2005年12月27日

薬丸岳:「天使のナイフ」 このエントリーをはてなブックマークに追加

天使のナイフ
天使のナイフ
posted with amazlet on 05.12.27
薬丸 岳
講談社 (2005/08)
売り上げランキング: 706
おすすめ度の平均: 4.43
4 じっくり読ませる佳作!
5 最高峰
5 審査員が5人とも絶賛


りょーち的おすすめ度:お薦め度

こんにちは、ファイアー浦辺こと浦辺 粂子です。(嘘です)(ネタ的に危険か?)

第51回江戸川乱歩賞受賞ということなので、ミステリー小説として読み始めたのだが、本書はどちらかといえば社会派小説といった印象を受けた。しかし終盤にキチンとミステリーとなっていることが伺える良質の作品である。
社会派小説のようなミステリーの増加の原因のひとつに現代社会の異常性が挙げられる。要するに現実と虚構が限りなく近づいていてフィクションを超えたノンフィクション(メタフィクションとでも言うのだろうか?)が急増しているのだ。
ミステリー作家としては非常に大変な時代である。いくら不思議で斬新なミステリー小説を書いても、読者は現実の事件や事故の方に畏怖の念を抱き、小説の方は「ああ、あの事件をモデルにした小説ね」とともすれば揶揄されてしまうのだが、本書はそのあたりを登場人物の関係性を以って保管しているよーである。

この小説について言及する際に「少年法」という法律を避けて通ることはできない。「刑法41条によると14歳に満たないものの行為は罰しない」というものらしい。少年少女が狙われる事件が最近多い中、少年少女自身が加害者であるケースもあるのだ。そして一般市民は誰が加害者だったかを窺い知ることはできないような社会の仕組みになっている。遺族にしてみれば加害者の年齢により法の裁きに変化が生じることに納得できないであろう。

桧山貴志は留守中に何者かにより、愛する妻の祥子の命を奪われた。失意の中、祥子の葬儀が行われる。まだ生まれたばかりの愛美が泣きじゃくる中、愛美をあやしてくれた見たこともない若い女性がいた。彼女は早川みゆきという祥子の中学時代からの友人らしかった。
その後、事件を調査していた埼玉県警の三枝より3人の少年を補導したと聞いた。彼らは遊ぶ金欲しさに桧山の留守中に妻の祥子を殺害したという経緯を現実感を伴わず聞いた。
「逮捕ではなく補導です」

一瞬三枝の言葉を理解できなかった桧山はその意味を知り憤りを隠せなかった。彼らは13歳という年齢のため、刑務所にも入らず、捜査本部も解散してしまうとのことである。納得できるわけがない。彼らは少年院で適当に日々を過ごし誰にも知られずに社会に復帰する。そういう社会システムなのだ。

祥子の死から4年の歳月が経過した。娘の愛美も大きくなり、今はみゆきの勤める保育園に通っている。貴志は喫茶店の店長として店を切り盛りしており見かけ上平和な日々が流れているように思えた。そんな中、埼玉県警の三枝が突然店にやってきた。三枝は「沢村和也が殺された」と告げた。沢村和也とは祥子殺害の加害者の少年の中の1名である。三枝は桧山が彼ら3名の実名を知っていることを知っていた。
通常、少年法により加害者の名前を開示することはできないのだが、被害者の遺族にはその情報を一部開示している。事件後に桧山は三人の身元を照会していたのだ。
そして事件当時アリバイのない桧山に嫌疑の目が向けられていた。
桧山は事件の真相を知るために独自調査を開始した。そしてそこで彼の知った真相とは・・・

ホントに「よく出来ている小説」である。途中までミステリーっぽくない調子で進んでいくのだが小説内の小さな挿話の殆どが終盤に差し掛かり一気に繋がっていく。
祥子とみゆきの関係。弁護士の相沢。取材を続ける記者の貫井。何故、祥子は死ななければならなかったのか。これらが本当に生き物のように合わせられ「天使のナイフ」というひとつのタペストリーが紡ぎだされたのである。読んでいて気持ちのよいミステリーである。
冒頭にも記載したが本書の一連の事件は 「少年法により情報が公開されない」 ことにより生じたことのように感じる。少年というのは本来弱いものなので守るべきだという側面も分からないでもないが「被害者の方が弱いじゃん」と思ってしまう。

疑問点を挙げるとすれば「天使のナイフ」というタイトルでよかったのだろうか? ここでいうナイフが作中のあるシーンに登場するあの「ナイフ」だとすればそれを「天使の」と修飾することに違和感を感じてしまうのはりょーちだけ?

TechnoratiTag:///
BLOG360|天使のナイフ
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(11) | 読書感想文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


天使のナイフ(薬丸岳)
Excerpt: 妻を殺したのは13歳の中学生3人だった。桧山は、彼らを殺したいほど憎んだ。やが...
Weblog: のほ本♪
Tracked: 2005-12-27 19:19

天使のナイフ 薬丸岳
Excerpt: 天使のナイフ オススメ! 桧山は、4歳の愛実と2人暮らし。 妻の祥子は4年前、13歳の少年3人に殺害された。 少年達は14歳未満だったため、逮捕ではなく補導。 そして、未成年のため、彼ら..
Weblog: 苗坊の読書日記
Tracked: 2005-12-27 22:18

「天使のナイフ」薬丸岳
Excerpt: 第51回江戸川乱歩賞受賞作。 生後五ヵ月の娘の前で惨殺された妻・祥子。 悲嘆に暮れる夫の桧山貴志。 そして三人組の犯人はいずれも十三歳の少年だった。 「国家が罰を与えないな??
Weblog: 本と映画と気まぐれに☆
Tracked: 2005-12-27 22:28

『天使のナイフ』 けなすのが難しいハイレベルの作品
Excerpt: 著者:薬丸岳  書名:天使のナイフ 発行:講談社 綿密度:★★★★☆ 第51回江戸川乱歩賞受賞作。著者は脚本家。 4年前妻を殺したのは3人の中学生だった。桧山は少年法に守られた彼らを..
Weblog: 粗製♪濫読
Tracked: 2005-12-28 12:31

薬丸岳 『天使のナイフ』最近の 江戸川乱歩賞にはなかったひさびさの傑作だ
Excerpt: 刑事罰の対象にならない少年たちに妻を惨殺された桧山貴志。「殺してやりたい」と思わず憎しみの叫びをあげる。殺人者に対する怨みを晴らすすべがない、少年法の保護主義に対するやりばのない怒りが読者の共感を誘..
Weblog: 日記風雑読書きなぐり
Tracked: 2005-12-29 09:23

あまりにも悲しい物語「天使のナイフ」
Excerpt: 天使のナイフ 薬丸 岳 注)購入を検討の方は画像をクリックしてください。 この物語は、少年法をテーマにして書かれており、被害者の無念さの、少年の真の更正とは何かを問うた第51回江戸川乱歩..
Weblog: シネマつれづれ日記
Tracked: 2006-01-04 13:10

◆ 天使のナイフ 薬丸岳
Excerpt: 天使のナイフ薬丸 岳 講談社 2005-08by G-Tools 少年犯罪をテーマにした、社会派推理小説。オススメ! 主人公の桧山は4年前、妻の祥子を殺されました。犯人は13歳の少年でした。..
Weblog: IN MY BOOK by ゆうき
Tracked: 2006-02-07 13:09

(書評)天使のナイフ
Excerpt: 著者:薬丸岳 父娘2人で暮らす桧山が店長を勤めるコーヒーショップにやってきた刑事
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2006-04-04 22:45

天使のナイフ 薬丸岳
Excerpt: 天使のナイフ ■やぎっちょ評価コメント なんだか最近、読める。どんどん読める。というわけでこの本も1日で読めました。読みやすかったということもあるかな。 少年法を扱っているし何度も出てくるので、..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2006-05-23 19:42

読書感想「天使のナイフ」
Excerpt: 読書感想「天使のナイフ」 天使のナイフ 【評価】★★★★
Weblog: 三匹の迷える羊たち
Tracked: 2006-06-14 16:38

薬丸岳 〜 天使のナイフ
Excerpt: 薬丸 岳 『天使のナイフ』 第51回江戸川乱歩賞受賞作品、薬丸岳さんのデビュー作です。  犯罪の被害者と加害者、双方の立場から、少年法をテーマに「厚生とは」「贖罪とは...
Weblog: 徒然
Tracked: 2007-10-22 15:48