2005年10月31日

伊坂幸太郎:「魔王」 このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんにゃ、露木茂です(嘘です)。

今日のgoogleはハロウィン仕様。とりっく・おあ・とりーと。


魔王
魔王
posted with amazlet on 05.10.31
伊坂 幸太郎
講談社 (2005/10/20)
おすすめ度の平均: 4.8
5 静かなる伊坂ワールド
4 正直?軟弱?
5 素晴らしかったです



りょーち的おすすめ度:お薦め度
前回の宮部みゆきの 龍は眠る に続き、今回も偶然にも超能力のお話し。
感想を書く前に・・・。この本読まれた方、どうでした?
正直ちょいと拍子抜けという感は否めない。野球選手などは3割り打てば一流といわれるので人気作家の作品すべてがヒットやホームランになるわけではないのは理解しているつもりなのだが、正直この魔王に関しては「送りバント」的な印象を受けた。次の作品への繋ぎなのかな?
全く関係ないが野球の戦術にバントというものがあるがよくバントがバンドかわからなくなってしまう。バントは英語の bunt(頭[つの]で突く(こと)) の意味なのでバントが正しい(どうでもいいが・・・)

本書は「魔王」と「呼吸」という二本の短編からなる小説である。
1作目の「魔王」は兄の安藤が主人公となり、2作目の「呼吸」は弟の潤也が主人公である。時代設定は明示的に記載されていないが、おそらく現代より少し先の近未来の話である。といってもそんなにサイエンスフィクション的な小説ではない。

この兄弟、夫々特殊な能力を突然自分達が持っていることに気づく。そしてその能力を自分で試すプロセス。更に能力を使ってみるというプロセスがいずれにも存在する。

「魔王」ではサラリーマンの安藤が自分の思ったことを他人に語らせるという能力が身についていることに気づく。安藤は学生時代からいろいろなことに「思考を巡らせて」ていた。
日本の政治情勢はアメリカに依存していたが、若手政治家の犬養はアメリカへの政治不信を巧みに語る若者達に分かりやすく政治を語る犬養への感心は高まっていた。自分の思いを人の口に乗せることができる能力を身に着けた安藤は犬養の演説会場に行くが・・・

うーむ、りょーちの読み方がおかしいのか「で、どうした?」という感じで終わってしまった感がある。
何故本書のタイトルが「魔王」なのかってのは、小説内でシューベルトの「魔王」の比喩が取り上げられていたからであろう。犬養が国民を知らず知らずに取り込んでいくその過程をシューベルトの歌曲「魔王」になぞらえて説明している。

www.ongakushitsu.net:魔王より
語り手かぜのよに うまをかり かけりゆくものあり
うでにわらべ おびゆるを しっかとばかりいだけり
ぼうや なぜかおかくすか
おとうさん  そこに みえないの まおうがいる こわいよ
ぼうや それはさぎりじゃ
魔王かわいいぼうや おいでよ おもしろいあそびをしよう
かわぎしに はなさき きれいなおべべがたんとある
おとうさんおとうさん きこえないの まおうがなにかいうよ
なあにあれは かれはのざわめきじゃ
魔王ぼうやいっしょにおいでよ よういはとうにできてる むすめとおどって
おあそびよ うたっておねんねもさしたげる いいところじゃよさあおいで
おとうさんおとうさん それそこにまおうのむすめが
ぼうやぼうや ああそれは かれたやなぎのみきじゃ
魔王かわいや いいこじゃのう ぼうや じたばたしてもさらってくぞ
おとうさんおとうさん まおうがいま ぼうやをつかんでつれてゆく
語り手ちちもこころ おののきつ あえぐそのこを いだきしめ
からくもやどにつきしが こはすでに いきたえぬ


伊坂幸太郎の作品よりもシューベルトの魔王そのものに恐怖を覚えた。

2作目の「呼吸」は「魔王」から5年後の話し。安藤の弟の潤也は信じられないくらい感がよくなっているという能力が身についていることに気づく。ここでも自分の能力に気が付くプロセスが書かれている。潤也は安藤とは異なり「あまり考えない」性格のようである。潤也の職業は環境保全の一貫としてを山や森を見張るという仕事である。安藤はふとしたことから「絶対にじゃんけんに負けない」という能力を得ている自分に気づく。「賭け事全般にこの能力は使えるのか?」競馬場にていろいろためした結果どうやら10以内の数字をひとつ選択することにかけてはほぼ百発百中であるような気がした。
一方5年後の政治情勢はなんと犬養が首相となっていた。犬養は国民投票で憲法を変えようとしていた。
果たしてこの力を潤也はどうつかうのか?
一応「魔王」の続編なのだが「呼吸」を短編小説としても読むことができる。

しかし、「で、どうした?」という感はこちらの「呼吸」でも拭えなかった。うーむ、期待していただけにちょいと拍子抜けした感じなのだが、勝手にこっちで期待しただけなので伊坂幸太郎さんに責任はないのだが、まあこういうこともあるか・・・
りょーちには響かなかったけどgoogleで調べたら他の方々は大絶賛・・・(そうなのかー)



posted by りょーち | Comment(17) | TrackBack(13) | 読書感想文

2005年10月28日

pagerank.netの謎? このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ダウソタウソです。(嘘です)。

りょーち拙作の Google PageRank Checker というものが存在する。

これはGoogle の PageRankを調べるためのモノだったりする。
当初はなんとなくテキトーにつくったのでキチンと動いているのかどーなのか心配だったりしたのだが Google Toolbar の Page Rank と一致しているのでまあ動いているのかなと思っている。

で、他のサイトでも Google の PageRank をチェックできるサイトがある。

りょーち作:Google PageRank Checker
Google PageRank Checker 複数のページを一度に調べることができる。
Google PageRank Checker - ページランクを調べる 老舗?
PageRank - PageRank Checker
Google PageRank Checker - Check Google page rank of any web pages (表示がちょいとかっちょいい)
PageRank Checker | Old/Moved Tools | SEO Tools | WebmasterBrain
Future PageRank Checker | Old/Moved Tools | SEO Tools | WebmasterBrain

PHPで作成されているものとperlで作成されているものがあるっぽい(りょーちのはperlで作ってみた)。

納得いかないのは、PageRank - PageRank Checker の右下に表示されているPageRankの表示。本来はPageRankが7なのに6と表示されている・・・(謙遜なのか?)

で、よくよくソース(勿論HTMLのソースですよ)を見てみたら、これだけ
http://www.pagerank.net/pagerank.gif
って感じでGIFファイルが直接(?)指定されている。

PageRank - Display Your PageRankでタグを取得し貼り付けると下記のよーな感じになる。(何か間違っているのでは・・・)

PageRank

拡張子がgifになっていてもこれはCGIが動作しているのだろうか?(.gifという拡張子でCGIを動作させているってことなのか?)
うーむ。PageRank - PageRank Checker 謎じゃよ。

posted by りょーち | Comment(6) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2005年10月27日

宮部みゆき:「龍は眠る」 このエントリーをはてなブックマークに追加

龍は眠る
龍は眠る
posted with amazlet on 05.10.26
宮部 みゆき
新潮社 (1995/01)
売り上げランキング: 7,965
おすすめ度の平均: 4.5
5 アナタの龍はどこ?
5 サイドストーリーである恋愛ネタが好き
5 苦悩する少年の描写




りょーち的おすすめ度:お薦め度

こんにちは、大宮デンスケです。(嘘です)。

もうね、絶対読んだほうがよいよ。

宮部みゆきのホントに初期の作品である本書「龍は眠る」。思えばこの本を読んで「この人はマジで凄い!」と思ったものである。「時代を代表する推理小説化になるかもねー」と昔バイト先の友人と話しをしていたのが今でも思い出される(りょーちの感もたまにはあたるのだ)。

本書には稲村慎司と織田直也という二人の超能力者が登場する。超能力者が登場する物語と聞いて、超人ロックやエスパー魔美やエスパー伊藤(?)を想像する人が多いと思う。エスパーになるとテレパシーやテレポーテーションやテレキネシスやクレヤボヤンス(遠感知能力)などが使えて「とっても便利」と思ったりするが、本書を読んで超能力はいらないかなーとも思い始めた。

雑誌「アロー」の記者、高坂昭吾は台風の日に雨にぬれた稲村慎司と出会う。慎司は自分は超能力者であると言う。勿論高坂は直ぐには信じられないが、マンホールに子供が落ちる事件の犯人が見えるという。慎司の語る犯人像を元に調査を進めると確かにある二人組みが犯人であると高坂も確信するに至る。

「慎司はどうやって犯人を知ったのか?」この疑問は慎司の従兄という織田直也から説明を受けることになる。直也は慎司のやったことは全部トリックであると理路整然と説明する。直也からの説明を受けても腑に落ちない高坂は超能力について独自に調査をすることとした。

一方高坂には脅迫状や以前の婚約者である小枝子に危害を与える旨の電話が掛かってくる。小枝子は既に別の川崎という男と結婚していた。

直也と慎司を追いかけるうちに、直也の行方が分からなくなる。直也のアパートに向った高坂はそこで三村七恵という女性と会う。七恵は声を出すことができないというハンディを背負っている。七恵と直也は最近知り合ったばかりだったが七恵の前から直也は突然姿を消し七恵も不安だった。高坂と七恵は直也の行方を調べるうちに次第に互いに心を引かれ会うようになる。

そんな中、小枝子が誘拐されるという事件が起こる。犯人は誰なのか。直也はどこへ。七恵と高坂の恋の行方は・・・

いろいろなモノやコトやヒトが最後に集約されるという気持ちよさは宮部みゆきさんならではと唸ること然りである。
本書は超能力を題材に使っているようであるがトリックには勿論超能力は使われていない。そういった意味できちんとしたミステリーとして仕上がっている。
その上で超能力という一見アドバンテージに見える能力を持つ二人の若者の苦悩を描ききっているという素晴らしさ。りょーちは読んでいてこの直也と慎司のキャラはどちらも宮部みゆきさんの好みのタイプの男性なのかなーと感じた。それはどちらのキャラにもとても愛情を持って書かれているように感じだからである。

本書はもう5〜6回くらい読んでいるのだが、何度読んでも感動する名作なのだ。


なお、1994年に金曜エンタテイメントの中で映像化されていたようだ。おそらく見たと思うのだがキャスティングなどはわからなかったのでぐぐってみたら、こんな感じだった。
稲村慎司:岡田秀樹
高坂昭吾:石黒賢
織田直也:東幹久
三村七恵:鶴田真由

うーむ。直也が東幹久なのかー。ちょっと今の印象とはかなり違うなー。高坂役の石黒賢と七恵役の鶴田真由はなかなか良いのでは?

※受賞歴:第45回(1992年) 日本推理作家協会賞 受賞

posted by りょーち | Comment(8) | TrackBack(4) | 読書感想文

2005年10月26日

11月7日(月):「月曜ミステリー劇場」横山秀夫サスペンス三ツ鐘署シリーズ1『深追い』 このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、東京乾電池のベンガルです(嘘です)。

先月TBSの月曜ミステリー劇場で「横山秀夫(『動機』文藝春秋刊)」の「ネタ元」を放映したばかりなのに、来月も横山秀夫サスペンスが放映される。
今度は三ッ鐘警察署シリーズ「深追い」が放映されるらしい。

キャストの詳細はまだよくわからないのですが、椎名桔平が主演のよーである。ビデオに録画しなければ・・・

現在わかっている出演者
・椎名桔平
・羽田美智子

月曜ミステリー劇場ラインナップ

深追い
深追い
posted with amazlet on 05.10.26
横山 秀夫
実業之日本社 (2005/02)
売り上げランキング: 1,263
おすすめ度の平均: 4.6
4 長編で読みたいなと思う作品が多かった
5 地方都市の警察署を舞台とした秀逸の7編
5 地方都市の警察署を舞台とした秀逸の7編

posted by りょーち | Comment(0) | その他

2005年10月21日

Flock version 0.4.8を使ってみた このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。カルロストシキこと鷹橋敏輝です(嘘です)。

巷で話題になっている新しいブラウザ Flock のベータリリースのお知らせのメールを受け取ったので早速使ってみた。Windows/MacOS/Linux版がダウンロードできるよーである。

事前登録していないとダウンロードできないかもってことで少し使ってみて分かったことを書いてみる。
flock_main.pngflock_credits.png

・とりあえず無料
・HTTP_USER_AGENT:Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US; rv:1.8b5) Gecko/20051019 Flock/0.4 Firefox/1.0+
del.icio.us との親和性が高そう。
Flickr の写真が表示できる。
・ブラウザのブックマークにTAGの概念があるっぽい
・タブブラウザである。
WordPress / TypePad / Blogger などのblog用のエディタ画面が標準で装備されているっぽい(完成度はまだ低そう)
del.icio.usFlickr はデフォルトとして[Option]→[Web Service]に入っていたのだがこれは今後追加できそうな仕様になっているっぽい。

今後にちょっと期待かも。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(1) | Web周辺技術

2005年10月20日

書評用リモコンをつくってみた このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、南海ホークスの近田豊年です(嘘です)。左右どちらでも投げることができます(誰も知らないか?)。

このサイトでは書評をいろいろ書いているのですが、数えてみたら44人の作家、79冊の小説を取り上げているっぽい。
いままでトップページにプルダウンで書評のリンクを掲載していたのだが、どー考えても読み込むのに時間が掛かる。あたりまえだが重いんだな、これが。

って感じなので怪しく「書評一覧リモコン」なるものをつくってみた。

右上の「書評一覧リモコン」をクリックすると書評一覧を見ることができる。

現在、手動で作成しているのだが、今後ちょっと半自動で作成できるよーなプログラムでも書いてみたいかも。

うーむ。
posted by りょーち | Comment(5) | TrackBack(0) | 書籍全般

2005年10月19日

島村洋子:「美人物語」 このエントリーをはてなブックマークに追加

美人物語
美人物語
posted with amazlet on 05.10.19
島村 洋子
光文社 (2001/10)
売り上げランキング: 365,070


りょーち的おすすめ度:お薦め度

こんにちは。ホイ三兄弟でおなじみのサミュエル・ホイです(嘘です)。

オチが分かっていても読んでしまう小説が幾つかある。
島村洋子さんの本は実はこの「美人物語」1冊しか読んでないのだが、10年以上前に読んでかなりインパクトがあったので再読してみた(もう5回以上読んでいるかも)。
本書は1993年1月25日に集英社から初版が販売されている。りょーちはその本を持っているのだが、黄色地に赤星たみこさんのイラストが書かれたインパクトある装丁だ(もしかして貴重な一冊?)。

タイトルの通りこの小説には美人が登場する。美香子と理香子という二人の美人。
滝川産業の社長令嬢の美香子は父子家庭であるが、所謂お嬢様というヤツで生まれてこの方、何不自由なく暮らしていた。一方理香子は母子家庭で母一人、子一人という、決して恵まれた環境ではないが明るく楽しく暮らしている。

殆ど接点のないはずのこの二人が熾烈なバトルを繰り広げることになる。

何気なくテレビを見ていた理香子は街頭インタビューされている人物を見てたまげた。
なんと、自分そっくりの人物がめちゃくちゃ横柄な態度でインタビューを受けていた。
ドッペルゲンガーかと思われるほど自分そっくりの人間が存在していることに理香子はおどろいた。

社長令嬢の美香子は父子家庭。理香子は母子家庭。
美香子と理香子は性格こそ違えど、全く同じ顔。
ここまで準備されていると「理香子の父と美香子の母は元夫婦で理香子と美香子は姉妹では?」と思ったりしたあなた。りょーちと同じです。

ただ、本書はミステリー小説ではないので、このあたりはホントの姉妹だったりしたからどうこうという話しではないのである。本書の読みどころは美香子の恐ろしいまでの自信に満ちた態度とそのパワーに尽きる。
そしてその美香子に甲斐甲斐しく尽くすオレことケイタローの不遇さが笑いと涙を誘う。

何しろ美香子はこの世はすべて自分中心に回っているとでも思っているような性格。
美香子語録として
・しかし私は美しい上に、寛大なのです。何しろこの世のものではないのですから。
・なにしろ私は神さまのスタッフ関係ですので許されないとは思いますが
・人は自分より低い位置にいる者には悔しがらないものです。

などという言葉が随所に登場する。この美香子の発言だけ読んでみても相当面白い。

物語は理香子の高校の同級生の薬師寺くんが間違えて美香子へエメラルドの指輪を送ったことで話しがややこしくなる。あれほど横柄な態度を取り誰に迎合することのない美香子はどうやら薬師寺くんに一目ぼれした模様。家来のケイタローに調査を依頼するのだが・・・

どう考えても悪役と思しき美香子が憎めないキャラで書かれており爽快感溢れ、元気の出る一冊である。勧善懲悪モノのように安心して何時でも笑って読める一冊。

いや、ホントに面白いっすよ。この小説。島村洋子さんって天才かもと思わせる一冊であった。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想文

2005年10月18日

あまり使ってなかったはてなアンテナの機能 このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。メイ牛山です(嘘です)。

はてなアンテナ を今まで使っていてまったく気づかなかった機能が幾つかあった。

●グループ機能
グループに分けることで、ひとつのはてなIDで複数のアンテナを持つようなことが実現できる。
はてなアンテナ - ryouchiのアンテナ - blog周辺
はてなアンテナ - ryouchiのアンテナ - 本
はてなアンテナ - ryouchiのアンテナ - オモシロ
はてなアンテナ - ryouchiのアンテナ - その他

●おすすめページ機能
はてなアンテナ - おすすめページ検索
アンテナの情報を取得してお薦めのページを出してくれるっぽい。

●おとなりアンテナ
はてなアンテナ - アンテナ検索
アンテナの共有ページ数で、近い人を表示する。

●手動更新チェッカー
はてなアンテナ - 手動更新チェッカー
・はてなアンテナが巡回時に行う更新チェックをリアルタイムで行えます。


現在りょーちははてなの無料サービスを利用しているのだが、有料オプションを申し込むと、

・広告の非表示
・ヘッダの非表示
・ページ登録件数上限拡大(200件→2000件)
・グループ登録件数上限拡大(10件→100件)

という特典があるっぽい。うーむ、優良オプション、ちょっと興味あるなー。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2005年10月17日

警告:Google Maps と個人情報 このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。伊能忠敬です(嘘です)。

一時期熱病の如く広まった Google Maps だが、 Google Maps Hacks (Hacks) なども登場して、注目度は引き続き高いのではないかと思われる。

Google Maps Hacks (Hacks)
Google Maps Hacks (Hacks)
posted with amazlet on 05.10.17
Schuyler Erle Rich Gibson
Oreilly & Associates Inc (2006/01)


そんな中、最近 Google Maps を使ったまともなサービスがかなり出始めてきた。

はてなマップ
地図のブログ♪ハコパンダ☆map
mapli.jp - ソーシャルマップサービス

りょーちも一時期Google Mapsで遊んだりしてみたのだが、ふと「お、これは問題かも?」と思ったことがある。
こういった簡単なツールやアプリケーションが登場するとどんどん使いたくなるのだが、流れに任せて安易に情報を流さないことが非常に重要である。
更にSNSなどのクローズドなサイトでも個人名などを公開していたりするとかなりヤバイことになりそーな気がする。
blogなどで公開していない情報などもSNSやGoogle Mapsなどの情報で小出しに個人情報を公開してませんか?
例えばSNSなどで出身大学などは公開していなくてもその大学のコミュニティに参加していたり、現在勤めている会社は「自分は」公開していなくても、友人の殆どが同じ会社だったりするとすぐに会社名なども判明してしまったりするよーな気がする。更に、Google Mapsで行きつけの店とか若しくは「自宅」とか公開してしまったりしてませんか?
便利なサービスも利用者が使い方を知らないとちょっと危険かもしれませんね。

#Google Mapsは使い方によってはストーカーの必須アイテムになる可能性もありますな・・・
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ

2005年10月14日

福山正紘:奇妙なアーティスト発見 このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。春やすこ・けいこです(嘘です)

Boing Boing を見ていたら どう見ても日本人っぽい写真が掲載されていた ので「これは何?」と思い、クリックしてみると、日本人の奇妙なアーティストの紹介であった。

福山正紘さんと言う方らしいが、不思議なものを作っているよーだ。

we make money not art: Masahiro Fukuyama suits の紹介記事には、
Masahiro Fukuyama sculpts suits, inspired by the ancient culture of the Samurai and contemporary game-culture.
Masahiro Fukuyamaは侍の古代の文化と現代のゲーム文化によってインスパイアされたスーツを作ります。(翻訳自信なし)

って感じで書かれている。

どんなものなのかってのは、こんなものらしい。
masa08.jpg
enter the mothership (多分本人)


mas1.jpg
enter the mothership (多分本人)


うーむ、やるな。ちょっと後頭部をハート型土偶で殴られたような軽い立ちくらみに似た衝撃を受けたっす。

・福山正紘さんの作品:Fukujiru
・福山正紘さんのblog:Fukujiru@Blog

ちょっと不思議な人かも・・・(要チェックか?)
posted by りょーち | Comment(4) | TrackBack(0) | 気になるサイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。