2012年01月30日

顔検索エンジン PicTriev このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなのあったんだ。知らんかった。

PicTriev

写真をアップロード、または写真のURLを入力すると、Web上から同じ顔を検索する検索エンジンだな。また、おおよその年齢まで推測するようである。Perfumeの画像とかで検索するときっと、こんな結果がでてくるのではなかろうか?

堀江由衣と中島愛と芹那を集めたら、疑似Perfumeが完成したわwwwwwwwwww

Google 画像検索と併用して使ってみるか。


posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2012年01月21日

テニスコートに現れた大きな虫を退治するお姉さん このエントリーをはてなブックマークに追加

全豪オープンテニス2012での一幕。
試合中に突然大きな虫を発見した選手。
プレー再開のため、お姉さんが颯爽と登場し、虫をコートから出していく。
かっちょいいと思ったが、やっぱ虫は嫌いだよねぇ・・・


posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外オモシロネタ

2012年01月20日

PowerPointのスライドにプログレスバーを付けるマクロ このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、PowerPointで総ページ数を自動入力する方法でマクロによる処理を紹介したが、これを元にプログレスバーのようなものを「無理やり作る」マクロを作成した。

で、そのやり方。
  1. Putslidenos_bar.txtをダウンロード(右クリックで保存)し、デスクトップなどに保存します。
  2. 対象となるプレゼンテーションファイルを開きます。
  3. ALT+11を押し「MS Visual Basic editor」を開きます。
  4. 「MS Visual Basic editor」のウィンドウで「ファイル(F)」→「ファイルのインポート(I)」を選びます。
  5. 先ほどデスクトップに保存した「Putslidenos_bar.txt」を選びます。ファイルダイアログでファイルの種類を「すべてのファイル(*.*)」にするとよいでしょう。
  6. ファイルダイアログで「Putslidenos_j.txt」を選び「開く」を押すと右側に密かに「標準モジュール」というフォルダのようなものが増えているはずです。標準モジュールの「Module1」を選ぶと今読み込んだテキストファイルが読み込まれたことがわかると思います。
  7. 「ファイル(F)」→「終了してMicrosoft PowerPointへ戻る(C)」を選び「MS Visual Basic editor」を終了します。
  8. いつものPowerPointの画面に戻るのでセーブします。
  9. 1ページ目のスライドを表示させておきます。
  10. 「ALT+F8」を押すと「マクロ」ウィンドウが開き「PutSlideBarNos」と「RemoveSlideNos」の2つが表示されていると思います。「PutSlideBarNos」がプログレスバーをつけるマクロなので「PutSlideBarNos」を選びます。すると1番目のスライドから順に「■□□□□□□」「■■□□□□□」「■■■□□□□」とスライド下部にプログレスバーのようなものがテキストで付けられます。
  11. また、今つけたプログレスバーを取り除きたい場合はすかさず、「Ctrl+Z」でやり直すかマクロの「RemoveSlideBarNos」を実行するとよいです。
動くとは思うけど自己責任でお願いします。また、表示位置の微調整の方法はPowerPointで総ページ数を自動入力する方法を参考にするとよいであろう。

とここまで書いて、この記事のタイトルはどうするかなと思案しながらフラフラとWebサイトを見ていたらもっといいやり方が紹介されていた。なるほど、これのほうが簡単である。今度やってみよう。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

2012年01月10日

ベーコンソーダというあり得ないコラボ このエントリーをはてなブックマークに追加

これはないわ・・・
まさかのベーコンと炭酸のコラボ「ベーコンソーダ」。

Bacon Soda

絶対不味いよな、これ・・・
しかし、Amazonでも堂々と売られているな・・・
Bacon Soda: Amazon.com: Grocery & Gourmet Food

日本上陸はないだろう、きっと。

( via Bacon Flavored Soda
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外オモシロネタ

2012年01月07日

危険!メントスコーラを応用したイタズラ このエントリーをはてなブックマークに追加

メントスをコーラに入れると大変なことになるのはよく知られているが、それを応用して、こんなイタズラを考えた人がいる。これは絶対やっちゃだめですよーw
  1. 用意するもの:針、糸、メントス、コーラ
  2. 針と糸でを使ってメントスを糸で結ぶ
  3. ペットボトルのコーラのふたを開け糸の付いたメントスをコーラに触れないように設置し、糸を外側に出してふたを締める
  4. 余った糸を切る
  5. 出来上がり

さて、どうなるか想像しただけで恐ろしいがこんな感じになるよーだw



これはマジでいかんよ。ホントに・・・

( via Pegadinha com Coca-Cola e Mentos (experiencia de quimica) - YouTube )
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ

Firefox の about:mozilla で表示される詩 このエントリーをはてなブックマークに追加

FirefoxのURL欄に「about:mozilla」と入力するとなんかよくわからん詩がでてくる。今日ふと思い出してやってみると、なんか前と違う詩のような気がした。
リロードしてみるとまた違った詩が表示された。どうもランダムで幾つかの詩がでるようだ。

マモンは目を閉じた。生まれ変わった獣は全世界に増殖し、やがて大群へと成長した。人々は時を誉め称え、ずる賢い狐と共に、炎に作物を捧げた。そして人々は、聖なる言葉によって約束された想像上の地に、新たな世界を作り、獣について子孫に語り伝えた。目覚めしマモンよ、見よ!一人の信奉者以外にお前の味方は誰もいないのだ。
from The Book of Mozilla, 11:9
(10th Edition)

邪神マモンは眠りに落ちた。復活せし野獣は大地を巡り、数を増やして軍勢をなした。新たな時の到来は広く告げられ、人々は狐の叡智をもって実りを炎の供物とした。そして聖なる書の約束の地、夢を紡いだ第二の世界を築いた人々は、その子らに野獣を語り継いだ。マモンが目覚めた時、見よ!残されしはただ一人の従者のみ。
from The Book of Mozilla, 11:9
(10th Edition)

マンモンは眠りに落ちた。そして生まれ変わった野獣は地の果てにまで広まり、その数は軍団となるほどに増えた。そして彼らはその時が来たことを宣言し、狐の狡猾さとともに収穫物を炎に捧げた。そして彼らは神聖なる言葉によって約束されていたとおり、彼らが求めていた新しい世界を作りあげ、子供たちに野獣のことを語り伝えた。マンモンは目覚め、そして見た! そこには追従者となった己以外に誰もいなかった。
from The Book of Mozilla, 11:9
(10th Edition)

マモンは深き眠りに落ちた。蘇えりし野獣は群れを成し、地を覆い尽くさんばかりに広がった。人々は時の到来を賛美し、狡猾なる狐と共に実りを炎に捧げた。そして彼らは神聖なる預言の約束の地たる新しき世界を築き上げ、その子らに野獣のことを語り聞かせた。眠りから目覚めしマモンよ、見よ!もはや追従者でしかない己の姿を。
from The Book of Mozilla, 11:9
(10th Edition)

この詩のことはよくしらなかったのだが、Mozilla L10N :: トピックを表示 - [wanted] Book of Mozilla, 11:9 (10th Edition)を見るとどうもかなり前に日本語訳を募集して上記4つが採択されたとのことであった。知らんかったなー。

ちなみにFirefoxで「 chrome://global/locale/mozilla.dtd 」にアクセスしリロードしても同じようにランダムで上記の詩が表示されるようだ。
中身は多分l10n-central l10n-central/ja/toolkit/chrome/global/mozilla.dtdになっているよーな気がする。

こういうイースターエッグ的なものってなんかいいですなあ・・・
posted by りょーち | Comment(2) | TrackBack(0) | 自分メモ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。