2013年05月01日

Google Readerの代わりにCommaFeedかThe Old Readerのどちらかにしてみる このエントリーをはてなブックマークに追加

Official Google Reader Blog: Powering Down Google Readerでも書かれているが2013年7月1日でGoogle リーダーが終了してしまいます。
RSS Reader難民になった人々はfeedlyに以降しはじめていると思われる。
で、MOONGIFTさんが、先日、Googleリーダーからこっちへ。シンプルで使い勝手の良さそうなフィードリーダー「CommaFeed」という記事でCommaFeedを紹介していたので使ってみた。

好みもあるかもしれんが、なんとなくCommaFeedの方がしっくりきた。どちらもGoogle Readerの購読フィードを取りこめるので移行そのものは簡単だが見た目がかなりシンプルな点がCommaFeedのよさそうなところである。Athou/commafeed ・ GitHubでオープンソースとして公開されているとので自分で環境を作って使ったりできるのかもしれんな。
キーボードのショートカットは以下の通り
k, space : open next entry
j, shift+space : open previous entry
o, enter : open/close current entry
v : open current entry in a new window
mouse middleclick : open entry in new tab and mark as read
そのうち追加されるのかもしれんな。

Digg Will Debut RSS Reader in June  For a Fee - SocialTimesにも書かれているが6月頃にDiggがRSS Readerを出すかもしれんが、他に試すなら10 Replacements for Google Reader - SocialTimesの中から試してみるのはどうかな?
この中で紹介されているThe Old Readerもなかなかよい。
Google Readerから直接移行するのではなくOPMLを登録するようだ。
Google ReaderからOPMLの書き出しは以下の手順でOK。
  1. Google リーダーの「リーダーの設定」から「インポート/エクスポート」を選んで「情報をエクスポート」の下のDownload your data through Takeoutを押す。
  2. 次の画面の「アーカイブを作成」ボタンを押す
  3. アーカイブ作成後「ダウンロード」する
  4. ダウンロードしたzipを解凍する
  5. 解凍後にできたフォルダの中にある「subscriptions.xml」がOPMLファイルとなる
  6. The Old Readerでimport時のファイルに先ほどの「subscriptions.xml」を登録
これでいけるであろう。暫くはどちらも使ってみることにするな。

その他の候補
  1. Curata Reader
  2. Digg Reader(未リリース)
  3. InoReader


posted by りょーち | Comment(5) | TrackBack(0) | Web周辺技術
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。