2005年09月13日

PHPのtidy関数でページのリンク一覧を取得 このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。Wモアモアです(嘘です)。1、2の3の篠ひろ子(謎)

現在お借りしているレンタルサーバでサーバ管理者のごりゅさんが tidy関数cURL関数 を導入していただきました。わーい (^^;

で、これらを使うとどんなことができるかという一例ですが、tidy関数を利用したページ内のリンク一覧などを簡単に作ることができます。

たとえば、りょーちのページのリンク一覧はこんな感じ。


ちょっと便利じゃないですか? で、調子に乗ってブックマークレットも作っちゃいましたー。

bookmarklet:href属性を表示 (右クリックで「お気に入りに追加」)


「今見ているページのリンク一覧はどないだ?」と思ったら、徐に上記のブックマークレットを選べば新しいウィンドウが開いてリンク一覧を取得してくれるのだ。

現在取得できないものとしては

・フレームのページ
・ディレクトリなのかファイルなのかはっきりしないURL
・href属性内にJavaScriptが埋め込まれているよーなもの

まあ、あまり需要はないかもしれないが、こんなことができるよって一例と考えてもらえればと思う。

「リンクが非常に複雑怪奇に多くて、どこをクリックしたらよいのか?」と思うよーなページは一度、これでチェックしてみればよかろうと思われる。

php、使えるなー。
posted by りょーち | Comment(5) | TrackBack(0) | bookmarklet作成

2005年09月12日

映画「亡国のイージス」を見てきた このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。クロベエこと黒部幸英です(嘘です)。

封切されて暫く経ちますがやっと映画「亡国のイージス」を見てきました。

映画の限界なのかもしれませんが、かなりストーリーが端折られていたことは気になります。中でもGUSOHがいそかぜにやってきた経緯などは、原作に近いものにしてほしかったです。でも、原作に忠実にシナリオをライティングすると全く持ってとんでもないことになりそうなので、やはり無理か・・・

しかし、総合的にはよかったのではないでしょうか。

配役としては今、日本映画で考えられる配役のベストに近いのではないでしょうか?
中でも如月行役の勝地涼さんはりょーちが読んだ「亡国のイージス」行のイメージにかなり近かったと思います。行の演技はかなり難しい役どころだと思いますが勝地涼さんは目の力強さが印象に残りました。行のオーディションでは原作者をはじめとするスタッフ全員が満場一致で勝地涼に白羽の矢を立てたことも頷けます。今後の演技に期待できそうな予感です。
いそかぜ副長の宮津を演じた寺尾聰はやはり前評判どおり押さえ気味の演技に好感が持てました。若干「半落ち」と被る印象もありましたが、宮津の苦悩をよく表現していたと思います。
小説のイメージと全く違ったのは仙石役の真田広之ですね。小説を読んだ印象だと無骨なおじさんを想像していましたが、ちょっとかっこよすぎです。
小説では終盤は行が活躍していたと思った部分も仙石が受け持っていたように思います。りょーちとしては行の活躍をもっと見たかったですな。

また映画では海上自衛隊も協力したとのことでなかなか見ごたえありました。
今年は福井晴敏さんの小説がかなりの頻度で映画化されており、福井晴敏ファンの人には非常に良い年だと思います。

ここで、ふと疑問に思ったのだが、「映画を見たけど原作をまだ読んでいない」人と「原作は読んだけど映画を見ていない人」はどちらが楽しめるか?
うーむ、りょーちは「小説→映画」の順番でした。「映画」を見た後で原作の小説を読むと実はより細かいディテールが分かって「あー、そういうことかー」と納得できるという楽しみがあるので、もしかしたら映画から小説に入った人が幸せなような気もします。

亡国のイージス 上  講談社文庫 ふ 59-2亡国のイージス 下  講談社文庫 ふ 59-3


こんなことならもうちょっと早く見に行けばよかったよ。
しかし、気になったのははてなダイアリーで、 勝地涼 のページに
世にも奇妙な物語映画の特別編『携帯忠臣蔵』(中井貴一の息子役)(2000)
という文字をみつけた時はちょっと面食らいました。 ヨンファの息子役だったのか・・・orz


亡国のイージス Offcial WebSite
こんなにしゃべってイージスBLOG
亡国のイージス 関連グッズ

はてなダイアリー - 勝地涼とは
はてなダイアリー - 亡国のイージスとは
はてなダイアリー - 真田広之とは
はてなダイアリー - 寺尾聰とは
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍映像化

2005年09月09日

ClickTrackマイナーバージョンアップ このエントリーをはてなブックマークに追加

関係ない人には全く関係ないのだが、以前作成した、ClickTrackというソフトウェアをマイナーバージョンアップしました。

ClickTrackについての紹介記事は りょーちの駄文と書評とアフィリエイト: ClickTrack≒MyBlogLog? を参照してください。
今回バージョンアップした点。
・日付プルダウンメニューに総クリック数を表示
・日ごとの総クリック数の推移をグラフで表示

グラフ表示は以前要望があったので試しに作ってみたら意外と簡単にできた。
グラフの作成はphpの JpGraph を利用した。

りょーちの管理するサイトのクリック数の推移はこんな感じ。

clickTrackGraph




デザインにそんなに凝らなければ、MySQLのデータをGetしてグラフ作成まで30行くらいのコードで書くことができる。

ClickTrackユーザの方はこのようにblogにクリック数のグラフを張ったりすることができる。(意味あるのかよくわからないけど・・・)

jpGraph、偉大である。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2005年09月08日

ペット専用blogなるもの このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。月亭可朝です(嘘です)。

凄い勢いで巷でblogが増殖しているっぽいが、各社いろんなカテゴリーで自社の特徴を出しているよーだ。

その中で、ペット専用blogなるものがあるっぽい。

■ペット専用-無料ブログ「アセラ」



■ペット専用ブログポータルサイト『ペログー』



何れも無料のようであるが、試みとしては面白そうである。blogに関わらずWebサイトはネットワーク上の距離に関わらず、検索エンジンなどで特定のキーワードを含むものを選択してくれたりする。
上記のポータルサイトなどははじめからそこに集まればペットに関する情報が数多く掲載されているので利用者には有意義であろうと思われる。

アセラの場合は、ペットをこよなく愛するみなさんをつなぐポータルサイトとして、誰でも無料で参加できるブログサービスを提供しており、初めての方でもメールアドレスやパスワードなどを入力すれば、10分程度でブログを開設できるっぽい。


ペログー
はどちらかといえばソーシャルネットワークっぽいもの。こちらもblogを作れるっぽい。

ペットを飼っている人同士のつながりもかなり面白く、Webで自分のペットの写真を公開したりメーリングリストなどで情報交換したりとかなり活発に活動されている方もいる。
ペットショップやペットフードなどを作っている会社と資本提携したりして、上記のよーなポータルサイトも今後増えていくのかなと思ったりする。

りょーちもペット(うさぎ)を飼っていたのだが残念なことにお月様へと旅立ってしまった・・・orz (かなり泣きましたよ)
現在社会においてペットは家族として認められているようなので家族を失った人々の悲しみと同等なのかなーと思ったりした。

月のうさぎを偲ぶ会(メモリアルサイト) もペットのウサギを失った家族のみなさん(ってヨン様じゃないよ)のコミュニティとして頑張っているよーだ。

うーむ。こういうサイトがどんどん増殖するよーな気がする。
ちなみに本文と このサイト は全く関係ありません。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2005年09月07日

amazonのサーチボックスをちょっとカスタマイズ このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。カージナルスのポポです。(嘘です)

amazonのサーチボックスを取り付けてみようかなと思ったのですが、他人のblogに来てまでわざわざ検索する人はそんなにいないのかなと思ったりした。
なので、りょーちの気になっている作家さんを予めセットしておき、プルダウン形式で選択して検索できるようにしてみた(右側に設置してあるのがそれ)。

現在はサーバのテキストファイルを修正すると、作家名が変わるように作ってみたが作った後で「これ、あまり利用用途ないなー」と思ったりした。
アソシエイトIDを渡すと、アソシエイトID.txt(この場合はryouchih-22.txt)というファイルを読み込んでプルダウンにセットするだけの簡単なもの。

まあ、暫く設置してみることにしよう。
posted by りょーち | Comment(4) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2005年09月06日

RSSNaviのREST APIにちょいと疑問 このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。猫田ニャンです。(嘘です)。

RSSナビ というサイトが存在している。そこではいろんなサイトのRSSを提供してくれるので結構利用している。
で、 RSSナビ --開発者の方 [RSSナビ RSET API] を見てみると、RSSナビのREST APIを提供しているよーなので使ってみた。

「REST API」とは何かというのは丁度上記のサイトに記載してあったので引用すると、
HTTP GET/POSTでのリクエストに対してXML形式で応答を返すようなAPIをREST APIと呼びます。
RSSナビには検索などの条件をGETで渡し、結果をXML形式(RSS1.0)で返すAPIがあります。

と書かれている。
予め、決められたフォーマットでAPIにGET METHODでアクセスすると、その結果が返ってくるのがREST APIってことなのだ。で、これを使ってみたのだが、どうも挙動がおかしいように感じる。

RSS Naviで提供されているREST APIは大きく二つ存在する。
■RSSフィード検索
http://www.rssnavi.jp/rss/?k=srch_feed の後に幾つかのパラメータを加えることにより、RSSフィードの中から、カテゴリ、企業サイトか個人サイト、キーワードの条件にマッチしたフィードのリストを返します。
c:カテゴリID (※指定しない場合はすべてのカテゴリから検索)
t:企業サイト=1/個人サイト:2(※指定しない場合は企業・個人サイト両方)
kw:キーワード(EUCでエンコード)
n:結果の最大件数(※最大100件まで。指定しない場合は50件までを返します)

■最新ヘッドライン検索
http://www.rssnavi.jp/rss/?k=srch_headline の後に幾つかのパラメータを加えることにより、RSSナビに掲載されているRSSフィードの記事から、カテゴリ、企業サイトか個人サイト、キーワードの条件にマッチしたヘッドラインのリストを返します。
c:カテゴリID (※指定しない場合はすべてのカテゴリから検索)
t:企業サイト=1/個人サイト:2(※指定しない場合は企業・個人サイト両方)
kw:キーワード(EUCでエンコード)
n:結果の最大件数(※最大300件まで。指定しない場合は100件までを返します)

で、これを実際にやってみたのだがどうも納得いかない。
テスト用に下記を作ってためしてみた。
しかーし、どうもうまくいかない。

○キーワードを「RSS」とし、カテゴリ「コラム」から10件のRSS Feedを取得。
http://www.rssnavi.jp/rss/?k=srch_feed&n=10&c=12&kw=RSS

○キーワードを「RSS」とし、カテゴリ「コラム」から10件の最新ヘッドラインを取得。
http://www.rssnavi.jp/rss/?k=srch_headline&n=10&c=12&kw=RSS

○キーワードを「RSS」とし、全てのカテゴリから10件のRSS Feedを取得。
http://www.rssnavi.jp/rss/?k=srch_feed&n=10&kw=RSS

×キーワードを「RSS」とし、全てのカテゴリから10件の最新ヘッドラインを取得。(明らかに多すぎる)
http://www.rssnavi.jp/rss/?k=srch_headline&n=10&kw=RSS

うーむ、謎である。
とりあえずよくわからないまま、RSSNaviで生成されたFeedを下記のようにアンテナっぽく貼ってみたのだが納得いかん・・・orz




何か思い違いをしているのか? どなたかご存知の方は教えてくださーい。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2005年09月05日

RSS登録テスト このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSの情報を取得するものをphpで書いたりしているのだが、なかなか難しい。
注目RSS

カテゴリーに分類して表示してみたりしたのだが、今ひとつ表示方法がしっくり来ない。

テストしながら思ったのだが、RSS Feedには更新時間が書かれているものとそうでないものが存在する・・・
しかもRSSのバージョンも微妙に違うため、旨くいったりいかなかったりする・・・orz。
難しいことよのぅ・・・
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

椎名誠:「本の雑誌血風録」 このエントリーをはてなブックマークに追加

本の雑誌血風録
本の雑誌血風録
posted with amazlet at 05.09.05
椎名 誠
新潮社 (2002/01)
売り上げランキング: 100,579
おすすめ度の平均: 4.33
5 すばらしき青年期
4 ナントカナルダロ、ガハハ!
4 大人になってゆくシーナ



りょーち的おすすめ度:お薦め度


こんにちは。ツーツーレロレロの東国原英夫です(嘘です)。

この本を読むのはもう3回目くらいなのだが、毎回この冒頭の文章を読み、嬉しくなる。
本の雑誌血風録である。
まったくもって勇ましい題名でありますが、殆ど冗談なので、どうか笑ってお許しねがいたい。

もう「オレ、椎名誠の本、読んでいるんだなー」と一行目から幸せを感じるのだ。
本書は椎名誠さん曰く「超零細企業実録小説」らしい。現在の作家(冒険家?)に就く以前につとめていた ストアーズ社 で、 ストアーズレポート を書いていたが、そこに勤める目黒孝二と出会い、ストアーズ社をやめ、「本の雑誌」の編集長になり、活躍(?)するに至るまでの話しである。

この本は椎名誠とその仲間達を通じて昭和の時代を懐かしむという西岸良平の三丁目の夕陽的なほのぼの感が味わえる。また、小説にも関わらずサーノヒトシのやる気のない4コマ漫画も楽しめる。

本の雑誌はストアーズ社に入社してきた目黒孝二が書きなぐっていた「目黒ジャーナル」がその大元となる。目黒孝二は暇さえあれば本を読み、本を読む時間がなくなるから会社を辞めてしまうほど本好きである。誰しも趣味と実益を兼ねることができればこれほどよいことはないのだが、多くのサラリーマンはそれを実行できていない。
椎名誠はストアーズ社で自らが編集を手がけるストアーズレポートが軌道に乗り始め会社の上層部からも一定の評価を受けていた。
既に椎名誠は「さらば国分寺書店のオババ」を出しておりサラリーマンと文筆業という二束の草鞋を旨く履きこなしていた。しかし、椎名誠は本の雑誌に掛けてみたのだ。既に結婚し子供までいた彼にとって、一定の収入が見込めるサラリーマンと全く行き先も分からない「超零細企業」への立ち上げは正に人生の岐路であった。
「本の雑誌社」への就職は現在で言うところのベンチャー企業として捉えることができそうである。 厚生労働省:平成16年雇用動向調査結果の概況 を見ると若者の離職率が高い傾向にある。しかし、これらの若者全てが現在の仕事が単純にいやだから辞めたわけではなく、若き日の椎名誠さんのように夢を抱いて別の会社で頑張っている人もいるのであろう。

本書は何処までもポジティブである。椎名誠がどのようにして本の雑誌へ携わってきたかがここに書かれている。
本の雑誌は軌道に乗るまでには、幾多の試練があった。その当時からも本の流通システムは非常に複雑で、書店に本を置いて貰うためにはどうしたらいいのかも全く分からないメンバーが集まり、御茶ノ水の書店あたりにやっと本を置いて貰えることになるまでの経緯や、少数の読者に認知されはじめ、本の雑誌を書店に配本するためのアルバイト達の奮闘振りなど、読んでいて「頑張れ」と応援したくなる本である(意外と読者が応援したくなる本って少ない気がする)。配本部隊(通称助っ人)については配本部隊を取りまとめていた目黒孝二の 本の雑誌風雲録 や、群ようこの 別人「群ようこ」のできるまで を読んでみると面白い。また、この2冊を読んでから 本の雑誌血風録 を購入することをお薦めする。

椎名誠には愛すべき家族と仲間がいて、彼自身がやりたいことが明確でそれに向って突き進むだけのエネルギーと行動力を持っていたからみんなに愛されるのかなと感じた。
「類は友を呼ぶ」というが、椎名誠の周りに集まる人はみんな楽しそうである。
・生涯読書人、目黒孝二。
・謎の絵描き職人、沢野ひとし。
・かあちゃん弁護士、木村晋介。
・最強事務員、群ようこ。
うーむ、この時代は良かったねぇ。

臨場感溢れ、気取った文章ではなく、非常に好感の持てる一冊である。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想文

2005年09月02日

RSSを使ったアンテナっぽいものを作りたいが・・・ このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。横山ホットブラザーズです(嘘です)。

RSSを使ったアンテナっぽいものを作りたいが、どーやって作るのだろう。
RSSの登録と表示はできたのだが、登録サイトが多くなると、当たり前だがめちゃくちゃ沢山表示されてしまう。



作戦1:
RSSのitemをChannel毎に件数を制限して表示。
#なんかかっこ悪い感じがする

作戦2:
全てのChannelからRSSを一度全て取得し、dc:dateでソートして上位何件かを表示。
#配列に全てのitemを取得して、dc:dateでソートすると出来そうだが、更新頻度の高いページのみが上位に表示されてしまう。(当たり前か?)

作戦3:
itemの表示はやめて、Channelのみを表示する。
#どうやってやるのだろう?複数のChannelの最新のモノだけGetしてdc:dateでソートするのか?

RSSリーダを作りたいわけではないので、descriptionはいらないっぽいのだが、頭の中でどんなものを作りたいのか整理する必要があるっす。
うーむ、いろいろ難しいっす。

#CDATAはいらないよね?
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | Web周辺技術

2005年09月01日

今日の誤植 このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。早野凡平です(嘘です)。

今日、 このサイトのClickTrackのLog を見たときに表示されたGoogle Adsense。

↓↓Clickで拡大(画像ファイルです)↓↓
todaysAdsense.png


なーんかおかしいなと思ってよく見てみると、左から2つ目の広告が、
SQLSrever開発
Access、SQLServerを 利用した専門開発

うーむ。Adsenseの表示にも間違いがあるんだなー。

ちなみに違和感を覚えた方は不審に思い、クリックしない可能性もあるので、下記にそのサイトへのリンクをしておきます。(ちなみにこのサイトのURLは自己クリックで調査したわけではなく、カーソルを載せた際に表示されるURLを書き写したものですよ。念のため・・・)



Google でwww.inforce.ne.jp 内を検索した結果 を見ると、右側にこのwww.inforce.ne.jpのGoogle Adsenseが表示されることがあるが、広告フォーマットは違っても誤植は直っていなかったっす。

うーむ。

ちなみに、誤植となっている件のサイトを別に晒しているわけではありません。株式会社インフォースは、Microsoftのホームページ内でも「ここからはじめるデータベース ソリューション - その課題と最適な解決方法を探る -」という記事で紹介を受けている会社のようです。
#フォローってことで・・・

株式会社インフォースさん、この記事をご覧になられたらGoogleに問い合わせされたほうがよいかもしれません。(って見てないか?)

なお、お気づきとは思いますが、りょーちはこの会社とは全く関係がありません。(うーむ)
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | その他