2004年09月11日

吉村達也:「姉妹」 このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹―Two Sisters (角川ホラー文庫)
吉村 達也
角川書店
売り上げランキング: 134225


今日近所の本屋で買ってきた。
吉村達也さんの本は角川ホラー文庫のものしか持っていない。
結構おどろおどろしい本が多い。
読み終わったら書評を書いてみるばい。
購入経緯は以前映画を見に行った際に映画館に貼ってあったポスターに目が行ってしまったためである。

読み終わったので感想を追記しちゃう。

吉村達也はホラー作家であると認識している。これはこの「姉妹」を読み終わった後も変わらない。だが、この小説には推理小説のエッセンスも色濃く出ていることに気づく。
推理小説の場合、「犯人は実はこいつだったのかー」「なんとなんと、ここに複線がはってあったのかー」的なパズルを埋め合わせて最後のピースがはまった時に快感を覚える小説なのかなと思う(異論は勿論あると思いますが・・・)。本書「姉妹」に関しては最後のピースがはまった瞬間、戦慄を覚える。「姉妹」に関しては最後のページの最後の一言がりょーちは非常に不気味さを感じ後ろを振り返ってしまいそうな恐怖心を感じた。
なお、この姉妹は2004年の7月に日本では「箪笥」という名前で映画になった。
解説文を読んで初めてしったのだが、映画「箪笥」は日本で公開される前に韓国で先行公開されている。
「箪笥」の舞台が韓国でもあり、勿論俳優から監督まで韓国の方によるものだ。日本人の私にとって韓国は近いようで遠い存在でもあり同じアジアでも中国とは違った不思議さを感じる。この不思議さは過去に日本人が韓国で行った様々な残虐的行為によりある種の畏怖の念を抱いているからかもしれない。
今でこそ日韓ワールドカップとか韓日の親交は進んでいると思われるが重苦しい歴史を背負った両国は真に分かり合えていないのかもしれない。
登場人物はかなり少なく、(小説内のキャラクターファイルより抜粋)

スミ

主人公。妹のスヨンより4歳上の姉。母の死に関する明確な記憶を失う。「新しい母」のウンジュと激しく対立。

スヨン

スミの妹。言葉の発達は遅れているが、感性は鋭敏。愛する母の死に直面し、強烈なショックを受ける。

ウンジュ

姉妹の母を看護していたが、いつのまにか一家に入り込み、現在は事実上の後妻となっている。

ムヒョン

姉妹の父親で薬剤師。家族の心の病を薬だけで治そうとする「薬剤信奉者」。妻の死後、元看護婦のウンジュと同居。


あとはスミの母親とウンジュの弟とその妻くらいである。
年齢がバレてしまうが山口百恵の「赤い」シリーズのような構成である。「赤い」シリーズとことなるのがここに「ホラー」の色が盛り込まれていることであろう。
ホラーの要素としては、「13日の金曜日」などに代表される怖いモノが出てきて「キャーッ」ってのだったり、「リング」のように状況(シチュエーション)の怖さだったりする。関係ないけどゴーストバスターズはホラーじゃないよ。
で、この小説の怖さは前述したが「全てのピースがはまったときに」初めて湧き上がる怖さである。書いている今もちょっと身震い・・・
なお、作者はこの小説を前述の韓国の映画監督とやりとりしながら脚本を小説にした形になる。吉村達也は小説を書き上げた際、自分でも合点がいかない点があり、監督のキム・ジウンに問い合わせたところはじめて衝撃的事実が明らかになったという。
おそらくこの本を読んで最も怖いと思ったのはある意味、作者の吉村達也氏ではなかろうか?
異論はあると思うがりょーちの中でこの小説の中で真の主人公はウンジュではないかと思う。このキャラクターがいなければこの小説は成り立たない。「姉妹」ではウンジュは前半部分は徹底的に悪者に書かれている。りょーちもウンジュを憎んだ。でも他の読者は最後までこのウンジュというキャラクターを憎めるか・・・
一方この物語は家族愛というものにも焦点を絞っている。りょーちの浅い知識によれば韓国は儒教社会であり、現在の日本よりも家族の絆が強い(と思う)。その中でこの映画は韓国の中でも物議を醸し出したのかもしれない。また、物議を醸し出したのは家族愛だけでなく「箪笥」という映画の解釈でも多種多様の意見があり、ツインピークスを思わせるような話題の拡がりを見せている。
吉村達也の小説の中ではかなり「あり」であろう。
また、映画を見た方で結果を知っていると思っている人も「真実の結果」については意外と知られていないと思う。本書は映画を補完するようなマニュアルとして位置づけることも可能だ。そして映画で味わった恐怖とはまた別の恐怖がそこに表れるだろう。
最後に、「あー、こわかった・・・」

読み終わった際は、えいっと一押し → 人気blogランキング





posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(1) | 読書感想文

伊坂 幸太郎:「オーデュボンの祈り」 このエントリーをはてなブックマークに追加

オーデュボンの祈り (新潮文庫)
伊坂 幸太郎
新潮社
売り上げランキング: 2641
おすすめ度の平均: 4.0
4 オーデュボンの祈り・・・勇午の祈り
4 一気に読んでしまいました
4 人間の持つ善意、優しさ、夢を描いたモザイク画
4 シュールなままで
5 不思議ミステリー

りょーち的おすすめ度:

伊坂幸太郎さんの小説をはじめて読んだ。
読み終えた後で見つけたのだが伊坂幸太郎さんはこの『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞(平成12年)を受賞されている。

昭和46年5月25日生まれってことはまだ、33歳。若い(のかな?)

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか? (文庫裏表紙より)

■本土の住人
伊藤(主人公):仙台でコンビニを襲い逃走中に気を失い、気がついたら全く知らない島にいた。
城山:伊藤を追う警察官。恐ろしく凶暴な男。実は伊藤とは中学時代の同級生で頭は非常によいが、極悪人そのものである。
静香:伊藤の元恋人。仕事人間。
曽根川:伊藤より一足早く荻島へ到着。
■荻島の住人
轟:荻島と外界を唯一行き来できる熊男。伊藤を荻島へつれてきた人。
日比野:荻島に来てからの伊藤と行動をともにする。島の人間から変わり者扱いされている。
優午:荻島の喋るカカシ。喋れる(!)。未来のことが予測できる。
園山:変人画家。妻が死んでから「嘘しか言わない」ようになった。
三毛猫:木に登り天気を当てる。
桜:島内で唯一殺人を犯してもよいと法律で定められた人間。美しい男性。詩が好き。彼独自のポリシーで人を次々と殺す。
ウサギ:300kgはあるという女性。動けない。ウサギの夫は家から妻の様子を定期的に見に来る。
田中:足が不自由。鳥が好き。優午と友達。
草薙:郵便配達員。
百合:草薙の妻。「人の手を握ること」が仕事。
小山田:島の警察官。捜査能力は特になく、事件の際にはカカシの優午に犯人を聞き捕まえる。
佳代子・希代子:美しい双子の姉妹。
若葉:島に住む小さな少女。地面に耳をあて、心臓の音を聞いている。

読後の感想は。物語としてよくできていると感じた。この「よくできている」の感覚は外国の有名な画家の絵をみて「いいねえ」と思う感覚より、ルービックキューブが6面揃ったときの「お、できた」という感覚の中間っぽい感じ。
荻島に到着してからは、荻島の人々がばらばらに行動しているのだが、物語の終わりごろにその行動がピタリ、ピタリとはまっていく。
この感覚は推理小説を読む醍醐味のひとつでもあると思う。

荻島という島は仙台からかなり離れた場所にあり、実は100年以上も前から外界と交流がまったくない。荻島には「島の外から荻島に足りない大切な何かを持ってくる人がいる」と言う言い伝えがある。島内の人間は伊藤が外から来た人間と知り、それを期待される。
伊藤はこの島では殺人事件の探偵の役割を演じている。伊藤の考え方は実は作者の考え方でもあるのだが、作者は名探偵について以下のように感じている。
推理小説内の探偵は殺人事件があらかた終わったところで探偵が犯人がやっを見つける。名探偵がいることで殺人事件が起こるのでは?
これは興味深い考察である。

作者はこの小説で外界より隔離された荻島を一種の密室として機能させている。犯人はこの島の中に限られるのだ。このあたりの設定が非常にうまい。読者は荻島内の不思議なルールを伊藤と同様に自然に受け入れる。うまくこの世界に入り込むような工夫は例えば、常蔵常長という昔の人間の登場などにより随所にちりばめられている。

精巧に築かれた舞台と特徴的な役者が演じる「オーデュボンの祈り」という演劇に魅せられた。ミステリー嫌いの読者の方にも受け入れられる可能性もある。

最後に表題のオーデュボンとは野生動物の版画で知られる動物学者でリョコウバトなどの絵を数多く残している。
リョコウバトは残念ながら絶滅してしまった。昔大量にいたリョコウバトを打ち落とし絶滅追い込んだのは我々人間である。悲しむべきことだ・・・
posted by りょーち | Comment(14) | TrackBack(20) | 読書感想文

2004年09月09日

はじめてのアフィリエイト その20(Google Adsenseの注意) このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Adsense利用初心者必見です。

Google Adsenseは自己クリックした場合は、無効になるようです。

閲覧されているのに、金額換算されていない場合は自分でクリックしたからです。

どのような広告が閲覧できるかを確認するには、Google AdSense プレビュー ツールを利用しましょう。

こちらの記事が参考になりましたー。

気をつけましょう・・・

読み終わった際は、えいっと一押し → 人気blogランキング
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト

CSS変更 このエントリーをはてなブックマークに追加

本ページのCSSをすちゃらかSeesaaテンプレートさまから(勝手に)いただきました。

上記サイト、結構センスイイ!!

今後もちょくちょく覗かせていただきます。

読み終わった際は、えいっと一押し → 人気blogランキング
posted by りょーち | Comment(1) | TrackBack(0) | その他

はじめてのアフィリエイト その19 (LinkShare経由でFANCL化粧品を紹介できる?) このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、以前の記事にも書きましたがLinkShareに登録してみてひとつだけ申請を出した会社があります。
FANCL化粧品さんなのですが、結果がきましたー。

その結果は下記の通り。



ファンケルオンライン 提携申請 結果について【LinkShare】

りょーち 様

この度はLinkShareをご利用いただき、ありがとうございます。

誠に残念ながら、先日申請いただいた
ファンケルオンラインとの提携は、今回承認にいたりませんでした。
何卒ご了承下さいませ。

アフィリエイト・プログラムは、ECサイトとアフィリエイトサイトの双方が
希望する提携先を見つけるところからスタートします。
そのため、提携を希望するECサイトへ申請をしても
ECサイト側が希望する内容と異なる、
あるいはアクセス数が少ないなど様々な理由で
承認にいたらないケースもございます。

残念ながら今回は提携にいたらなかったものの、今後サイトの内容を更新したり、
アクセス数が上がった折には、提携にいたる場合もございます。

LinkShareには、他にも様々なECサイトが参加しており、
希望するアフィリエイトサイトの条件もそれぞれ異なります。
もし、関心のある他ECサイトが見つかりましたら、提携条件をご確認の上、
ぜひ提携申請をしていただけたらと思います。


ご不明な点・ご質問などございましたら、「よくあるお問い合わせ」
http://www.linkshare.ne.jp/help/index.shtml をご利用ください。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


LinkShare --
http://www.linkshare.ne.jp/




って、だめじゃん。

なーんと。結構難しいのう。まあ、しょうがない。
次行ってみよー。

(先行き不安じゃの・・・)

読み終わった際は、えいっと一押し → 人気blogランキング

posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト

はじめてのアフィリエイト その18(Google Adsenseの謎) このエントリーをはてなブックマークに追加

さてGoogle Adsenseを利用してみて、あれ?と思ったことがある。
前に書いた記事を見ていただくと、左のGoogle Adsenseの広告に「(株)はなてん探偵社」という広告が表示されるときがあります。
記事と探偵と関係ないよなーと思ってよーく考えてみたら、右側のbk1の「文芸・ミステリー・SF・ホラー」の部分がGoogle Adsenseにマッチしたのでは?という結論をりょーちは導きました。(ホントか?)

ふむ、ぴったりの広告を表示するのは難しいのぅ・・・

読み終わった際は、えいっと一押し → 人気blogランキング
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト

2004年09月08日

はじめてのアフィリエイト その17(bk1) このエントリーをはてなブックマークに追加

bk-1に登録してみた。

やり方は簡単。
bk1のホームページに行き、左下の「ブリーダ・プログラム」を選んで登録すればOK。

amazonはちょっとやめちゃおうかな?とも思う。
理由としては、bk1の場合自分で購入するものにも3%のバックがついてくるのである。
(つまり3%本を安く買える)

お、結構いいじゃないですか?

そのうちamazonはこのサイトから消えるかも・・・

どうかな?


読み終わった際は、えいっと一押し → 人気blogランキング
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(1) | アフィリエイト

2004年09月07日

はじめてのアフィリエイト その16(Link Share その3)審査通過!! このエントリーをはてなブックマークに追加

ふむ、どーやら、ログインできないのはよくわからん。
Internet Explorerからだとログインできないのだが、Netscape7.1からだったらログインできるということがわかった(っていうかわからない・・・)

で、わからないままにメールチェックしたら、なんと「審査通過しました!」とのメールがきてました。

よかったよー。スター誕生で合格した山口百恵の気持ちがよくわかったよー(ってわかってないか?)

早速Netscapeでログイン。(InternetExplorerの役立たずっ。えいっ。ペシッ)
はっ。取り乱しました・・・

気を取り直してログインじゃ。
早速見てみる。

昨日ログインしたのと同じような画面がでてきた(当たり前か?)
まじでいっぱいありすぎてわからん。
うーん。
とりあえず、「FANCL化粧品さま」を選択。(媚び過ぎ?)
で、なんとか申請しました。
今度はFANCLの方がこのサイトを閲覧され、承認か否かを選定するわけです。

吉報を待て・・・

読み終わった際は、えいっと一押し → 人気blogランキング
posted by りょーち | Comment(2) | TrackBack(0) | アフィリエイト

駄文:SPAM その1 Subject:時計を止めて このエントリーをはてなブックマークに追加

お前が止まれっ!


From:sendmail@xxxxxxxxxx
Subject:時計を止めて

ピュアな出会いを求めている貴方へ
http://xxxxxxxx/
きっと気の合うあの娘が見つかります。

問い合わせ
劉 濱
xxxxxxxxxxxxxx@yahoo.com


今後も晒します。
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文:SPAM

はじめてのアフィリエイト その15(Link Share その2) このエントリーをはてなブックマークに追加

で、さっきの続き。

LinkShare(リンクシェア)である。
自宅PCで再度ログインにチャレンジしたところ、いとも簡単に入れた。何故入れなかったのかは謎のまま。

先ず、ログイン後、最初にやったのが「登録情報の更新」。
初期設定のIDとパスワードは覚えにくいので、IDとパスワードを再設定した。(初期IDとパスワードは絶対変えたほうがよいと思う

で設定後、再度ログインできるか確認し、無事IDとパスワードの変更が完了した。

#どーも、最初っからもらったIDとパスワードだと結構
#覚えにくくてすぐ変えちゃったほうがよいな。こりゃ。

で、改めてメニューを見直すと、画面の一番下に
以下のECサイトへの提携申請は完了しています。現在承認待ちです。
LinkShare(三井物産)

と注意書きがされている。ふむ、まだか・・・(当たり前か)

あと、メイン画面にはYahooのディレクトリ検索のような感じでかなりのカテゴリーが表示されている。
やっぱ、老舗のLinkShareは商品数も多いんじゃの。

で、気づいたのは、LinkShareは商品ベースではなく、企業ベースで商品を仕入れる感じなのだなあと思った。
って、考えてみると実際他アフィリエイトプログラムの殆どはそうなっているような気がしてきた。

むしろりょーちが一番最初に実施してみた。amazonとgoogleがちょっと違いすぎるってことだよね。きっと。

なお、まだ承認されていないが、どうも設置することは可能である。売れたらいいのであろうが、承認が拒否された場合は報酬は支払われないそうである。(←あたりまえか・・・)

あまりに商品の数が多いので選ぶのに困りそう。
ただ、逆にいえば記事と目的によって自由自在に組み合わせてサイトを構築できるというメリットとして考えることができそうだ。
話の流れとはまったく異なる商品が掲載されるよりも流れに乗った方がよいのであろう。
引き続き、要チェックじゃよ。


読み終わった際は、えいっと一押し → 人気blogランキング
posted by りょーち | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。