2011年01月09日

ふぞろいの林檎たちで仲手川の兄役が小林薫から水澤心吾へ変更になった理由 このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は関東でふぞろいの林檎たちパート3の再放送があり、録画して週末にまとめてみてしまった。
ストーリーをあまり覚えていなかったので新鮮な気持ちで見ることができたのだが、ちょいと違和感があったのが、仲手川良雄(中井貴一)の兄役は小林薫だったと記憶していたのだが全く違う役者さんが演じていた。 あれ? 小林薫さんはまだご存命だったよーな・・と思い検索してみるとその回答らしきものを見つけた。
ふぞろいの林檎たちVでは中井貴一の兄役が小林薫から違う人に代わってますがわってますがどうしてですか? - Yahoo!知恵袋
ベストアンサーに選ばれた回答:
1990〜1991年 映画・・香港パラダイス・ 四万十川 との撮影が重なったためと Vの話の内容が 再会を中心にした内容なので 兄役が重要視されなかったためです。
ふーむ。そういうことだったのか・・・ 全く知らんかった。
寡黙な兄を演じていた小林薫さんもよかったけど、パート3の兄役の水澤心吾さんもなかなか良かったです。
しかし1991年1月11日〜3月22日の放送ってことは今から20年前。うーむ。そりゃ記憶も曖昧だわな。

水澤心吾オフィシャルウェブサイト
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 忘れかけた過去

2011年01月06日

徹子の部屋:「相棒 捜査一課+鑑識編」は本日1月6日(木)放送 このエントリーをはてなブックマークに追加

相棒-劇場版U-が公開され今年の正月映画では文句なしの大ヒットとなっているようである。
正月相棒Uを見たが、兎に角凄かった。正月映画にして今年の邦画最高傑作が出てしまったと言わざるを得ないであろう。
相棒ファンなら間違いなく見て損はない。勿論相棒を見ていないひとでも十分に楽しめるストーリーになっているが、やはりその世界観を知っておかなければ楽しめるポイントが半減してしまうであろう。

テレビドラマの相棒は昨年末から放映されており今回でシーズン9作目となっている。水谷豊演じる天才刑事杉下右京とその相棒神戸尊(及川光博)のコンビが繰り広げる刑事ドラマである。元々の右京の相棒は神戸ではなく、寺脇康文演じる亀山薫だった。この杉下&亀山コンビもなかなかよかったが、最近は杉下&神戸も悪くないなーと感じている。
相棒の見どころは間違いなく、杉下右京と神戸尊が事件を解決していくプロセスと事件にまつわる人間模様なのだが、そのストーリー進行において脇を固める準主役がかなりいい感じなのである。
特命係という閑職とも言える部署に右京と尊は何故かいるのだが、刑事部捜査一課の伊丹憲一(川原和久)、三浦信輔(大谷亮介)、芹沢慶二(山中崇史)の三人(トリオ・ザ・捜一)や、鑑識課の米沢守(六角精児)などのキャラがかなり確立されている。

主役の杉下右京のファンよりもこの脇役のファンが多いのではないかとも思えるほどの人気であり、刑事ドラマにしてはかなり珍しい現象だと思われる。
なので、本日の徹子の部屋は伊丹、三浦、芹沢のトリオと米沢が出演するため、相棒ファンとしてはかなり注目なのである。

徹子の部屋のサイトでは紹介ではこんな風に紹介されている。
Team 相棒
今日は、人気ドラマ『相棒』を支える警視庁刑事部捜査一課の3人の刑事たちと、鑑識課の米沢守さんがドラマそのままの姿で『徹子の部屋』に登場。特命係の杉下右京・神戸尊への愚痴(?)も次々と明かされる。役を演じるのは、川原和久さん、大谷亮介さん、山中崇史さん、六角精児さんら名脇役の面々。黒柳の厳しい“取調べ“により、意外な”自白“が飛び出す!
イタミン(伊丹)たち一課が徹子デカに取り調べられる本日は見ものだな。

録画準備をしなくては・・・
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分メモ