり..
Weblog: ゲームと本と酒の日々
Tracked: 2005-08-31 04:11

転生 〜貫井徳郎〜
Excerpt: 貫井徳郎さんの転生 じっくり時間をかけて読みました 時間をかけたといってもほとんど前半がなかなか進まなかったのです 最初は貫井さんの文になかなか馴染めなくてダイブ時間がかかりまして 初めて読む作家さん..
Weblog: 時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド
Tracked: 2006-01-20 02:43