2009年01月28日

鈴木光司:「エッジ」 このエントリーをはてなブックマークに追加

エッジ 上
エッジ 上
posted with amazlet at 09.01.27
鈴木 光司
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 4079

エッジ 下
エッジ 下
posted with amazlet at 09.01.27
鈴木 光司
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 2804

りょーち的おすすめ度:お薦め度

すまん。
これはないわ。

SFなのかホラーなのか判別できないまま終了。
えーっと、内容は井上夢人の「ダレカガナカニイル・・・」でOK?

レビューするまでもないのかもしれんが、正直1680円×2=3360円をどうやって取り替えそうか悩むよ。なんで地球の磁場ごときが、宇宙全体を左右するほどの大事になるのか?(因果関係は逆だとは思うが・・・)

しかも主人公のフリーライターの栗山冴子と18年前に失踪した冴子の父親眞一郎がこれほどまでの大きな問題を抱えていたなんて、ちょっとご都合主義も甚だしいと思ったよ。
更に更に「藤村家失踪事件」を調べていた栗山冴子と事件の鍵を握る藤村精二という人物との関係に至っては、「え? 何ですか?」といわずにはいられない。
もうネタバレといわれてもいいのでホントにここですべてを書いて、これは買ってはいけないと叫びたくなるな。
まあ、こういうのが好きな人もいるかもしれないのでと思い直していいところを見つけようとするがちょいと難しいな。円周率のπの値に異変が起こるとかリーマン予想が崩れたとか次々と星が消えていくとかっていう上巻のはじめあたりはまだちょいと幸せだったのだが、考えてみるとここでも理論が破綻している。
数学的に考えれば無理数πの値が収束するよーな状態ってことは空間そのものがおかしいんじゃないのって感じで一般人にしてみれば「それが何か?」っていうくらいのレベルだろう。実際本書の登場人物もそんな感じ方だった。
宇宙の法則が崩れていくことに畏怖の念を抱く科学者たちと一般人のギャップがちょいと激しすぎるな。
ナスカの地上絵とかピラミッドとか空中都市マチュピチュとか過去の不思議な遺跡群についても幾つか言及されている。でも、そーいうのが好きな人は韮澤潤一郎に頼めばたま出版からオカルト本をゲットすることができるのでそちらを読んだほーがいいかも。

物語のラストに至ってはどうも大きく広げに広げすぎた風呂敷をしまい切れなくて風呂敷ごとゴミ箱に捨てたよーな終わり方にしか思えなかった。

鈴木光司の出世作といえば「リング」「らせん」「ループ」あたりかと思う。確かにこのあたりは読んでいてかなり楽しめた。「バースディ」はりょーちの中では不要だったのだが、本屋で鈴木光司のエッジが平積みされているのを発見し、「リングは昔楽しませてもらったし、ちょいと買ってみようかな」と思い大枚叩いて買ったら裏切られた感じだ。

amazonのレビューとか見てもやっぱりがっかりしている人が多い感じ。
今後鈴木光司の本を購入する際は慎重に行動しておこう。
なお、あくまでも一読者の意見なので(ないとは思うが)仮に鈴木光司さんがこのページを偶然にも見てしまったとき用にメッセージを書いておこう。
鈴木光司さんへのメッセージ
あくまでも一読者の意見なので、あまり気にしないでください。
(幸いにもこのページのアクセス数はそんなに多くないので気にしなくてもよいと思います)
それでは。
こんなのでいいかな?


posted by りょーち | Comment(4) | TrackBack(2) | 読書感想文
この記事へのコメント
下巻の1/3ぐらいまでの話をどのように決着つけるのか、りんぐのようなどんでん返しはあるのか期待してましたが・・・・。
稚拙なオカルト知識を今頃出されては一読者としても困ってしまいます。
巻末の参考文献をもっとじっくり参考してくだい!鈴木先生!。
Posted by まったその通り at 2009年02月05日 02:44
まったくその通りさん、こんにちは。
りょーち@管理人です。
コメントいただきましてありがとうございます。

巻末の参考文献を見てみようと思ったのですが、先週末にブックオフに売ってしまいもう手元にありませんでした(^^;

おいしそうな素材を沢山準備したのに肝心の料理人の腕が素材を活かしきれなかったという典型的な作品のような気もします。

amazonのレビューを見てみますとこんな感じです。
上巻
★★★★★ (2)
★★★★  (0)
★★★   (3)
★★    (1)
★     (1)
下巻
★★★★★ (0)
★★★★  (0)
★★★   (0)
★★    (1)
★     (1)

と、やはり尻すぼみ感が拭えない感じですねー。

うーむ、次に期待でしょうか?
ではでは。
Posted by りょーち at 2009年02月05日 09:30
>宇宙の法則が崩れていくことに畏怖の念を抱く科学者たちと一般人のギャップがちょいと激しすぎるな。

貴方が一般人ということ。まさにそのギャップを的確に書き表しいる。
この本は科学書を忠実に物語したようなもの。
いわいる神の視点である。
ソウゾウ力のない一般人には到底ソウゾウできないこと。
だから理解できない。
Posted by at 2011年12月03日 10:29
りょーち@管理人です。
>貴方が一般人ということ。まさにそのギャップを的確に書き表しいる。
>この本は科学書を忠実に物語したようなもの。
>いわいる神の視点である。
>ソウゾウ力のない一般人には到底ソウゾウできないこと。
>だから理解できない。
嫌味でも何でもなく、ホントにそーなのかもしれません。
Posted by りょーち at 2011年12月03日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


鈴木光司(著)「エッジ」★★
Excerpt: 「リング」の鈴木光司が描く、      量子力学黙示録 エッジ(上) エッジ(下)■内 容 神隠しにあったように人々が失踪する事件が、国内外で立て続けに起きる。 18年前に失踪した父への思いを引きずる..
Weblog: 子育ちパパBook・Trek
Tracked: 2009-03-30 21:10

読書日記389:エッジ by鈴木光司
Excerpt: タイトル:エッジ 作者:鈴木光司 出版元:角川書店 その他: あらすじ---------------------------------------------- 人が消えてゆくー長野、新潟、..
Weblog: 書評:まねき猫の読書日記
Tracked: 2012-12-22 16:32

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。