2008年12月18日

過去の円の市場最高値 このエントリーをはてなブックマークに追加

円高のよーであるが、今までの円の市場最高値は幾らくらいなんだろうと思って調べてみた。
円の市場最高値は1995年4月19日で、1ドル=79円75銭というのが今までの最高値のよーである。
円相場 - Wikipedia によると、1980年あたりは1ドル250円付近まで円安が続いたようだ。
単純に考えると円の価値が3倍も違うってことがここ30年の間に起こっているんだねぇ。

1995年、なぜ円高だったのですか? - 教えて!goo に記載されている内容を見ると、1995年の円高は
当時、日本はかなりの低金利で、ゼロ金利時代と言われてました。金利が低いということは、預金金利も低かったわけですが、ローンの金利も低かったということです。つまり、金利の低い日本でお金を借りて、金利の高い海外の銀行でそのお金を運営することで利益を上げていました。その関係で円が買われ、円高が続いていたわけです。
自動車・家電など輸出が強く、円高にしないと国際競争力の面で一人勝ちをしてしまうために円高になったのです。1990年初から東京市場の株価が暴落し、バブル景気に陰りが見え始めた。海外投資や輸入が収縮する一方で輸出は依然強く、円高が進行した。1994年にはじめて1ドル=100円の大台を突破し、1995年春には瞬間1ドル=80円割れの史上最高値を記録した。
と説明されている。

今の日本を取り巻く円高は上記のケースとは全く異なるよーな気がするねぇ。
そのうち、1ドル70円時代が来るのかな?


posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。