2006年07月11日

不思議なラインアップのECサイト このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ミス花子です(嘘です)。

Bim Bam Banana という海外のECサイトではなんだか不思議なものが沢山売られているっぽい。

Sound Alibi Key Ring
Sound Alibi Key Ring


長電話を収束したいときに言い訳するために
・「赤ちゃんの鳴き声」
・「呼び鈴」
・「パトカーのサイレン」
・「ドアを激しくノックする音」
・「車が事故を起こした音」
・「電話の接続不良のノイズ」
の6つのサウンドが用意されているっぽい。
実際のサウンドも視聴できる。

って、これ買う人いるのか?

SUDOKU Toilet Roll
SUDOKU Toilet Roll


数独好きの方にはオススメなのか?
トイレにまで行ってやることなのかはようわからんが・・・

トイレットペーパー関連では、こんなのもあった。

BLACK TOILET PAPER
BLACK TOILET PAPER

They already use this TRENDY BLACK TOILET PAPER in the bathrooms of the hottest restaurants and hotels in New York, Madrid, Paris and Milan!

ってホントかよ?

Electronic Bug Zapper
Electronic Bug Zapper

実はこれをりょーちは、ハワイかどっかに行った時に買って見たのだ。(こんなところに紹介されるよーな代物だったのか・・・orz)
これは電気ハエ叩きなのだ。持ち手のところにスイッチがあり、虫を叩くときにこのスイッチを押しながら叩くと微弱電流が流れて虫が感電して倒れるというものだった。友人が「最近自宅周辺に大量の毛虫が発生している」という苦言を呈していたのでお土産に買ってあげたのだが、思いのほか不評だった・・・orz(持って帰るの大変だったんだけどな・・・)

THE SHOW OFF T-SHIRT - With built in sound sensitive graphic!
THE SHOW OFF T-SHIRT - With built in sound sensitive graphic!


音に反応してグラフィックイコライザーが反応するTシャツ。
Great for concerts and parties.(コンサートとパーティーにどうよ?)
Tシャツは綿100%で、イコライザー部分はELパネルでシャツのポケットの中にバッテリーパックがあるっぽい。

The Secret Jewelry Box!
The Secret Jewelry Box!

タダの本と思いきや、こんなところに貴重品が!

Thieves will never dream of looking in this book for valuables.
って言ってるけど、こんなところに写真付きで掲載しちゃったら逆効果?


他にもなんだかわけのわからないものがいろいろある。
欧米人の考えることはようわからん・・・


posted by りょーち | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になるサイト

2006年07月10日

日本のWeb2.0の代表サイトとしてMashableにmixiが紹介された このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、遥くららです(嘘です)。

まったくどーでもよいのだけど、Web2.0っぽいサイトを紹介する Mashable* で、mixi(ミクシィ) が紹介されていた。



日本の巨大ソーシャルネットワークという位置づけである。

以下紹介文のテキトーな和訳
2004年2月からはじまったmixiは日本で最も大きいソーシャルネットワークです。急速にどんどん増加しています。 2006年7月現在480万人のユーザがいて、今年の1月から200万人も増えています。で、ユーザの約70%は「ここ3日以内にログインしているアクティブユーザです」。Mixiはアマゾンジャパンよりもネットワークトラフィックが多いサイトです。mixiという名前はおそらく、「私(I)」が他のユーザに「混ざる(mix)ことができる」という事実が表現されているものと思います。

Mixiに参加するためには、既存のメンバーによって招待される必要があります。 また、18歳以上である必要があります。mixiのあなたのURLはユニークなユーザ数が含まれてます。なので、毎時間で、ユーザがどれくらい最近加わったか調べるのは簡単です。 更にmixiが招待専用のサイトなので、mixiのどのURLもGoogleによって索引をつけられません。


ふむふむ。Mashable* で日本のサイトが取り上げられるよーなことは少ないので、結構すごいことなのかもしれない。

その後の紹介文には、
■プロフィールページ
・サイトデザインとナビゲーションは直感的で友達の日記や最新ニュースが表示されて自分のページの足跡を見ることができる。
・プロフィールページはレイアウトの編集ができないので、素早く読み込まれます。
・プロフィールの写真はあまりなく、ペットや俳優やマンガのキャラクターなどが貼り付けられていることが多いっぽい。
■レビューと日記
・mixiではamazonを利用したユーザレビューができますよ。
・外部ブログを配信できる。
■Mixi Music
・クライアントソフトウェアをダウンロードしてWindows Media PlayerやiTunesを通じて音楽を聴いたり買ったりできます。


などとmixiの色んな機能が紹介されているっぽい。

次ははてなあたりが紹介されると思われる(ホントか?)
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(1) | Web周辺技術

2006年07月05日

はてなキーワード自動リンク作成ツールを作ってみた このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、北浦共笑です(嘘です)脱いでも凄いらしい(って覚えている人いるのかな・・・)

はてなダイアリーユーザが日記を書くと、はてなキーワードが存在する場合は自動でリンクされる。はてなキーワードは Wikipedia ほどではないかもしれないが、役立つ情報も多い。
Movable Type などを利用しているユーザは自前で、はてなダイアリーキーワード自動リンクAPIを組み込んで利用しているユーザも結構いるっぽい。そんな中でテキストファイルを読み込んでかってにはてなキーワードリンクが付与されると便利かなと思い、またもや勝手に作ってみた。



プレーンテキストを入力するとはてなキーワードにリンクしたHTMLファイルを生成します。こんな感じになります。

りょーちの駄文と書評: モザイク消しマークレット for IE の一文より抜粋。
■変換前
こんにちは、石野真子です(嘘です)。
高林哲さんの いやなブログ で紹介されていた いやなブログ: モザイクブックマークレット for IE が結構面白い!(Good Jobです!)
Internet Explorerのみで利用可能なこのブックマークレット。表示されている画像の全てにIE Filterでモザイクをかけるというもの。
モザイクをかけるブックマークレットは 高林さんのサイト にあるので利用してみてほしいのだが、このモザイクを消すブックマークレットを作ってみた。
モザイク消しブックマークレット for IE
右クリックでお気に入りに追加
高林さんのブックマークレットでstyle sheetを利用してモザイクをかけているものを解除するだけの簡単なブックマークレットです。(style.filterの部分をNULLにしてあるだけですよ)
「モザイクブックマークレット for IE」と「モザイク消しブックマークレット for IE」を交互にお使いいただくとより動作が分かりやすいと思います。
念のため言及しておきますが、初めからモザイクのかかっているよーな怪しい画像のモザイクは消せませんのでご注意下さい(^^;
(検索エンジンでそういった類のキーワードでこのサイトに到達された方、あなたのお探しの有益な情報は残念ながらありません)
更に、モザイクをかけたり消したりON/OFFできるよーにしてみた。
モザイクかけたり消したり for IE
右クリックでお気に入りに追加
2分くらいは遊べそうっす。
高林さん、凄すぎっす。
モザイク用/モザイク解除用テスト画像

■上の文章をはてなキーワード自動リンク作成ツールで変換(コピペするのだ)
こんにちは、石野真子です(嘘です)。
高林哲さんの いやなブログ で紹介されていた いやなブログ: モザイクブックマークレット for IE が結構面白い!(Good Jobです!)
Internet Explorerのみで利用可能なこのブックマークレット。表示されている画像の全てにIE Filterでモザイクをかけるというもの。
モザイクをかけるブックマークレットは 高林さんのサイト にあるので利用してみてほしいのだが、このモザイクを消すブックマークレットを作ってみた。
モザイク消しブックマークレット for IE
右クリックでお気に入りに追加
高林さんのブックマークレットでstyle sheetを利用してモザイクをかけているものを解除するだけの簡単なブックマークレットです。(style.filterの部分をNULLにしてあるだけですよ)
モザイクブックマークレット for IE」と「モザイク消しブックマークレット for IE」を交互にお使いいただくとより動作が分かりやすいと思います。
念のため言及しておきますが、初めからモザイクのかかっているよーな怪しい画像モザイクは消せませんのでご注意下さい(^^;
(検索エンジンでそういった類のキーワードでこのサイトに到達された方、あなたのお探しの有益な情報残念ながらありません)
更に、モザイクをかけたり消したりON/OFFできるよーにしてみた。
モザイクかけたり消したり for IE
右クリックでお気に入りに追加
2分くらいは遊べそうっす。
高林さん、凄すぎっす。
モザイク用/モザイク解除用テスト画像

なんとなく、雰囲気が伝わってきましたか?

これであなたもはてなダイアリーを持ってなくてもはてなキーワードに簡単にリンクできちゃいます(^^;

需要は低いか・・・orz

posted by りょーち | Comment(8) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2006年07月04日

ajax blogはアリなのか? このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、来生えつこです(嘘です)。

Ajax Blog というblogがあるよーだ。名前の通り、Ajaxについての記事が書かれたBlogのよーなのだが、どう見てもどっかで見たことのある記事が多い。

で、よくよく記事を読んでいると、どーも、以下の3つのサイトのRSSをアグリゲートして配信しているだけっぽい。

Ajaxian
A design and usability blog: Signal vs. Noise (by 37signals)
TechCrunch

うーむ。こういうのってありなのか?
独自ドメインを取得してまでよそさまのサイトをアグリゲートした記事を配信するメリットって何かあるのか?

元記事はこちらという感じでリンクはしてあるが、一瞥するとこのサイト自身のオリジナルの情報を配信しているっぽく見えなくもない。

seesaa blogではメール投稿機能を利用したスパムサイトっぽいものも結構あるよーで、それらの殆どのBlogが自ら手間隙を掛けずに情報を配信している(振りをしている)。

こういうのって、中国かどっかの海賊版の漫画雑誌で少年ジャンプ・少年マガジン・少年サンデー・少年チャンピオンの人気漫画を集めて一冊の本にしたり、いろんなゲームを集めて一つのROMに焼いてGAME PACK的に焼き直して出したりする行為に等しいよーな気がする。

褒められたことではないが、確実にこういったサイトが増えてくると思われる。で、そのときに「この記事の発信元はどこだよ」ってのが分かると非常にありがたい。
こういったことを守るためにDRM(gital Rights Management)サービスってのが考えられているっぽい(違う?)。

現在考えられているDRMは映画や音楽などのお金を払って流通するコンテンツにのみフォーカスがあたっているよーな気がするが、Blogなどの普及により、今後は個人のWebサイトのコンテンツにも着目されるよーになるのではなかろうか?

posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2006年07月03日

久坂部羊:「無痛」 このエントリーをはてなブックマークに追加

無痛
無痛
posted with amazlet on 06.06.26
久坂部 羊
幻冬舎 (2006/04)

りょーち的おすすめ度:お薦め度

こんにちは、草笛光子です(嘘です)。

気持ち悪い本を読んでしまった(といってもある特定の病状の方に対しての偏見は含まれていないことをご理解ください)。

最近、医学界の方々が執筆される小説には目を見張るものが多い。古くは北杜夫の「どくとるマンボウシリーズ」に始まるこの「医師→小説家」の流れが止まらない。
ざっと挙げてみても、「帚木蓬生」「米山公啓」「海堂尊」など枚挙に暇がない。あの手塚治虫も医学部出身だったよーな気がする。
医療を目指す人々はやはり柔軟な頭の構造をしているのか執筆された小説も結構素晴らしいものが多い。本書「無痛」の久坂部羊さんもその一人。「医師ならではの医療分野に関する詳細な記述はお手のもの」というように専門用語が頻出するが、読者にそれほどの知識がなくともスイスイ読めてしまう。

本書「無痛」には二人の医師が登場する。一人はあまり設備なども整っていない所謂「町医者」と呼ばれる小さな診療所に勤める為頼と、白神メディカルセンターの院長、白神。二人は全く異なる医療環境下にありながら共通の特技がある。それは「患者を(見た)診ただけで患者のどこが悪いか、そしてその病気は治るのか」ということが分かるのだ。もし、こんな能力のある先生がいればさぞ便利だろうと思ったが、読み進んでいくうちにその考えは一変するであろう。

為頼はタクシーで財布を拾ってくれた高島菜見子と偶然知り合いになる。菜見子にお礼を告げていたそのとき、為頼は不審な人物を目にし、菜見子を安全な場所へと避難させる。直後に通りの状況は一変した。不審な男は通り魔的に周囲の人間に刃物を向けて襲い掛かってきたのである。幸いにして為頼と菜見子は無事であった。菜見子は何故為頼が不審な人物を見分けることができたのか不思議に思っていた。

その後、菜見子が為頼の診療所にお礼のため訪れた際、菜見子は診療所の看護士のカツより奇妙なことを聞く。為頼は見ただけで患者のどこが悪いかが分かるらしい。実際先日の通り魔事件の件もあり、菜見子は為頼にある相談を持ちかけることにした。
ある相談とは、神戸市で起きた一家四人残虐殺害事件である。現場に警察も目を背けたくなるようなこれ以上ありえないほど凄惨な事件現場。人間がこれほどまでに人間を破壊するのであろうかと思えるほどの異常な事件現場だが、未だ犯人の目星はたっていない。
解決の糸口は全く見えていないこの事件に自分が犯人であると名乗る人物がいるという。それは、菜見子が勤める六甲サナトリウムにいる14歳の少女であった。神戸市の事件は自分が犯人であると言っているらしい。
話しを聞いた為頼は数日後、六甲サナトリウムに足を運ぶ。14歳の少女の名前はサトミという。サトミは他の人と会話をすることがなく、唯一、菜見子だけとはメールでコミュニケーションを取れている。菜見子にあてたメールによると、犯人は自分であると言っている。しかし、為頼は菜見子と実際に会い「人を殺める狂気」がサトミにないことに気づく。

一方、白神メディカルセンターの院長、白神は白神メディカルセンターの傘下に入れるべき、地域の診療所をピックアップしていた。彼の自論は病院は通常の保険制度を越えたサービスが必要であるということだった。白神の目に適った病院には為頼の診療所も挙げられていた。白神が為頼の診療所をネットワークに入れようとした理由は為頼が白神メディカルセンターに送りつけた患者のリストだった。為頼が送ってきた患者は期間の差こそあれ、全員が死亡している。つまり、直る見込みのない患者を送ってきているのだ。
為頼は患者が直るかどうかが分かる能力があるのだが、この能力は実は白神にもあった。二人の能力は超能力などではなく、医師としての観察力・洞察力が抜きん出て優れていることにあった。
二人の天才医師は「見ただけで患者のその後の生死が判断できる」という能力を有しているが目指す方向は全く異なる。

本書は神戸市の一家四人残虐殺害事件という題名の楽曲を、サトミ、為頼、菜見子たちが奏者となり動き回っているよーな感じである。そしてこの楽曲の主旋律を奏でるピアニストが白神メディカルセンターに勤めるイバラという若者である。
イバラには先天的な病がある。イバラは軽度の知能障害且つ先天性無痛症である。無痛症とは耳慣れない病気であるが読んで字の如く「痛みを感じないという病気」である。

痛みを感じないと人間はどうなるのか?

とても大変なことになる。

例えば、転んで頭を打ったとする。通常、その痛みを感じ、人間は自分の身に危機が起こっていることを知る。治療を行い、二度と痛みを感じないように学習し、生活をする。しかし、痛みを知ることができなければ自分の身の危機を知ることもできず、放っておけば死んでしまう可能性もある。イバラは自分の身の痛みを知ることができない。痛みとは何か?イバラは知ろうとする・・・

物語が進んでいくにつれ、事件の全貌が浮かび上がり、何故この一家が死ななければならなかったという命題に一応の解釈が披露されている。勿論、これは殺人者の側の論理であり、誰もが納得できるものではない。更に事件の真の指揮者の存在が明らかになったとき、現代医療の恐ろしさを垣間見た気がした。

本書では様々な登場人物が刑法39条を引き合いに出し、その是非を読者に投げかけている。
(心神喪失及び心神耗弱)
第39条 心神喪失者の行為は、罰しない。
2 心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。


この論争は今日でも大きな命題となっている。何が正解であるとかはっきりと言うことはできないが、この条文だけでも「39 刑法第三十九条」という映画が一本できるくらいの深い条文である。本書を読んだ人はこの条文についていろいろ思いをめぐらせることになるかと思うが、そういう機会を得ることができたというだけで本書はある種意義深い一冊であろう。

なお、本書の登場人物で最も嫌悪感を抱く人物はなんといっても高島菜見子の元夫の佐田であろう。ホントにダメ人間であり「新堂冬樹の本にでも出ていなさい」というほどの強烈なダメさ加減・・・orz(ちなみに新堂冬樹さんの本がダメといっているのではないですよ)。いやー、こいつはホントに存在価値ゼロです。驚きです。

本書のタイトルは「無痛」というタイトルだが、本書を読み終えて「無痛」というタイトルでなくてもよかったのではないかと感じた。

なお、どうでもよいが、久坂部 羊さんの「羊」という文字は「やまいだれ」の部首を付けると「痒(かゆ)い」という文字になります。本書を読んで背筋が寒くなりどこか「痒い」気分になってしまいました。

■他の方々のご意見
ECCO : 無痛/久坂部 羊
粗製♪濫読 : 『無痛』 メディカル・ノワール
「無痛」久坂部羊 by 楽天広場ブログ(Blog)
ほんだらけ | 『無痛』久坂部羊
さとしのぶろぐ | 無痛(久坂部 羊)を読んで
posted by りょーち | Comment(6) | TrackBack(4) | 読書感想文
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。