2012年09月01日

今のプロ野球は投高打低すぎるな このエントリーをはてなブックマークに追加

9/1のYahoo!スポーツ - プロ野球 - 個人成績を見て驚いた。3割バッターが異常に少なすぎる。

leadinghitter20120901.png

セリーグ、パリーグ共に3割打者は共に4人。
パリーグに至ってはホークスの松田は現在怪我で出場できず、ロッテの角中、日ハムの田中はギリギリ3割。胸を張って3割打者といえるのはパリーグでは西武の中島のみだろう。
セリーグは、阿部、坂本、長野と巨人の選手が3人入っている。今期巨人の快進撃はこのあたりの数字からも明らかになるように思う。

しかし、あまりに投高打低すぎるようなこの成績。飛ばないボールと広い球場でホームランの数も減っている。もっと遡ると新ストライクゾーンも影響してるかもしれんな。

セントラル・リーグ個人タイトル獲得者一覧 - Wikipediaパシフィック・リーグ個人タイトル獲得者一覧 - Wikipediaを見て比較しても今期は両リーグともにかなり低い数字になっていると考えられる。

まあピッチャーがよく頑張っているのかもしれんが、やはり打撃戦になるとみている方も面白いのである。まあ、このあたりのバランスは正直何が正解ってのはないんだろうが、ちょいと気になったのでメモっといた。


posted by りょーち | Comment(2) | TrackBack(0) | 自分メモ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。