2009年01月28日

朝日新聞銃撃事件犯人島村征憲が週刊新潮で犯行告白 このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊新潮|新潮社であの朝日新聞襲撃事件の犯人が犯行を告白ってホントですか?
えーっと、もう時効なんだっけ?と思い事件の要約を調べてみたら週刊新潮のページにこんな感じでまとめられていた。
1987年1月、朝日新聞本社に銃弾が撃ち込まれた。
5月には「阪神支局」に男が侵入。散弾銃を発射し、29歳の小尻記者が死亡、1人が重傷を負う惨事となった。「赤報隊」が犯行声明を出したが、事件は迷宮入りする。謎の凶行から20年余、実行犯が「驚愕の全貌」を明かす。
マジですかー。一般的には赤報隊事件 - Wikipediaというらしい(知らんかった)。

念のため(?)今回の犯行告白をした島村征憲という名前で検索してみたらこんな記事が引っ掛かった。
<オレオレ詐欺>悪用の口座開設で3容疑者を逮捕 宮城(毎日新聞)
2004年10月15日(金) 20時52分
<オレオレ詐欺>悪用の口座開設で3容疑者を逮捕 宮城(毎日新聞)
 宮城県警捜査2課と仙台中央署は15日までに、おれおれ詐欺に使われると知りながら預金口座を開設したとして、いずれも住所不定、島村征憲(60)、石井健二(30)、枝雄二(41)の3容疑者を詐欺容疑で逮捕した。全国各地を渡り歩きながら、詐欺使用目的で数百に上る口座を開設したとみて調べている。
(毎日新聞) - 10月15日20時52分更新
この島村征憲とは関係ないのかな?
でも珍しい名前だよね。偶然なのかな?
うーむ、週刊新潮買っちゃおうかな。
posted by りょーち | Comment(4) | TrackBack(0) | 自分メモ
この記事へのコメント
新潮読みました。
詐欺犯と同一人物であると書かれて(告白)しています。
その刑で網走で服役し1月に出所したとのこと。
さて内容ですが、1回目は襲撃直前までの告白になっており、犯人しか知りえない情報ばかりとは言い切れません。
金目的の偽証であることも十分に考えられます。新潮社は1年に渡り犯人とやり取りし
裏も取っているとの記述ですが、、、。
踊らされずに連載終了まで静観することが良いでしょう。
次回以降は立ち読みでいきます。
皆さんもそれがいいのでは?
Posted by 通りすがり at 2009年01月29日 12:56
通りすがりさん、こんにちは。りょーち@管理人です。コメントいただきましてありがとうございます。
なんと、新潮を読まれたんですね。そうか、本日1月29日が発売日ですよね。
>犯人しか知りえない情報ばかりとは言い切れません
そーなんですかー。
>次回以降は立ち読みでいきます。
ふむふむ。本日本屋で立ち読みしてみまーす。
情報いただきましてありがとうございました。
ではでは。
Posted by りょーち at 2009年01月29日 15:50
やっぱり犯人捕まってませんでしたか。
ちなみに犯人が海外に逃亡したと思しき場合も、その相手国との捜査協力協定みたいなものがないと、国際手配クラスの犯人でもない限り逮捕もしてもらえませんし、勿論捜査もしてもらえません。
あれだけ証拠が出まくっている世田谷宮沢さん一家惨殺事件もまだ犯人は捕まってませんね。
その世田谷の事件、韓国がらみの証拠が多いのですが、韓国側は捜査への協力をきっぱり断ってきたそうです。
なんででしょうね。
話は戻りますが、この朝日新聞襲撃事件以降、新聞・テレビなどマスコミ各社が統一教会に対する批判報道をぱったりしなくなったそうです。
Posted by 名無し at 2012年05月11日 20:39
この事件と韓国との関係はよくわかっていませんが、犯人つかまってないですよねぇ。
Posted by りょーち at 2012年05月12日 08:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: