2015年07月10日

Twitterでブロックしたアカウントを共有できるようになった このエントリーをはてなブックマークに追加

ってことで、簡単にその方法を紹介しましょう。
いまのところPCでしか操作できないと思います。スマホではこの操作はできないようですなー。

1. Twitterで自分がブロックしたアカウントを確認しましょう。
https://twitter.com/settings/blocked

2. 右上の「高度なオプション」から「リストをエクスポート」を選択します。
blocklist1.png

3. エクスポートしたいアカウントを確認するとき「すべてのブロック済みアカウントを含む」を選びます。個別にアカウントを選択することもできます。
blocklist2.png


4.「エクスポート」ボタンを押せばCSVファイルが生成されます。
blocklist3.png

このCSVファイルを開くと1行に7〜10桁の数字の羅列となっていますが、この数字がTwitterのアカウントに相当するようです。

このCSVファイルを他の人と共有すればよいわけですな。
ためしにインポートしてみましょう。

1. https://twitter.com/settings/blocked
から右上の「高度なオプション」から「リストをインポート」を選択します。
blocklist4.png

2. 「アップロードするファイルを添付」をおし、CSVファイルを選び、プレビューボタンを押します。

3. ブロックしたいアカウントを選びます。ブロックします。
blocklist5.png

簡単ですね。
blocklist6.png


そのうちスパムアカウント共有サイトとかでてきそうですなー。

あと、ミュートしているアカウントは
https://twitter.com/settings/muted
で確認できるようだが、こちらはエクスポートはできないようですな。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ